3816797 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

かなこ@ Re:ジャンプ感想 28号 ONE PIECE(06/14) 今回は、タイトル通りのお玉がメインの回…
zebra@ CP0たち 考えが甘すぎやしねえか? katariたがりさんへ 乱戦状態のライブフロ…
katariたがり@ Re:姿を現した怪物(06/13) zebraさんへ まさに姿を表した怪物ですね…

Headline News

January 11, 2019
XML

新アニメ 約束のネバーランドの感想を始めます

一見平和そうに過ごしてる子供たち

だが真実は

本編

一人の少女が鉄格子のようなものに触れる

これは門だという

中と外をつなぐ

少年と少女は一度も外に出たことはないと

生まれてからずっとこの中で過ごしてる

ママと呼ばれてる人から外は危ないから出たらダメだといわれている

黒髪の少年はそんなのウソに決まってるというが

ちなみに彼の名はレイという

外に出たら何をしたいのか話す

少女はエマ

キリンに乗りたいと無邪気に放す

もう一人は門に疑問を感じていた

なにから自分たちを守っているのかと

それから少しして成長したエマたち

首元に番号が振られてるのが気になるな

朝6時 目覚めたエマは

みんなを大声で起こす

子供たちにも色々いるなあ

にしてもここ男女の区別はなしなのか

子供とは言え

エマは子供たちの世話をしてる

ドンとコニーと呼ばれた2人にも挨拶を

色黒の少年とリトルバニーと呼ばれる兎のぬいぐるみを持っている少女

どっちがどっちなのか

玉ねぎ頭の少年ともう一人がエマの後ろからタックル

エマと追いかけっこ

でもあっさりと捕まえる

そしてこの後現れた2人 レイとノーマンって呼ばれる

黒髪がレイってことは

頭のよさそうな少年がノーマンか

元気のいい2人

子供っぽいエマ

年齢は11歳

レイとノーマンと同じ年齢

最年長なのか

それを見てほほ笑む女性

彼女がママと呼ばれてる存在

とてもやさしそうだ

子供っぽいといわれるエマだが

そんな彼女を大好きだという

家族を大事に思ってるところが大好きだと

彼女がここの子供たちの世話をしてるのか

子供たちにはそれぞれ番号がふられてる

ぬいぐるみを抱いてるコニーという少女はずいぶんママに甘えている

今日はいいでしょうと

そんな子供たちだけどただ遊んでいるわけじゃない

何かテストのようなものを受けさせられている

システムは結構未来的だな

テストの結果はノーマン、エマ、レイの3人がフルスコアだと

この3人はとびぬけて優秀らしい

一番頭がいいのがノーマン

それに匹敵するのがレイ

エマは運動能力と学習能力が高い

色黒の少年はさっきの会話からドンだな

ドンはノーマンに鬼ごっこで勝負だと

鬼ごっこにて

ノーマンが鬼か

レイは不参加でタイムを計るのか

子供の一人が警戒するがすぐに捕まってる

ドンのそばにはコニーがいる

いつも助けてくれてありがとうと

ドンがこの子の世話をしてるってことか

ドンは靴跡を見つけノーマンは隙だらけと思ったが

その背後にノーマンがいた

ドンの弱点はすぐに決めつけて熱くなるところだと

ここでの鬼ごっこは一人が全員を捕まえるまではってことか

残ってるのはエマ

彼女は森を走ってたがノーマンに見つかる

だけどエマは運動能力が高い

逆に影に潜んでいた

しかしノーマンが転んだのを見てつい心配して姿を見せるが

これが罠だった

彼女の弱点は優しいところといわれ捕まる

悔しがるエマ

レイが問題を出す

ノーマンにあってエマにないもの

計画性、落ち着き、圧倒的な頭の良さ

間違ってないかもしれないがこの場合戦略だと

運動能力はエマのほうが高い

だがノーマンは半端ない頭脳

鬼ごっこは戦略を競うゲーム

体を使った戦略ゲーム

敵の手を読むチェス

策士という点ではレイも負けてないらしいが

しかしそれでもママはもっとすごいのだと

ドンはノーマンにリベンジだと

今度はノーマン以外全員鬼とか

実際にそうしてるのか

森を歩くエマだが

すると柵のようなものが

だけどそこにノーマンがいた

エマが捕まえるんだけど

ノーマンの様子がおかしいような

あの柵は絶対に近付いたらだめだといわれてる

外は危ないからだというが

レイは嘘に決まってると

柵が小さいし危ないものは見つからないからと

その後ドンが来た

今日は鬼ごっこ終わりか

ドンはいう

いつかここから出ていくんだろうなと

ここは孤児院だから出ていくのは当然

12歳までに

ただ気になるのは手紙が全く来ないことだと

ここを出ていった人たちが誰も手紙をよこさないことが変だと

里親に遠慮する気持ちもあるだろうというが

生まれてからずっと一緒にいたのに

血はつながってなくてもきょうだいだろうと

メガネの子はどうせ楽しくやってるんだろうと

ここを忘れるぐらいに

エマはそれでもいいというけど

メガネの子は早くここを出たいと

そしておしゃれをしたいのだと

ここじゃ服は1種類しかないからか

みんなここを出たらどうするのか夢を見る

汽車を見たいとか

ノーマンは旅行か

ただレイは外に出たら生きることからか

エマはずっとここにいてもいいと

今幸せだからと

そんな会話をしてるとコニーは手紙を書くと

ハウスを出たらママみたいな母親になるんだと

ママが大好きだからと

そして夜

そのママが一枚の絵を

そしてあのコニーという少女

彼女がハウスを出ていくってことなのか

彼女はぬいぐるみを抱きしめて

みんなとお別れを

でも本当は出ていきたくないと

コニーはママに連れられて孤児院の外に

ママが歌ってる歌は

その夜食堂に来ていたエマ

だけどコニーの大事にしてるぬいぐるみがなぜか置かれていた

それを見たエマは焦って出るけど

コニーはすでに外に

だけどレイはまだ間に合うと

エマはノーマンと一緒に外に向かう

そして門のほうに

絶対に近付いたらだめといわれていた

2人はコニーを探しに向かう

外には車が

エマたちは初めて見るんだが

どれかにコニーがいるのかと

この辺水漏れをしてるのか

コニーを探す2人

荷台に乗せて置いたらいいかなと

だがエマはぬいぐるみを落とす

その表情は衝撃を受けていた

エマの表情を見てノーマンも車の荷台を覗く

そこにいたのはコニー

変わり果てた姿になった

鼻を突きさされ物言わぬ姿となっていた

その時何者かの声が

エマたちは思わず隠れる

この近くに誰かがいるのか

2人は車の下に隠れる

声の主は野良猫なら捕まえて食べたとか

そしてここに現れたのは

とんでもない恐ろしい姿をした異形の存在

彼らはコニーを見てうまそうだと

人間の肉が一番だと

彼らは人食いなのか

そしてコニーは瓶詰にされていた

大事な商品だといいながら

この農園の人肉は金持ち向けのものだと

並みの出荷が続いてると

あの怪物たちと話をしてるのはママだった

彼女の名はイザベラというのか

イザベラはいつもの優しいママの姿ではなかった

だが何か匂うと異形の者たちが

エマたちのいる荷台を

だけど2人はすでに逃げていた

エマは衝撃の事実を知った

認めたくないが

ノーマンは辛くても真実を話す

それを突き付けられたエマは慟哭する

ハウスに戻った2人

彼らをレイが出迎える

ノーマンは間に合わなかったと

レイの表情は何を感じてるのか

エマは自分達が食べられるために生まれたのかと

ノーマンは逃げようという

エマとレイと3人ならと

だけどエマはみんなを置いていくのは嫌だと

無理だと

ノーマンはそんなエマに言う

みんなで逃げようと

だけどあんな化け物を相手に

いや戦略だと

鬼ごっこと一緒だと

自分達が逃げられる方法を

だが不穏な空気を

それはイザベラがコニーのぬいぐるみを持っていること

次回に続く

OPとEDでここの光と闇を感じるな

ただ現実でも人間はこの漫画と同じことをやってるんだよな

生きるためとはいえ

自分達が食べられる側になったならどう感じるのか

次回

真実を知ったエマたちは







Last updated  January 11, 2019 09:29:13 PM
コメント(2) | コメントを書く
[約束のネバーランド] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.