000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

katariたがり@ Re:姿を現した怪物(06/13) New! zebraさんへ まさに姿を表した怪物ですね…
zebra@ 姿を現した怪物 New! おはようございますkatariさん ・・・・…
かなこ@ Re:アニメ ワンピース 感想 海は海賊!討入り!いざ鬼ヶ島(06/13) New! 遂に遂に遂に×10!! オロチの部下であり…

Headline News

March 9, 2019
XML

アニメ 約束のネバーランドの感想です

非情な言葉

ノーマンの出荷が決まったと

彼を助けられないのか

本編

本性をエマたちの前に見せたイザベラはエマの足を容赦なくへし折り

さらにノーマンの出荷が決まったと告げる

エマの足は綺麗に折ったから元通りになるといってるが

それでも容赦なく傷つけるあたりはもう優しいママはいなくなったってことだな

そしてその後の彼らに漂うは絶望

ドンはどうすればいいんだと

ロープも取られた

エマの足は折られた

何よりノーマンの出荷も決まってしまった

それでもレイはいう

エマの足はまだ早く治る可能性はある

ロープもまた作り直せばいい

脱獄は何とかする

今はまずノーマンだと

なぜノーマンが出荷なのか

イザベラが言ってた事情が変わったというのは

ノーマンのことだったのか

そしてクローネが始末されたことも知ったわけだ

昼前は普通に元気だったのに

だが今はもうこの世にいない

そのころノーマンはエマのそばにいた

目覚めたエマ

彼女の手を握るノーマン

エマの表情は辛そうだ

ノーマンは計画はまだ終わってないから大丈夫だと

足も治るから

そういって励まそうとする

だがエマにとってショックなのはノーマンが出荷されると聞かされたから

助かるのはノーマンも一緒にだと

彼は水を取ってくるといって部屋を出ていった

エマの前では強気でいたノーマン

だがその本心はやっぱり

出荷=死と知ってるノーマンが平気なわけはないだろう

そんな中レイはなんとしてもノーマンを逃がすといっている

だがイラついてるのは見てわかる

レイはドンとギルダに準備を頼む

その後エマのところに

2人ともその表情に強い決意を感じる

ノーマンを逃がすと

そのころ崩れ落ちていたノーマンは再び立ち上がる

彼の眼にも強い決意を感じる

それからいつも通りにふるまえるようにエマのところに戻る

そこにはレイもいた

そして3人で話を

レイとエマはノーマンに明日一人で逃げろと

それはできないというが逆に却下だと

正確には明日の昼逃げたふりをしろと

発信機を無効化し

エマの足が治るまで敷地内まで潜伏し

脱獄決行の日に一緒に逃げろと

だがたとえ演技でも消えたら警備が厳しくなるんじゃないのか

このハウスの飼育方針からして大した警備強化はされないと

このハウスでは自由にのびのび育てる

そのほうが脳の発達に最適だからか

それが美味しいからだ

そして秘密は厳守される

鬼が姿を見せれば子供たちは恐怖して質が落ちるって

多少の警備強化ぐらい何とかすると

でも塀を高くされたらどうやって超える

ノーマンが隠れてはしごでも作ればいい

一度無効化しても新たに高性能な発信機をつけられたら

場所がわかっていればどうにでもできるとレイは言う

苛立ちも感じるが

とにかくお前が死ぬことはないと

食糧も用意するし潜伏にも気づかせないようにする

まだママを出し抜く方法はあると

それでもできないというノーマン

警備だけじゃない

自分が逃げたらレイやエマが出荷されるかもしれない

自分の代わりに2人が死ぬのは嫌だと

自分を犠牲にしてもそれ以外を譲る気はない

ママの筋書きを叩き壊して脱獄を必ず成功させると

2人に礼をいう

レイはこれじゃあ俺の6年は何だったんだというが

その直後エマの発言

レイも足を折ればいいと

いきなり怖いことを言うが

エマは自分がこれだけ大けがしてるんだからすぐに出荷されることはないはず

門で鬼が言ってた

自分達は高級品しかも特別

だったら万全の状態で出荷するはず

だからエマの出荷は治るまではない

だったらレイもけがをすれば

それを聞いたらレイも笑う

その手があったと

まあ怪我する場所は腕でもいいというが

ノーマンが慌てて止めようとする

必ずしもそうとは決まってない

だったら思いきり風邪をひくと

病気の時は食わない

けがも病気も苦しいが

脱獄の計画は糸電話で話をすればいい

それでもだめなら別の方法を考えればいい

2人をおかしいというが

ノーマンが死ぬよりいい

みんなで一緒に逃げようといった

その中にノーマンがいないなんて嫌だという

それを聞きノーマンは涙が止まらなかった

自分のことをこんなに想ってくれているから

レイがノーマンに渡したのは発信機を無効化するものか

そしてそのまま森に身を隠し

警備が緩いうちに下見をしておけと

ロープもドンとギルダが作ってる

発信機を無効化する装置

左耳にあててスイッチを押すとできると

この方法なら通知されないと

今まで手に入れたものから調達して作った

6年もかけて作ったのか

よくやったな

ハウスの秘密に気づいてここまでやってきたか

ノーマンはレイにどうやってハウスの秘密を知ったのかと

しばしの沈黙

レイは口を開く

最初からだと

幼児期健忘という言葉がある

人は誰でも赤ん坊だったころの記憶をなくしている

だがごくまれにそれが起こらない人間もいる

それがレイ

胎児のころからの記憶がある

その記憶とハウスでの暮らしに矛盾があった

だから気づいた

最初の記憶は暗くて暖かい水の中

遠くから聞こえてくる歌声

どのくらい記憶があるのか

断片的だが詳細にある

鬼の姿もほかに子供がいたのも

発信機を埋め込まれてそれから子供たちは5つに振り分けられ

それから暗いトンネルを抜けてここまで来た

門の先にあるのは外じゃなく本部

本部と近接する5つのプラント

それがこのハウス

門は逃げ道にならない

そこにはたくさんの鬼や大人がうじゃうじゃいる

それではやばいのではというが

だからこそろくに警備を強化しない

エマの足が治り次第脱獄だと

そしてノーマンは明日姿を消せと

手を重ねる3人

わかったというノーマン

そしてその夜

イザベラはノーマンの里親が決まったと発表する

明日の夜に出立すると

1人驚いてものを落としている

フィルはおめでとうというが

玉ねぎ頭の子はこんな急にと

寂しくなるという子も

今思えばこれ伏線だったのかな

一部おめでとうと言っている子供たちもいるんだが

悲しんでるものもいるな

何も知らなければ感動的な光景に見えるだろうが

レイの表情は厳しい

イザベラはいつも通りの優しいママを演じている

いつもの日常か

エマは一人部屋で食事

ドンも子供たちの世話をしてる

ギルダはひそかにロープを作り直してた

レイも図書室で何を考えているのか

ノーマンの部屋の引き出しにクローネが持っていたペンが

彼女は死ぬ前にそこへ隠してたわけか

そして運命の日がやってきた

エマは不安そうだ

上手くいくとレイはいう

ノーマンは一人塀のところにロープをもって向かっていった

発信機を無効化させるのはスタンガンのようなものか

ノーマンはロープを使い塀をよじ登りその先の光景を

外は森ばかり

そして夕方

エマとレイの表情は厳しく

イザベラはノーマンがいないことに気づき受信機を

ノーマンは姿を消しているはず

だがイザベラは笑う

そして言う

おかえりなさいノーマンと

姿を消したはずのノーマン

彼が戻ってきた

昨日打ち合わせをしたはずなのに

そんな彼にレイは怒る

どう言うつもりだと

エマは今からでも逃げないとというが

それはできないというノーマン

それより聞いてほしいことがある

崖だったと

塀の向こうは崖だった

とんでもない断崖絶壁だったか

次回に続く

自分を犠牲にすることを選んだノーマン

そして彼は・・・







Last updated  March 9, 2019 04:56:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
[約束のネバーランド] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.