3813443 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

katariたがり@ Re:姿を現した怪物(06/13) New! zebraさんへ まさに姿を表した怪物ですね…
zebra@ 姿を現した怪物 New! おはようございますkatariさん ・・・・…
かなこ@ Re:アニメ ワンピース 感想 海は海賊!討入り!いざ鬼ヶ島(06/13) New! 遂に遂に遂に×10!! オロチの部下であり…

Headline News

March 15, 2019
XML

アニメ 約束のネバーランドの感想です

自らを犠牲にすることを選んだノーマン

そしてエマとレイたちは

本編

ノーマンがエマとレイに伝えたこと

外は崖だった

とても飛び越えられる大きさじゃない

シスターはうそをついてなかった

鬼も自分たちをなめてなかったと

あの崖だったら警備の必要はないということか

つまり塀からは逃げられないということ

だが道はあるというノーマン

図で説明する

塀の端まで行くと2つに分かれていたと

ひとつは断崖に沿った塀

もう一つは自分達のハウスの側面の塀

ちょうど60度ずつ二又の塀の内側はまるで対称

そっくり同じ景色が広がっていた

つまりここGFは断崖に囲まれた六角形の土地に隣接して配置されていた

そしてこの第3プラントの西にある区画がおそらく本部

この区画にだけ橋があった

周囲が絶壁なら逃げるのはここからだと

話をしているとフィルがやってきた

ママが呼んでると

すぐ行くと伝えてとフィルにいう

気づかれなかったか

ノーマンが行こうとするがレイたちが止める

発信機を破壊する装置を返すというノーマン

そして自分は使っていないと

そのノーマンにレイが食って掛かる

最初から戻るつもりだったんだなと

一緒に生きると言ったのに

なのにお前は最初から死ぬつもりだったのかと

自分は間違えるわけにいかない

誰一人死なせないために

自分が逃げたら計画が狂う

万が一にも負けたくない

何を言っても気持ちは変わらないと

それを聞き崩れ落ちるレイ

ノーマンは今日できるだけのことをやってくれと

そんな彼を止めようとするエマだが

ノーマンは2人を抱きしめその温かさを感じていた

今まで幸せだったと感謝の気持ちを告げるノーマン

その言葉を聞きレイでさえ悔し涙が止まらない

エマは今からでも逃げようというが

それでも決意は変わらないと

そういって部屋を出ていくノーマン

その後ノーマンは無意味と思っている荷物の整理を

そして糸電話を見つける

幼いころのノーマン

優しいママを装ってたイザベラ

この時のノーマンは風邪をひいていた

だから誰も近づけないようにしていた

独りぼっちのノーマン

だけどこっそりとエマが来ていた

入っちゃだめだといってるのに

病気のたびに独りぼっちになっちゃうと

風がうつっちゃうと心配するノーマンだけど

自分は風邪をひかないとエマは胸を張る

多分レイあたりにバカだからといわれたんだろう

だがイザベラに見つかってしまうか

ちなみに予想通りレイにバカは風邪ひかないからといわれたのだと

イザベラは食用児に風邪が広まるとまずいってことで近づかせないように

内心寂しいノーマン

でもエマはまた来た

そしてここに持ってきたのは糸電話か

レイのアイデアか

すぐにイザベラに連れていかれたが

糸電話で話ができると

まあこれはさすがに邪魔されなかった

ノーマンもうれしかっただろうな

今でもそれを大事に持っていたか

そこにドンとギルダがやってきた

ノーマンは死地へ向かう

別れを悲しむ子供たち

真実を知ってるエマたちの表情は暗い

ノーマンはフィルにエマを助けてあげてほしいと

イザベラはレイのことを聞くが

お別れなんてしたくないから医務室にいると

ノーマンはドンとギルダにエマとレイのことを頼む

エマにはみんなのことを頼むと

エマは何も答えられない

そして別れを告げるノーマン

だが立ち去ろうとするノーマンにエマがけがをおして走る

ママの眼を引き付けるから逃げてほしいと

発信機を壊す機械をもって

エマはまだノーマンを助けることをあきらめていなかった

そして発信機を壊そうとするが

ノーマンがエマを突き飛ばしそれを止める

機械に気づかれないように隠して

無鉄砲なエマをいさめようとするが

エマは死にに行くとわかってるノーマンを行かせたくはない

子供たちはどうなってるのかと

ドンとギルダは事情が分かってるから

ノーマンは自分の気持ちを尊重してほしいというが

死のうなんて言う気持ちを尊重することはできない

本当は嫌なら尚更だと

その声を聞いてノーマンの眼がうるむ

無茶苦茶だという

本当に甘くて

でもだから

イザベラが途中で入り込む

エマに次ぎ騒いだら殺すと脅して

ほかの子供たちには気づかれないように

ノーマンがエマに最後の別れを告げたいと

それは許可する

ノーマンはエマの手を握り感謝する

だましてごめんといい

エマのことを気遣う

そして後を頼むと

絶対あきらめないでと

階段のところにはレイがいた

ただ何も言わず見送る

崩れ落ちるエマ

イザベラに連れていかれるノーマン

かばんはどうせ持っていかれるから空っぽだと

イザベラはノーマンがけして逃げないと思っていた

これでエマとレイは満期までいられる

幸福な一生

ノーマンはイザベラに幸せかと

幸せだという

あなたという子に出会えたこと

そして門のところに

出荷の車が

だが連れていかれたのは別の扉

それを見たノーマンの表情は

そしてノーマンがいなくなった翌日

ハウスではいつもの日常が送られようとしていた

だがいつもの日常とは違う

エマはいないはずのノーマンの幻聴が聞こえる

元気のないエマ

フィルは心配している

そしてレイもすごく落ち込んでいる

3人とも仲良かったからと

事情を知るドンとギルダはその気持ちを察する

その夜

エマたち4人はこれからどうするのか

レイはもういいと

ここで死のうと

周りは崖で橋は本部のところ一つだけ

何より疲れたと

発信機を壊す機械はどうするのか

エマにやると

逃げたければ逃げろ

俺は降りると

それを聞いた後エマは出ていく

ドンはレイに何か言おうとするが

ただ2人に謝るだけのレイ

部屋でエマは一人泣き崩れていた

そのエマのそばにいつの間にかイザベラが

辛いのね

ノーマンは死に、レイはあのざま

脱獄はもう諦めなさい

絶望に苦しまない方法は諦めることだと

それを受け入れることだと

そしてもし望めばエマをママ候補に推薦してもいいと

大人になって子供を産み能力が認められればママやシスターとしてこのハウスに戻ってこれる

反抗しようとするエマだが

だったら何ができるのか

何もできない ただ苦しむだけ

絶望の連鎖だと

生きてママを目指せばいいと

悲しみながらもそれだけはできないと

だったらせいぜいのたうち回って苦しみなさいと

そして部屋を出ていくイザベラ

それから月が替わる

子供たちはいつもの日常を過ごしていた

エマは気力を失っている

フィルはそんなエマを心配している

レイも生気がない

それからただむなしく時が流れていく

レイの出荷が近づく

ある夜一人歌を歌っていたレイ

明日が誕生日

今日が最後の夜

明日でお別れ

レイはエマに聞く

本当は諦めてなんかいないんだろうと

そのエマの表情は

次回に続く

ノーマンを失った彼ら

だがその炎は消えず







Last updated  March 15, 2019 11:58:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
[約束のネバーランド] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.