3242586 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

katariたがり@ Re:ワンピース感想(06/29) かなこさんへ 味方といわなくても協力し…
かなこ@ ワンピース感想 ふと思いましたが、ヤマトは実子が養子か…
katariたがり@ Re:果報は寝て待て(06/28) zebraさんへ そうですね 焦らずじっくり…
katariたがり@ Re[1]:ジャンプ感想 29号 ワンピース(06/22) かなこさんへ カイドウの息子と聞くとそ…
zebra@ 果報は寝て待て katariさん 果報は寝て待て、ということ…

Headline News

May 30, 2020
XML
カテゴリ:漫画
今回は単純に漫画というか創作物語に関してです

先日鬼滅の刃が終わったことで世間が騒ぎになりました

アニメ放送をきっかけに急激に人気があがったこの漫画

それが人気絶頂のうちに最終回を迎えたことで波紋を広げてるようです

通常人気のある漫画は出版社もできる限り終わらせたくないと思っている

そんな段階で潔く終わらせたというのは凄いことだと思います

ファンの人たちの中には続けてほしかったという意見もありますが

私はここで終わって正解だと思っています

何しろもうやれることがなくなっているからです

最大の敵である鬼舞辻無惨を倒し炭治郎が禰豆子を人間に戻したことで全て終わったといえます

ただこれによって漫画や創作物語に関してどうあるべきなのか考えることになるのではないかと

何しろ今の漫画 長期連載が多すぎるイメージがあります

代表としてはワンピース、名探偵コナン、はじめの一歩とか

100巻越えかそれに近い漫画です

まあこれは続けようと思えばいくらでも続けようがあるってことかもしれませんが

人によっては話が進まないからダラダラしてると敬遠する人もいるかもしれません

ただこうやってできるだけ長く続けるというのもまた否定はできないのかもしれない

作家も生活がかかってる以上人気があるうちは続けたいと思うのも仕方ない

しかしあまりにも長期連載が続くと新規の読者が入りづらくなるのです

ストーリー漫画については

ただ長期連載でも途中で入りやすい漫画というのももちろん存在します

その代表といえるのがこち亀

ジャンプを代表する長期連載漫画でした

だがこれは基本1話完結型だった故に途中でも入り込みやすかったと思います

それ以外にも日常を中心に書く四コマ漫画とかは

どこから読んでもいいと思うので

ただ漫画によっては仕方なく長期連載にならざるを得なくなる漫画もあるのでないかと

理由としてはまず明確なゴールといえるものがない場合

これがさっきの日常を描く漫画によくあるケースだと思います

こっちはある意味作者が終わりたいタイミングで終わらせることもできるといえますが

それ以外にも一部の漫画

バトル漫画にもその傾向はあります

この場合これ以上の強敵を出しようがなくなったときに終わりを迎えることが多いと思います

あるいは明確なゴールはあるもののその過程が途方もなく長い場合

ワンピースもその一つじゃないかと

目的が大きな分それを成し遂げるのが大変だということは間違いないだろう

だからあっさりと終らせる、達成させるわけにいかないのかもしれない

だけどそうじゃない漫画もあります

今回の鬼滅の刃もそうでしょう

この漫画基本的に無駄を大きく省いていました

序盤で最大の敵と主人公を遭遇させていた

強敵たちと早い段階で遭遇させていた

基本的に日常の部分は省いていた

修行パートとか盛り上がりに欠けそうなところは早く進めていた

そして何より最大の目的を達成したらそこですっぱりと終えたということ

その結果単行本も全部集めてみようかと思えるぐらいの量に収まったとも言えます

鬼滅の刃の在り方で創作という物の引き際はどうするべきなのか考えさせられることになるのではないかと思います

まあ一つ言えるのは創作におけるもっとも大きな目的を果たしたらそこが潮時なのかもしれない

では






Last updated  May 30, 2020 12:07:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
[漫画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.