3813357 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

katariたがり@ Re:姿を現した怪物(06/13) New! zebraさんへ まさに姿を表した怪物ですね…
zebra@ 姿を現した怪物 New! おはようございますkatariさん ・・・・…
かなこ@ Re:アニメ ワンピース 感想 海は海賊!討入り!いざ鬼ヶ島(06/13) New! 遂に遂に遂に×10!! オロチの部下であり…

Headline News

February 2, 2021
XML

アニメ ブラッククローバーの感想です

金色のアジト襲撃

ダークドライアドの一人 ゼノンとの戦い

本編

金色の夜明けに入ったユノ

最初は身分故に蔑まれてきたが

少しずつ認められ

いつの間にか本当の仲間になっていった

新たな居場所になったんだな

そんな大切な仲間たちをこんなひどい目に合わせたやつを

ユノが許せるわけはない

敵は悪魔憑きの一人

ユノは攻撃をかわしながら仲間を助ける

彼も零域

ユノの攻撃

しかし相手の防御力は相当高いようだ

ここが襲われた理由

誰かを連れていくためらしい

冥域の魔道士を

こいつはただ暴れたいだけだと

スペード王国にもこういうやつがいるんだな

人を傷つけ命を奪うときどういう感情かと

敵は快楽を感じると

そんな外道の発言を許せるわけはない

お前みたいなやつがいるから世界がおかしくなる

呪いの連鎖は終わらない

クローバーの魔法騎士だろうがスペードの王子だろうがどちらでもいい

俺が断ち切ると

そして敵を切り裂く

しかしアジトの中は惨状が

クラウスが敵を見つけるが

やつは分身のようなものを使ってるようだ

それだけじゃなくクラウスの盾を破壊

相当なダメージを受けてしまう

他の場所でもか

スペード王国の魔道士後からはとんでもない

羅針盤魔法の力も発揮できない

金色の団員たちはエルフの力が残っている

それに対し嫌な感情を持つものもいるかも知れない

だがこの力をクローバー王国を守るための力としようと

半年の間にそれを力にしてきたか

しかしそれでも及ばないか

だがそれで諦めはしない

クラウスもまた同じ

諦めない男を知ってるからか

その時ユノが現れる

敵は霧の使い手か

しかもさっき消耗してる

だがそのおかげで敵の位置を

クラウスは感じる

到底かなわない天賦の才を持つものがいたときどう感じるのか

どれだけ修練を重ねても超えられないのかもしれない

だがそれでも魔法騎士として貫くか

アスタの影響で肉体を鍛えるようになった

その努力はクラウスを強くした

なぜ動けるか

鍛えているから

合流した3人

ユノを副団長と呼ぶ

ベルはいちいち自分を上げすぎ

それにそんな場合じゃない

とんでもない魔力が

そこには敗北し拘束されたウィリアムが

現れたのはゼノン

スペード王国でクーデターを起こした一人

ユノが見せられた記憶の中にいた

ゼノンが連れてきた奴らは50%にも満たないのか

それでこの強さって

ベルはゼノンをやばいと

三人で交戦する

ユノが敵の魔法を切るが

クラウスたちは串刺しに

大切な者たちが傷つけられたこと

ユノは激昂する

スピリットを放つが

やつには通じない

いやかなりの速度で再生しているのだと

ゼノンは俺の悪魔の力を見せてやると

その頃ラルフはユノのところに向かっていたか

崩壊した金色のアジト

ベルの涙が

その先には傷つき倒れたユノが

致命傷を負ってしまってるようだ

ベルが消えかけてるってことはそれだけやばいってことだ

ラルフもユノに呼びかける

あなたはたくさんの人の希望なのだからと

だがその絶望の中

突如樹木が

それがユノたち金色の団員たちを包み込んでいく

これはウィリアムの魔法だった

ユノが目覚めていた

回復魔法を残していったのか

他にも目覚めていく団員たちが

クラウスやアレクドラも目覚めていた

だがウィリアムはいない

ゼノンに連れ去られたということか

しかしウィリアムの魔法でもすべてを救えたわけじゃなかった

シレンとハモンは目覚めない

瀕死のものは救えても死んでいたものまでは不可能だった

金色の団員の半数が戦死した

ユノは自分の弱さを嘆く

次回に続く

ダークドライアドの襲撃

大戦が始まりを告げる







Last updated  February 2, 2021 05:48:20 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.