000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Headline News

February 7, 2021
XML
カテゴリ:ONE PIECE

アニメ ONE PIECEの感想です

討ち入りの前に起きた事件

そしてあの男の伝説が語られ始める

本編

約束の港に自分たち以外誰も来ていなかった

決戦前夜にてオロチは笑っていた

やつは百獣海賊団に協力してもらい

襲撃をしていた

まずはサニー号の爆破

そして各地の橋の爆破

そして港の爆破で船をだめに

20年前に死んだはずの者たちが生きていた

それを信じてるものなどいない

だが確実に生きている

その証人がいたからだろう

それでも強引に妨害はできるか

しかしこいつ自身計算外はあったんだな

そして赤鞘の侍たちは諦めていない

小舟一つで出陣するつもりか

死ににいくだけだというが

今日を逃せば次のチャンスは1年後

だがこれ以上隠し続けるのは不可能

食料も限界

さらにおこぼれ町の人たちは焼かれた

その中には錦えもんの妻もいたのだから

モモの助は止めようとするが

彼らにとっておでんへの忠義のほうが大事だった

最も一名がクソ白々しいやつがいるんだが

お前なんか侍じゃねえって言いたい

錦えもんたちは最期までおでんの侍でいたいと

泣き叫ぶモモの助

死地へと向かおうとする錦えもんたちか

そして話は41年前に遡る

光月おでん

彼を見て人々は慌てる

女や家畜を隠せとか

また船出に失敗したのかと

都には当代きっての人気者がいたと

その人物は窮屈でござると叫び

暴れまわっていた

広い世界を見たい

自由にと

しかしバカでもあった

アイキャッチにルフィたち三兄弟の姿も

それはともかく41年前のワノ国は美しく

命が溢れていた

とある茶屋で噂話が

山の神様とか

女性は茶屋の看板娘鶴女というのか

もしこの人があの人ならえらい変わりようだと思う

だが声は

それはともかく男たち3人が捕まえたのは白いイノシシ

金になるのだと

黒駒の親分が懸賞金をかけてたとか

神様の使いだとか言うけど

この茶屋に泥棒に入ってたやつが

チンピラだった頃の錦えもんだった

やはり鶴女さんは後のお鶴さんだったらしい

身ぐるみ剥がされて逃げる錦えもん

しかし何か悪巧みを

だがそれとは別におでんはどこかでおでんを食ってる

火葬場だったか

悲しんでいる家族

火葬の炎でおでんを煮ていたそうだ

そして彼の奔放っぷりは父スキヤキにも伝わっていたようだ

幼い頃からかなり問題を起こしてるようだ

だけどすごい才能もまたあったか

石細工の

ハーレムの話とかサンジは羨ましそうだ

女達は自分から逃げなかったとか

しかし喜々として話してるな家臣どの

スキヤキはおでんとの絶縁を決断

そのおでんは死者の炎の上でおでんを食い酒を飲んだり

だが終えたあと最期に酒を死者に

次に飲むのはあの世だと

これは彼なりの死者への弔いということか

その頃錦えもんは白イノシシを捕まえた奴らから強奪した

しかしこれが怒りを買うことにもなる

錦えもんは借金取りに追われているのか

ヒョウ五郎もこの当時かなり屈強な男だった

チンピラではあるが錦えもんは強いか

そして新たなメガネのやつ

トキソバみたいなやつか

これが赤鞘の最後の一人

傳ジローか

声が気になってるわけだが

錦えもんと悪友っぽいな

その頃花の都では大騒ぎが

錦えもんと傳ジロー

白イノシシを連れてたらだめだと

親のイノシシ

山の神と呼ばれている怪物

そしてそいつが花の都に

しかしそれを見てもおでんは物怖じしない

錦えもんたちと遭遇したようだ

さっきの話を聞いてたのか

次回に続く

おでんがおでんを食べるって話ややこしいな

次回光月おでんとその仲間

赤鞘の侍たちの姿が

ちなみに傳ジローの声







Last updated  February 7, 2021 10:26:21 AM
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.