3745591 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Headline News

February 24, 2021
XML
カテゴリ:ジャンプの感想

アニメ 約束のネバーランドの感想です

死んだはずのノーマンと再会したエマとレイたち

本編

エマたちの目の前に現れたのはノーマン

エマは号泣しノーマンに抱きつく

出荷されたはずなのになぜ

ノーマンは別の農園に送られたと

エマの頬に触れると耳がないことに気づいたようだ

さらにレイはいきなりビンタ

いいもの見れただろうと

レイも涙を抑えられない

あの3人がようやく

そしてノーマンをみんなのところにつれていくと

当然大喜びするよな

ただハウスに残してきた子どもたちもいると

そしてエマたちの話を

ノーマンはラムダという食用児の実験場につれてこられ

そこで様々な実験をさせられていたと

その過程で異常な成長をする子供も

ノーマンと一緒に来たのはその子どもたち

ノーマン自身はテストを受けさせられたというが

どこまで本当か

そして支援者たちとともにラムダを破壊した

支援者は「罪」と名乗る者たち

クローネにペンを与えたと

ノーマンは鬼を退化させる薬を作ったと

なぜ鬼が人を喰うのか

そうしないと維持できないのだと

鬼の姿形が様々なのは食べたものの能力や姿を取り込める

人を食べることでそれを維持してきた

だから脳が必要だったという

もし人を食わなかったらどいつも野良の鬼にようになる

知能が高い鬼よりはま歯科

知性がなければ鬼は互いを襲うと

この薬を使えばもう知性は得られないと

エマはかつて言った

人間の世界を作ろうと

みんなが笑って一緒に入られる世界を

鬼を滅ぼすことが自分の考えだと

これで鬼に怯えなくて住むと言うみんな

ギルダはエマに無茶をさせなくて済むと

エマの様子は

だがまだ時間はないか

ノーマンはすぐにでも計画を実行に移したいとか

まずはこの街のすべての鬼を退化させる

そして鬼たちを潰していくか

自由と安全を勝ち取るか

だけどエマの様子がおかしい

支援者たちが用意してくれた住処もあるのか

ノーマンは自分たちの居場所のメモを残して去る

その夜エマとレイは話を

ノーマンが生きていてくれてよかったと

だけどレイはエマがノーマンの作戦に賛成してるとは思えないと

ノーマンの作戦はみんなのことを考えてくれている

だがエマが望む未来じゃないと

エマは鬼を殺したくないと言う

みんなのためにそして自分が心配してくれているというのに

もちろん食べられるのは嫌だが

それでも鬼の姿を見て自分たちと何が違うのかと思った

何よりムジカは友達だから

それを何故言わなかったのかと

みんなが喜んでいたからだろう

それにもし人間を食べなくなったら鬼たちは退化する

他に道はほしいがどこにもないか

レイもわからないと 反論の余地もないぐらいノーマンは正しいと

なんでレイが自分に話を聞いたのかと

わざわざ本音をほり起こすなと

本音はすぐ出てきてしまった

墓場まで隠し通せないのなら

諦めきれないものならいつかどこかで爆発する

エマは特に一番面倒なタイミングと方向に進む

そうなるとみんなが苦しむ

納得できないならとことん向き合えと

もう一度まっさらに考えてみようと

エマは争わない道を考えたいが

その方法がわからない

レイはまずノーマンに話をしてみようかと

迷ってるけどだからこそ

それにノーマンは話を聞いてくれるはず

さらにもう一つ気になること

ソンジュとムジカは人を食わないのに人の姿と知能を保てる

その理由を

例外がある鬼なら共存できるかもしれない

それに逆に考えるとそういう例外の鬼がまだいたらノーマンの計画も破綻する

ノーマンがそういう鬼を知ってるなら理由を聞けるかもしれない

鬼は人を食らう

共存ができるとは思えない

だが一度納得できるように話し合うべきだと

この後エマとレイはノーマンのところに

彼の仲間と合流

ノーマンはもうすぐ戻ると

三人はそれぞれシスロ バーバラ ヴィンセントと

ノーマンがボスと呼ばれてるのか

昔となにかイメージが違うと

エマからノーマンの話を

昔は笑ってたが

今はむしろ帝王って感じらしい

体が弱かったことも

ラムダで助けられたときは完全無欠の天才か

だけど優しいのは確か

他の食用児たちも助けられてると

目的のためにかなり無理しているか

三人は鬼を殺してやりたいか

それだけ憎んでいるのか

バーバラは鬼の肉を食っている

自分だけが食われるのも

やられた仕打ちを考えると憎くて当然か

エマは恐怖に

バーバラはエマの様子を見て

まさか甘いことを考えてるんじゃないだおるなと

シスロが諌める

だが鬼を滅ぼすという考えは同意か

彼らからしても早く助けたい仲間がいるし

エマだってそうだ

三人がやってるのは鬼への仕返しだと

でもそれが全てじゃないはず

だけど受けた苦しみを考えると

憎しみの連鎖

それが戦争か

エマとレイはノーマンと改めて話を

まずは情報交換として

その薬がまずすべての鬼に効果があるのかと

人を食べなくても退化する鬼がいると

だがそれを何故知ってるのかと

エマたちが会った鬼

邪血の少女はまだ生きていたのかと

それは一体

次回に続く

険しい表情のノーマン

果たして







Last updated  February 24, 2021 05:09:01 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.