3773622 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

かなこ@ ま、それにしても うるてぃも、可愛いけどやっぱりクズ💢
かなこ@ Re:ジャンプ感想 23号 ONE PIECE(05/10) まず初めに、菊の烝が今度こそカン十郎を…
zebra@ 下劣な手段を用いたひぐらし katariさん アニメみました 討ち入りは…
かなこ@ Re:アニメ ワンピース 感想 決着の時! おでんVSカイドウ!(05/09) 後一歩のところで、マネマネの実のひぐら…

Headline News

April 8, 2021
XML
カテゴリ:NARUTO BORUTO

アニメ ボルトの感想です

カワキの処遇は

本編

目覚めたカワキの前にはナルトたちが

だが警戒心の強いカワキは逃げようとするがこの3人の前でそれは無理だな

まずは落ち着けと

ナルトはまず自己紹介

シカマルはこの後ナルトに対し反対だと

敵のカードがここにあるのは危ない

そしてスパイの可能性があるというが

だからこそ俺のそばにいるほうが安全だと

シカマルは本来なら厳重に監禁するべきだというが

ナルトが面倒を見るとか言ってる

ナルト自身人柱力ということで人々から忌み嫌われていた

三代目がいなければ監禁されてた可能性だってある

殻のことは木の葉だけの問題じゃないと

そして五影会談が始まる

カタスケがカワキの体について説明をしていた

そしてカーマというものについても

同時にボルトにもそれがあることを

いずれにしてもカワキが危険な存在だということは理解できた

殻の存在もあり木の葉だけの問題じゃない

だがそれ以上の情報もない

カワキは何も教えないか

ナルトがカワキをそばで監視すると伝える

影分身を使えば同時にできるってことか

どっちが分身か

我愛羅は自分もナルトと同じ境遇だったゆえに理解できる

それにナルトがそばにいるほうがより安全

雷影も理解を示す

ただボルトにカーマがあることについて大丈夫なのかと

不安要素は大きいが逆にボルトの存在がカワキの警戒を解くことにもつながるかもしれない

そのころボルトはサラダたちと話を

カワキのことは気になるよな

ボルトは父たちが監視してるならもう二度と会うこともないだろうと

そういって用事があると

向かったのはムギノの家だった場所か

余計に殺風景になったか

彼が飼っていた亀に餌をあげるために来たのだな

更にそう言ってると木の葉丸もやってきた

ムギノの遺したものを整理するために来たと

殺風景な部屋

しがらみにがんじがらめになるのは嫌だと

この家かなりボロボロ

木の葉丸も入るのは初めてだったか

先日のことを説明するボルト

木の葉丸は笑う

ムギノは自分のことをあまり話そうとしなかったと

最期まで掴みどころがなかったか

任務のときは生真面目だったがプライベートでは結構だらしなかった

でたらめな生活か

だが余計にたちが悪いのが

そんなふうでも嫌いになれなかったか

ボルトの目から涙が

こんな家だがムギノの家に三代目の写真が飾られていた

彼が三代目を尊敬していた理由

ボルトも初めて話を聞いたときのことか

まああえて言わないか

その写真は木の葉丸が持っておくべきだと

ムギノが飼っている亀

木の葉丸が相手だと素直に餌を食べてくれる

木の葉丸に預けたほうがいいと感じたようだ

そのころカワキはナルトと一緒に

うずまき家で一緒に暮らすのだというが

カワキはまたも逃走

いいように利用されてたまるかって

しかしあっさりと追いつかれてしまう

それでもまだ逃げようとするが同じように先回られていた

逃げられないと悟り

おとなしくついていくことに

うずまき家につれてこられたカワキ

ヒナタも優しい言葉を

だがカワキは未だ名乗らない

俺に聞いても大した情報は得られないとか

ナルトは殻に追われているなら守ってやるというが

全く信用しない

そう言ってるとボルトが帰ってきたが

カワキと再び対面すると

なんでここにいるんだと

ナルトから説明される

一緒に暮らすことになったというが

もめていた相手を家に置くなんてと

騒がしいとか言うカワキだが

ボルトはまだお前を置くことに納得はしていないと

一触即発の両者

ナルトが止める

この後話を聞くことに

ボルトは竜胆の町でのことがあるし

カワキの力を目の当たりにしている

何をしでかすかわからないか

ナルトは昔木の葉ににたやつがいたと

そいつは望んだ力でもないのに周りから距離を置かれていた

ナルト自身のこと

その経験は辛かった

周りの冷たい目は

仲間がいなかったらだめになっていた

だけど自分を冷たい目でみていた相手も怖かったんだろうと

里を滅ぼすかもしれない力を持っているのだから

だができるならボルトにはそっち側にいてほしくないと

説教は分身でやっていたのか

カワキの前に来たボルト

俺はお前を信用してるわけじゃない

だが何を考えてるかわからないからって悪と決めつける気はないと

妙な真似をするんじゃないぞというが

カワキはまたもキレてテーブルをひっくり返す始末

好きでいるわけじゃないと

だがその勢いで

ヒマワリが母の誕生日のために作った花瓶が割れてしまった

ボルトにとってはそれが許せない

だがカワキは意外と素直に悪気はなかったという

そして自分の名を改めて名乗る

ボルトも同じように

次回に続く

EDが変化したなまた

カワキとの同居になったが

それが平穏にすむわけもなく







Last updated  April 8, 2021 05:36:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
[NARUTO BORUTO] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.