3779036 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

zebra@ ワンピース考察 役に立たないヤツはいらん! その2 New! こんばんは katariさん 19号にてこの考…
かなこ@ Re:ジャンプ感想 24号 ONE PIECE(05/17) ナミ側は、うるてぃとページワンを倒しま…
zebra@ 早速 コンビニでジャンプ買いました こんにちは 今日 引き続き2個めのコメ…
かなこ@ Re:アニメ ワンピース 感想 釜茹での刑 おでん決死の一時間(05/16) 待ちに待ったおでんの処刑!!ただでさえ…

Headline News

April 10, 2021
XML
カテゴリ:ONE PIECE
ONE PIECEの簡単な考察です

今週号でオロチが赤鞘たちと遭遇しました

ボロボロの彼らなど怖くないとばかりに能力を開放して襲いかかったようですが

あっさりと倒されてしまいましたね

赤鞘たちにとっても宿敵の一人だったというのに

あっけない末路だったと感じました

まあ正直言ってこれでもまだくたばってはいない気がしますけどね

こいつはしぶとい気がするので

さてと気になることとしてなぜオロチは生きていたのか

カイドウに首をはねられたというのに

その理由には様々な可能性があっただろう

例えばカン十郎が作った影武者だったとか

だがこの可能性は消えたと思われます

理由として福ロクジュが

オロチは一度死んでいると発言しているということ

つまりオロチは確かに一度殺されたと言える

ではなぜ生きているのか

可能性としてはやはり悪魔の実の能力ではないかと

ヤマタノオロチの能力

これによってやつは複数の首を持っている

だから全部の首が落とされない限りは復活できるのではないかと

臆病なオロチにはうってつけの能力だったと言えるのではないかと

ヤマタノオロチの能力はそれだけ強い能力だったとも言える

しかし悲しいことに使い手がオロチだったことで十全に力を発揮できなかったのではないかとも言える

何しろ赤鞘たちにあっさりと斬り捨てられてしまったのだから

おそらくこの能力は生存能力だけじゃなく戦闘力も本来は高いはずだっただろう

だが使い手がオロチだったがためにその戦闘力を全く活かせなかったのではないかと

まあ所詮謀略と騙しで成り上がった男だから仕方なかったとも言えますし

将軍として考えると

死なないことが最優先という意味ではけして無意味な能力ではなかったのだろう

ただそれだけにしか活かせてないのならばもったいなかったとも言えます

オロチはまさに能力にかまけたバカだったのではないかと

では






Last updated  April 11, 2021 10:37:01 AM
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


katariさん 手厳しい~;つД`)   zebra さん
おはようございますkatariさん 考察拝見しました。
ハハハ 能力にかまけたバカ・・・手厳しい~(笑)
まさにkatariさんの ”こき下ろし考察” 久々にでました。

考察の過去記事「ブリュレは無能」「 家族でさえ道具としか見ない男にはけしてわからないこと 」「虎の威を借る狐の末路」 そして今回の考察 「能力は強くても使い手は弱者」

 オロチははっきりいって20年間どっぷり将軍の座に漬かり過ぎていたことが敗因だったんでしょう 戦いの現場がなかったことが純粋な能力の戦闘力を磨く機会がなかったのですから。

 え~っとですねえ アラバスタシリーズでクロコダイルの言ってたセリフを引用します。
「悪魔の実の能力は使い方と訓練次第でいくらでも強い戦闘手段になる。能力にかまけたそこらのバカとはおれは違うぞ」

 クロコダイルはバロックワークスの社長に収まっても 能力だけでかまけるようなことはなかった。戦の現場には自らもいくときはありました。
 
同じようにドレスローザで国王の座に収まっていたドフラミンゴもうそうです。 七武海の肩書や悪魔の実の能力で威張りちらすだけではなく 直接的な戦の現場に赴かなければ 能力も「宝の持ち腐れ」で終わってしまうのは奴も分かってはいたでしょう。 それを考えますと前にも比較対象しましたが 悪のボスの存在としての器では クロコダイルやドフラミンゴのほうが全然上なのがわかります

それにオロチのもうひとつのネックは 手を組んでいた四皇カイドウのビッグネームにも頼り過ぎた事。


CP0とのやりとりでこう言ってました
「ワシのバックにはカイドウがついておるのじゃ」と
じゃあ裏を返せば カイドウがいなければただのでくの坊ということにもなりますよね。そのオロチの脅しに対してCP0たちも内心は 「この野郎 下手に出てればつけあがりやがって・・・カイドウがいなければおまえなんかとっくに始末してるんだぞ!クソ野郎!」だったはず。

たしかに世界政府や四皇カイドウとの周囲の根回しや立ち回りは上手かった。だが 根回しではどうにもならない時に遭遇した時の対策を打ち出していなかったんですよオロチは。

しかし・・・錦えもんたちにあっさり首を斬り落とされたからこれで終わりとも思えませんね。あっさりしすぎというのは まだ裏があると個人的に予想しています。 (April 12, 2021 08:30:31 AM)

Re:katariさん 手厳しい~;つД`)(04/10)   katariたがり さん
zebraさんへ

まあ正直言ってムカつくやつに対しては罵詈雑言ためらう気はないです

オロチは騙しで成り上がった男
そこに武力は必要なかったのだろう
それでは鍛えられるはずもなし

クロコダイルはグランドラインで戦ってきたから己を鍛えることをおろそかにはしなかった
それでもアラバスタでは油断してしまってたようですが

ドフラミンゴもまた七武海という地位 人々から命を狙われてきた環境の中
己を鍛え上げなければならなかったんだろう

まあオロチの器はそいつらと比べるべくもないだろう
せいぜいスパンダムレベルじゃないかなあと
よくてホーディあたりか

そしてもう一つ カイドウに頼りすぎてたこともこの事態を招いたと言える
やつが裏切る可能性を全く考えてなかったのだろうか
自分も裏切りで成り上がったというのに 裏切られる立場になるとは
この時点で愚かとも言える

もしカイドウがいなかったらCP0や世界政府のほうがオロチを脅して言うことをきかせてただろうしな
ルッチなんかスパンダムと同類と思われるこの男には腹が立っただろうし

ただまだすべての首を落とせたとは思えないので
このまますんなり終わるとは考えないほうがいいだろう (April 14, 2021 07:23:03 PM)

オロチの「放火」がほかの”火種”も呼び起こすのかも?   zebra さん
katariさん おはようございます。今週はワンピースは休載ですよね。
そこでkatariさんが書かれた本記事に関して もう少し深く掘り下げて考えてみようと思います

カイドウから斬られたオロチはもう用済み それはまちがいないでしょう。


しかし どうも腑に落ちないですね。錦えもんたちに斬られたオロチですが すんなり終わったとは思えません。

まさかとは思いますが 本人の悪魔の実の能力でカイドウに斬られて生きていたというのはあるでしょうが 錦えもんに斬られたこのオロチ自身はカン十郎の絵で描いた「にせオロチ」の可能性もありえます。

カン十郎も本性を現した以上 潜入しているときには左手で描いてきた「ヘタクソ画力」はもうやる必要もありません。 それに オロチに知らせてきた段階で 用心のため あらかじめ 「にせオロチ」を描いていても不思議じゃないです。

そんな時 カイドウは「新鬼ヶ島計画」を知り 花の都全体を支配する事に反発したオロチはいきなり切られてしまいました この斬られたオロチは本人でしょう。「ヘビヘビの実 モデル ヤマタノオロチ」の能力で生き残ることはできました。


城内に火をつけまわっていますが これはカイドウに対する報復のつもりなんでしょう。ところが放火しまくったところで カイドウが死ぬワケないですよね。 

 放火はカイドウへの報復と 「本来の目的」が絡んでいるのではないでしょうか?

 「本来の目的」・・・そう、20年以上前に黒炭家のお家断絶にともなう迫害 それに対するワノ国全体の報復をこの百獣海賊団と赤鞘たち反カイドウ勢力のぶつかり合いを利用して実行しようとしてるのではないでしょうか。

それによってカイドウも「くそ オロチのヤツ オレの計画を狂わせやがって」となるのではないでしょうか?

オロチももう自分のワノ国での居場所がないとわかった以上 「カイドウもワノ国も全部 ブチ壊してやる」と暴走することでしょうが そこに手を組んでいるビッグマムも 海から助かって鬼ヶ島に再上陸した際
「くそ 、誰だい 城に火を放ったヤツは!!!」と状況がしばらく把握できないでしょう。


 しかし・・・ビッグマムも ここで悪だくみが浮かび・・・・


 鬼ヶ島の城内の乱戦やオロチの放火による大混乱を利用して 百獣海賊団 そして 反カイドウの侍たちそして麦わらの一味 皆殺しを実行しようと思い浮かぶかもしれません。それにロビンの考古学の頭脳をねらって拉致することも。

そこに キッドとキラーがビッグマムを追ってくるという展開になるのかも


CP0達も 放火に気づき 避難しようとするでしょうが 絶対あってほしくないのが モモノスケの能力発動を目の当たりにするところです。できることなら その場面を見た瞬間 「あのガキ まさか・・・・(悪だくみが浮かび)  もしかすれば あのガキは パンクハザードの人口悪魔の実を食べたガキかもしれん! 捕まえるぞ!」と放火の避難と乱戦のさなか 強引にモモノスケを拉致する強硬手段をとることもありえます。

「CP0⇔モモノスケ」 両者が鉢合わせになるとは絶対避けないといけませんよ。


百獣海賊団の乱戦もそうですが オロチの城内放火が加わって・・それが それぞれの悪だくみの思惑を引き出すことになる危険な場所へとさらに拍車がかかると思うんですよ。


現場の危険はもちろん、悪だくみの思惑の危険、でも 反カイドウの侍たちや麦わらの一味の連携までもが散り散りになる危険を呼び起こしそうです。これが私の懸念する予想です。 (April 19, 2021 07:35:34 AM)

Re:オロチの「放火」がほかの”火種”も呼び起こすのかも?(04/10)   katariたがり さん
zebraさんへ

私もオロチがこれで終わるとは思えないですね
まだ首を全部落としきれてない可能性が高いので

ただ個人的にこのオロチがカン十郎が作った偽物の可能性は低いかなあと
理由として福ロクジュがいるということ

それに遠隔操作は体力の消耗が激しいと言ってたので
まあヤツの言うことをうのみにするのは危険ですがそれぐらいのリスクがないほうがおかしい
それに絵が精密かどうかも体力の消耗を左右すると思われます
現状流石に深手を負ってるカン十郎にオロチの能力を再現した絵まで造るのは難しいのでは

オロチ自身が本命の首をまだ残してるってところでは

城を放火したぐらいでカイドウが倒れるわけはないだろうが
まあオロチ自身ワノ国をめちゃくちゃにしたいという憎しみがあったのは確か
自分が死ぬまでは贅沢し続けるつもりだったようだが
カイドウの力を借りれなくなったからそれは頓挫
だからもうここで何もかもめちゃくちゃにしてやる
それがこの放火の意図でしょう

ビッグマムも最初は混乱するかもしれないがここでカイドウを出し抜こうと動く可能性はある
ワンピースを取るための近道として同盟を考えたがスキあらば相手の寝首をかいてやる気満々でしょうからねえ

百獣海賊団を壊滅させロビンを拉致するなど考えても不思議はないだろう

CP0も黙ってはいなさそうだな

モモの助が龍になる姿
奴らが見てしまう可能性は高いだろうな

せめて奴らに捕まらないようにしなければ
(April 20, 2021 06:49:31 AM)


© Rakuten Group, Inc.