4000678 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

zebra@ やったな!キラー  ホーキンスの「勇み足」が目立った話でした New! katariさんへ コンビニ行って早速購入し…
かなこ@ Re:ジャンプ感想 47号 ONE PIECE(10/25) 引き続き、サンジ方面が描かれたあとキッ…
katariたがり@ Re:モモノスケ きっぱり名乗りましたね(10/24) zebraさんへ 助かるために偽りの名を名乗…
katariたがり@ Re[3]:忙しかった(10/08) かなこさんへ そうであってほしいとも思…

Headline News

June 5, 2021
XML
カテゴリ:ONE PIECE
ONE PIECEの簡単な考察です

今回はカン十郎に関してです

カン十郎は最初錦えもんの同心として登場しました

見た目も行動も道化のような人物で

絵を書いて具現化する能力を持ってるが下手すぎてあまり役に立ってないという

だがそれは表の顔で

本当の名は黒炭カン十郎 つまりワノ国で迫害され続けてきた一族の一人

実際はおでん 赤鞘たちを蝕む害虫

オロチに情報を与え続けていた内通者だったという

いうならばワノ国の暗黒時代を20年もの間作り上げた一人だったとすら言えます

こいつの正体が明かされたとき 私はやつに対し怒りがわきました

ずっと皆を騙し続けていたのか

さらに偽のおでんをつくりさらに彼らやおでんを踏みにじった

そしてお菊を貫き さらに錦えもんに自分を斬らせるという

最後まで彼らを苦しめ続けました

私はこいつを絶対に許せないし許すつもりはないです

ただその上で少しだけ思うことがある

おでんに仕えていた日々が全て演技だったのだろうか

わずかでも彼らの仲間でいたいと思ったことはなかったのだろうか

おでんの人柄に惹かれていたことはなかったのだろうか

オロチたちを裏切りたいと思ったことはなかったのだろうかと

もしかすると少しだけそういう感情があったのではないかと

そう感じたのはやつが錦えもんに斬られたとき

俺の舞台の幕を引くのはお前がいいと

舞台上では親友だったのだからと

そう言いながら彼の眼からは涙が出ていた

少なくともそう見えたのです

だからもしかすると光月 いやおでんと赤鞘たちに気持ちが傾いていたところもあったのではないかと

ただそれでもやつが黒炭そして自分の役目を捨てることはなかったのだろう

なぜなら彼も黒炭一族 そしてそのせいで迫害を続けられた

理不尽に親を殺された彼に道を与えたのもオロチたち

そして彼の中にもワノ国への憎しみがあった

そんな中でオロチたちを裏切ってまで光月を選ぶということなどできなかった

させられなかった

それだけ彼の中の憎悪が強すぎたとも言える

ただそれゆえに長い葛藤と苦しみが生まれてたのかもしれない

考えてみるとその気になればいつでもモモの助たちを始末する機会があった

そうすればそれで光月を潰すことも可能だったのだろうから

でもできなかったのはわずかながらその葛藤が邪魔をしてたのかもしれない

そう考えるとおでん処刑のとき

自分の舞台の幕引きが訪れるとようやく安堵できると思ったのかもしれない

黒炭一族として内通者としての役目も光月の家臣としての役目も全うできたのだから

だがそれはできなかった

おでんが赤鞘たちを生かしたのだから

最も死にたいときに死ねなかったことは彼への罰になったのかもしれない

ただそれは同時に錦えもんたちに苦しみを与えることにもなったのだが

私はけしてカン十郎を許す気はない

ただやつもまたワノ国の鎖国そして身勝手な正義の被害者なのかもしれない

では






Last updated  June 5, 2021 12:35:35 PM
コメント(6) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


私の考察ですが   かなこ さん
理由としては恐らく今更光月に戻るなんて不可能だという判断から覚悟の上であえてあの様な行動を取ったのだと思いました。 (June 6, 2021 08:49:03 AM)

ワノ国での迫害はまさに ヘイトクライム問題そのもの   zebra さん
katariたがりさん おはようございます。

考えさせられる考察です。


最近コロナ渦の世界各国で テレビ、新聞 インターネット情報でよくアジア系人種へのヘイトクライム問題をよく聞きます。

特に多民族国家として大きい領土のアメリカは最たるもの。19世紀の移民問題でかつてのアメリカでの被差別人種だった 他国白人(純アメリカ人以外など) やアフリカ系(黒人)でさえ アジア系人種をコロナウイルスの人種と決め込んで暴行 傷害事件を起こすありさま。

次々と被害を受けて病院に運ばれるアジア系の方たちや 暴行傷害罪で警察に連行させる ヘイトクライムのクズどもが後を絶たない

もちろん それは一部の歪んだ考えを持つ「社会のクズ」ですが それでも世界規模で「ヘイトクライム」が広がっていますからね。


黒人人権団体の人たちも
「我々黒人もかつて差別によって人としての人権を踏みにじられた歴史がある。 なのに今度はコロナ問題を理由にアジア系の人たちを私たちと同じ黒人までもが差別や迫害するとは悲しい事だ! 私たちはどの人種であろうと差別による迫害を断固抗議する」

と訴えていました。 白人であろうと黒人であろうと 良識をわかる人はわかっているし 逆に不当な迫害をする輩も 白人にも 黒人にもいました。


  ワノ国の黒炭家の迫害 そう、「身勝手な正義」 ヘイトクライムとまったく同じです。

 
閉鎖的な国であればあるほど 迫害は根強い。オロチもカン十郎も被害者でした。
そんな環境だったからこそ 彼らを「怪物」にしてしまったのも事実です。
20年。ワノ国は蝕まれました。ワノ国の住民たちも苦しめられました。

だからといって報復として また黒炭家という理由で迫害をすれば 今度は彼らも オロチやカン十郎と同じになってしまう。

オロチのやったことはワノ国全体への復讐でした。
 これこそ オロチのワノ国、およびワノ国住民への「ヘイトクライム」と言っていいでしょう。


 ワノ国シリーズが終わるころ どうなるかはわかりませんが モモノスケが国を治める器であるなら まず真っ先に迫害つまり「ヘイトクライム」問題に 取り組くことになるのではないかと。

 もしかしたら 「黒炭家」の血族も いまなお 人知れず隠れ住んでいるかもしれない、また 別の大名家の血族も いまなお「黒炭家」におびえ 隠れ住んでいるかもしれない
 
例え開国になっても モモノスケは問題山積の中に身を置くことになるでしょうから責任はかなり重くのしかかってくるのは必定だと思われます。 (June 6, 2021 08:49:09 AM)

Re:私の考察ですが(06/05)   katariたがり さん
かなこさんへ

カン十郎を救ってくれた人物がおでんだったのならば違う未来があったのだろうか (June 6, 2021 04:50:53 PM)

Re:ワノ国での迫害はまさに ヘイトクライム問題そのもの(06/05)   katariたがり さん
zebraさんへ

ヘイトクライムか まさにそうですね
人は自分が正義だと思ったときこの上なく残酷になる
何をしてもいい相手だと思ったらどんなひどいこともできる

そうおもうと正義というのがこの世で最も悪に近い言葉かもしれない

悲しいことに大半の人間がそうなんだよな

しかしやられっぱなしでいるわけもない
オロチたちは自分たちを迫害したものへの復讐にワノ国をめちゃくちゃにしてやると今に至るわけだ
そりゃ恨んで当然だよ

個人的に無抵抗でいると相手は調子に乗るからそれに対し報復するのは間違いじゃないとおもう
ただするならばやった本人だけにするべき
罪を問うのは犯したものに対してだけ
血縁だとか一族だからという理由でするべきじゃない

もしワノ国を開国できたのなら
真っ先にやるべきはこのヘイトクライム問題なのだろう
罪人を罰するのは必要でも
同族という理由で迫害をしたものを厳しく処罰するべき

幼いその身に大きなものをモモの助は背負うことになるのだろうな (June 6, 2021 05:17:20 PM)

環境で歪む者もまっすぐになる者も。 出会った人物によっても変わってきます   zebra さん
こんばんは katariさん
ヘイトクライム ワンピースの世界観でも多く出てきてました。


魚人だったり ミンク族だったり・・・地上に降りてきたドンキホーテ一族の天竜人の家族 悪魔の子と忌み嫌われてきたロビンだったり


ワノ国でも 幼い時の イヌアラシ、ネコマムシ 河松が九里の浜辺で焼き殺されそうになった時 おでんに助けられてたじゃないですか

「恥を知れ貴様ら 異形を恐れるは己の無知ゆえ」と

おでんに城に連れてきてもらい おでんをごちそうになった時でも河松は
「魚人は差別されるから カッパと言い張って生きろと 母が死ぬときに言った」と

 どのみちカッパも異形とみなされて差別されてましたもんね・・・。


 まかり間違えば河松だって 母をワノ国の者たちに殺されたことで 歪んだ憎しみに凝り固まって アーロンやホーディみたいな憎悪の魚人族になっていた可能性だってじゅうぶんありえました。


katatiさんがかなこさんのコメントのお返事部分を引用しますと
<カン十郎を救ってくれた人物がおでんだったのならば違う未来があったのだろうか>

 私の所見ですが・・・・じゅうぶん ありえました。

が・・・・・・出会った最初の相手がオロチだったことが それをできなくさせていました。 とうせんオロチも黒炭一族として自分が受けたワノ国での迫害の仕打ちを カン十郎に嫌というほど教え込んで叩き込まれたはずです。

 「お前の親を殺したヤツラはおれが消しておいた お前は本物の「光月」として生き…!! そして誰にも気づかれる事なく 光月として 死ね!! それが大舞台で与えられた大役だ!演じきれるか」


 同じ黒炭一族だからこそ 外部からの救いの手を差し伸べようがない 改心させるスキを与えないそそのかしの説得がオロチは優れていたんでしょう。

 オロチも黒炭家の迫害がすさまじかったさなかに 同じ黒炭家のひぐらしに出会ったことで オロチにワノ国全体に憎しみを叩き込んで教えていましたからね


 憎しみは伝染する・・・しかし 出会った人によっては歪んだ精神もまっすぐにしてもらえることもある・・・・

 ローとコラソンのケースのように。

 コラソンというよりロシナンテ・・・まだロシナンテが6歳の時 地上で天竜人という事で迫害を受け 兄貴のドフィことドフラミンゴは8歳で父親を殺し はぐれたところを海兵のセンゴクに保護されました。


 ここで もしドフィと一緒に長くいたら まちがいなくロシナンテも歪んでいたでしょうし ローも恩人として命を助けてもらっていなかったでしょう。


 珀鉛病でのフレバンスの虐殺を目の当たりにしたローもそう。  黒炭一族への迫害とは比較にならないほど規模は大きかったはずです。 国自体が滅んだんですから。

コラソンがローを連れてにノース中の病院めぐりをしているときも 出迎えた医者たちからは
「くるな~うつるから どっか行け~」
「おいお前 珀鉛病のガキなんか連れてきやがって~ほかの患者に伝染したらどうするんだ とっとと出ていけ~」

 あの医者たちはひどいもんだったな・・・・


考えてみれば出会う人物がどういう人物かで 明暗が分かれてますよね。 (June 10, 2021 10:27:37 PM)

Re:環境で歪む者もまっすぐになる者も。 出会った人物によっても変わってきます(06/05)   katariたがり さん
zebraさんへ

ヘイトクライム 差別の話はこの漫画でも散々ありましたね
特に魚人族とか種族がちがうというだけで迫害されたり
奴隷にされたりと
それがアーロンやホーディのようなやつを生み出したわけで

差別する側の究極系が天竜人でしょうね
自分たちは特別だから他者に何をしてもいいと思っている

ワノ国でも黒炭一族には何をしてもいいとか

河松たちはおでんに会えたことで歪まずに成長していったと思います

カン十郎も救いを与えたのがおでんだったのなら本当の忠臣になれたかもしれない

だが先に手を差し伸べたのがオロチたちだったわけだ
同族であり同じ苦しみを受けているものたち
それ故に共感もでき忠誠を誓えたのだろうな

憎悪から救われたのがローだった
ロシナンテにあってなければドフラミンゴのようになってしまってたのだろう
ただ皮肉にもローの病気を見て騒ぐジョーラを諌めたのもドフラミンゴでしたけどね
聞きかじりの知識を鵜呑みにして騒ぐなと思ってた
やつは外道だが言ってることは正論でもあった


まあ残念ながらローのあの異様な姿を見て警戒し恐怖を抱くのは仕方なかったかもしれない
大抵の人間はそういうものだろう

しかし医者たちはろくに知識もなかったんだろうなあとおもう
ああいうゴミのような医者相手じゃどっちみちだめだっただろう
ぶっとばしたくもなりましたね

ローにとって幸運だったのはロシナンテと出会えたことだったな
もしドフラミンゴのもとにずっといたらと思うと恐ろしいことになってたな (June 12, 2021 10:30:40 AM)


© Rakuten Group, Inc.