4001487 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

zebra@ やったな!キラー  ホーキンスの「勇み足」が目立った話でした katariさんへ コンビニ行って早速購入し…
かなこ@ Re:ジャンプ感想 47号 ONE PIECE(10/25) 引き続き、サンジ方面が描かれたあとキッ…
katariたがり@ Re:モモノスケ きっぱり名乗りましたね(10/24) zebraさんへ 助かるために偽りの名を名乗…
katariたがり@ Re[3]:忙しかった(10/08) かなこさんへ そうであってほしいとも思…

Headline News

July 25, 2021
XML
カテゴリ:ONE PIECE

アニメ ONE PIECEの感想です

そろそろ重要人物の姿が明らかになっていきそうだ

鬼ヶ島へ上陸

侍たちの覚悟を垣間見る

本編

結果的に要塞をつぶしたルフィたち

そのおかげで侍たちの士気は更に上がった

ルフィたちも宴を戦いのあとにすることとして進軍を選ぶ

カイドウを倒して今までにない大きな宴をしようってか

そんな中どちらの勢力とも関係ないのがキッド

キラーたちも一味に合流したか

しかしスマイルの副作用は消えないままか

だけど彼らはそれを気にしないようだ

キラーが明るく鳴ってしまったとかはいってるけど

ルフィとキッドは思い切り張り合ってるなあ

ジンベエも操舵手としての力をフルに発揮してるな

ローのほうに赤鞘たちが

錦えもんと傅ジローは侍たちを導く役目ね

裏口で会おうか

ヒョウ五郎も同行

まあ作戦は実際ローが考えたものだがな

それはともかくポーラタンク号も進む

海中でもけして油断はできない

ハートの海賊団の潜航のシーンもアニメだからしっかりとできる

ちなみにペポが意外にも航海士と

麦わらの一味じゃチョッパーが歌ってるし

そしてかれらも先行する

キッドはまだ張り合ってるな

いよいよ近づいていく敵の本拠地 鬼ヶ島

ワノ国の命運をかけた最大の戦いが近づいていく

錦えもんと傅ジローは互いにまた戦えることを喜ぶ

20年のときは重い

傅ジローももちろん自分の力を鍛えることを怠ってはいない

それに彼のおかげで色々と討ち入りの準備も整ったと言えるしな

そう言ってるとついに鬼ヶ島についた

花の都に負けないぐらいの豪華さと言えるだろう

それだけワノ国から搾取してきたといえるが

敵はまだのんびり宴会をしている

カス十郎の情報がまだ来ていないことか

知ってても余裕なのか

まあこの場合は前者

いずれにしてもこれは奇襲のチャンス

やつの城は奥の奥

気づかれてないうちに速攻のほうがいいが

錦えもんたちがたどり着くまで時間を稼ぐ必要もある

ウソップは敵兵を見つけた

奴らはこっちを向いたが

酔っ払っててはっきりと分かってないようだ

と思ってたら侵入者と気づいた

だがここでウソップが相手を眠らせる

敵の妨害をするのも狙撃手の役目だな

味方にも気づかれないうちに援護するのもさすがだな

接舷できそうな場所を探すがそれは大変だろう

だけどウソップのおかげで見張りを無力化させていた

侍たちも喜ぶ

意気込む彼らに対しヒョウ五郎が力を抜けと

肝心なときに力を発揮できなければならないと

赤鞘たちの邪魔をしてはならないのだから

ヒョウ五郎は彼らのおかげでここまでこれたと

その頃麦わらの一味も作戦を聞いていた

ただ問題はこれだけの船を停泊させたら気づかれてしまうだろうと

錦えもんたちは下船の用意を

彼らはなぜか工具らしきものを取り出し

船を破壊した

驚愕の光景

ジンベエは彼らの思い切りと覚悟を目の当たりにする

侍たちは速やかにそして静かに上陸する

船を全部沈めたが

これじゃあ戻れないと

錦えもんは言う

帰りの船などいらない

彼らは勝つか死ぬかどちらか

背水の陣で挑むってことだ

勝てば帰還方法はなんとでもなるしな

でもさすがにサニー号やキッドたちはそういうわけにいかないよな

フランキーも怒るし

数隻なら隠せるとジンベエが

麦わらの一味たちも上陸するが

目の前に多くの敵が

いつのまにか

どうなっているのか

だがロビンは違うと

なぜなら橋のふもとに門のようなものが

なんと通り過ぎたキッドたちも百獣海賊団の装備に

ルフィはすっげー似合ってるとか笑ってる

実はこれ錦えもんの能力で味方を百獣海賊団の衣装に変えてるだけ

そうすることで敵の目を欺こうってことだろう

錦えもんはキッドたちの実力も相当なものだと気づいてる

共通の敵と戦うのなら協力したほうがいいか

まあ彼らが力を貸してくれるわけもないけど

敵に回らないだけで十分

ルフィたちもコスチュームチェンジね

チョッパーとか楽しそうだ

ナミの变化にサンジはテンション高い

ブルック殆ど変わってない気がする

ルフィは楽しんでるな

ただ一度でも脱いだりダメージを受けるともとに戻るそうだ

錦えもんは同志たちに呼びかける

士気は上がる

少しでも無駄な戦いは避けて倒すべき相手を狙うか

そしていよいよ戦いが始まる

次回に続く

鬼ヶ島の戦い

でもルフィは早速やらかす







Last updated  July 25, 2021 10:13:44 AM
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:アニメ ワンピース 感想 侍たちの本気!一味鬼ヶ島上陸(07/25)   かなこ さん
本日は、それほど大きな展開はありませんでしたが強いて面白かったのはキッドが錦えもんのフクフクの術でギフターズに変装したシーンにてルフィから褒められたにも関わらず、ツンデレな態度を取ったところww
貶したわけではなく、本心で褒めたのだがそれでもそうしたのはライバル同士だから?これが、クルーだったら素直に応答するかも。
次回は、カン十郎がオロチの元へ辿り着いていない理由•モモの助も口枷されて縄で連行中の状態からの自力でどうにかしようと考えるシーン•ルフィとゾロが恒例の騒ぎ&迷子を起こすこととなるきっかけとして皆より先に進んでしまう•そして、ルフィはギフダース達の宴の会場に行きお汁粉鍋をひっくり返されたのを見て"ギロ💢"となるシーンとてんこ盛りですので、期待しています! (July 25, 2021 10:18:33 AM)

錦えもんの能力 ルフィは従う気がないな   zebra さん
こんにちは katariさん アニメみました

錦ちゃん呉服店で百獣海賊団の衣装に変化しましたか

しかし 正直言いますと 侍たちだけにした方が奴らに溶け込めそうなんだけどなあ。ルフィたちだとかえって目立ち過ぎじゃないかと。

侍たちの船を沈めるかくごはまさに背水の陣ですね。かつてドレスローザで背後なしの戦いをしてきたレベッカを思い出します。

キッドたちもとくに協力し合う様子はないが 同盟で裏切られたりと散々な目に遭ってるキッドたちならそれも無理はないでしょう。

>でもルフィは早速やらかす
あいかわらずルフィはな・・・・錦えもんの作戦なのに・・・

ルフィと張り合ってるとは言ってもキッドたちは別に侍たちに協力しない考えであったが 錦えもんの能力で百獣海賊団の衣装に変化したことでうまく利用しようと 静かに粛々と忍び込んで狙ってやろうとしてたはずですよね。

 なんか、こう錦えもんの衣装作戦に乗り気なのに後でぶち壊しにするルフィと協力し合う気がないのに 作戦の流れに行く形になったキッド 互いにちぐはぐになってるように思えますね。 (July 25, 2021 11:46:23 AM)

Re[1]:アニメ ワンピース 感想 侍たちの本気!一味鬼ヶ島上陸(07/25)   katariたがり さん
かなこさんへ

キッドからすれば馴れ合うつもりはないってことでもあるのだろう
同盟はうんざりだと言ってたし

キラーやクルーたちなら素直に反応するかもしれないが

次回もいろいろな情報がありそうです (July 25, 2021 06:53:18 PM)

Re:錦えもんの能力 ルフィは従う気がないな(07/25)   katariたがり さん
zebraさんへ

敵と同じ格好にすることで気づかれにくくしたわけだが

でも意外とルフィたちの衣装もそれなりの効果はあるかも

船を沈めた侍たち
彼らにとって敗北は死と決めてるのだろう
同時に勝って生き残る覚悟も必要だと

キッドは同盟でひどい目にあってたから馴れ合うつもりはもうないわけだ
ただ利用できるものは利用するつもりではあるのだろう

ルフィに作戦行動はほぼ無理でしょうね

キッドはルフィたちの方にとっても百獣海賊団にとってもどう動くかわからないジョーカーみたいな存在でしょうね

もちろん共通の敵はいるが
どこかでぶつかり合うことになっても不思議はない存在とも言える

ちぐはぐなのはまあそもそもルフィたちが作戦を知らないこと
キッドは自分たちさえ良ければそれでいいからなのだろう (July 25, 2021 06:58:28 PM)


© Rakuten Group, Inc.