4053317 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

katariたがり@ Re[1]:ジャンプ感想 52号 ONE PIECE(11/29) かなこさんへ ゾロがメインの話でしたね …
かなこ@ Re:ジャンプ感想 52号 ONE PIECE(11/29) メインが、ゾロ側! 霜月コウ三郎の顔が回…
zebra@ 霜月がらみのキーワードが 一本の線につながった!!!!! おはようございます katariさん コメン…
katariたがり@ Re:1000回目か おめでとう(11/28) zebraさんへ 1000話記念でOP曲はなつかし…

Headline News

September 14, 2021
XML

アニメ 僕のヒーローアカデミアの感想です

死柄木弔 彼が志村転弧だった頃

そして闇に落ちたとき

本編

タワー崩壊の少し前

トゥワイスがトガを助けようと動いていた

しかしみんなバラバラの言動

トガを助けるために分身を作ろうとしたわけか

みんな助けようとしてるけどやってることバラバラ

そこをオリジナルが咎めた

ダブルをつくるときその情報が必要だから

ボロボロの姿のままで創らざるを得なかったと

そのころスピナーは異能解放軍の軍勢と

死柄木の負担をへらすために

この解放軍を指揮してるのは

花畑

解放コード トランペット

煽動という個性を持ち強化させるってことか

スピナーの異能はヤモリ

大したことのない個性と言われバカにされていたか

そしてスピナーが何かを為せる人間とは思えないとか

だがそんなことわかってる

自分には好きなものもやりたいこともない

それでもステイン、そして死柄木弔の言葉に奮い立った

人にすがらなきゃ何もできない小市民が俺だと

だがそれの何が悪い

お前らだって同類だろうと

一理はあるな

その頃崩壊したタワー

死柄木のオリジナルがやってきたわけか

高みの見物を決め込んでいたなかで落とされた気分はどうだと

リ・デストロは怒りを溜め込むという

やつの個性はストレス

ストレスを貯めてパワーにかえる

パワーを溜め込むごとに強くなるか

個性で人となりを判断するのはやめようというのはいい教え

だが異能は人格に直結する

死柄木の崩壊の個性はどうなのかと

お前は何をつくるのか

それともただ破壊を貪るだけの人間なのか

さっきの衝撃で身につけていた手がおちている

それらは死柄木の家族の手らしい

AFOの言葉

彼らを肌見放さずもてと

忘れないように

ハナちゃんというのは彼の姉だと

そして死柄木弔の記憶が

デストロにいたぶられているなかで

彼の記憶が埋まっていくと

そのとき死柄木がデストロに触れると少し崩壊していた

五本の指でなければできなかったはずなのに

死柄木の様子がおかしい

頭が割れている

デストロ曰くふとしたきっかけで個性が飛躍することもある

外典にも似たようなことがあったから

死柄木の動きも俊敏になっている

デストロは自分の個性を鍛えていたから感じるものがあると

侮ってはならない相手だと

デストロはその力をさらに解放する

その破壊力は相当なものだ

死柄木の記憶

家族の言葉

祖父と祖母は優しかったと

だけど違うと

そして全部思い出した

自分が言ってほしかった言葉か

そしてその頃デストロに連絡が

とんでもないやつがやってきたと

それはギガントマキア

さらにデストロの必殺技と言えるものすら死柄木は崩壊させた

壊すためだけに生きるように

感覚が研ぎ澄まされてきた

自分はただ壊すだけだと

取り出した手を見つめる

創造なき世界に未来はないというデストロに対し

未来などいらないという死柄木

そんな彼が子供の頃

志村転弧だったとき

父がヒーローの話をするなとルールを決めたのだと

その話をするとお仕置きする

しかし考えてみるとなぜだめなのかを説明していない時点でただの理不尽でしかない

この父親はオールマイトの師匠の息子ということだ

しかし父親は子供を虐待するような屑になってた

ヒーロー願望は不幸の原因にしかならないというが

それを今無理に押さえつけるべきじゃなかった

父親は実業家でそれなりに裕福だったようだ

妻の両親も同居していたか

転弧はなぜかよく痒くなっていると

彼は仲間はずれの友達とヒーローごっこしていたら

オールマイトだと言われたとか

なぜだめなのか

自分が嫌いだからか

母曰く 父はヒーローが大変だということを知ってるのだと

大人の言葉は絶対だからとか

だからこそあなた達から欲しかったたった一言が

父が建てたこの家は自分を優しく否定する

ガキは案外ずるくて単純

ある日父の部屋に姉が連れて行ってくれて

とある写真を

父の母 自分たちの祖母のこと

その人がヒーローなんだと

自分は応援すると

家族にヒーローがいたことは嬉しかったと

犬と一緒に遊んでいたとき

偶然ボールが崩れたようだ

この日は蒸し暑くあれた肌を刺激してたようだ

だがさらにそこに父親が

写真を見られたと激昂した

さらに姉は自分が先に見せたのに 罪をなすりつけたわけだ

そして父親は転弧に掴みかかり言う

あれは子供を捨てた鬼畜だと

助けてほしいと思っていた

だが誰も助けようとしない

父はいう

ヒーローは他人を助けるために家族を傷つけると

そして挙げ句に暴力を

だがその彼も母の手紙を捨てられなかった

その内容には愛情が込められていた

いっそ憎みきれていればと

さらに妻にも責められる

子供に暴力を振るうならもうルールにも従えない

もはやDV父でしかなくなってしまった

幸せな家庭を作ろうと言ってたのに

転弧は外で泣いていた

そばについてくれていた犬にその思いを吐き出していた

だがその時悲劇が起きる

彼が触れた直後犬の体は崩壊した

その光景に混乱する

さらに姉も現れた

さっきのことを謝ろうとしたが

ペットが砕けていたのを見て怯え逃げる

助けを求めて姉にすがりつくが

その姉も崩壊した

このときは悪いヴィランによるものだと思っていた

いや実はすでに理解していたのかもしれない

自分を苦しめる父をかばう家族

何で泣くなと言うばかりなのか

みんな嫌いだと

母は崩壊する直前に抱きしめようとしてくれてたようだが

そして他のみんなが崩壊した姿

父親はそれを見てしまった

彼は自分が大切に想っていたはずの家族をすべて失っていた

そして唯一残っていた息子を殴り飛ばす

転弧は父親に明確な殺意を持って触れた

ずっとこうなることを望んでいたのかもしれないと

かゆみはもう感じなかったと

次回に続く

さらに邪悪に落ちていく死柄木弔

父親が自分の境遇からヒーローを嫌うのは理解できる

だがその怒りを子どもたちにぶつけたのは間違いだった

もし頭ごなしに否定しなければいつかヒーローを諦めたとしても

ここまで狂わなかったかもしれないのに







Last updated  September 14, 2021 05:05:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
[僕のヒーローアカデミア] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.