4121743 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

zebra@ 扉絵と ジーベックがらみ 続きコメントです あ~あ・・・ 無感情海…
zebra@ カイドウ 酒に酔うと質が悪いな おはようございますkatariさん  酔った勢…
かなこ@ ルフィvsカイドウがメイン。 例のお酒に酔って喜怒哀楽が激しくなりつ…
katariたがり@ Re:やはり赤鞘達の中で(01/16) かなこさんへ OPが変わった ルフィがロー…
katariたがり@ Re:オープニング曲が変わりました(01/16) zebraさんへ 年も変わりOPも変わりました…

Headline News

December 5, 2021
XML
カテゴリ:ONE PIECE

アニメ ONE PIECEの感想です

百獣海賊団の内紛起きる

だがそれは

本編

麦わらの一味集結でますます戦闘が激しさを増す中

その様子をうかがっている男が一人

それはドレークだった

ドレークはコビーの言っていたことを思い出していた

麦わらの登場で場の空気が変わった

カイドウとビッグマムが手を組んだときはどうなるかと思ったが

麦わらたちがつくったこの状況は自分にとって悪くないと

少なくとも海賊同士が潰し合うことは本来海兵である彼にとっては都合がいいのだろう

そしてだからこそ不必要に戦いに参加しないとも言える

そしてこの部屋にホーキンスもいる

戦いを見ていたクイーンは兎丼の囚人たちがいることにも気づく

ババヌキは異常なしと言ってたが

実際はお玉のきびだんごのおかげだがな

キングはクイーンをもともと能無しだから今更攻めないとか

相変わらず喧嘩する両者

キングは早くこの状況を収拾するべきだと

ドレークはホーキンスに対し

この状況をチャンスだと思わないのかと

ホーキンスは占いをしていたけどな

彼自身はアプーに騙されてここにいるにも関わらず

カイドウに従っているのか

不本意でここに来たのなら裏切るチャンスだというドレークだが

お前が裏切りを促すのかと

そしてホーキンスの占い

ある男が明日まで生きていられる確率は1%だと

そう言ってるとキングが飛び六胞に連絡

状況を説明

敵が鬼ヶ島に潜入したこと

ヤマトの件も一度中断

敵を排除するのを優先するのは当然

うるティは相変わらずページワンにか

しかしどちらも似た者同士

やはり姉と弟か

とりあえず飛び六胞に指示

だがそこにフーズ・フーが動き出す

ドレークと合流し

協力を

殺したいやつを殺しに行くと

そしてクイーンのところにと

この混乱に乗じて幹部を一人消しても戦死とされるだけ

ドレークは権力争いに付き合う理由がない

それに戦力を削るつもりかというが

フーズ・フーはいても邪魔なだけだと

そしてドレークを誘う

彼自身むしろ百獣海賊団のつぶしあいは歓迎だと

ルフィたちの方は

侍たちが道を切り開くと

だが敵にはかつてオロチの部下だったやつらもいる

こいつらも甘くはない

だがそんな中福ロクジュはここを離れる

その理由は後にわかる

侍たちはナンバーズを目の当たりに

あのデカさと腕力だけでも脅威

だけど侍たちはそれで怯むような奴らじゃない

しかしでかいぶん一振りだけで周りが危機に

だがそこをゾロとジンベエが援護

その頃クイーンのところにドレークとフーズ・フーが

幹部の中に裏切り者がいると

フーズ・フーに対しそいつの正体に検討は付いてるのかと

というとフーズ・フーとドレークが武器を抜く

下剋上かよと

さらにここにホーキンスまで

裏切りの代償を食らってもらうって

しかしクイーンのセリフかなり棒読みだった

事実フーズ・フーも下手くそと言ってたしな

そしてフーズ・フーの弾丸はドレークに

その直後クイーンがドレークを殴る

両者協力してたってことか

そしてホーキンスが占ってたのはドレークの命運だったと

俺たちは裏切り者をのさばらせておくほどザルじゃないと

彼らがドレークを裏切り者と断定する理由

それは花の都でローを逃したのがほかならぬドレークだから

ローもそれにのらない理由もなかったしな

だがそこに監視がいたと

そしてその目的は

フーズ・フーたちが言ってた殺したいやつ

それは他ならぬドレークのこと

その目的を聞き出そうとする3者

ドレークはここまでだと覚悟を決める

だが殺されてもしゃべるつもりはないと

クイーンは殺すより苦しい思いをさせてやるつもりだが

その頃戦場では

ゾロとジンベエの強さをみたヒョウ五郎たちは

彼らがどれだけ便りになるのかと

ナンバーズと同じぐらいでかい相手と戦ったことが一度ある

スリラーバークのことだな

あのときは総力戦だった

違うのはジンベエがいなかったことだろう

そしてもう一つ

今なら全員で戦わなくても勝てるぐらいに強くなっていた

ギア4の姿をヒョウ五郎は明王と

そのころ追い詰められたドレーク

この場を切り抜けても百獣海賊団に囲まれる

絶望的な状況

だがその時思い出したのはコビーの言ったこと

ドレークは覚悟を決める

手榴弾を放ち

爆破に紛れて脱出

自分の立場を考えるともう海軍に戻れない

いやそれは今じゃない

希望ならまだあると

ナンバーズと交戦していたルフィ

だがそこに乱入者が

それはドレーク

彼はここで叫ぶ

わけあって孤軍

ともに戦わせてくれとルフィたちに

次回に続く

名実とともに飛び五胞となったな

次回新たな因縁

まとめ
今回のメインの話はドレークだったな

彼が裏切り者として処刑されそうになるという

だが裏切り者と言うよりは最初から百獣海賊団のメンバーでもなかったと言うべきか

何しろ彼は海軍の特殊部隊

言うならば諜報員だったのだからな

裏切り者とされた理由は

ローを逃したことが露見していたからだ

にしてもフーズ・フーがドレークと話してたときのこと

全部的を射ていた

殺したいやつがいるとか

いても邪魔なだけとか

そりゃ実質敵という立場だからな

そんなフーズ・フーだけど彼もある意味ドレークと似たような立場だったんだよな

だからこそドレークに前から目をつけていたのかもしれないな

ドレークは最初戦いには適当に参加して様子を見ることにしてたと思われるな

ホーキンスに裏切りを促すのも百獣海賊団の戦力を少しでも削りたかったからだろうしなあ

だけどそういう状況じゃなくなった

だから最後の手段として

麦わらの一味との共闘か

だがまあいきなり現れて信用してくれるやつなどはほとんどいないのだがな

しかし同時に余計な敵を作ってる場合でもないんだよな

ドレークがルフィ側につくことでどう転ぶのか

余談だけど

クイーンがドレークを騙すための演技をしてたシーン

セリフがいかにも棒読みって感じだったな

こいつが抜けてるやつってのがよく分かる









Last updated  December 5, 2021 09:34:58 AM
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.