4312162 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

かなこ@ Re:アニメ ONE PIECE 感想 大技連発!最悪の世代の猛攻!(05/22) New! 丸ごと迫力満点の最悪の世代vsカイドウと…
katariたがり@ Re:扉絵も忘れちゃいけない(05/16) New! zebraさんへ 本が突然燃えた理由か わざ…
zebra@ 扉絵も忘れちゃいけない katariさん おはようございます。 扉絵も…
katariたがり@ Re:ところで、(05/16) かなこさんへ 強すぎる上に戦闘狂でもあ…

Headline News

January 23, 2022
XML
カテゴリ:ONE PIECE

アニメ ONE PIECEの感想です

ウイルスを悪用するクイーンにチョッパーは激怒

本編

鬼ヶ島の右脳塔にて

今だ逃げ続けるしのぶとモモの助

それを追いかけるヤマト

おでんを名乗るヤマトの発言が意味不明だから信用できないわけだ

どっちも味方同士なんだがな

そんな光景を覗き見てる何者かが

ヤマトはモモの助を追いかけるが

しのぶは隠れ身の術でやり過ごしていた

しかし残念ながら本当に隠れなければならない相手からはしっかりと追跡と監視をされている

バオファンから状況がキングに伝わり

こちらの情報が百獣海賊団に流れる

この戦いが光月家の威信をかけたお家復興騒動

目的はモモの助をワノ国の将軍にすること

その頃ナミとウソップはうるティとページワンに追われてる

ぺーたんの仇とかいってうるティは怒ってるが

状況が彼らにも伝わる

侍たちはモモの助を仕留めれば戦意喪失させられると

まあルフィたちは別の問題だがな

指令を承諾した飛び五胞たちだが

うるティだけはいつものペースで怒ってる

モモの助を抱えて逃走するしのぶ

しかしそれももう続かない

目の前にはササキ率いる部隊が待ち構えていた

装甲部隊というのか

だけどしのぶはなんとかして回避をしていたが

だがこっちから攻撃を仕掛けても通じない

モモの助は避難させてたようだが

敵は装甲部隊というだけあって頑丈

倒すのは厳しい

しのぶはモモの助をかばい矢を受ける

それでも命を捨ててまでモモの助を守ろうとするしのぶ

彼女もまた忠臣

モモの助に逃げろと叫ぶしのぶ

その時頭によぎったこと

将軍になる男だから逃げなければならないのか

多くの倒れていった者たちの姿が頭をよぎる

モモの助はしのぶを助けようと必死に

だがそこに襲いかかる無慈悲な刃

絶体絶命のモモの助

しかしその窮地を救ったのは

ヤマトだった

光月のために戦う

まだおでんだからとか言ってるのか

その頃ライブフロアではクイーンのウイルスによって侍たちが同士討ちを

しかし鬼になっているのは百獣海賊団のやつらもだった

クイーンにとっちゃ雑兵の命なんてどうでもいいってことだな

更にやつは盛り上がりが足りないと再び弾丸を

それは他の雑兵たちにも

プレジャーズを狙ったものか

笑うしか能がないんだから少し早く煮立てとか

御庭番たちは鬼になったものを片っ端に始末する

彼らは生き残ること優先

福ロクジュだけは姿を消してるようだが

鬼になって苦しむ者たちを見てチョッパーは何を感じるのか

ヒョウ五郎たち侍は仲間を傷つけるわけにいかないと思うのだが

氷鬼にされたものたちは力も強くなってる

そしてさらに大マサも傷を負ってしまい

ウイルスに感染してしまった

体の一部が変化していく

チョッパーはこの光景を見て許せないと

病気を作ってみんなを苦しめる奴らは

なら俺はみんなを助けてみせると

その頃ルフィたちは先に進んでいた

黒足だけ呼ばれてないとサンジは怒ってる

先に進んでいくとまた敵が

ギフターズか

平凡かどうかはともかく

ギフターズのそんな姿になるぐらいなら平凡な方がいい

サンジとジンベエは 生え方といってぶっ飛ばしていく

つくづく思う キラーがプレジャーズでまだマシだったかもしれん
ギフターズになっても当人地獄だろう
まあキッドたちならどんな姿でも受け入れてくれると思うが

鬼ヶ島の上空

起き上がったカイドウが放ったかまいたちで菊之丞は片腕を失ってしまう

これはまだ赤鞘九人男とカイドウの戦いはここからが本番だと言うことを改めて思い知らされるものとなっただろう

重傷の菊だがイゾウたちが血止めを

錦えもんの炎の剣術で強引に焼いたってわけか

今はそれが精一杯だろう

その様子をカイドウはあえて邪魔をせず笑ってみてる

そして菊之丞は片腕を失おうがまだ戦意は消えていない

カイドウは赤鞘に対し

そういうところだ いつでも覚悟がある

だから俺は侍が好きだと

ロジャーも白ひげもうまくやりやがったと

そう言いながらカイドウは人型に

死は人の完成だと

錦えもんはいう

お前にやられて誉などないと

次回に続く

残虐なクイーンの仕掛けるゲーム







Last updated  January 23, 2022 09:32:47 AM
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:アニメ ワンピース 感想 許さねェ! チョッパーの決意!(01/23)   かなこ さん
いよいよ、次回本格的にヤマトの見せ場があります!彼女は、あの日おでんの処刑を見ており、その後モモの助を助けようと九里に向かうが....。
そして、錦えもん側は前回左腕を切断された菊之丞はイゾウと錦えもんによって応急処置されました。
しかしカイドウも、人型に戻り本気モードとなりました。この後に....😖! (January 23, 2022 09:41:00 AM)

モモノスケに迫る追撃と赤鞘たちの危機 悪夢の氷鬼   zebra さん
katariさんおはようございます

モモノスケは逃げ回り ヤマトは追う しかし その様子は監視されていた。 ドーム内全体に監視の目が行き届いていると見てまちがいないでしょう。 監視の目をかいくぐるのは至難の技です。

徐々に追い詰められ しのぶは身を盾にしてモモノスケを守るが そんなとき ヤマトがたちふさがる。

ドーム内の氷鬼の銃弾を受けた者達が次々に氷の鬼に変化してゆき ここでも危機が絶えない。しかもおっしゃるとおり 百獣海賊団のクルー つまりクイーンの味方であるはずなのに 味方ごと氷鬼に巻き込むとは外道だな。
氷鬼の猛威は親分の一人である大マサにまで及んだか。

チョッパーはそんな危険なウイルスを武器にするのが許せない。

>つくづく思う キラーがプレジャーズでまだマシだったかもしれん
ギフターズになっても当人地獄だろう
 たしかに キラーが食べたSMILEの実 かりにギフターズとなって能力を得ても姿がどうなっていたか。それはそれで問題ですからね。

そして屋上でのカイドウと赤鞘たちの戦い
片腕を失い重傷を負った菊の丞だが まだ戦うと。やはり赤鞘の一人としての侍魂は折られてはいないようだ

>死は人の完成だと
👆正直 このカイドウのセリフ あのどっかの害虫が聞いたら 
「カ、カ、カ そのとおりでござる カイドウ様」と笑って言ってたでしょうね。

害虫がこの場にいてほしくないし カイドウのセリフも聞かせたくないですね。こいつ自身が 高揚感たがぶらせるだけだから (January 23, 2022 10:27:32 AM)

Re[1]:アニメ ワンピース 感想 許さねェ! チョッパーの決意!(01/23)   katariたがり さん
かなこさんへ

そろそろヤマトもモモの助達に認められるときがやってくるだろうな
あのときは力がなかったから助けられなかったが

錦えもんたちのほう 菊之丞が重傷
応急処置はされたけど

カイドウはあえて人型になった
むしろこれはしっかりと武人として戦おうってことなのかもしれないな
ここからが本当の戦いだな (January 23, 2022 06:38:22 PM)

Re:モモノスケに迫る追撃と赤鞘たちの危機 悪夢の氷鬼(01/23)   katariたがり さん
zebraさんへ

ヤマトとモモの助たちの様子をメアリーズたちが監視してるわけだ
敵地だからどこにいても油断できないと思うべきだな

そしてモモの助が窮地に陥ったがそこを助けに来たのがヤマト
さすがにこの行動でヤマトを味方だと認めることになるよな

クイーンは敵味方関係なく氷鬼にしていく
彼にとって兵士は駒だからどうなってもかまわない
本当に残虐なやつだ

チョッパーは医者としてウイルスを兵器として使うのは許せないのだろうな

SMILEを食わされたキラーは地獄だったよな
ギフターズになったらむしろ死んだほうがマシだと思ったかもしれない

赤鞘たちのほうは一転窮地
そしてカイドウは本気で戦うつもりで人型になったわけか

死は人の完成
皮肉にもこのセリフはあの男カン十郎も同調しそうですね
やつもまた死ぬことで演技の完成を試みてたのだから

本当 やつに聞かれてなくてよかったと思う (January 23, 2022 06:45:41 PM)


© Rakuten Group, Inc.