4355361 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

かなこ@ Re:ジャンプ感想 29号 ONE PIECE(06/20) スキヤキは、まさかの飛鉄でした!!! 皆…
zebra@ 僕の仮定推測で訂正があります ktariさん お返事ありがとうございます。…
katariたがり@ Re:決着から7日  世界政府の動きと緑牛の出撃(06/13) zebraさんへ その裏で世界の方にも動きが…

Headline News

January 27, 2022
XML
カテゴリ:NARUTO BORUTO

アニメ ボルトの感想です

カワキを加えた新生第7班の任務

本編

イサリと呼ばれた謎の人物

知事と呼ばれた男

いかにも悪いことをしていそうなやつが

イサリはこの海を美しいと思うかと

いや荒ぶる海こそが美しいと

なにか良からぬことを企んでるようだな

場面は木の葉に

額当てを巻いたカワキの姿

でもしっくりこないって感じなので首の方に

カワキはボルトたちの班の預かりになるのだと

他と違い変則的な組み合わせではあるが

しかしやはり一筋縄じゃいかなそうだ

カワキもアレだからいきなりもめてる

4人になった彼らの最初の任務は

カタスケを霧隠れまで護衛すること

いつもと変わらないようだが

霧隠れの最新の発電システムの発表の式典に呼ばれたのだとか

ボルトはため息をつきながらもついでにかぐらの顔を見てくるかなんて

するとシカマルは式典を狙ったテロが起きる可能性もあると

こういう怪しい情報はいくつもくるしガセのこともあるが

油断できないのも確かだから放置はできないと

カワキはさっさと行くぞと

霧隠れが海の向こうだと聞く

そしてその海を見たカワキはただ呆然と見ていた

なんてでけえんだと

山育ちだから海を見たことがないのだな

当然海だから船で移動だが

初めてだから船酔いしてしまった

いやもともと苦手だったのかもしれない

アマドの技術とかいう問題でもないと思うが

部屋で休まされることに

3人は霧隠れにくるのも修学旅行以来だと懐かしい思い出にひたる

カタスケが呼ばれた式典の話を聞くことに

霧隠れがめざましい経済的な発展をしてきた

それを可能にしたのが国をあげたエネルギー政策

カタスケが指す方向に見せたのは多くの風力発電

さらにその数十倍の電力供給を可能とする発電プラントを造ったと

各国の技術者にそれをお披露目するってことか

翌朝にて

ボルトが起きると船酔いで苦しんでると思われるカワキを

船なんてものを考えたやつぶっ殺してやるとかいってる

まあもうすぐ着くのだが

霧隠れに到着した第7班だがカワキはまだ回復してないので休むことに

ちなみにデンキたちが少し前に霧隠れに任務にやってきている

前回とつながってるのね

式典が終わったあとに合流予定

霧隠れの警備は厳重

テロを警戒するのは当然

サラダはカタスケの安全を最優先だと

しかしカタスケ自身が奔放なので護衛が難しすぎる

寄り道してると式典が始まってしまったのだった

急いで来たのね

たが連れのボルトたちは外で待つことに

式典では演説が

カタスケもそこに

水の国がほこる発電プラント

東雲というのか

その性能について話す代表者

ゆくゆくは海を完全にコントロールするといってるけどな

その演説を聞いて喝采を上げるものたち

自然をコントロールするか

そんなだいそれたことできるのか

式典には雷の国の大名も来ていた

内心不機嫌そうだが

ボルトは警備の中にかぐらの姿が見えないというんだが

ボルトが見回りついでに探すと

すると抗議デモをしてる人たちが

東雲に関して色々とトラブルがあったようだ

ボルトは警備の人にかぐらのことを聞くと

彼は出世して水影直属に任命された

だがなぜか刑務所の所長になったと

そのかぐらは所内を見回っている

そこには新忍刀七人衆を語っていた者たちが囚われていたわけか

シズマによって里を混乱させられていたわけだしな

だがこいつらが反省するとは思えんな

演説していた人物

その息子と思われるアワジという人物の姿も

このあと水影は東雲のところに飛行船で人々を連れて行くと

カタスケは第7班に合流

ボルトがやってきてかぐらのことを聞く

あいつは忍びとしてやってきたと思ったのだが

今回会うのは無理かなと

といってるとカタスケが水の国が誇る刑務所を見ておきたかったなんて

と言ってボルトにかぐらと会わせる機会を

任務の方は

カワキがやってきて一人いなくても問題ないとか

というわけでボルトはかぐらのところに

しかし刑務所だから厳重ってわけか

所持品を預かる

そしてボルトとかぐらの再会

まあまだボルトは下忍だけどな

二人は懐かしい話を

ただシズマは脱獄したという

前任者を殺して

協力したやつらは再び捕まって別のところに連れて行かれた

関与が認められなかった三人だけがここに

ボルトはアイツラも脱獄しようとしたんじゃないのかと思ったが

かぐらはそう思わないと

彼らの監視のために刑務所の所長になったのでは

かぐらは里のために人を育てなければならないと

科学技術に頼りっぱなしではよくないと

今の大名のやり方に反発するものもいる

本来水の国は水と共存してきたのだから

難しい問題だというボルト

自分も最初は科学忍具はろくでもないと思っていたが

技術に触れるうちに使い方一つだと

それもまた正しいのだろう

かぐらは刑務所の技術を見ておくといいと

その心臓部

最も重い刑に服してルフィ人物がいると

中は相当な熱気が

捕らえられているのは老人

船戸アラウミ 海賊集団船戸一族の長だと

水の国はその一族の略奪行為に悩まされていたと

大切な仲間を奪われたものも多い

大規模な掃討作戦の末に彼を捕らえたと

一族は散り散りになったと

中は常に高温に保たれてる

まるで拷問

ボルトに近づかないほうがいいと

やつが水を手に入れたら大変なことになるから

その頃飛行船の方で水影が指示を

カタスケが乗る船はもうすぐか

でもボルトだけまだ来ない

そろそろ戻らなくていいのかと

そして一号機が出発のとき

しかし雲隠れの大名は不満そうだな

いよいよ飛行船の一号機が離陸

だがその直後飛行船が墜落しそのまま爆発する

事件が始まる

次回に続く

水の国に起きるテロ

更に刑務所にも侵入者が







Last updated  January 27, 2022 06:40:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
[NARUTO BORUTO] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.