4364608 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

Profile


katariたがり

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

zebra@ ヒョウ五郎 全盛期の力で戦うが・・・ katariさん アニメみました。 ヒョウ五…
かなこ@ Re:アニメ ONE PIECE 悔いなし ルフィと親分師弟の絆(06/26) ジャンプのワンピースは、しばらくお休み…
katariたがり@ Re[1]:ジャンプ感想 29号 ONE PIECE(06/20) かなこさんへ 飛徹がスキヤキだったとはな…
katariたがり@ Re:僕の仮定推測で訂正があります(06/19) zebraさんへ まああくまでも私も仮定のひ…
かなこ@ Re:ジャンプ感想 29号 ONE PIECE(06/20) スキヤキは、まさかの飛鉄でした!!! 皆…

Headline News

May 16, 2022
XML
カテゴリ:ONE PIECE
月曜日はジャンプの感想です

まずはONE PIECEの感想

表紙連載はニジとヨンジたちが解放されたようで

いよいよ長き戦い ルフィとカイドウの戦いに決着が

本編

ルフィとカイドウ 互いにぶつかり合う覇気
しかしルフィのほうが押されてるようだ
よくここまで戦った だがお前に世界は変えられない
そのカイドウの過去
彼は10歳にして最強の兵士と言われていた
46年前ウォッカ王国と呼ばれる場所
カイドウの祖国らしい
この国は戦争をやめられない
勝って金を奪い天上金を払う そうじゃないと世界での人権を失うからと
天竜人になぜみんな従うのかとカイドウは反発
ある日カイドウは捕まり海兵になれと言われた
国では持て余してるからというのとレヴェリーへの参加権を貰えるからか
カイドウはそれから脱走した
腹が減ったら捕まってすぐ逃げるを繰り返したという
15歳頃にハチノスという場所でも力を見せ
昔の白ひげがロックスに紹介したようだ
そしてその海賊団に入って
その後ロックス海賊団は崩壊
さらにそれから10年カイドウは黒炭ひぐらしと出会った
カイドウを武力の化身と呼ぶひぐらし
人類の歴史上 武力はあらゆる問題を解決してきた
人間は動物 弱肉強食こそ自然の姿か
カイドウも同意する
そしてひぐらしが持ちかけたわけか
カイドウが今の地位を築いたあと
貴族として生まれただけの平和ボケした権力者共を戦場へ引きずり下ろせ
それが平等と自由 戦争だけが人間の価値を決める
ちなみにそれからヤマトがジョイボーイの名を口にした
おでんが望む開国 ジョイボーイを迎えるためだったと
キングが待つ男と同じ
ジョイボーイが誰なのかわかったと
そして今
この戦いのドサクサでCP0の一人が脱出したのか
その頃ヤマトがモモの助に応援を
そしてモモの助も必死で焔雲を出そうと
鬼ヶ島内部に水がライブフロアまで
中には能力者もいるから泳げなくて大変なことになってるやつもいるか
サンジは遊女に抱きつかれて喜んでるし
そして日和を助けた傅ジロー
長い長い歳月 よくぞ耐え忍びましたと日和に
日和は涙を流していた
だがその頃島は落ち始めてる
カイドウの焔雲が消えたからか
その頃カイドウはルフィに問う
お前が一体どんな世界をつくれると
モモの助は落ち行く鬼ヶ島を止めるため必死になり
そしてついに鬼ヶ島を支えられる大きな焔雲を出し
島を引っ張っていく
そしてルフィも最後の力を振り絞る
俺は友達が腹いっぱいメシを食える世界を目指すと
全力の一撃がカイドウをぶっ飛ばした
カイドウは誰がジョイボーイなのか
それはこの先俺を倒した男だと
じゃあ現れそうにないなといったキングだが
その男は今現れたようだ
火祭りの人々の願い
怖い龍をやっつけてほしい
光月家が帰ってほしいか
モモの助は鬼ヶ島を無事着地させたようだ
そして今20年の戦いが終わる
解説はここまで
長い長いワノ国の戦い
今度こそ決着はついたよな
そう思いたいが
ルフィにとって頂上戦争参戦以来の最大の戦いだっただろう
みんなよくやったよ
ただカイドウもビッグマムもこのまま終わるとは思えないんだよな
いや少なくともワノ国での戦いは終わりにして欲しいが
やつらがまた再起する可能性は否定出来ないからな
それにこの戦いのあともまだ政府が近づいてたりCP0が抜け出したりと不安要素もいっぱいあるしな
次回は休載か

その他の感想は​こちら






Last updated  May 17, 2022 06:48:14 AM
コメント(12) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.