4053406 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

全116件 (116件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

僕のヒーローアカデミア

September 28, 2021
XML

アニメ 僕のヒーローアカデミアの感想です

第5期 最終話

己を磨くヒーローの卵たち

そして決戦へと

本編

敵連合と異能解放軍が合併したか

盛り上がるヴィランたちに対し

スパイとして紛れ込んでいるホークスは焦る

あの事件のあとホークスが荼毘に何かを見せた

それはベストジーニストの遺体

これでお前は人殺しだとか

ホークスは敵の組織がとんでもなく巨大なものとなったと

そして死柄木はヒーローと同等かそれ以上の存在になったと

だが気付かれないように敵の中に紛れ込む

情報を得るために

遅れを取れば日本は沈むか

死柄木はドクターのところに

彼は触れたものだけじゃなく連なるものをすべて破壊する

これ以上の力をまだ望むのか

くれるというから

死柄木は力を得たがそのダメージもでかい

ヒーローは何人もいる

もう相手を侮らない

次の戦いでオールマイトの残滓たちを滅ぼすと

嫌がることには全力

師弟揃って最悪なところがにてるな

AFOのために進めていた研究

世代を経ることに混ざりより強く膨張していく個性

それにより制御できなくなる

これを個性特異点とドクターは呼んだ

だがAFO以外はまともに聞いてくれなかった

この問題はAFOにとっても容量の問題が深刻だったから

死柄木はめんどくさそうだと

まるでクリスマス前の子供

4ヶ月の間地獄の苦しみが襲う

それを乗り越えたときOFAを超える力を得られる

AFOですら思い通りにできなかった力と

それから再び時は現在へ

雄英ではロボットを使った実戦訓練を

異能解放軍みたいなノリになってるな

青山は新技を身に着け

葉隠の力で光の屈折を

芦戸は自分の体を酸で包む

ヨロイムシャっていうヒーローのところで学んだと

芦戸の技は切島のアンブレイカブルをヒントにしたそうで

オールマイトは彼らの成長に喜ぶ

そして他のみんなにもインターンの経過を見せてほしいと

砂藤と尾白は手数を

シシドってヒーローのところで学んだと

耳郎と障子は索敵を強化

ギャングオルカのところで学んだと

峰田と瀬呂と上鳴は連携

マウントレディ達のチームのところで学んだと

飯田はマニュアルというところで物腰について

口田はウォッシュのところで円滑なコミュニケーションを

常闇はホークスのところだか当人は今不在

切島はいかに早く戦意喪失されるか

ファットガムのところで

お茶子と梅雨ちゃんもコンビネーションを

リューキュウのところで

八百万はマジェスティックってところで予測と効率を

そして出久とともにエンデヴァーのところで学んだ爆豪と轟も

オールマイトは出久の成長を見て

力を授けたときのことを思い出していた

あの頃が遠い昔だと

君はもう私を振り返らないだろうと

だがそれでもいい 進めと

訓練のあと

それぞれ話しを

爆豪と轟と出久が注目されているようだ

出久に関しては瀬呂が自分の立つ瀬なしだと言ってたり

出久はこのあとお茶子に話を

B組との戦いのときに力を暴走させてしまい彼女に迷惑をかけてしまった

その力を使いこなせるようになったと

お茶子もあの戦いをきっかけにワイヤーを導入した

お互い力に変えられたか

その頃相澤とマイクが話を

もし脳無の製造元がわかったら潰してやるとか

怒りに満ちてるな

と言ってるとミリオと天喰がやってきた

エリちゃんに何かが

ねじれさんがエリちゃんに付き添っていた

エリちゃんの角がムズムズすると

相澤が彼女を落ち着かせるか

出久は爆豪と一緒にオールマイトのところに

黒鞭を使いこなせたことをおめでとうと

爆豪も成長していってることも

オールマイトの話は

次のステップへ進むことだと

OFAの歴代継承者の詳細を可能な範囲でまとめた

2,3代目はわからなかった

もし個性も継承できると知っていれば何かしらのかたちで残していたかもしれないが

爆豪は貴重な時間を裂きたくないとか

出久は黒鞭がサポートとして強力だと

あれ以降OFAの記憶が語りかけることはないようだが

その本来の持ち主はラリアットというヒーローだった

爆豪は歴代の個性持ちが特に強いものじゃないと感じている

出久にとっては十分すごいのだが

無個性だったからだろうな

オールマイトはそれも間違いじゃない

AFOはOFAに固執していた

そして強いものを徹底的に潰していた

歴代の者たちは倒れる前にその力を紡いでいった

彼らは選ばれしものじゃなく繰り返される戦いの中で託されたものであり託したものだと

継承者たちはみんな早死だったそうだ

AFOのせいだな

オールマイトが次に習得させたいものは

浮遊

オールマイトの師匠の個性だったと

その個性を聞いて爆豪は勝ったとかいってる

俺は爆破で浮けるからとか

だから先に行けるとかいってる

出久も負けていられないと思うのだった

爆豪は相変わらず

そして夜 寮にて

出久たちが帰ると他のみんなが何かを準備

八百万は何でも入れていいなんてと嬉しそうだが

紅茶はだめだろ

轟は不器用でニラがつながっている

爆豪は意外と器用

A組のみんながやるのは鍋パーティー

意見交換も兼ねているか

今は冬だから

春になったら2年生

後輩ができるかもと

まあまだ3ヶ月残ってるが

期末が控えてるというと

峰田が反応

轟は冗談通じない

出久は時々我に返る

自分が今いる状況

オールマイトに見てもらえること

爆豪と話ができるようになってることとか

でも常闇にポン酢を要求されたり

外でオールマイトがいて相澤が

塚内からの話か

相澤はエリちゃんの訓練を始めるつもりらしい

オールマイトがつぶやく

生きると決めた

だが無力感がふつふつと湧いてくる

生徒が成長するたびに何もしてやれないのに

ワーカーホリックだなと

何年も世界を支えてきた存在

相澤はオールマイトが生きている

それだけで支えになれると

オールマイトはナイトアイの死に際の表情を思い出していた

そして戦いに備え

ホークスは内偵を

キーワードは病院

そこには死柄木も

Xデーはもうすぐ

ホークスも戦いに備えていた

そして春がやってきた

春休みだけどインターンか

もうすぐ2年生になるころ

インターンは遠征

生徒たち全員に呼びかけられていた

オールマイトの銅像を見つめる少年

彼は新一年生か

そしてその裏で

超常解放戦線との戦いが始まりを告げようとしていた

超人社会を揺るがすほどの大事件がついに始まる

第5期終了

そしていよいよ最終章へと







Last updated  September 28, 2021 05:14:24 PM
コメント(0) | コメントを書く


September 21, 2021

アニメ 僕のヒーローアカデミアの感想です

悪の戦いの決着

死柄木弔 破壊の権化として覚醒する

本編

家族を殺した転弧は逃げるように家を出てさまよった

どうすればいいのかわからなくなった

血で汚れ恐ろしい評定をした彼を見た大人たちは避けた

ヒーローが助けてくれるとかいって

迷子などわざわざ助けるヒーローは少ないだろうに

あのときもし誰かが手を差し伸べてくれていたらと

このかゆみはおさまっただろうかと

そしてそんな転弧に手を差し伸べたのが

絶対悪 AFO

彼に拾われた転弧

AFOは君の中にある破壊衝動が痒みとして現れている

我慢などしなくていい それは悪いことじゃないと

あるときは街を歩いているとチンピラに暴力を振るわれたり

それでもまだこのときは自制をしていた

そのたびに体が痒くなるようだが

そんな彼にAFOが我慢するなと

良心、道徳、倫理など世の中を円滑に動かしたい誰かが勝手に作ったものだと

君の思うままに生きればいいと

転弧は自分を殴ったやつを殺したいと

何故か嫌な気持ちが抑えられないと

そして手の一つを破壊したか

その夜転弧は体に手を身につける

その思いが風化しないためにと

そしてチンピラを殺したか

そんな彼をAFOが見ていた

彼のすべてを肯定する

破壊を貪る恐怖の象徴への一歩を進んだのだと

彼は気持ち悪いはずなのにすっきりするようだと

殺したチンピラの手をまたつけたのか

記念すべき日だと

そして彼に死柄木弔という名前が

弔というのは弔いを招く存在へと

死柄木はAFOの名字だというのだ

そして今

全部思い出した死柄木弔

父を殺したくて殺した

家族が崩れるのを見て心が軽くなった

あれは悲劇じゃない

自分には未来はいらないとつけていた手を破壊

未来など連合のやつらが好きにすればいいと

リ・デストロは死柄木を仕留めようとするが

そしてその頃泥花市にギガントマキアも

死柄木とデストロの戦い

デストロをでかいだけだと

目障りなものを思い切り壊すのは楽しいよなと

リ・デストロは力を手段だという

異能の解放 デストロの意志を成し遂げるために

だが心のなかで何かを感じてるようだ

リ・デストロは装備を発動

だがそんな彼を死柄木は窮屈そうだと

リ・デストロはストレスがひいてしまっている

彼は幼い頃からデストロの意思を完遂するものだと言われていた

装備の力を使いストレスの力を更に増幅

都市の中ではギガントマキアが暴れている

外典は消えた

コンプレスはドクターに転送を頼もうとするが

ジョンちゃんはそれを使うたびに扁桃炎になるらしい

それは嘘っぽいが

第三者に居場所が知られてるものと濃い付き合いはしない

死柄木がどうなってもいいのかというが

AFOの後継者ならこれぐらい乗り越えてもらわなければと

戦場で外典はリ・デストロの言葉が頭に

彼が心配だったからギガントマキアを止めに

トランペットも動き出していた

そして他の解放軍も

死柄木弔とリ・デストロの決戦

しかしリ・デストロの様子がおかしい

死柄木弔を見て感じるものが

すべて解放されたかのようだと

死柄木弔が地面にふれると崩壊が広がる

AFOの言葉

すべてが君の手中にあるそう思えばいい

憎悪と愉悦を重ねられれば君は自由だと

死柄木弔のちからは周囲に広がる

リ・デストロの装備もすでに崩壊していた

そして泥花市は崩壊する

その光景をギガントマキアもみていたか

リ・デストロは生きていたが足を失ったか

地面に触れたものは何もかも破壊できるようになったのか

この戦いはリ・デストロがふっかけたものだったが

そしてこの地にトランペットたちがやってきた

トランペットがリ・デストロを助けるように煽動するが

それがかき消される

そしてリ・デストロも戦いをやめるように

全面降伏を

彼は考える

解放の先にあるものが自由なら

死柄木弔がそうなのではと

輝いて見えてしまった

ある意味自分たちが自由と解放から遠かったのかもしれないと

リ・デストロは自分が死ぬ覚悟はある

デストロの意思に殉ずる覚悟だと

そして異能解放軍はお前についていくと

ギガントマキアは今の死柄木弔を見てAFOの後継者と認めた

死柄木は自分たちの状況を考えていた

デトラネットの社長なら金あるだろうと

それから1週間後

この事件がニュースになった

だがそれらにはもちろん事実と真実は隠されている

一部市民が戦っていたことは本当だろうが

犯人グループは生贄にされたものなのだろう

訓練を受けていない一般市民の行動には賛否両論か

彼らを英雄視するものも

敵連合のものたちは寿司を食ってる

もう空腹に悩まずにすんだって思ってるのだろうな

トゥワイスはトガの葬儀を

いや本物は生きてる

やめてくれといわれたり

トゥワイスはまだ不安定

無理やりな療法だったからか

そして異能解放軍と一緒にいるか

けして仲がいいとは言えないがな

リ・デストロが解放軍の者たちを集める

そのそばに死柄木弔が

手が一つだけ原型をとどめているのか

リ・デストロは敵連合との戦いで真の解放をみた

死柄木弔こそ真の解放者だと

死柄木弔が新たなトップとなる

組織の名は超常解放戦線

敵連合のものたちが幹部となった

名前など飾り

好きにやろうと

人々は大喜び

演説のあと

リ・デストロは完全に媚びている

トランペットは複雑だろうな

だがこのあと死柄木弔は倒れる

重傷だからか

ドクターは死柄木に最低限の格はついたと

約束通り力を授ける

お前がそれを望むならと

次回超常解放戦線となった組織

全面戦争に雄英の生徒たちも







Last updated  September 21, 2021 06:03:26 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 14, 2021

アニメ 僕のヒーローアカデミアの感想です

死柄木弔 彼が志村転弧だった頃

そして闇に落ちたとき

本編

タワー崩壊の少し前

トゥワイスがトガを助けようと動いていた

しかしみんなバラバラの言動

トガを助けるために分身を作ろうとしたわけか

みんな助けようとしてるけどやってることバラバラ

そこをオリジナルが咎めた

ダブルをつくるときその情報が必要だから

ボロボロの姿のままで創らざるを得なかったと

そのころスピナーは異能解放軍の軍勢と

死柄木の負担をへらすために

この解放軍を指揮してるのは

花畑

解放コード トランペット

煽動という個性を持ち強化させるってことか

スピナーの異能はヤモリ

大したことのない個性と言われバカにされていたか

そしてスピナーが何かを為せる人間とは思えないとか

だがそんなことわかってる

自分には好きなものもやりたいこともない

それでもステイン、そして死柄木弔の言葉に奮い立った

人にすがらなきゃ何もできない小市民が俺だと

だがそれの何が悪い

お前らだって同類だろうと

一理はあるな

その頃崩壊したタワー

死柄木のオリジナルがやってきたわけか

高みの見物を決め込んでいたなかで落とされた気分はどうだと

リ・デストロは怒りを溜め込むという

やつの個性はストレス

ストレスを貯めてパワーにかえる

パワーを溜め込むごとに強くなるか

個性で人となりを判断するのはやめようというのはいい教え

だが異能は人格に直結する

死柄木の崩壊の個性はどうなのかと

お前は何をつくるのか

それともただ破壊を貪るだけの人間なのか

さっきの衝撃で身につけていた手がおちている

それらは死柄木の家族の手らしい

AFOの言葉

彼らを肌見放さずもてと

忘れないように

ハナちゃんというのは彼の姉だと

そして死柄木弔の記憶が

デストロにいたぶられているなかで

彼の記憶が埋まっていくと

そのとき死柄木がデストロに触れると少し崩壊していた

五本の指でなければできなかったはずなのに

死柄木の様子がおかしい

頭が割れている

デストロ曰くふとしたきっかけで個性が飛躍することもある

外典にも似たようなことがあったから

死柄木の動きも俊敏になっている

デストロは自分の個性を鍛えていたから感じるものがあると

侮ってはならない相手だと

デストロはその力をさらに解放する

その破壊力は相当なものだ

死柄木の記憶

家族の言葉

祖父と祖母は優しかったと

だけど違うと

そして全部思い出した

自分が言ってほしかった言葉か

そしてその頃デストロに連絡が

とんでもないやつがやってきたと

それはギガントマキア

さらにデストロの必殺技と言えるものすら死柄木は崩壊させた

壊すためだけに生きるように

感覚が研ぎ澄まされてきた

自分はただ壊すだけだと

取り出した手を見つめる

創造なき世界に未来はないというデストロに対し

未来などいらないという死柄木

そんな彼が子供の頃

志村転弧だったとき

父がヒーローの話をするなとルールを決めたのだと

その話をするとお仕置きする

しかし考えてみるとなぜだめなのかを説明していない時点でただの理不尽でしかない

この父親はオールマイトの師匠の息子ということだ

しかし父親は子供を虐待するような屑になってた

ヒーロー願望は不幸の原因にしかならないというが

それを今無理に押さえつけるべきじゃなかった

父親は実業家でそれなりに裕福だったようだ

妻の両親も同居していたか

転弧はなぜかよく痒くなっていると

彼は仲間はずれの友達とヒーローごっこしていたら

オールマイトだと言われたとか

なぜだめなのか

自分が嫌いだからか

母曰く 父はヒーローが大変だということを知ってるのだと

大人の言葉は絶対だからとか

だからこそあなた達から欲しかったたった一言が

父が建てたこの家は自分を優しく否定する

ガキは案外ずるくて単純

ある日父の部屋に姉が連れて行ってくれて

とある写真を

父の母 自分たちの祖母のこと

その人がヒーローなんだと

自分は応援すると

家族にヒーローがいたことは嬉しかったと

犬と一緒に遊んでいたとき

偶然ボールが崩れたようだ

この日は蒸し暑くあれた肌を刺激してたようだ

だがさらにそこに父親が

写真を見られたと激昂した

さらに姉は自分が先に見せたのに 罪をなすりつけたわけだ

そして父親は転弧に掴みかかり言う

あれは子供を捨てた鬼畜だと

助けてほしいと思っていた

だが誰も助けようとしない

父はいう

ヒーローは他人を助けるために家族を傷つけると

そして挙げ句に暴力を

だがその彼も母の手紙を捨てられなかった

その内容には愛情が込められていた

いっそ憎みきれていればと

さらに妻にも責められる

子供に暴力を振るうならもうルールにも従えない

もはやDV父でしかなくなってしまった

幸せな家庭を作ろうと言ってたのに

転弧は外で泣いていた

そばについてくれていた犬にその思いを吐き出していた

だがその時悲劇が起きる

彼が触れた直後犬の体は崩壊した

その光景に混乱する

さらに姉も現れた

さっきのことを謝ろうとしたが

ペットが砕けていたのを見て怯え逃げる

助けを求めて姉にすがりつくが

その姉も崩壊した

このときは悪いヴィランによるものだと思っていた

いや実はすでに理解していたのかもしれない

自分を苦しめる父をかばう家族

何で泣くなと言うばかりなのか

みんな嫌いだと

母は崩壊する直前に抱きしめようとしてくれてたようだが

そして他のみんなが崩壊した姿

父親はそれを見てしまった

彼は自分が大切に想っていたはずの家族をすべて失っていた

そして唯一残っていた息子を殴り飛ばす

転弧は父親に明確な殺意を持って触れた

ずっとこうなることを望んでいたのかもしれないと

かゆみはもう感じなかったと

次回に続く

さらに邪悪に落ちていく死柄木弔

父親が自分の境遇からヒーローを嫌うのは理解できる

だがその怒りを子どもたちにぶつけたのは間違いだった

もし頭ごなしに否定しなければいつかヒーローを諦めたとしても

ここまで狂わなかったかもしれないのに







Last updated  September 14, 2021 05:05:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 8, 2021
ヒロアカについて少し話を

ここ最近の展開

一人戦っていた出久を雄英の仲間たちが連れ戻してあげようとしていた話

だが彼を雄英につれてきた時

そこに避難していた人々たちは出久を拒絶した

自分たちの安全のために

それを説得したお茶子たち

洸汰たちが出久に駆け寄ったあと

それを見ていた一人の男が

まず話を聞いてみようといったこと

そして彼が言ったことは胸に刺さった

今までヒーローが戦っているのを観客としてみていた

だけど今はそうじゃなくなった

ヒーローたちが投げ出していく中

なお戦い続けてくれている者たちを排斥してどうするのか

そしていつまで観客でいるつもりなのかと

そんな感じの事を言ってました

作中ではもう日本が無法地帯になっている状況

そんな中自分たちはもう傍観者でいられはしないのだと言える

平穏を取り戻したいのはみんな同じ

だけどそのために自分たちもできることをやらなければならないんじゃないのかと

なんというか今の世界の現状にも当てはまるところがある

何しろ現実でも似たようなことが起きてるのだから

コロナによる感染症の蔓延

それによってマスクを外せなくなっている

そして満足に治療を受けられなくなっている

そんな中医療従事者たちは頑張っている

だが同時にそれに対して拒絶する者たちもいる

そのくせ自分たちは感染を広げかねないことをやってたりもする

まあ漫画と現実だから違うところもいっぱいある

ただ平穏な状況じゃないのは確か

この状況をなんとかしてほしい 早く落ち着いてほしいと思ってる人たちはいっぱいいるだろう

だけどそれには自分たちも何かしら行動はしなければならない

まあもちろん医者じゃないのだからできることは少ないかもしれない

ただそれでもできることはある

何もせず人任せにするのは違うだろう

コロナ禍が起きてもう1年半以上すぎている

もう自分たちが無関係 傍観者ではいられないのだということを自覚しなければならない

そうしなければ平穏が訪れるのが遅くなるだけ

一つ言えるには平穏は自分たちにとって無関係じゃない

そしてそれを取り戻すにはひとりひとりの協力が必要なのだと

では






Last updated  September 8, 2021 06:39:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 7, 2021

アニメ 僕のヒーローアカデミアの感想です

ヴィランアカデミア編

トゥワイスの覚醒

本編

自分そっくりにつくられた人形に取り囲まれたトゥワイス

操り人形の個性持ちによるものか

ギランの情報からトゥワイスのトラウマを知っている

だからそれを利用したわけか

トゥワイスは自分の偽物がトガを殺そうとしてる姿を見て動揺する

俺が仲間を殺そうとしてるのかと

自分がわからなくなってきたトゥワイス

そんな彼は昔から目つきのせいでよく怖がられていた

決定的に躓いたのは事故を起こしてきた時

相手のせいだった

にもかかわらずこうやってバイクに乗ってるとかで一方的に責められるのって現実でもあるな

人生躓いてもやり直せるというが

その形によってどこまでも転げ落ちる

事故の相手は職場の役員でそれを逆恨みして圧力をかけてきたわけか

上司はそれを聞いて理不尽に彼を痛めつけクビにした

カス野郎め

彼の両親は犯罪に巻き込まれ死んだ

そしてとうとう一人になり

自分を増やして会話する始末

落ち度があったのか

あったとすれば運が悪かったことだろうと

信頼できる人間といたかった

転落中の人間が考えるのは楽になりたい

そしてヴィランになったか

どん底に落ちてから過ちに気づく

自分すら信頼できなくなり

自分同士で殺し合うことに

そんな彼に手を差し伸べたのがギラン

トゥワイスは人格を2つ持つようにまでなったか

何かをかぶってないとおかしくなりそうだと

トゥワイスの個性は使い方によっては国を落とせるほどか

終わった人間はどうすればいいのか

信頼されることだと

仲間に

そして敵連合への仲介をしたわけか

似たような人間は案外たくさんいるか

そして今

トゥワイスはトガを助けようとするが

自分そっくりの人形にいたぶられる

スケブティックにより

トガは意識を取り戻してたか

痛みを受けているトゥワイス

だが消えてない

痛みを受けないように気をつけていたのは自分が消えないように

だがそんなこと自分を殺せばわかったはず

ずっと逃げてきた

転げて落ちた

その先で見つけたこの場所

トガちゃんを助けると

そしてトゥワイスは自らを大量に増やす

彼が仲間に自分の個性についての説明をしていた

自分の分身からまた分身を作れるのだがそれは徐々にもろくなる

増やせるのは自分だけじゃないわけだが

ある日オーバーホールたちから奪った弾丸を増やしてみようとしたが

二倍に必要なのはデータとイメージ

それがないとできなかったか

自分を受け入れてくれた仲間のためにできる限りのことをしたいか

そして今ここで個性をより発動させた

サッドマンズパレード

それがヤツの新たな技

仲間を守るために

その光景をリ・デストロが見てスケブティックは珍しく失敗かというが

彼は次の手を打つだけだと

過去に一度だけ失敗したことはあると

ギランはトゥワイスがトラウマを克服したことが嬉しいのだろう

荼毘は氷のやつと交戦

コンプレスは援護をというが

荼毘はめんどくさそう

だがトゥワイスが大量に援軍として

ヴィランなのにまるでヒーローみたいな言動だよなこいつ

本当転落してなければ

ただ敵を壊滅させてしまったらギガントマキアとぶつけるという計画が失敗になる

あと1時間と少しか

だがそうも言ってる余裕はないようだ

氷のやつがいる

氷の温度も操って水を氷にしたわけか

解放軍が目指す先の未来は異能の強さが社会的地位に直結か

外典はそれ以外に価値はないとか

荼毘の体が焦げ臭いという

己の炎に身を焼かれるか

考えてみるとこれもまた伏線だったのだろう

外典は他のやつよりも規格外すぎるか

マキアにぶつけるにはもってこいだが

ドクターも状況は伝わってるか

ずるいことを考えるとか言うけどお前が言うなとは思う

ギガントマキアを目覚めさせ動かすか

死柄木とスピナーはともに動いていた

そしてタワーが近づいていき敵も多くなっていた

そこにトゥワイス軍がやってきた

それを見てすごいと

死柄木はタワーに向かっていくと

ボスはおそらくあそこにいるだろうと

あいつだけでいいんじゃないのかと

人の心を弄びやがってと苛立つ死柄木

そこにハナバタが

やつの演説で異能解放軍がより力を

これも個性か

スピナーは自分にできることはと

その頃トゥワイスの一体がタワーに入る

自分以外の仲間たちの分身を作り上げる

分身たちも色々と特徴は出てるな

色々とややこしくなってるな

トゥワイスの一体がギラン救出に向かうが消滅

リ・デストロの様子がおかしい

人質というのはどういう意味かと

ギラン救助に向かうが

リ・デストロは一瞬体の一部が大きく

だけど分身の一つがギランに

指が奪われているのを見てつらそうに

悪いことをしてないやつは謝らなくていいというトゥワイス

それを見てリ・デストロは吐き気がすると感じているか

高尚な夢と言ってるが

死柄木の前でリ・デストロは

最初に異能が生まれた時の話を

異能を持った子供が最初に生まれた時迫害された

母親はその子供のためにこれがこの子の個性だと訴えた

だがそれは嘲笑の中で消え

母親は反異能のものに殺された

個性の母の話か

ここでヴィジランテの話も出ているな

異能をもつものがたくさん生まれる中で個性の母の訴えが掘り返された

だが政府がやったのは異能の抑圧

異能を自由に使える世界でなければ真の解放は生まれない

デストロは母さんの願った世界はこれじゃないと言った

真の自由のために

デストロの末裔としてその思想を果たす

破壊しか考えないチンピラが我々にかなうものかと

死柄木は苛立ってるだろうな

ギランを守るならクッションを出せと言ってるが

最初の一撃で窓枠に引っかかった時目があったのは

あいつはきっとタワーに触ると

その直後タワーは崩壊する

死柄木弔のオリジナルがやってきたわけか

そしてリ・デストロと対面する

次回に続く

死柄木弔が志村転弧だった頃の話

彼が本物の巨悪となるときが







Last updated  September 7, 2021 06:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 31, 2021

アニメ 僕のヒーローアカデミアの感想です

ヴィランアカデミア編

敵連合と異能解放戦線の戦いが開幕

そして

本編

昔話から始まる

超常が起きて混乱の後人々がその共存を図ろうとしたが

一部の者達が異能を自由に使いたいと主張した

その頂点にいたのがデストロと称したもの

彼は異能解放軍を結成し国と対立したが敗北し

メンバーの大半が囚われ組織は解散

デストロは獄中で一冊の本をかきあげた後自決

だが実は彼も知らなかったがデストロには息子がいた

そしてその人物が新たな異能解放軍の指導者リ・デストロ

奴らは敵連合が目障りだったから始末しようと考えた

そして現在

敵連合たちは泥花市へと

地方って感じゆえに目立たず動ける動けるってことか

ギガントマキアはあと1時間ぐらいで目覚める

両者を潰し合わせるのが作戦だが

それまでまだ時間がかかる

荼毘は乗り気じゃないようだ

すると何者かが現れた

スライディン・ゴーと言うプロヒーローだが

解放軍の一員でもあるわけか

そして市の中に入るが

この町のほとんどが解放軍のものか

現れた男もそれなりに有名か

やつの合図で解放軍の兵たちが現れる

再臨祭の始まり

トゥワイスはギランを返せって

まずはタワーに向かうことに

だがトガに爆撃

現れたのは女

トガについての情報を知ってるのか

インタビューとか言ってるな

とあるタワーでギランがデストロにあんたたちはミスをしたとか

脳無を繰り出せばこんな街は滅びるというが

脳無は出てこないと

神野の事件以降に脳無の存在は噂だけになったのだと

九州での脳無が出した白い奴らの強さは常人なみ

荼毘が脳無を回収しようとしてたこと

脳無はAFOがいない今自由に使えないのだろうと

そんな奴らは一介のサークルでしかないと

異能解放軍の者たちは強い

日々訓練をしてきた

人らしく生きるために

だから大義のない敵連合が目立つのは迷惑だと

女は記者だったらしい

ヴィランだけあって取材対象の遠慮なんて鬼滅の刃にしないとか

だがそう言ってるとトガは姿を消していた

と思ったら上空から襲撃

しかし簡単に弾かれる

人殺しに躊躇なしなんて興味あるとか

だが敵に自費はない

女の名はキヅキチトセ

解放コードではキュリオス

地雷という個性を持ち触れたものを爆発物にすると

数でカバーか

トガに敵が襲撃するが

逆に血を摂取するか

キュリオスはそれを見て分析するか

しかし採取した血が爆発する

解放軍のやつらも爆弾にしてるのか

そして彼らは自分たちが起爆装置になることもいとわない

トガについての情報をキュリオスは知っている

明るくいい子だったと言われていたが

それがなぜ普通の暮らしを捨てたのか

あなた自身の口で聞かせてほしいと

デストロにキュリオスは教えられていた

世論を動かすものには人の心が宿ってるか

それに対しトガはいう

普通の暮らしってなんですか

解放軍が素敵な世の中を作ろうとしている

あなた達は好きだと

私も普通に生きると不気味な笑いを

トガの事件はニュースになっていた

生徒後を吸っていた顔が恐ろしかったと

親はトガを悪魔の子だったと

鳥を殺したりしたのか

キュリオスはトガを超人社会を体現するものだと

異能の抑圧で自分を殺したものだと

生まれつき持つその異能で血に強い興味を持つようになったとか

だが本当の不幸は

憧れという誰でも持つ感情と血への興味が噛合

社会に受け入れられなかったと

親からも普通になれないのかと言われてた

トガにとって嫌な記憶が蘇ったようで反撃しようとするが

キュリオスはデトラネット社の装備を使って防御

そして反撃

トガの普通と解放軍の思想はにている

だからこそ人柱になる

そしてあなたのそれは聖典として語られる

相違があるのなら語れとか

トガはキュリオスを振りほどき逃走

だがそこを追撃する

トガは自分は不幸じゃないと

キュリオスを嫌な人だと

嬉しいときは笑う

あなた達が好きな人にキスをするように

私は血をすする

不幸じゃないと

お茶子に変身

だがその異能は外見だけしか変わらないとか

お茶子はデクにとっても信頼されている

自分も好きな人に近づきたいと

捕まったトガ

だがその時彼女に異変が

お茶子のようにと思った時

なんと触れたキュリオスが宙に浮く

他に触れた者たちも同じように

なんとお茶子の個性を使ってた

彼女は今まで捕まらないようにとか弱い女子高生のふりをしてきたか

トガの個性が進化した

自分は恋をして普通に死ぬと

キュリオスは最高の記事にと

そう思いながら落下して死んだ

他の戦場で

トゥワイスはトガがいないことで慌てる

トガは重傷でどこかの倉庫に隠れる

死柄木が気に入らないものは壊すと言っていた

だから自分も壊した

死柄木は眠いと

その時自分の体がバグってると

そしてフラッシュバックが

記憶にないのに感情だけは覚えている

この時胸がすく思いがしたとか

彼の味方をしていたと思われるものの声

だがあまりにも曖昧すぎて気分が悪いと

襲いかかる敵たちを一瞬で崩壊させた

触れていないものでさえも

スピナーはそれを見てしまった

荼毘も殺意満々か

現れたのは氷を使う敵

自分も強くなってきたか

荼毘がなぜ攻撃をすぐしないのか

対戦相手は冷静

やつは氷を操る個性を持っている

学校にもいかず個性を鍛え続けてきただと

両者の戦いにコンプレスも巻き込まれる

敵連合はばらばらになっていたと

トゥワイスは重傷のトガを発見していた

本人色々と混乱している

連合は自分の居場所か

だがそこに当然襲撃者が

トガとトゥワイスは真逆の存在か

襲うのは

チカゾクトモヤス

解放コードはスケプティック

人形のものを操れるか

解放軍に引き入れるとか言ってる

次回に続く

悪と悪の戦いは更に悪を育てることに







Last updated  August 31, 2021 06:05:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 24, 2021

アニメ 僕のヒーローアカデミアの感想です

今回OPでヴィランアカデミアとかになっている

時は戻り敵連合の話に

ある事件の始まり

本編

マッドサイエンティストっぽい男が死柄木に何かを

人体実験か

死柄木は黒霧にAFOを失った

だが彼は力を残した

黒霧は命じれば自分が手に入れるといったが

何かしらの実験を受けている死柄木

その2ヶ月前のこと

死柄木たちは巨人の前にいた

巨人は死柄木を見てAFOを継ぐものかと

これがAFOの残した力

だが巨人はいきなり死柄木たちに襲いかかる

AFOを主とあおぎ死柄木を弱すぎると

そんななか死柄木と通信するのはドクターと呼ばれる人物

巨人はギガントマキア

AFOのボディーガード

個性複数持ち

勢力を削がれたAFOはこの男を隠していたと

自分がどうなろうと夢と意思を終わらせないようにか

だがそんな優しい土産とは思えないという荼毘

ギガントマキアはAFOへの忠誠心が強すぎるがゆえに死柄木を認められないわけか

襲いかかるマキアに対し呼びかけるのはAFOの声か

通信機から聞こえる声に甘えてくるか

死柄木は手助けなど不要というが

今のお前の手には負えないと

そして直後に敵連合の者たちの口から

AFOが神野で使った個性か

その直後彼らはどこかに飛ばされた

トガは臭いとか言ってる

その場所には多くの脳無が

だがこれまでと少し違う

ハイエンドというものだと

その声の主がドクターか

彼はいきなり父親たちは元気かなどと

転送で招いたのは居場所を知られないため

ドクターの名前は偽名と

ここに招いたのはAFOに免じて

やつも彼に忠義を

だが死柄木が自分の力を捧げるにふさわしいかどうか

何もなしていないただのゴミが何を見せてくれるのかと

死柄木は自分の過去をよくわかってない

だがみんなに触れているとなにかがふつふつと湧いてくると

ある日絶望していた彼に呼びかけたのがAFOだったわけか

表向き救いの手を差し伸べたわけか

そのうちヒーローが助けてくれるだろう

そう言ってみんなが見ないふりをしてきたか

皮肉にも言ってることが間違ってないのかもしれない

先生に抱えられて以降のことだけしか覚えていないと

ドクターが持ってきたのは死柄木の家族の残骸

死柄木は自分の手で家族を殺したらしい

その個性故にか

断片的な記憶そして吐き気をもよおすほどのいらだちが湧いてきたか

ドクターはいじるかといったが

AFOはあえてこのままにしたほうがいいと

記憶が戻らずとも感情はこもってる

それをどこに向けるかを教えてやると

みんなを身につけると苛立つはずなのに落ち着く

不思議だと

心のなかには鉛の塊がありそこから怒りが無尽蔵に吹き出す

たとえどうなってもそれが消えそうになり

すべてが嫌い

だから全部壊すと

美しい地平線を見せてやる だから手をかせと

まるで子供の絵空事だというが

むしろ楽しそうだという

ヴィランは戯言を実践するのが仕事だと

ヒーローが綺麗事を実践するのが仕事だというのと同じか

だが同時に対極でもある

物騒なことを考える死柄木

トガは自分の好きなものも壊すのかと聞くが

仲間ののぞみは別腹 好きにしろと

一応仲間思いなところはあるか

ドクターはもとより協力してやるつもりだったし

力も整えている

だがまだ渡せない

お前たちは弱いから

最低限の格を身に着けろと

そのためにはまずギガントマキアを屈服させろと

長いチュートリアルか

荼毘はいい仲間ができそうだからそっちに時間を使いたいと

ドクターはハイエンドのテストに協力してもらうとか

エンデヴァーがやつと戦った時より前だったわけか

そしてもう一度死柄木たちはギガントマキアのところに

そして12月になるが

未だギガントマキアを従わせることはできないまま

48時間と44分の間休まず攻撃を続け3時間眠ったあと再び攻撃か

戦闘時は体が大きくなり死柄木がどこに隠れようとも必ず見つける

その間死柄木はろくに眠れてない

命を握られてるにも関わらず笑ってる

死柄木以外は離脱すると狙われない

だから交代しながら援護

ドクターが金を支援

トガがダッフルコートを買ったとか

寒いと動きが鈍るからとか

スピナーはトガがステイン関係できたのになぜここに

トガは好きなものがいっぱいあるからとか

自由ってことか

死柄木はまだギガントマキアを従わせられない

だが動きは鈍いから少しずつ対応できるようになると

トゥワイスにギランから電話

変な着信音だな

だが電話に出たのは聞き覚えのない声

その人物はニュースを見ろと

指が発見されたと

5件も

共通点は敵連合が現れた場所か

声の主は異能解放軍最高指導者 リ・デストロ

やつは自分が流行を作ったがわだと

ギランはデストロに捕まっている

目的は異能の開放だと言っている

ある意味目的は似ている

死柄木はブローカーを解放してからかけ直せというが

デストロは一応人質だと告げる

ギランは警戒心が強かったが同じ闇からの追跡には遅れを取ったと

そして情報どころかうめき声もあげなかった

データは最も復元したが

無意味な抵抗だとか

自分たち解放戦士たちは何年も準備を整えてきたと

戦力は整い決起の準備は出来てるとか

しかもこっちの居場所もわかってるか

ヒーローたちに通報すればお前たちを狙うだろうと

デストロは自分が解放の先導者でなければならない

だから我々が潰すと

彼らは敵連合に宣戦布告を

泥花市で戦おうと

それぞれが考えを

トゥワイスはギランを助けに行こうと

自分ははぐれものだからと

死柄木は考えがあると

ギガントマキアが起きるまであと2時間

荼毘の居場所も

死柄木は奴らと戦うことを選んだ

そしてギガントマキアは自分たちを追ってくる

だからぶつけ合うことで

両者を消耗させると

もしはったりだったらバカが死ぬだけ

次回に続く

悪と悪の戦いが始まる







Last updated  August 24, 2021 05:59:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 17, 2021

アニメ 僕のヒーローアカデミアの感想です

相澤の過去

そして黒霧の秘密

本編

学校も三学期が始まったか

怒涛の1年か 確かに

飯田も委員長として張り切ってるな

まずは今までの成果としてグラウンドでか

相澤がやってきたけどすでに生徒たちが準備を

飯田が珍しく空回りしてないと

マニュアルから物腰の柔らかさを学んだと

でもそういう意味ではないかと

だが相澤に呼び出しが

女子更衣室にて

お茶子がコスチュームを変えたことで盛り上がっている

自分のコスについて説明

芦戸が探ってると出てきたのはストラップ

見られてすぐお茶子は慌てて回収

これはプレゼント交換で出久にもらったものだった

芦戸は何かを察して盛り上がってる

だけどお茶子はあくまでしまっておくと

出久の足を引っ張らないようにか

男子更衣室でも盛り上がってる

出久が黒鞭をコントロールできるようになったことでか

名付けが峰田は格好いいとか

自信満々な出久を見て爆豪は不快だといって装備を投げる

それが刺さったままでグラウンドに

早く抜けよ

と言ってるとオールマイトが綿菓子機を持って待っていた

ギャグだったのか

私がきたとかけてるのか

相澤は急用ができたのだときう

その相澤はマイクと一緒に

二人共かなり焦ってる表情だ

彼らの話USJのときから

趣味が悪いと憤ってる

マイクも同じ

塚内たちの勘違いだと思いたいと

到着したのはタルタロスか

脳無は複数の個性に耐えられるよう改造された人間

だが生きた人間じゃない

脳から心臓に至るまでめちゃくちゃに改造されている

脳無は生きた人形 そのはずだったと

ここにグラントリノも

相澤は簡潔にお願いするというが

マイクが諌める

だが気持ちは同じなのだろう

それでも必要な話

案内される相手

敵連合の中核

情報を得られれば有益なのだが

大事なことは話さない

そいつは複数の因子が結合され一つの個性となっていたのだと

それが黒霧だった

そのベースとなったのは

雄英で相澤たちと苦楽をともにし若くして命を落とした

白雲朧と極めて近いのだと

それを聞いて相澤たちは衝撃と怒りを隠せなかっただろう

マイクと相澤が同級生だったわけか

性格が違ってたけど一緒にいることが多かったと

白雲ってやつが卒業後一緒にヒーロー事務所を作ろうとか

3人いれば残りの二人がカバーする

相澤の細かいところをみるところや交渉に長けているマイクとならか

だがそんな白雲は相澤と同じインターン先で死亡

倒壊する建物に巻き込まれたのだと

あのささやかな夢は永遠に叶うことはなかった

そして今

グラントリノ曰く黒霧は脳無で白雲朧がベースになっている可能性が高いと

マイクは学生時代三馬鹿だと言われてたとか

しかしそんな一人が今こんな事になっているなんて意味がわからないとか

AFOは雄英を襲う理由が優れた個性が集まるからだと

目立たず三ツ星レストランの残飯を漁るようなものだと

とんでもない外道発言

どこかで白雲の遺体を奪ったのだろうと

意味なんてない

ただ悪意があるだけ

眠らせているのは個性を使われないようにするため

相澤たちを呼んだのはなぜか

根拠があれば奇跡が起きるかもしれない

エンデヴァーが倒したハイエンドは強者への執着

素体は地下格闘場で戦って稼いでいたのだと

だが相澤はかつてUSJで戦ったとき相手はなんの反応も示さなかったと

任務遂行に与える影響を考えて何かしらいじられていた可能性はあると

そして相澤たちは黒霧との面会に

白雲の執着を呼び覚ましてほしいと

対面する三者

マイクはどうすりゃいいのかなんて

白雲の遺族に対してもし二人でだめだったら伝えるというが

こんな気持ち悪い話 親御さんに伝えていいわけがないと

個性を発動させ気合を

黒霧が目覚め尋問を

黒霧の様子は相変わらずだ

イレイザーが見てももやが消えないのは体の作りそのものだからか

マイクはこいつと白雲に共通点はないというが

黒霧は死柄木が気になっている

彼の世話が私の指名だとか

それを聞いて相澤そしてマイクも何かを

相澤の記憶

猫がなついていたときのこと

自分が拾えないと突き放した子猫を拾ってくるやつだった

黒霧は何を言ってるかわからないか

相澤は学生時代の話を

あの頃は中途半端で二の足を踏んでいたと

白雲が最初に誘い マイクも加わった

ゴーグルも白雲がプレゼントか

黒霧は懺悔でもしてるのかとよくわからない

白雲は後先考えず行動していた

死んでしまったら終わりだと

そして今自分がマイクと一緒に教師をやっていると

相澤は除籍回数が半端じゃないというが

マイク曰く書類上ではと

かつて雄英でのこと

相澤は皆に怖がられていた

だが除籍されたはずの生徒たちは未だ学校にいる

彼らはその御蔭で成長できたと

経歴には傷がついたが

注意感覚でされていたのか

相澤は除籍と復籍の権限を校長に

自己犠牲と命を捨てることは同じじゃない

それを履き違えた若者たちに一度死を与え

復籍させる

校長も自由な校風がモットーだと認める

白雲のようになってほしくなかったから

正義のためだと己の命を軽んじるやつにはなってほしくはなかった

誰かを引っ張ってくれるヒーローには長く生きてほしかった

相澤は白雲に涙を流し呼びかける

そこにまだいるのならなろうぜ 最高のヒーローに

黒霧は動揺している

塚内は今のうちに情報をというが

相澤は目の前のやつがかつて友だったもの

本人の意識はないだろう

だがそれでも呼びかける

そして問い詰める

お前をこんなふうにしたのは誰かと

黒霧は混乱している

そんな彼に相澤とマイクは呼びかける

お前はかつてともにヒーローを志した白雲朧だと

だがその黒霧は再び平静に

やはり通じなかったのか

と思われたが再び脳波が乱れる

そして相澤とマイクに呼びかけ始めた

なにか一言告げたあと黒霧は停止した

ここまでだと

相澤は大粒のナミダ

得られた情報は病院の一言だった

黒霧は停止しているのか

グラントリノは相澤たちもかつて生徒で夢を追いかけていた

辛い話をさせたがその恩には報いると

脳無は何なのか

なんのために

AFOはワインと同じ 踏みにじって味を出す

ただその味を楽しむだけだと

グラントリノはただこれ以上の犠牲を出すわけにいかないと

塚内は病院という言葉を伝えた

きっかけにはなるはずだと

ホークスにも救援が

トゥワイスと一緒にいたのか

随分接近してるようだな

だがホークスは病院という単語でピースが揃ったと

そしてその病院らしき場所で一人の老人が

究極の人間を生み出すと

その実験を受けているのは死柄木だった

次回に続く

少し時が戻るようだ

敵連合が更に凶悪な存在になるための時間







Last updated  August 17, 2021 05:54:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 11, 2021
アニメ 僕のヒーローアカデミアの感想です

と言いたいところですが

先週はオリンピックにより放送されませんでした

なので感想も休止します

では






Last updated  August 11, 2021 06:03:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 7, 2021
本日 ヒロアカの映画を見に行きました

声優たちの舞台挨拶の映像から始まりました

それから本編という流れです

今回の話は 前作と違いA組では出久、爆豪、轟の3人がメインでしたね

ちなみに舞台挨拶で作中に仕掛けがありましたね

内容は詳しく言わないけど

アクションシーンやバトルシーンはすごかったです

出久が黒鞭を随分使いこなせるようになったなあと

ただ4作目は作れるのかどうか疑問ですね

原作があれだけ大変なことになってるし

終章だし

では






Last updated  August 7, 2021 05:25:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全116件 (116件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


© Rakuten Group, Inc.