3772258 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ

PR

X

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

約束のネバーランド

March 31, 2021
XML

アニメ 約束のネバーランドの感想です

エマたちの未来は

本編

ピーターを追い詰めたエマたち

だがその後エマは意外な言葉を

敵であるはずの彼に対し一緒に生きようと

自由になろうと

自分たちは皆立場という運命に囚われている

それは自分たちもピーターも同じだと

違うと否定するピーター

エマもミネルヴァも偽善者だと

今までの自分たちを変えるなんてできないというが

これから作るんだと

難しくても運命も世界も変えられると

きっと

ピーターは一族が世界を守る門番だと教えられた

当主である兄はヒーローだった

だが兄は約束の真実を知った

古い古い懺悔の記憶

初代ラートリーの後悔

2つの世界を守らなければ

だが食用児たちは

兄は苦しんだ

だがピーターは一族の崇高な使命だと

兄はミネルヴァと名乗り食用児たちを救おうと動いた

それをピーターは止めようとし

兄を殺した

彼は最期にすまないとピーターに伝えた

兄を犠牲にしようとラートリー家の使命を全うしようとした

崇高な使命だと言い聞かせた

兄は ミネルヴァは何を想ったのか

そして今ピーターはエマたちに言う

そんなだからお前らは食い物にされる

人間同士だって殺し合う

互いを食わないのに

好きにしろ僕の負けだというピーター

お前たちの悪あがきは地獄の果から楽しませてもらう

そう言って彼は自害する

立場などそう簡単に捨てられない

ラートリーとして死ぬことを選んだ

敵だった男だがそれでも命を絶たれるのは辛いか

そして鬼たちは革命を成功させたと

鬼の権力者たちにもそれらの知らせが

エマたち

イザベラはエマたちにも一緒に人間の世界に行こうというが

彼女はここに残りできる限りのことをしたいと

それにあなた達と私はと言おうとするが

レイがごちゃごちゃうるさいと

やりたいこと 後悔があるんだろうと

実の息子にそう言われるか

一緒に人間の世界に行こうと

なんで許せるのかと

わからなかった

確かに敵だとおもった

だが外の世界に出て思い出されるのはイザベラの優しさ

彼女の情は偽りじゃなかったのだと

自分たちのママはイザベラだけだと

エマはビルクたちに礼を言う

鬼と人間が共闘した戦いでもあった

そしていよいよ人間の世界への道が

そこには人間の世界につながると言われる門が

ペンを使い起動

そして門が開く

だがエマたちはまだ行けないと

彼女はこの世界を変えたいと

千年前の約束で食用児たちは犠牲にならなければならないと

だからその約束を結び直してこの世界を変えたい

すべての食用児たちを助けたいと

ノーマンはそれを聞いてエマならそういうと思ったと

だから自分も残ると

そんな二人に対しレイは王や貴族たちが追ってこないとは限らないだろうと

誰かが残らなければと

ムジカもこの世界を変えたいと思っていると

残るとなったら強敵もいっぱいイルカ

ノーマンの仲間たちも残ると

そしてドンとギルダもそれを理解した

子どもたちはそれならというけど

みんなにはこっちの世界から送り出す子どもたちを助けてほしいと

それを聞いてミネルヴァのようにみんなを助けると

イザベラにもみんなを頼むと

ヴィンセントは人間の世界で動くのだな

フィルも待っていると

だがその前に絶対無事に帰ってきてくれと

そういって別れる

いつかの再会を誓って

そして人間の世界に来た子どもたちはこっちの世界で

平和に行きてきた

そしてエマたちは鬼の世界でムジカたちとともに戦う

あの約束を結び直すために

人間と鬼の友情が生まれ

そしてエマたちはフィルたちとの再会を果たした

アニメ版完結

一気に終わらせようとしすぎだったなどう考えても

シェルターの話とか色々とすっ飛ばしすぎだし

他に原作と違うのは

イザベラの生死と

エマの記憶とかだな

アニメと原作は全く別物と考えたほうが良いなこれは

賛否両論はあるだろう

だが原作の良いところをなくしてしまってないかが不安







Last updated  March 31, 2021 05:55:18 PM
コメント(2) | コメントを書く


March 24, 2021

アニメ 約束のネバーランドの感想です

グレイスフィールドでの決戦

本編

ノーマンはフィルたちについての情報を伝え

潜入ルートを

敵の門番はピーター ラートリー

さらにシスターたちも敵だろう

そして内側にもヴィンセントが裏切り行動を

ピーターにノーマンたちの動きの情報を

鬼の集落の事件のことも

信用されたわけか

だけど実はこれもノーマンたちの作戦か

その頃ピーターのところにイザベラが

やつも部下ってことか

グレイスフィールドでは子どもたちの出荷が始まる

全員の

出荷の真実を知るフィルは動揺する

エマたちはムジカと協力して農園に

友達か

エマはまたレイたちに話をしようと

そのころフィルは恐怖に

いよいよ出荷されるというのか

そしてついに作戦決行のときが

気球で農園に向かっていくのか

子どもたちは何も知らず飼育場から移動させられる

そして農園に鬼たち警備兵が

ヴィンセントからの情報で鬼たちは警戒を厳重に

そして気球は撃ち落とされていく

だがこの気球には誰も乗っていない

それどころか近づくと爆破が起きる

この気球は囮

そしてソンジュたち戦闘員たちが相手を

その間にエマたちが農園に

古井戸から潜り込むか

子どもたち 持っていけなかったものを懐かしんでる

ピーターは騙されたことに苛ついてるように

レイたちは地下に潜入し見張りたちを捕らえていく

子どもたちは出荷の準備を

だがそこにかつての仲間たちが現れエマからの伝言を

勇気をもらったか

農園の内部と外部でハッキングか

そしてヴィンセントが

ラムダ計画を今度こそ叩き潰すと

ピーターはミネルヴァへの怒りを

そしてその頃イザベラも連絡を

内部に進んでいくエマたち

エレベーターももうすぐか

その頃フィルは

みんなで鬼ごっこという合図

それと同時にみんなで逃げる

バーバラたちも潜入していくか

フィルはみんなを案内している

エマたちは直通エレベーターに

天井の模様は何を示すのか

そしてエマとフィルは再会する

連れてきた子どもたちとともに

エマがエレベーターを動かそうとするが

それができなかった

更に扉は閉まり

周囲に銃を持ったシスターたちが

それを率いるはイザベラ

そして現れたのはラートリー家の支配者ピーター

門番でもある男

怒りのバーバラだがこれだけ大勢の敵の前では

武器を下ろすしかなかった

勝ち誇るピーター

イザベラもその後についていく

最後はこうなるとわかっていたのに哀れだと

叶えたい未来がある

死なせたくない家族がいる

そのためなら諦めない

そんな運命はクソくらえだと

腹立たしいラートリーだが

それでこそと言うイザベラ

そしてその銃口はピーターに

他のシスターたちも

農園のやり方にうんざりしていた

だから壊してやりたかったと

あくまでたまたま利害が一致しただけだというが

それでも

ピーターがなにか出そうとしたが

それはすでに破壊

システムジャックでチップは壊されていたか

追い詰められたピーター

だがやつはまだ

他の農園からの応援が来ると

鬼たちの権力者たちが兵隊を

だがまだ終わってはいなかった

門が破壊されている

それは農園に支配される側の鬼の民衆たち

ムジカが先日の老鬼たちと

そしてソンジュも

ムジカたちもここに

イザベラたちも一瞬驚くが

味方だと

なぜ民衆が

それはムジカの血

邪血と呼ばれる力を得たことで

農園に反逆できるようになった

ビルクはたとえきっかけに過ぎないと言ったが

それでも

ピーターはとうとう敗北を認めた

また千年前の悲劇を繰り返す気かと

我々ラートリーがした約束のおかげで平和は守られたと

農園がなくなれば門番の役目も終わると

そんな彼にエマは言う

一緒に生きようと

次回に続く







Last updated  March 24, 2021 02:18:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 17, 2021

アニメ 約束のネバーランドの感想です

鬼を滅ぼそうと動き出したノーマンだったが

本編

鬼を退化させる薬を街にまいたノーマン

目論見通り鬼は理性を失い暴走する

だが理性が残っている鬼たちの姿を見て

そしてエマとレイもこの場に

だがノーマンはもう無理だと

自分たちのやったことは確実に農園に知られる

だけどノーマンは皆殺しをしたくないんだろうと

今心にいる鬼を殺せなかったこと

もうノーマンに自分を殺させたくないんだと

ノーマンは優しい

だけど頭が良すぎるから確実な方法を選ぶ

みんなの分まで神様のように背負おうとして

何に怯えているのかと

今のノーマンは怖くて震えている小さな子供にしか見えないと

もう引き返すつもりはないというノーマンだが

エマはそうはいかないと

神様にならなくていいと

優しいけど同じくらい臆病で傲慢

辛いことと苦しいことを自分たちにも背負わせてくれと

ノーマンは続けようとするが

守ってくれなくてもいい

自分はノーマンの隣を歩きたい

人には諦めるなと言っておいてお前は一人苦しむ未来を選ぶのかとレイは怒る

もう引き返せないんだというノーマン

そんなことはないと

弱くてもいい

それが本当のノーマンなら一緒に笑おう

背負おうと

ノーマンの目からは大粒の涙

そして崩れ落ち

一緒に生きたいんだと

だけどやっぱり無理だと

ラムダの投薬で長く生きられないんだと

そう言っていると暴走する鬼が

まずここを立ち去らなければ

そう言っていると老鬼が身分の体を傷つける

そしてソンジュは自分の体の一部を暴走する鬼に食わせると

もとに戻ったのか

ムジカもここに来た

自分の血を飲めばか

老鬼は邪血のことを知っている

その間他の者たち

バーバラは

怯える鬼の姿を見た

憎んでいたはずなのに

自分がいたぶられていた光景を思い出してしまい

殺すことができなくなった

そしてノーマンも仲間たちのところに

自分たちがやったのは鬼への復讐じゃなく家族を守ること

自分の命が短いことを理由に無茶なやり方を

ノーマンが実験体にされてたことは騙されていたのか

体を治す薬の情報を知るものもすでに始末されていたか

のこされた時間で悔いのない選択をとりたいと

ヴィンセントは鬼の全滅を主張するが

他の者達はずっとノーマンに背負わせすぎていたと

バーバラは復讐よりもボスのほうが大事だと

ムジカが合流して鬼たちはもとに戻ったと

だがまずはここを離れるべき

ムジカは血のことを説明するか

レイは仲間のところに合流

子どもたちからの報告では

フィルたちの出荷が決まったと

ピーターたちが話を

脱走した子どもたちは戻ってくると

そしてそこにイザベラが

グランマと呼ばれている

情報を流したのはイザベラだったか

ピーターはラムダ計画の実行だと

常に最高の食用児を生産できると

一部は庶民用に残してはおくというが

全員出荷の話を聞いたエマたち

なぜいきなりと

ノーマンがラムダ計画のデータが残っていたのだろうと

またあの地獄を始めるのかと

フィルたちを助けに行かなければ

だがこれが罠の可能性もある

それでもいくというが

GFはどこよりも警備が頑強な場所か

そこにムジカたちも合流

街のものたちは大丈夫か

老鬼もやってきた

ヴィルクという700年前の生き残りだったのか

邪血の一人

渡したいものがあると

15年前 集落の外で行き倒れていた人間が持っていたもの

気づいたときは重傷だった

放っておけば食われるだろうと

死ぬ間際までそれを握りしめていたと

食用児たちに希望をと

老鬼はその人間を食べたと

必死に生きようとする人間の姿を見て

ただの食料じゃなく意思を持つもの

彼らにも守りたいものがあるのだと

ずっと邪血であることを隠していた

血の力を使えば救えた命もたくさんあったかもしれないと

だがそうすれば自分と家族も危険にさらすことになる

そうして見て見ぬ振りをしてきたと

ずっとここで祈りながらこれで良いのかと

だがこれで何かを変えられるかもしれない

渡されたものとペンを

農園本部の設計図だったのか

人間の世界につながる門

これがあればフィルたちを救えるかもしれない

さらに薬の副作用の治療薬の製造法も

ノーマンたちに生きる希望が見えたのか

皮肉にも鬼を救ったことが希望を生んだ

老鬼は希望を繋げられてよかったと

ノーマンは自分がやったことに罪悪感を感じていたが

老鬼の孫がいう

私達の仲間にいっぱいひどいことをされたんでしょうと

そのことを謝る

鬼の名前はエマ

同じ名前か

エマは老鬼ヴィルクに礼を

ノーマンはやっぱりエマだと

全員の道を選ぶと思っていた

絶滅を選ばなかったことでこの道があるのだと

フィルたちを助けに

グレイスフィールドハウスへ

だが一人怪しい動きをする男が

それはヴィンセント

次回に続く

始まりの地 グレイスフィールドへ







Last updated  March 17, 2021 05:24:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 10, 2021

アニメ 約束のネバーランドの感想です

ムジカを探すエマたち

そしてその頃ノーマンも計画を

本編

ノーマンが出荷された時のこと

彼の前に一人の男が

ピーター・ラートリーという人物で

ノーマンに研究を手伝ってもらいたいと

イザベラがノーマンに対し 愛しい子といってたのは内心どうなのか

ここでノーマンはハウスのときよりも高度な勉強などをさせられていたようだ

だがどのテストでも驚異的な数値

農園始まって以来の天才とまで

ラムダ計画というものを実行している

ピーターはすべての食用児を支配すると

そしてここでヴィンセントたちと出会ったわけか

みんなひどいことをさせられているようだな

おぞましいこの光景を見てノーマンも精神的に辛いだろう

そして肉体も実験で蝕まれていたのか

それでも生き延びてエマたちと再会するんだと

なんとかして脱獄を企てていた

ノーマンの目が恐ろしいことに

そしてついにその時がやってきた

その過程でヴィンセントやバーバラたちも加えた

鬼たちも捕らえ実験してたのか

鬼を滅ぼすために

ノーマンは自分が死んでもエマたちが安心して暮らせる世界をと

エマたちはムジカを探しに動いていた

可能性のある場所を分析しながら

だけど簡単に見つかるものじゃない

それに野良の鬼もいるから危険だな

途中で渡り鳥を見つける

これも手がかりになる

しかしやはり野良の鬼もいるか

日暮れが近づく

しかしここまで来ても痕跡はまだ見つからない

残りは4日

その間にノーマンたちは鬼殲滅の準備を進めていたか

もし5日で見つからなかったら

その時点でノーマンを止めることはできない

何もなしで説得はできないし

エマはノーマンが何かを隠していると

焦っているようだと

ソンジュとムジカを見つけること

二人をそしてノーマンを助けることにもつながるか

しかし時は残酷にも迫っていた

そして探していない場所もかなり危険なところ

エマはムジカたちの痕跡を見つける

しかし同時に驚異も

ノーマンはエマたちが優しいとわかっている

だがそれだけじゃ生きられない

あのとき自分が犠牲になったことでみんなが脱獄できた

すべての食用児たちを助けたい

だからそのためには神にでも悪魔にでもなると

エマたちは野良の鬼と遭遇してしまう

エマが鬼の注意を引くというが

そしてその頃この近くにソンジュとムジカがいた

鬼に追われていたエマだったが

レイたちが鬼の目を潰しなんとかして生き延びた

そう思われたが

背後に別の鬼が襲撃を

絶体絶命と思われた

だがそのエマを救ったのはソンジュとムジカだった

ようやく遭遇できた

目的の人物と会えたことで安心した

シェルターにいったんじゃなかったのかと

まあ今その説明をしてる暇はない

まずはなんとか話を

と言ってると爆発音が

それは鬼の街から

エマの表情は悲痛に

ノーマンが行動を起こしたんだろうと

そして鬼の街では野生化した鬼たちが暴れだす

身内に襲われたりするのは辛いだろうな

実験は成功か

人を食う存在ではあるがこの光景を見ているときついものがある

だけど鬼たちにひどい目に合わされた者たちのことも考えると責めることもできない

エマたちはノーマンが最初から約束を守るつもりはなかったんだと

だが嘆いてる暇はない

まずは行かなければ

退化した鬼たちは暴走している

ノーマンはたとえ子供でも鬼は滅ぼすつもりだった

だがその時老人の鬼が孫の名前を呼ぶ

偶然にもエマと同じ名前だったことでためらいが生まれてしまう

老鬼はいつかこんな日が来ると思っていたと

子供の鬼に変化が

だがノーマンは予想外だったようだ

すぐに始末しようとするが

老鬼がかばう

老人は自らの血を飲んで逃げろと孫に

ノーマンの手の血

祖父と孫と思われる鬼たち

二人の光景を見てノーマンの精神に同様が

さらに他の鬼たちにも家族の絆があるのを見て

わかっていた

そのはずだったのに

遺された時間で自分ができる確実な選択

そう思って選んだはずなのに

そしてその時ノーマンを呼ぶ声が

そこにはエマとレイが

その時のノーマンの姿

エマは助けを求める子供のようにしか思えなかった

次回に続く

ノーマン エマ レイ

彼らは







Last updated  March 10, 2021 08:12:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 3, 2021

アニメ 約束のネバーランドの感想です

ノーマンと話をするエマたちだが

本編

ノーマンにムジカたちのことを話したエマ

邪血の少女と呼ぶ

その鬼は人を食わなくても知性を保てる

農園のシステムが確立するまえのこと

その少女が血を与えるとその力を他者に与えられる

その血を得た鬼も同様の力を

人を食わなくても鬼を増やせる

その力で飢餓に陥った者たちを助けてきたが

王や貴族が捕らえその血を持つものたちを捕らえ食い殺した

二人は逃げ延びるために

だがなぜ王や貴族がその一族を滅ぼしたのか

鬼も人を食う必要もなくなるのに

だが支配者は農園による人間の供給を握ることでこの世界を支配できると

千年前の約束も自分たちで管理できる方が都合いいと

権力者 私利私欲で動くものは多い

エマのような優しい人たちは少ない

ノーマンはムジカたちを危険要素だと

探して始末しなければと

エマは二人が恩人だというが

鬼を滅ぼすのを黙ってみてると思うのかと

エマは鬼を滅ぼしたくないと言う

人を食べなくてもいい体にできるのなら

農園の管理者たちを引きずり降ろせばというのだが

たとえ必要なくても美食や快楽を求める奴らはいる

人間だって同じようなもの

食料の自分たちに情けをかけてくれるものかと

だったら人間の世界にいけばいいと

シェルターでその座標のことを言うが

それはもう使えないと

ノーマンが新たに得た情報

人間の世界に行く道

すでにもう破壊されてると

他にも門はあるが

GF農園にあるんだと

逃げ出した場所にあるとは

だがそれでもというが

かなりリスクが有る

それにそもそも人間の世界に行って受け入れてもらえるのかどうか

ミネルヴァも支援者もみんな殺された

やったのは人間

鬼も人間も利益のためなら残酷なことを平気でやる

それに門番の存在もある

そんな不確実なことをするよりここに人間の世界を作る

鬼を滅ぼさない限り未来はない

エマはノーマンの計画が確実だが

友だちを殺して得た未来なんて笑えない

罪もない子どもたちを殺してもいいのか

不確実でもどっちも滅びない方法を選ぶべきじゃないのかと

だが自分は出荷された

全部の食用児を救うためにはこれが正しいんだと

焦ってる様子のノーマン

そう言って去っていこうとするが

エマはまた一人で遠くに行くつもりかと

正しいとかじゃなくノーマンは本当にそうしたいのかと

辛くないのかと

これが僕の望む未来だといって突き放す

エマはだったら取引だと

ソンジュとムジカを探し出す

その代わり鬼の絶滅をやめてほしいと

期限を決めてやる

交渉の結果5日

レイもついていくか

そう言ってるとノーマンの仲間が呼びに

ノーマンはエマたちを心配してはるんだな

そのノーマンは仲間たちのところに

最終実験か

エマたちの話について

邪血の一族の人間と

バーバラは鬼と友達だとか聞くと腹を立てる

もちろんお前たちの怒りは理解する

散々実験材料にされたからか

その影響もかなり大きいのか

彼らには時間が残されていない

鬼は自分たちの命なんて家畜以下

だから奴らさえいなければ

ノーマンに対しボスはボスだよなと

取引については説明したが

最初から計画を変更するつもりはないのだと

鬼を実験材料に

神殿にて

子どもたちがソンジュとムジカについての話も

エマたちが戻ってきた

二人が5日でムジカたちを探しに行くとか

鬼を殺したくないということも伝えた

鬼が怖くないわけじゃない

だが普通に暮らしてる鬼たち

この前少しだけ話をした老人

彼らまで殺していいのか

鬼もある意味人間と同じなのでは

それを滅ぼすのはどれだけの憎しみを生むのか

腹が減って見さかいがなくなって

それにムジカたちを殺すことになる

絶滅を止めるのが正しいかわからない

だが後悔しない未来を

だけどギルダは自分たちを殺そうとする鬼まで助けようってのか

それはいえるが

エマは少しおかしい

ドンもエマの意見を聞く

ギルダはエマがまた危険な目にあうのかと

彼女に謝るエマ

だが同時にノーマンにこれ以上自分を殺させたくはない

あいつは自分を犠牲にして全てに決着をつけようとしてる

脱獄はまだ成功していない

ノーマンを出荷させてしまったことで

今度こそやってみないとわからないって証明したいか

あいつに俺達の力を認めさせなければと

だから力を貸してほしいと

ギルダとドンに

ドンは協力すると

ギルダは涙を流し一緒に行くと

だけど危ない真似はさせないと

ただ問題はあの二人がどこにいるか

子どもたちはなにか思いついた

渡り鳥

それを狩りにこの近くにいるかもしれない

子どもたちも頑張ってるな

だが同時にノーマンは苦しんでいるようだ

彼の体も蝕まれているのか

かつて出荷されるときのこと

エマとレイに別れを告げた後のこと

だがノーマンが連れて行かれたのは別の場所だった

そこにいたのは

次回に続く







Last updated  March 3, 2021 05:33:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 10, 2021

アニメ 約束のネバーランドの感想です

シェルターを失ったエマたちは

本編

鬼が暮らす街があるのだな

彼らは農園が襲われたという噂を聞いている

鬼たちにも貧富の差があるのだな

エマたちが脱獄してから1年近くたっているのか

その鬼たちの中に別の場所へ向かっているものたちが

どこかの廃墟

そこにはエマとともに脱獄した子どもたちがいた

そして鬼と思われた4人は

エマたちの変装だった

食料を密かに集めているのか

だがシェルターを失ったことでそれも容易じゃなくなってしまっていたのだな

しかしそれでもみんなは明るく前向きに生きている

しかし食糧問題はやはり厳しいようだ

通信を聞いてハウスの動きを調べるか

だがこれからどうするのか

いつまでも逃げ回ってるわけにも行かない

シェルターを失ってから何もできなくなったか

ここじゃフィルたちを連れてくることもできない

子どもたち二人は何かを考えている

エマは自己嫌悪に陥っていた

外に待つのは鬼の世界

外で生きるというのは敵だらけの場所で生き残らなければならない

生きるためのものを全部自力で手に入れなければならない

わかってたはずなのに

みんなを守らなければならないのに

我慢させてこんな暮らしをさせてはだめなのに

フィルたちもすぐ助けに行かなければだめなのに

自分の無力を嘆く

だがそんなエマに対しレイはいう

お前と逃げたからこうして生きている

みんなもお前を責めていない

だから自分を責めるな

この先のことを考えようと

食料調達に行くエマたちに子供二人もついていこうと

力になりたいってことか

でもそれはリスクもある

エマは危ないというが

二人がゴネるから折れることになった

自分たちの正体をけしてばれないように白と

そう言ってると警戒の鈴がなり始めた

何者かがやってきたのか

出てきたのは鬼らしき存在

みんなは必死で隠れる

だが人と気づかれてないのか

早く戻りなさいと

老人の鬼らしい

ジャケツの神殿ってのは一体

老人がりんごを落としたのを見てエマが拾って渡す

かなり危険なことだが

しかし人を喰らわなければ鬼も善良な存在に見えてしまう

だが農園とか言ってる時点でやはり人間を食らうのだ

そう言って去っていく老鬼

こんな近くで鬼としゃべることになった

神殿に来たのは半年前か

彼らがお供えを持ってきてくれるのか

鬼は人間以外も食べるか

ムジカたちのようにしてくれればいいのにと

他の鬼たちの中にもかなり貧しい暮らしをしてる者たちもいる

まともな肉を家族に食わせたいと思う者たちも

彼らはエマたちを探し出そうと

夢のような話ではあるが

子どもたちを助ける希望になるかもしれないと

そんな話を誰か別の鬼たちが聞いていた

その頃エマたちは食料を子どもたちと一緒に集めていたか

二人が考えた方法はなかなかいいやり方だな

でもエマたちは我慢し続けるから

また何かを考える

エマたちに市場へ行くように促してみた

鬼の街に入っていった6人

だがここで彼らは鬼たちが人間の一部を食ってるのを見たか

途中で鬼にぶつかってしまった

気づいてなければ優しいのだが

うまそうなにおいだとか

人間のにおいがすると言われる

焦って6人は走り出す

もし隠れ家が見つかったら

エマとレイは囮になると言ってしかしそれとは別に背後から追跡するものもいる

さらにエマとレイも別れて行動

ふたりとも動きがすごいな

ドンたちは鬼に警戒をしている

だが彼らを追跡していると思われる者たちも

その頃エマたちはなんとか敵をまいたと思ったが

周囲を囲まれてしまう

そしてさっきの鬼たちがやってきたが

その鬼たちは彼らに始末される

そして鬼と思われた一人から懐かしい声が

その人物の素顔を見たときエマの目から涙が

それはなんとノーマンだった

死んだはずの彼がどうして

次回に続く

原作がやはり端折られすぎてるな







Last updated  February 10, 2021 05:49:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 3, 2021

アニメ 約束のネバーランドの感想です

拠点を得たエマたちは

本編

謎の電話

声の主はミネルヴァと名乗っていた

呼びかけるエマだったが

録音でこっちからの声は聞こえない

ミネルヴァの本名はジェームズ ラートリーといい農園の関係者だった

だがある時人と鬼が結んだ約束のために犠牲になっている者たちがいることに耐えられなくなり

せめて気づいた子供だけでも助かるように

ヒントを与えた

だが彼は反逆者として追われることになっていると

もし人間の住む世界を目指すならと

その方法も教えてくれた

ミネルヴァが味方だとはっきりした

だがここから先は自分たち次第

ペンに文字を打ち込むと別の地点が示される

だがまずはここで生活の基盤を作り

フィルたちも連れてくる

それからだと

ノーマンのためにも諦めないと

家族みんなで生き延びるか

そして子どもたちは翌日から行動を開始する

まずは食料

農業と狩猟か

外の監視もしながら

子どもたちの中には好奇心旺盛すぎる者たちもいたか

過ごしていると食べ物に贅沢を求める者たちも出てきたか

そして狩りに出たいというものも

でもいつもいつもうまくいくわけもないか

子どもたちはまだ未熟か

そういうときは野菜類の採取

だけど魚を見つけたので

それをとってみようと

運良く袋に入ったことで方法を思いついたようだが

だが最初に食べるのは勇気がいるよなあ

くじを引いてもごねるものもいるなあ

だけど子供二人がやる気に

レイも一緒か

むしろ食べたいって気持ちのほうが強かったり

毒味してから長い沈黙

長過ぎる

と思ったらちゃんとうまかったと

それがわかってからがっついたり

夜は盗聴かな

だけどそう簡単に情報は得られないよなあ

プラントの中で誰かがグランマと呼ばれた者たちにある人物を処罰と

もうすぐ会えるってのは一体

女子たちが畑の方を見てる

ドンが外の監視をしてるのか

エマたちはそろそろフィルたちの救出をと考えるが

直後に大爆発が起きる

映像も消えた

どこかで誰かが襲撃に現れたという

追手ということかこれは

子どもたちは警戒する

ハウスからの追手だろうと

とにかく逃げるしか無いと

二人足りないと

ドンとロシーか

その頃とある場所で

ある人物になにかを

それはイザベラか

あの子達は逃げ切るだろうと

襲撃者と遭遇したドンたち

だがなんとかして振り切った

出入り口は別の場所にもあるのか

そして脱出

遊んでいた子供がいたから道を覚えているのか

だが敵はまだいる

当たり前の日常がほしいだけだというエマだが

お前たちにそんなものはないか

しかし簡単に捕まるわけに行かない

それに出入り口はまだある

森の方に走っていくエマたち

しかし前にも襲撃者はいた

だが第三勢力

野良の鬼がいたか

皮肉にもそいつらのおかげで襲撃者は撃退できた

その頃拘束されていたイザベラ

鬼はチャンスを与えてもいいと

全員連れ戻せたら解放してやると

このグレイスフィールドからの

それを聞き必ず連れ戻すとイザベラは笑う

次回に続く

どうやら原作とは展開が違ってる気がする

原作が終わってるからかもしれないが

必死で逃げるエマたち

その先は







Last updated  February 3, 2021 05:35:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 27, 2021

アニメ 約束のネバーランドの感想です

ムジカたちとの別れ

そして

本編

エマが家族の写真を見ている

ムジカにも見せる

2人共仲良くなってるな

レイはソンジュとチェスをやってるし

ノーマンのことを思い出してしまう

一番頭が良かった彼を

家族を誰も死なせない そう誓った家族

ムジカは鬼って感じはしない

鬼もいろんな姿があるか

千年の間に鬼は無秩序なすがたになったか

お互い友達になれてよかったと

知らない事を知るってのもそういうことなんだな

そして森の出口へと

見たことのない景色に感激してるか

目的地まであと少しか

子どもたちはムジカと離れたくはないが

レイがたしなめる

それぞれ目的があるんだと

やることがあるのだから

ソンジュが森や水辺に近づくなと

鬼に出会ったら逃げろ

もし逃げられないなら目を狙えと

エマとムジカは互いに握手を交わし

お守りだといいエマにペンダントのようなものを渡す

そしてお別れか

再会を誓って

しかしこのあと不穏な会話

ソンジュがなぜあの子達を助けたのか

いい子たちだと

ソンジュは奴らが最高級品の脳みそだからと

アイツラを食う気はないが

その子孫がいればそいつらを食えると

信仰故に神が作り出した命なら食ってもいいと

ソンジュは人間を食べたかったか

やはり鬼は鬼なんだな

野暮用を片付けると行ってたのは何なんだろうか

エマたちは目的地に向かっている

だがその間も追跡者はいるか

しかしそいつらをソンジュが始末したか

おかげで追跡はしばらく来ないかもしれないな

その頃のエマたちだが

目的の座標についた

だがそこにはなにもない荒野にしか見えない

なにか無いかを探してみるが見つからない

子どもたちは混乱している

だがこんなときのためにペンがある

指定された地点まで行かないと次の情報を見られないらしい

新たな情報は地図

地下への入り口

このあたりにあるのか

するとなにか開いた

そこに円形の何かが

開くとそこが入り口だったと

この先にミネルヴァがいるのか

進んでいくエマたち

いくつか部屋の番号らしきものがあるな

スイッチらしきものが見つかると明かりがつく

誰も住んでいなさそうに見える

前は誰かいたのかもしれないが

ここから外の様子を見ることもできるらしい

そういう設備がある

さらに手紙まで

ミネルヴァからのものか

このシェルターは彼が用意したもの

脱走者たちのために

まずは内部を把握しようと

キッチンとか風呂まであるんだな

畑とかもある

生活に困らないように

さらに本もいっぱいある

他にも娯楽用品もあるようで

一人がピアノを弾く

久々の安らぎの時間とも言える

だが一人がちょっかいを出すと

隠し扉のようなものが開いた

大事なものを隠せるものか

更に秘密の通路も

とりあえず生活できる場所は確保できたが

子どもたちは早く行きたいところがあると

それはお風呂だった

長いこと外にいたからさっぱりしたいんだな

一人は涙を流して

やっぱり大変だったんだなあ

そしてゆっくりと食事を

このシェルターの設備本当充実している

有機廃棄物ってのはまあそういうことで

外には動物もいるから狩りもできるし

種もムジカからもらったからここで育てるか

ここは安全な隠れ家といえる

ここから新たなスタートをか

無線機を見つけた

ハウスの状況を知ることができるかもしれないと

外で盗聴か

しかし今の時点では大した情報は得られなかったが

周波数はわかったから毎日この時間に調べることができるか

他のみんなも助けに行かなければと

ドンがエマとレイを

フクロウのマークがあったと

そして遊んでいる子どもたち

一人が立ち止まっていた

エマたちは謎の扉を開く

それぞれが何を見つけたのか

子どもたちはHELPの文字

エマたちは電話

その先にいたものはこうなのる

ウィリアムミネルヴァと

次回に続く

シェルターの中

そこで新たな出会い







Last updated  January 27, 2021 05:43:44 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 20, 2021

アニメ 約束のネバーランドの感想です

OP改めて見ると彼らの置かれていた状況ってのがわかるな

エマたちが出会った二人の鬼は

本編

エマたちを助けたのは鬼だった

それを知って恐怖を感じる

さらにもうひとり鬼が

女の子の鬼はムジカっていうのか

仲間がどうなったのか不安で探す二人だったが

みんな無事だった

むしろエマを心配してるぐらい

ムジカはあなた達に危害を加えるつもりはないと

互いに自己紹介

男の鬼はソンジュという

2人共エマたちを食べるつもりはないそうだ

他の子供達も仲良くなっているし

ギルダは用意された食事は大丈夫だと

それにエマたちを助けてくれた恩人だと

いただきます

大事な言葉だよな

久々のまともな食事ってところか

このあとエマとレイはソンジュのところに

さっきのことを謝罪する

人を食わない鬼がいるなんて考えなかったか

だが鬼と見れば人間が警戒するのは当然

殆どの鬼が人を食料としか思っていないからだ

ムジカたちは信仰のために人を食わないという

助けたのは単純な興味で人と話をしてみたかったからだそうだ

エマは情報を得ようと

世界はずっとそのままだというソンジュ

レイはこの世界について聞こうとするが

普通に変わってないと

ソンジュが昔話を

かつて世界はずっと広く

人を狩って食っていた

逆に鬼も人に殺される

互いに憎しみ合い殺し合った

それに嫌気が差した頃

互いに争わない代わりに世界を住み分けようと

すべての始まりはこの約束だと

これによって世界は2つに切り分けられ断絶した

そしてここは鬼側

食用児がこの世界に残された人間の子孫

要するに鬼たちの食料として繁殖そして育成されてきたと

それが千年

話を聞き震える二人

だが彼らは鬼がいない世界が他にもあるんだと喜ぶ

しかし人の世界に行ってはならない

それが約束

そっちに行ったものはないと聞かされている

だが人の世界があるのなら可能性はあると

明日ソンジュは森の出口を教えると

しかし追跡者は

翌日二人の案内で森を脱出するための道案内を

ムジカたちは旅をしてるそうだ

約束の話を他のみんなにもする

農園がたくさんあるということも

彼らも助けなければと

そのためにミネルヴァと会って話を

最終的に人間の世界にいくというが

それは簡単じゃないだろう

だが希望に形は見えてきた

可能性があるのならと

まずは南東へ向かうか

だがそれには森を北から抜けたほうがいい

直接行くとのらの縄張りがあるから

遠回りでも安全な道を

その間二人に外の世界を生き抜くすべを教えてくれることに

その後ギルダがエマに

ずっと伝えたかったことがあると

具合が悪くなったら早く言わんかいって

倒れるまで我慢とか絶対ダメだと

ものすごく怒ってる

いつもの彼女じゃない

レイも子どもたちに怒られる

目を離すとすぐ死のうとするとか

ソンジュ曰く確実に死ぬとか

泣く子供まで

皆心配した

ギルダにしてもエマもそうだった

二人がみんなを心配してくれてるのと同じで

みんなも二人を心配してる

無茶ばかりするエマとレイ

助けがいるならそう行ってほしい

一人で抱え込むな

大切な家族だから

自分たちだって力になるって

レイがムジカに教わって料理を作るとうまかった

意外と料理上手なのか

他の子供達も学習能力は高い

ご飯が美味しいのは幸せか

道中でいろいろなことを教わるエマたち

エマとムジカたちとの絆も

そして戦うための技術も

ソンジュが外の様子を見るというとエマもついていく

外の世界を見ておきたいから

ソンジュに色々と教えられる

常に気配をさぐれということも

エマが外に出た目的

生き物の狩り方だと

生きるために食料を得るために動物を狩らなければ

だがわかってても精神的にためらってしまう

それでも戦わなければ守れない

仲間も自分も

その一言で奮い立つ

このあと渡されたのは吸血植物

鬼がやったのと同じ

それを指して花が咲くと食べていいと

グプナというものか

エマは手を合わせる

そして自分たちのやること

食べなければ生きられない

そしてグプナを行う

だが最初はやはり

コニーがやられたこと

仲間も同じようにやられたんだと

苦しんでなければいいと願った

ソンジュも手を合わせ

励ます

そして仲間たちのところに戻った

獲物に子どもたちは喜ぶが

エマの様子は

どこか影があるように

次回に続く

ムジカとソンジュとの別れ







Last updated  January 20, 2021 05:38:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 13, 2021

アニメ 約束のネバーランド2期始まりました

というわけでその感想です

しかしまずどこまでやるのか

本編

いきなり化け物に追われているところから始まってるし

自由は美しい だが過酷

エマたちが農園を抜け出してから森の中に入ったわけか

初めて見る外の世界

なんでもでかいと思う

子どもたちの中にははしゃいでる者たちも

彼らを率いるのはエマとレイ

脱獄したはいいた食料も水も限りがあるからな

レイがエマを気遣ってくれてるなあ

気を張りすぎなエマに

ふと謝るレイ

俺が最初からグルならエマを怪我させたりしなかったと

レイが笑って生きててくれるならいいと笑うエマ

生きて家族を守るというレイ

何があっても切り捨てない

だから一人で背負うなか

まずは水を得るために川を

食料も見つかるかもしれないから

だが敵もそれを想定する可能性がある

ドンとギルダも来てくれた

これからの方針を

エマが見ている謎のペン

ノーマンが遺してくれたもの

ウィリアム ミネルヴァが導いてくれると

このペンはライトになってるようで

かなりハイテクだな

現在位置とか地図らしきものとか

フクロウのスタンプがなかった本

そこに暗号が

それを打つとミネルヴァが自分のいる場所と思われるものが

子どもたちはノーマンに会いたいと思うのだが

エマたちがみんなを励ます

図鑑で得た知識で植物から水を得るか

ウーゴ冒険記に出てたもの

もしかすると外の世界を生きるためのガイドブックみたいなものなのか

ミネルヴァが彼らを守ってくれるってことか

彼に会い味方を見つけ そして残っているフィルたちを助けに

だが追手が来ている

しかし驚異はそれだけじゃないようだ

彼らが見たものの前になにかやばいものがいたようだ

謎の怪物

冒頭に戻るってわけか

ドンとギルダが行動を

迷わせこっちに誘い込むのがドン

ギルダは運動苦手な子をまとめて連れて行く

ふたりとも考えていたのか

エマとレイであの怪物

鬼をなんとかしようと

レイは罠を仕掛けることに

冒険記にあったものか

地下に落とすか

レイが敵を引き寄せると

自分一人でやる

犠牲になるわけじゃない

自分のほうが鬼ごっこ得意だからと

だがその時目の前の鬼が誰かに

農園からの追跡者が現れたのか

無事で良かったとか言ってるが

自分の餌がってことだろう

優しいふりをして伝えるけど

レイが現れ

みんな死んだと嘘を

口笛の音

エマにも聞こえたのか

ハウスからの追手

レイが一人で相手を

エマも緊張が隠せない

一人様子を見てくると

だがドンはエマの倒れる音を

耳の傷が開いたのか

だがその時呼び声が

女性の声か

しかしその相手を簡単に信用できるのかドカは

そのころレイは一人で追手を

だが数が多すぎる

それでも諦めないと

そう思ってたら何者かがレイを拾う

追跡者の仲間じゃないようだ

その後目覚めたレイ

ここはどこなのか

探索していると

寝かされているエマの姿が

声をかけると目覚める

安心するレイ

同時にエマもレイを見て安心して抱きつく

それぞれ違う場所で助けられた二人

相手は何者なのか

助けたとしたらミネルヴァ

あるいはその仲間って考えるのが自然か

二人の前に現れたのは少女

他の仲間も向こうにいると

レイを助けたのはソンジュといって彼女の仲間

エマはミネルヴァのことを聞くが

彼女は知らないと

だが同時にレイは言う

なぜ鬼が人間を助けたのか

彼女の足は明らかに人間のものじゃない

自分を助けたのは鬼たちってことか

警戒心むき出しのエマとレイ

一体奴らは

次回に続く

二人ノオには一体







Last updated  January 13, 2021 05:44:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.