557741 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Empty Words

PR

プロフィール


katia66

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

バックナンバー

Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019

カテゴリ

コメント新着

jhwlfm@ AiNsHWTJnxRbwDhARCw HRAEg4 &lt;a href=&quot; <small> <a hr…
しんたろ@ Re:FIAT 500 international meeting in Garlenda その1~出発~(07/10) 合流できればお喋り。 時間が詰まってき…
katia66@ Re[1]:引っ越しました(06/22) しんたろさん ----- お久しぶり~。 今…
しんたろ@ Re:引っ越しました(06/22) お久しぶりです(笑 元気にやってるなら…

お気に入りブログ

ランキング市場

楽天カード

Apr 29, 2008
XML
テーマ:海外生活(7173)
カテゴリ:イタリア生活
今朝、子供を幼稚園に送って行った帰り、ふと道の真ん中になにやら丸いものが落ちているのが目に入った。
目の錯覚か? 移動しているように見える・・・。←私は視力が弱いので遠くにあるものはよく見えない。
近づいてみると、カタツムリだった。
一生懸命道路を渡っていたところだった。
こんなところを歩いていると、車にひかれちゃうよー、とカタツムリを拾い上げ、ちょっと先の野原に放してやった。

そういえば、今は、カタツムリが出てくるシーズンなんだっけ。
カタツムリと言うと思い出すことがある。
それは、夫がカタツムリを見ると「美味しそう」と思うこと。
最初の頃、私にとってそれは異常だった。
だって、私にとってカタツムリはテントウムシのようなもので・・・決して食べるものではない。

私がまだピエモンテに来たばかり、まだ結婚してなかった頃のこと。
夫の祖母の家へ遊びに行ったら、ちょうど祖母や親戚が遅いランチをしているところだった。
そのときまさに食べようとしていた料理が、カタツムリの料理。
トマトソースで煮たカタツムリの殻・・・からなにやらカタツムリらしきものがニョロっと出ている。
うっわ~、かわいそ~。
祖母や親戚はシチリア人なので、自分が食事中に人が訪ねてくると、自分の分を訊ねてきた人に分けて食べさせるのが常識。こちらが「ランチしたばかりでお腹いっぱいだからいらない」と言っても無駄。「まあまあ、味見しなさい」とこんもり皿に盛って振舞ってくれる。
振舞われたが最後。振舞われたものは食べなきゃならない。
最初の頃は私、断れなくて、しぶしぶ食べてた。けど、すぐにコツを掴んで、振舞われる前に何かしら適当な理由をつけて「絶対食べない」ということを強調、「食べないけど後でコーヒー入れて。コーヒーなら喜んで頂くから」と後で何かを振舞わせる約束をするとスムーズに行くと言うことが分かって、以来実行している。
シチリア人に何も振舞わせないと傷つかれる。相手はこちらのことを思ってどんどん振舞う気でいる。そこで、何はいらない、何が欲しい、とこちらから要望を言うと、欲しいものを喜んで持ってきてくれる。
最初はそれが、ずうずうしいことだなぁ、と思っていたんだけど、振舞いを断るよりずうずうしくお願いしちゃう方が、彼らにとってはよっぽど礼儀正しいことらしい。
さて、話はカタツムリに戻って・・・彼らが食べようとしていたカタツムリ、振舞われた。夫もすっかり食べる気で、私にも美味しいから食べるよう勧めた。
かわいそう・・・だけど、食べない気はしない。私は食べ物にはあんまり抵抗がないから。他の人たちが食べているものなら、一度自分の舌で確かめて、美味しくなかったらもう食べなければいいと思うから。
そういうわけで、カタツムリも食べた。
・・・・・・何かコリコリしてて不思議な味。カタツムリの姿を見るとかわいそうだけど・・・いや、これがなかなかイケる。
どんな味か、例えようがない。カタツムリはカタツムリの味。コリコリしてて、粘り気があって・・・独特な味なの。
フランス料理でエスカルゴってあるけど、食べたことなかったし、まさか普通に家庭でトマトソースで煮るものだとも思ってなかった・・・。

翌年夫が職場近くで大量のカタツムリを見かけたから拾ってきた、と家に持って帰ってきた。
私に料理してくれと言う。
冗談じゃない。生きている貝を熱湯の中に放り込むのとはわけが違う。うごめいて、助けを求めるカタツムリを熱湯に放り込むなんて行為、私にはできない!
ちなみに夫の祖母が教えてくれたカタツムリの調理法はこう。

まず、捕ってきたカタツムリを空気口のあるフタつきの箱の中に5日間放置して、内蔵をキレイにさせる。
5日が過ぎたら水洗いして熱湯の中に放り込んで湯がく。ここで灰汁がかなり出るらしい。
湯がいたカタツムリを今度は熱したオリーヴオイルにニンニクとたまねぎを入れ風味を出させ、トマトソース、カタツムリ、塩を加えて煮て出来上がり。

熱湯に放り込む段階が私にはできないからと、夫の祖母に調理を頼んだ。
と言うのも、イタリアでもカタツムリを食べるのは普通のことではないから、調理する人も少々限られてくるものらしい。
夫の母はカタツムリは食べないし、叔母達もひとりを除いてカタツムリを調理する人はいない。そのため、祖母に頼んだ。

調理はできないけど、カタツムリ・・・美味かった・・・。

美味しいけど、でも、私はカタツムリを見かけると美味そうだとは思えないよ。
夫はカタツムリを見かけると、すぐ美味そうだ、って思うんだよね。
今年も夫はカタツムリを拾ってくるのかな????


にほんブログ村 海外生活ブログへ 






最終更新日  Apr 29, 2008 06:08:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
[イタリア生活] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.