563542 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Empty Words

PR

プロフィール


katia66

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

バックナンバー

Oct , 2019
Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019

カテゴリ

コメント新着

jhwlfm@ AiNsHWTJnxRbwDhARCw HRAEg4 &lt;a href=&quot; <small> <a hr…
しんたろ@ Re:FIAT 500 international meeting in Garlenda その1~出発~(07/10) 合流できればお喋り。 時間が詰まってき…
katia66@ Re[1]:引っ越しました(06/22) しんたろさん ----- お久しぶり~。 今…
しんたろ@ Re:引っ越しました(06/22) お久しぶりです(笑 元気にやってるなら…

お気に入りブログ

ランキング市場

楽天カード

全55件 (55件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

オンガク

Nov 6, 2006
XML
カテゴリ:オンガク
昨日、AMON AMARTHのミラノ公演に行ってきた。
いや~、ホントに素晴らしいライヴだった。
こんなに満足なライヴはホント、久しぶり。
ライヴの感想はまた後日ゆっくり書こうと思うんだけど、今日はとりあえず昨日のライヴの写真を見ていたときにちょっと笑えた写真を載せておくね。

kowai.JPG


怖いよ~。目からビームが出てきそうだよ~。






最終更新日  Nov 6, 2006 11:51:21 PM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 29, 2006
カテゴリ:オンガク
今日は音楽の話題2発目!
たまにはこんなことがあっても良いよね。

最近、私、しばらくライヴに行ってないの。
最後に行ったのは、6月のGODS OF METAL。
VENOMが、TESTAMENTが心に残っている・・・。
VENOMといえば、クロノスが体調不良で来日できなかったんだよね。残念。
なんかいつも体調不良な感じなんだけど、あの人・・・。大丈夫なのかな??

一ヶ月ほど前にAMON AMARTHが11月5日にミラノに来ると聞いて、これは絶対行かなきゃ!! と私、意気込んでいるところ。
AMONを観たのは2002年が最初で最後。もう4年半も前の話。
忘れもしない。あれは5月の涼しい日だった。実は日にちまで覚えている。13日だった。
会場はミラノ郊外のIndian's Saloonというところで、場所が分からずウロウロしていたら、あっちの方からむさ苦しいメタラーたちが歩いてくるじゃないか! きっとあの人たちはAMONのライヴに来たに違いない。
・・・と思って近づくと、あれ? イタリア人じゃない。・・・って言うか、AMONのメンバーたちじゃんか!!!!
おかげさまで会場が分かったスマイル

車を駐車して外は寒いな、と長袖を羽織っていると、あっちの方からアイス片手にメンバーたちが戻ってくる姿が見えた。
・・・このクソ涼しいときに、アイス、しかも半袖短パン姿とは、さすがはヴァイキングなスウェーデン人!!

会場は物凄い小ささでビックリ。
日本で言うところの・・・大阪のRock Rockって感じ?
小さなステージがあって・・・AMON、乗り切れるんだろうか(?)と心配。

この日は小さなフェスティバルで(AMONはいつもフェスティバルでしか来伊しない)、他にVOMITORYなど数バンドが演奏。トリがAMONだった。
平日だったため、客、100人いるかなぁ? いないだろう?? という程度の客の少なさ。小さな会場だったけど、全然スキスキだった。
トリのAMONが始まるというのに、ステージ前、ほとんど人がいないし・・・。
始まる直前に前の方に行ったんだけど、私、3列目だったほど。
始まった途端、愕然。
AMON、凄いよ。
音楽は前から好きだったんだけど、ステージ上でのエネルギーが凄い!! 
何よりヴォーカリストのヨハン・へグが凄いの。物凄い吠えなの。
仁王立ちして、吠えている。
吠えては胸を拳でガンガン叩いてる。
ヴィキンゴ(イタリア語でのヴァイキング)ここにありって感じ。ヴィキンゴのヘルメットが良く似合いそう・・・。
更に曲と曲の間にビールを飲んで大きなゲップをしたのを聞いて、「もうこの人に着いて行く!!」と思ったね(思っちゃう私もおかしい)。

以来彼ら、何度かイタリアに来ているんだけど、いっつもフェスの中盤(30分~40分ほどしかプレイしない)・・・。単独で来るのを待ってたけどちっとも来ない。
今年の夏のブレーシャのEVOLUTIONフェスで2番目のトリとして1時間演奏すると言うことで、これは行かなきゃと思ったけど、結局これは行けず終い・・・。
とても残念に思っていたんだけど、メタルサイトのインタビューでまた冬に単独で来るということだったので、心待ちにしていた。
11月に来ることが決まってとっても嬉しい。4年半ぶりだよ。

AMONの2日前にNECRODEATHがトリノに来ることを先日知って、立て続けにライヴだと喜んでいたのも束の間・・・NECRODEATHのトリノ公演はキャンセルになってしまったとペソから連絡があった。うう~ん、もう2年連続だよ。去年も来る来ると行っていて来なかったし・・・。
でも、いいや。AMONさえ観られれば、いい!!

ところでそのAMONのオフィシャルサイトが先日リニューアルされた。

尚、先日発売された最新作からのPV「Runes to My Memory」が観られる。
YouTubeでも観られるよ。



もし宜しければポチっとお願いします→







最終更新日  Sep 29, 2006 09:49:15 PM
コメント(6) | コメントを書く
カテゴリ:オンガク
久々のメタルネタ!!
クリス・インペリテリ(彼はイタリア系なのにどうしてインペッリッテーリって読まないんだろう? 読みにくすぎるからか・・・。試しに声に出して読んでみて。読みにくくない??)がギターレッスンのビデオを公開しているそうで・・・世界一速い(いや、もちろんギタープレイが)男と言われている彼のレッスンはどんなもんかと試しに観てみた。

・・・・・・・・・速すぎてどこがどうなっているのか分からない・・・ショック
かなりスローにしないと私にはついていけない・・・泣き笑い

興味がある方はこちらからどうぞご覧ください。



もし宜しければポチっとお願いします→






最終更新日  Sep 29, 2006 06:23:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 6, 2006
カテゴリ:オンガク
godsamorphis.jpg

AMORPHIS


AMORPHISは安定したいい演奏を見せてくれた。
楽曲も、メロディ使いがなかなか上手くて、聴いていて引き込まれる。
演奏時間は30分くらいだけだったけど、もっと長く演奏してもらいたかったなぁ。

godssa.jpg

godssat.jpg

SATYRICON


SATYRICONはノルウェーのブラックデュオなんだよね? ホームタウン、オスロがどうしたこうしたって言ってたってことは・・・。
激しいブラックで、最初、お! なかなか! と思ったんだけど、何曲か聴いているうちに飽きてきた(笑)。
まず、音がうるさすぎる。ドラムスの音がデカすぎて(しかも激しい)、ギターが聞こえない。キーボードもたまに入っているんだけど、ドラムと重なるとほとんど聞こえない。
50分間の演奏、後半はヘダって私、日陰の方に(←太陽がかなり照っていたから)下がっちゃった。

ホントはSATYRICONの前にSODOMが演奏することになっていたけど、何の都合上か、SODOMが後に演奏した。
SODOM、自分は、ちょっと面白くなかった。

godsnevermo.jpg

godsnever.jpg

godsnev.jpg

NEVERMORE


NEVERMOREを観るのは2度目。何年か前のGodsに出ていたから。
前回観たとき、ステージが魅力的だなと思ったけど、今回もなかなかいいステージ。途中で音が飛んだり、マイクの音が飛ぶハプニングが続出したけど、バンドはリラックスして対処していた感じ。
最新アルバムは以前よりももっとスラッシュで、個人的にはこのアルバムが一番好き。以前はもっと雰囲気作りにこだわっていた感じのイメージが私にはあるんだ。だからアルバムを聴いていると一回聴いただけでもういいです、って感じだったんだけど、最新アルバムは何度も聴きたくなる。現に、このGods後数日間聴いているのはこのアルバム。
彼らのステージを観ていて不思議に思ったのが、ヴォーカリスト。いつも帽子かぶっているんだけど、ヘドバンするときだけ帽子を脱いで、終わったらまた帽子かぶって・・・・・・。じゃあ、どうして防止が必要なわけ? ルックス的にその方がカッコいいの? 

godst.jpg

godschuck.jpg

TESTAMENT


感無量のTESTAMENT。
思わずモッシュの嵐に飛び込んでしまったから、あんまりステージ上が見えなかったけど(笑)、帰ってきた昔のギタリスト、上手いですね(音だけは何とか聴けた)。

godsphil.jpg

DOWN


フィル・アンセルモのバンドということで、私は全然興味なしで・・・彼らのライヴが始まって音を聴いてもやっぱり興味がなくて、なんとなく眺めていた。
ちょうど、次の日のItalian Gods Of Metalに出演するNECRODEATHのPesoがいたので、和んでいた。夫の知り合いだから。
彼は発売されたばかりの最新アルバムでVENOMのクロノスをゲストとして迎えているんだけど、クロノスに挨拶するため、VENOMを観るために来たらしい。

godsope.jpg

OPETH


OPETHは私、アルバムを聴いたことがあるんだけど、どれも消化できない・・・。このアトモスフェーリコなところが好きな根強いファンは沢山いるけどね。
ヴォーカリストの語りが・・・・・・この日遭遇した地元のメタル仲間ヴァレーリオそっくりでビックリ! 喋る調子といい、トーンといい、話が長いところといい・・・ヴァレーリオが英語喋ったらこんな感じ!? とっても落ち着いた感じの喋り方なの。

この後にDIMMU BORGIRが来る予定だったけど直前にキャンセル。残念。観たかったのに・・・。

godsvenom.jpg

godsvenomphil.jpg

VENOM


セットリストはほとんど『Cast In Stone』からのものばっかり。メドレーで次々と演奏していた。
演奏はもう、言うことなし。クロノス、健在(笑)。すべての意味で。
ふと気づいたんだけど、VENOMってHAMMERFALLに通じるものがある・・・。なぜかと言うと、一度リフ・サビを聴くとすぐに頭の中に入ってきて、次に同じサビが来るときはもう一緒に歌えちゃう(笑)。しかも、曲のパターンをすっかり読めてしまうところもHFに似ている・・・。
VENOMを観られる機会はそうそうないだろうから、観ることができてかなり嬉しかった。前回2000年来伊するはずが直前にキャンセルになって以来、今度来たら絶対に逃さないと言っていたんだけど、6年後にやっと来た、という感じだったものだから。
野外ということで、花火もバンバン使って、途中でステージに火がつく演出もあって、なかなか目にも楽しかった。
彼らの来日公演があるそうだけど、日本でこれは無理だろうなぁ。残念。なかなか見ごたえがあるのに。

ステージのライトが消えて帰途に着いた。
柵越しにステージ後方のバックステージが見えたんだけど、私がそこを通り過ぎたとき、そこでフィル・アンセルモがなにやらアルコールらしい瓶片手に、いつまでも関係者と抱き合っているのが見えた。
VENOMのステージに飛び入りしたときもいつまでもクロノスと抱き合っていたけど・・・、きっとこういう人なんだろうね。ちなみにこのアルコールらしい瓶を持った姿がなんともアンセルモらしいなぁと思った。
関係ないけどうちの近くにアンセルモという家具屋がある(笑)。彼はイタリア系なんだねぇ、苗字からすると。

ちなみに、来年2007年のGodsのヘッドライナーがMANOWARにすでに決定! RHAPSODYも同じ日に出演するらしい。

さ、今年もGods終わったな。次は来月のEVOLUTION festだわ。







最終更新日  Jun 6, 2006 05:57:13 PM
コメント(4) | コメントを書く
May 29, 2006
カテゴリ:オンガク
ブラジルのSHAAMANの近状なんだけど・・・あんまりニュースがない(笑)。日本では全然話題が出ないんじゃないかな??
実は今月中ごろから解散の噂があって、ブラジル国内では大騒ぎ。←彼ら、ブラジルでは祖国のメタルバンドとしては一番人気があるバンドだから。
噂の的はリカルド・コンフェッソーリ。脱退したいけど、他のメンバーとの話し合いがまだ解決していなくて結局無期限のバカンスを取るということでとりあえず話し合いが進んでいるとかなんだとか言う噂。
その他、SHAAMANのニュースが気になる方はこちらへどうぞ。
そういえば、今日はメンバーのうち3人がMTVのサッカー番組で試合をする日だ。どうなるかなぁ・・・。遠視のアンドレ・マトスをゴールキーパーにしている辺りがちょっと怪しいんだけど、前回、アンドレ、守りきって(?)、5対3で勝っている。ちなみにうち3点はマリウッティ兄弟の功。今回も頑張って欲しいな。

今週木曜日から4日間に渡ってミラノで行われるGods Of Metal。
私の参戦は1日目だけ。中でもDIMMU BORGIR、楽しみにしていたんだけど、メンバーの健康状態が悪いため、急遽、キャンセルになったそうな。

Dimmu Borgir are very sorry to announce that they are forced to pull out of Gods of Metal Festival in Italy due to serious health reasons.

“We apologize to all our fans and business partners, we were very much looking forward to play this great festival, but due to a serious situation regarding one of our members’ health condition we have no other choice as it is beyond our control. We owe it to the promoter of the festival, our fans and perhaps mostly ourselves, to do a great gig, but this will not be possible under the given circumstances, unfortunately. Health will always have first priority.”

だそうで・・・。残念だけど、そうだね、健康第一だもんね。
代わりに加えられたバンドが、CALIBAN・・・って誰ですか??
そういうわけで、以下が1日目の面子。

VENOM
OPETH
DOWN
TESTAMENT
NEVERMORE
CALIBAN
SATYRICON
SODOM
AMORPHIS
CAPPANERA

・・・CAPPANERA・・・、なぜここにいる??

ついでに2日目から4日目の面子も書いておこう。

6月2日
STRANA OFFICINA
FIRE TRAILS
EXTREMA
VISION DIVINE
NECRODEATH
DOMINE
NOVEMBRE
STORMLORD
INFERNAL POETRY
WHITE SKULL
MELLOW TOY
BOOM
PERFECT PICTURE

6月3日
WHITESNAKE
DEF LEPPARD
MOTORHEAD
HELLOWEEN
STRATOVARIUS
GAMMA RAY
ANGRA
EDGUY
SONATA ARCTICA
CRUCIFIED BARBARA

6月4日
GUNS N' ROSES
KORN
DEFTONES
ALICE IN CHAINS
STONE SOUR
SOULFLY
BLOODSIMPLE
DRAGONFORCE
HELLFUELED
BENEDICTUM
10 YEARS

はぁ~、2日目行きたかったなぁ~。
2・3日目あたり、日本から参戦してくる人もいそうな予感・・・(笑)。さすがに1日目はいないだろうなぁ。私はもうVENOMさえ観られればOK!!


 







最終更新日  May 29, 2006 04:50:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 11, 2006
カテゴリ:オンガク
久々にHIGHLORDのサイトに行ってみた。
ビデオのコーナーがあったので行ってみたんだけど、聖闘士星矢の曲のビデオ(笑)と、バンドの曲としては、「Scarlet Tears」があった。
どれどれ・・・と観てみると、うわぁ~、何だこの絨毯は~!? ドラムセットと、ヴォーカリストが立っている位置に2枚の絨毯が敷かれている。
手前のヴォーカリストのところに敷かれている絨毯が、うちの子供部屋の絨毯とよく似たデザインで色が同じなのが笑える・・・。ちなみにうちのは道端のモロッコ人絨毯売りのおじちゃんから買いました~。
観進めて行くと、写っているのが演奏中のメンバーばっかり。他に何もイメージ出さないのかな? これぞ完璧な節約ビデオ?
歌が始まるところで、ヴォーカリストが風に吹かれているシーンが・・・・・・。
何か、ANGRAの「Time」のビデオで走るトラックの荷台に乗って風に吹かれながら歌っていたアンドレ・マトスを一瞬思い出した(笑)。
風以下、絨毯が・・・じゃなくてメンバーが演奏しているシーンがまた出てくるんだけど(モロッコ人の絨毯がどうも気になる)、動きがライヴと同じ・・・。彼らのライヴってこんな感じです。
・・・・・・このバンドって、何かパッとしないよな。音楽的にも3rd、4thと、出来は悪くないけど何かパッとしない。ルックス的にも、別にDOMINEみたいにルックスが悪いわけじゃないんだけど(笑)、何かパッとしないんだよなぁ。毎回日本のアニソンをカバーしていると言うことでは話題になるんだけど(笑)。
そういえば、彼らのニューアルバムが日本ではもう先月発売されているんだよね? 日本での反応はどうなんだろう?? 5thはパッとした出来だといいけど・・・。







最終更新日  May 11, 2006 06:16:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 8, 2006
カテゴリ:オンガク
ワイルド・スティール、エリック・アダムス(MANOWAR)、SHAAMANのニュースをちょっと・・・。

ワイルド・スティールは最近、CRIMSON GLORYのトリビュートの活動をしているらしく、ジェノヴァで行われるフェスティバルでこのトリビュートバンドとして演奏するとのこと。
・・・SHADOWS OF STEELの音楽をソロとして続けていくと言うことだったけど、やっぱり違う仕事を手がけているわけだ、彼は。
SHADOWS OF STEELをやっていたときも、通常はIRON MAIDENのカバーバンドとして活動していたし・・・。
彼のソロが出るのはいつになることやら・・・・・・。

MANOWARのエリック・アダムス、チェスター・ムーアというハンター/冒険家と共に狩りのDVDに出演しているそう。
『WILD LIFE & WILD TIMES』というタイトルのこのDVDの発売は、6月末。
詳しくはwww.wildlifeandwildtimes.comへどうぞ。
ジャケットが何だかハーレクィーンの小説の表紙みたい・・・。写っているのは男二人だけど、ちょっと流石・・・と思ってしまった。
どうでもいいけど、イタリアのマイナーなテレビ局でやっているアメリカのものらしい昼の連ドラに出ている俳優がジョーイ・ディマイオに似ている。顔立ちと言い、髪型と言い、服装と言い・・・。親戚ですか?
ちなみに話の内容はハーレクィーンみたいな・・・(笑)。ハーレクィーンはジョーイ・ディマイオにはまりすぎている気がする。

ところでMANOWARといえば、カール・ローガンの怪我の具合はどうなんだろう? 1月の話だからもう直っているか・・・。

本日からブラジルのMTVで行われる番組『RockGol2006』にSHAAMANのアンドレ・マトス、マリウッティ兄弟の3人が出演。
番組はブラジルのロックアーティストから成る8つのチームのバトルの内容、インタビューなどを放送するそう。
尚、SHAAMANの近状をもっと知りたい方はこちらへどうぞ。






最終更新日  May 8, 2006 06:17:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 17, 2006
カテゴリ:オンガク
・・・って言ってもデマなんだけど、こんな写真を発見してしまった。↓

wellaedu.jpg


いや、でも、意外と合ってるよなぁ(笑)。
こうやってCMに出られそうな長髪のメタルミュージシャン結構いるよね。






最終更新日  Mar 17, 2006 10:45:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 25, 2006
カテゴリ:オンガク
昔の写真を見ていたら、イタリアのバンドの物凄いマイナーと言うかレアと言うか・・・な写真が出てきた。・・・レアって言うと、何か貴重なものみたいだけど、いや、別に貴重でもないよなぁ・・・。でも、レアにはレアな写真なんだよね、これが。

wscanta.jpg


↑これなんだ、その写真って言うのが・・・。ちなみに、スキャナーが壊れて捨てちゃったので、携帯で写真を撮ってみたため、画像悪すぎですみません。
観てすぐに(元)SHADOWS OF STEELのワイルド・スティールだと分かる方はマニアックです(笑)。って言うか、タイトルに釣られて来てしまった方、マニアックです。即座に「シャ~ドウズオブスティ~ル」と歌えちゃったりすると更にマニアック(笑)。
で、この写真、何がレアかと言うと、SHADOWS OF STEELのライヴの写真なんだよね。現在はバンドがなくなってしまったためオフィシャルサイトもなくなってしまったんだけど、そこにはライヴの写真って載ってなかった。だいたい彼らはライヴ、ほとんどしていないから、彼らのライヴで何気に撮ったこの写真、実はレアなものとなってしまった。
彼ら、ほとんどライヴ活動をしなかったんだよね。ライヴ活動にはお金がかかるから。
イタリア全国を回りたいと思っても、こういうドサ回りをするようなB級バンドの場合、ライヴをするパブなり何なりと出演料を話し合って、出演料をもらうだけ。交通費は当然自分たち持ちになる。遠くでプレイするようなことになると、旅費が馬鹿にならない。ただ、名前を知ってもらうためには遠くにも行く必要があるんだよね。
SoSの場合、ある程度遠くまでは行ったけど、途中から赤字になってきたのでそのままドサ回りをストップ。当然各メンバーもフルタイムで他の仕事をしているから、仕事との兼ね合いもあって・・・。
これが数多いB級バンドの実態。

ライヴの後にバンドのメンバーと一緒に撮った写真も出てきたんだけど、ワイルド・スティールだけクローズアップ。

ws.jpg


仮面、持ってるでしょう(笑)?
話をしていて、そうだ、皆で写真撮ろう、という事になったら、「ちょっと待ってて。仮面持ってくる」と仮面を取りに行って、写真を撮るときだけこうやって顔の前に当てていた。
この仮面、ワイルド・スティールの友達が作ってくれたものだそうで、顔に直接当たる部分はフェルト状になっていて顔に当たっても不愉快じゃないようになっている。 
顔につける時は、両脇に開いている小さな穴にゴムを通す。そう、まるでお祭で売っているウルトラマンのお面のように・・・。

仮面とは全然関係ないけど、同じ時期の写真で、こんな写真もあった。
↓これは誰でしょう??

morby.jpg


すぐに分かった人は凄い。かなりマニアックです。
これ、DOMINEのシンガーのモービーなんだけど、ボローニャで行われたフェスティバルにて、彼らのステージが終わったあと、彼ら、会場をふらふらしていたんだよね。で、捉まえて一緒に写真を撮ってもらった。
でもさ、最初、私は全然モービーということに気づかなった。え? あれ、ほんとにモービー? って疑ってしまった。






最終更新日  Feb 25, 2006 09:22:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 17, 2006
カテゴリ:オンガク
しばらく前にHAMMERFALLの「Hearts On Fire」がトリノオリンピックのカーリングのスウェーデン代表チームの賛歌となり、バンドは女子カーリング代表とPVを撮ったという話を書いたんだけど、このPVのダウンロード、昨日ようやくしたよ。一昨日新しいPCが届いたから。
女子代表チームとバンドがカーリングの試合をし、前者が圧勝という流れ。代表たち、プレイ中も歌をちゃんと歌っている。しかも、あのデッキブラシみたいなのの柄をマイクスタンドに見立てて歌っている・・・。何か私が掃除しているときにやることと同じじゃん、これ(笑)。
金髪の綺麗なお姉さんが二人、まじめに歌っているところを見ると、彼女たちがHFファンなのかな? なんて思っちゃう。
しかしこの二人、よく似ている。もしかしなくても、姉妹??
片方の人のストーンを投げているところ、歌っているところが割と頻繁に映っているところを見ると、彼女が大ファンで、しかもチームのスキップ(主将)なんだろうか??
「Hearts On Fire」、実は聴いたことがなかったんだけど、HFの曲らしく、一発で頭に入ってしまう。一度PVを観た後、もうコーラスの部分歌えちゃう。さすがだ、HF・・・。

明日、実際にこのお姉さんたちを観にパラギアッチョに行って来るよ~。
試合は夜7時からなんだけど、5時から入場可能で、試合前の練習風景を観ることができるんだって。
早めに行けば練習風景でHF流れないかなぁ~って思うんだけど、夫が例のごとく明日仕事で・・・ちゃんと間に合うといいけど・・・。

昨日は結局、夫、午後も仕事で義母のところにブジエを作りに行けなかった。
夫、7時5分前に家に帰ってきたんだよ。出かけるのなんてとんでもないって感じ。







最終更新日  Feb 17, 2006 05:35:02 PM
コメント(2) | コメントを書く

全55件 (55件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.