550998 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Empty Words

PR

プロフィール


katia66

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

バックナンバー

Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019
Dec , 2018
Nov , 2018

カテゴリ

コメント新着

jhwlfm@ AiNsHWTJnxRbwDhARCw HRAEg4 &lt;a href=&quot; <small> <a hr…
しんたろ@ Re:FIAT 500 international meeting in Garlenda その1~出発~(07/10) 合流できればお喋り。 時間が詰まってき…
katia66@ Re[1]:引っ越しました(06/22) しんたろさん ----- お久しぶり~。 今…
しんたろ@ Re:引っ越しました(06/22) お久しぶりです(笑 元気にやってるなら…

お気に入りブログ

ランキング市場

楽天カード

全138件 (138件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

コドモ

Sep 30, 2008
XML
カテゴリ:コドモ
先週、子供の幼稚園の1日保育が始まった。
今年年長なうちの子供は、去年までは半日保育で給食の前に家に帰ってきていたんだけど、今年は幼稚園最後の年ということで、午後は小学校入学のための準備の授業があり、1日保育となった。
初めての給食、初めての午後、どうなるかなぁと思っていたんだけど、何の問題もなく、本人はとても嬉しそう。
今はまだ慣れる段階で、午後の授業は遊びだけなんだそうだけど、今後本格的に小学校入学に備えて文字や数字の勉強が始まるんだって。

去年まで2年間子供と同じクラスで、今年から小学校のロミーナに話を聞いたら、いぱい宿題が出るという小学校も、今の段階ではまだほとんど宿題が出ていないんだって。先週は点つなぎなどのちょっとした宿題が出た程度だって。
小学校も少しづつ少しづつ勉強に慣らすようにするんだろうね。突然宿題がいっぱい、じゃやる気しないもんね。

子供が一日保育になったということで、3時45分に子供を幼稚園に迎えに行けばいいんだけど、最初はこれで時間がたくさんできるー、と思っていたんだけど、時間がある分、出歩くことも多くなってしまって、結局なんだかいつも忙しかったりする。
限られた時間で有意義に過ごすようにしないとね。






最終更新日  Sep 30, 2008 04:53:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 27, 2008
カテゴリ:コドモ
うちの子供が通う幼稚園は、今日で最後。
明日から夏休みとなる。
同じ町の私立の幼稚園は先週いっぱいでおしまいだったし、イタリアでは州によって学校の始まる日や終わる日に違いが出てくるものなんだけど・・・他の州の幼稚園はいつから夏休みなのかな?

先週末から子供は、「あと5回間幼稚園だね」と言っていて(5日って数えられないから)、今週はずっと、毎日行くたびに、ひとりで「今日行ったから、あと4(日)・・・」と数えていた。
今朝は「ママ、幼稚園、あと一個行って終わりだよ。明日から僕、夏休みなの」って言ってた。
一個じゃないってば・・・わからん 一日って言うの~しょんぼり
日本語の物の数え方って、難しいよね。こういうのっていつごろちゃんと覚えてくれるのかなぁ?

そうして幼稚園に出かけていくと、先生に、「水着か予備のパンツ持って来た?」と訊ねられた。
一緒に教室に入っていったひとつ上の女の子は元気に、「持ってきたよ!」と答えていたけど、うちの子と私は顔を見合わせた。
・・・持ってきてない。
今日は良い天気だから、最後の日だし、みんなでプールで遊ぶことになったんだって。
「予備のパンツがあればいいですよー」と先生に言われて、子供のロッカーに予備の洋服をチェックしに行くと・・・ない! パンツがない! こういうときに限ってないものなんだ!
昨日そういう知らせが貼り出されてもいなかったし、子供に何も聞かなかったから知らなかった・・・。
先生によると、昨日、一日中子供たちに、「明日はみんなでプールで遊ぶから水着を持ってきましょうね」と言っていたそうで、あれだけ繰り返せばお知らせの貼り紙を出さなくても大丈夫だろうと思ったんだそうな。
・・・うちの子供、昨日そんなことは一言も言ってない。
昨日は友達とあんなことやこんなことをして遊んだよー、とだけしか言ってない。
仕方がないので、子供に、プールで遊ぶときはズボンを脱いでパンツ一丁になって遊びなさい、で、終わったら濡れたパンツを脱いでズボンをはいてなさい、ママがお昼に迎えに来るときパンツを持ってくるから、と言い聞かせた。
先生にもそうするようお願いして、その場を後にしたんだけど・・・・・・今頃どうしているかな??

幼稚園は今日で最後なんだけど、活動内容は、まったくいつもと同じ。
日本みたいに最後に卒園式があったりはしない。
卒園証書は月初めに行った園祭の際にすでに授与されている。
今日はプレスクールもアフタースクールも普通にある(日本の学童)。
給食も普通にあって・・・全然最後の日という感じがしない。
何かちょっと味気ないかなぁ。



最近子供ともどもお気に入りの暴暴茶。

暴飲暴食時に飲むお茶らしいんだけど、私はこれを普通に飲んでいたりする・・・
と、飲んだ後お腹が空くうっしっし

烏龍茶・プーアル茶をベースにブレンドされた後味スッキリなお茶で、
夏にぴったりかなと思う。


にほんブログ村 海外生活ブログへ 








最終更新日  Jun 27, 2008 05:53:43 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jun 11, 2008
カテゴリ:コドモ
今日は、私、今年初めて半袖を着ました!!
6月と言えば、イタリアでは近年、一年で一番暑い月。
ところが今年は雨、雨、雨で、もう4週間近く雨な毎日。気温はそれほど低くないんだけど、太陽が出ていない分肌寒くて、いつも長袖か七分袖だった私。
今日は久々のいいお天気で、半袖を着たよ。
家の中ではまだ半袖はちょっと涼しいけど。
今年の夏は涼しめで雨が多い夏だって話。
2002年も8月はかなり涼しかった覚えがある。6月は例年にない猛暑だったんだけど、8月は涼しくて。8月12日に日中の気温が12度だった(12と12で今でもよく覚えている)。
今年はまだ夏らしい夏が来ていないなー。
ようやく長い冬を終えたんだから、あいまいなまままた冬になるなんて嫌。どうせなら、カーッと暑くなってほしい。

さて、ずーっと雨だったため、外でもあまり遊べなかった子供。
いつも家の中じゃつまんないよね。
この間日本の本を読んでいたら、てるてる坊主のイラスト入りのお話があった。
そこで、子供と一緒にてるてる坊主を作ることに。
作ったてるてる坊主を窓にぶら下げ、「あした天気にしてね」とお願いする子供。
それがおとといのこと。
昨日は曇り。雨が少し降った程度で、いつものような雨は降らなかった。
てるてる坊主さんのおかげかな? てるてる坊主様様だね、なんて子供と言いあった。
夜になって(と言っても、10時ごろまで明るい)、もうすぐ寝る時間というころ、てるてる坊主を見ながら子供が、「あしたは太陽出してね」とお願いしていた。
太陽を出すって、まるでてるてる坊主が神様で天気を決めてるみたい、とほほえましく思っていた。
「わかった? おねがいだよ、はしもとさん」と子供。
・・・・・・はしもとさんって誰?
「はしもとさんだよ、この人」
子供が指差していた先には、てるてる坊主が。
このてるてる坊主、橋本さんって名前なの?
「あ、はしもとさんじゃなかった。てるてるぼうずさんだった。まちがえちゃった」と笑う。
橋本さん、なんて、いったいどこで覚えた言葉なんだろう? 知り合いに橋本さんなんていないし・・・。

今日は天気になったけど、きっと、橋本さんのおかげかな。
ありがとう、橋本さんスマイル


にほんブログ村 海外生活ブログへ 






最終更新日  Jun 11, 2008 05:54:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 9, 2008
カテゴリ:コドモ
うちの子供が最近お気に入りのアニメが、『チーズスイートホーム』
猫のチーが主人公で、チーの日常を描いている。猫を飼っている人なら、「ああ、こんなことってあるある」って思うようなほんわかしたシーンが多い。
日本では、月曜日から木曜日まで、毎日放送しているそうで。
子供はYouTubeにアップされたものを観ている。
1話1話がとっても短いかく、子供がテレビの前に(PCの前に)貼り付く心配がないし、乱暴な言葉やシーンもない、とってもほんわかしたアニメ。幼稚園児にはとっても安心して見せられる。
我が家では基本的に、子供を起こすアニメとなっている。
どんなに起こしても朝は起きない子供なんだけど、このアニメの主題歌を聞くと、ガバっと起き上がって、眠い目をこすりながらベッドから下り、PCの前の椅子に座る。
1話1話が短いから、そのまま貼り付く心配もなく、程よい目覚ましアニメとして、とっても貴重スマイル

そのチーズスイートホームの35話を観ていてふと思った。
チーの家族の山田家の子供ヨウヘイって、どう見ても3歳児くらいなんだけど、ヨウヘイとチーが家でお留守番していたと分かるシーンがあったの。
普通の家って、3歳児を独りでお留守番させるものなんだろうか???
うちには5歳児がいるけど、独りでお留守番なんて絶対させない。
そんなことしたら、警察に訴えられて、捕まっちゃいます、私。児童虐待で。
私が住んでいる町の結構近くで、6歳児以下の子供を独りにしたら、親は罰せられるという条例が数年前にできたんだけど、それに対してのイタリア人の意見は、「6歳以下の子供を独りにする人なんていないでしょう?」。
私もそういう考え何だけど・・・日本ではアニメで普通に3歳児が独りでお留守番している・・・。
これって日本では普通なの?


にほんブログ村 海外生活ブログへ 






最終更新日  Jun 9, 2008 08:13:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 4, 2008
カテゴリ:コドモ
1年前まで日本語は聞けば理解できていたけど、喋れなかった子供。
日本に1ヶ月滞在したことで、日本語も喋れるようになった。
その後、またイタリアに帰ってきたら徐々に忘れちゃうのかな? とも思ったけど、そんなことはまったくなく、ちゃんとイタリア語と日本語のバイリンガルの道を歩んでいる。

そんなうちの子供がよく間違えるのは、「○○の■■」と言うとき。
イタリア語では、「■■ di ○○」と逆になるものだから、日本語とイタリア語がごっちゃになっていて、イタリア語で喋っているときに日本語の語順にしてしまったり、日本語で喋っているときにイタリア語の語順にしてしまったり・・・。
おばあちゃんの車、が、車のおばあちゃん、という風になってしまう。
日本語で喋っている場合は私がなるべく再度正しく言わせるようにしているけど、そうしているせいか、前はあまり間違えなかったイタリア語の方で間違えるようになってきた気がする・・・。うーんわからん

あと、日本語でよく間違えるのが、「ある」と「いる」の違い。
こういうのって、普通の日本の子供も間違えるものなのかな??
この間、道を歩いていたら、「ママ、なんであそこに犬が5個あるの?」って言った。
犬や動物は基本的に「1個」「2個」じゃなくて、「1匹」「2匹」って数えるんだよ。で、生きているものは「ある」じゃなくて「いる」って言うの、と教えた。
前々から、「いる」を使うべき場合も、「ある」と言うことが結構ある。
「猫がある」「ママがあった」みたいに。
これは使っているうちに感覚で覚えるものなんだろうなぁ。イタリア語の男性名詞か女性名詞かの違いを覚えるかのごとく・・・。

10日前の日曜日、雨が降りそうな中、FIAT500のミーティングに出かけていった。
ミーティングに行きがてら、後部座席に座った子供が、左側の窓を指差して、「ママ、見て、くもだよ。くもがあるよ」と言った。
子供が指差している窓の向こう側を見ると、ほんとだ、雲が見える。
ほんとだ、雲が見えるねー、と私。
「ママ、ちゃんと見てよ、くもがあるんだってば!」としつこく言う子供。
だから、見えたってば、雲があるよね、と雲を見ながら答える。
雲ごときでどうしてこんなに一生懸命になるのか???
「Pap?, guarda c'? un...くも」と今度はパパに同じように訴える。
くもって何だ? とパパ。
Le nuvole、と私、夫にイタリア語で雲だと言うと、子供、
「Non sono le nuvole!! E' un くも!! (雲じゃないよ! くもだってば!)」と叫ぶ。
あの空に見える雲のことを言ってるんでしょ!? と子供に訊ねてみたら、
「違うよ! ちゃんと見てってば、ママ! くもがあるの、車のそのガラスのところに!」。
車のガラスのところ?????
よーく見てみると、小さな蜘蛛がいた。
ああ~~、そっちのクモねぷー

昨日、子供、日本のおばあちゃんにお手紙を出すんだと張り切ってお絵かきして、たたんで、封筒に詰めていた。
日本までは封書20gまでなら85セントで送れる。私は85セントの切手しか持っていない。子供がやっているように紙5枚も入れられると、重たすぎて85セント切手では送れない。
そういうわけで、小さく描いた絵は、白紙の部分を切って送ることにした。
嬉しそうに紙を切って、それから私に、「これには○○とタイトルつけて」と絵のタイトルをつけてもらって、封筒に自分でしまう。
よし、じゃあ、封筒閉めて、切手貼って、明日の朝ポストに入れよう! と言うと・・・、
「またはさみで切って、貼るの?」と子供。
いやいや、切手を貼るの。切手は切らなくていいのぽっ
「????」
分かっていない様子だったので、切手を見せて、これが切手という名前なのと説明。ようやく分かってもらえたみたい。
切手を貼って、あとは投函するだけという状態になったら、
「お手紙、僕のポストに入れると郵便屋さんが取りに来てくれるんだね」と、外に出て、自分の家のポストに入れようとしていた。
違います。
赤いポストがあって、そこにお手紙を入れておくと郵便屋さんが取りに来てくれて、日本のおばあちゃんのところに届けてくれるんだよ、と説明。
「郵便屋さんは、飛行機に乗っておばあちゃんの家まで行くの?」
郵便屋さんは、手紙だけを飛行機に乗せて、あとは日本の郵便屋さんに頼むんだよ。日本の郵便屋さんがおばあちゃんの家に届けてくれるね・・・と説明。
こういうのって、なんだか子供らしい考え方だよねウィンク

日本のアニメの主題歌で、「こんな場所で終わる 僕じゃない」という歌詞があるんだけど、それを聞いて、子供、
「じゃあ、誰なの? 僕じゃないんでしょ?」
・・・いや、そういう日本語じゃなくて・・・・・・。
こんな場所では僕は終わらない、って言ってるんであって・・・。
「何が終わるの?」
いや、だから、僕はこんな場所では立ち止まってないよー、もっともっとがんばるんだー、って言ってるんでしょ。
・・・今後、こういう日本語の説明が増えるのかなぁ?
日本語に興味を持って、いろいろ理解しようとしてくれることは、ありがたいことだよねうっしっし




にほんブログ村 海外生活ブログへ 








最終更新日  Jun 4, 2008 05:48:33 PM
コメント(5) | コメントを書く
May 14, 2008
カテゴリ:コドモ
日曜日、FIAT500のイタリア最大のフォーラムcinquino.netのモデレーターをしているパルマ出身の男の子に会った。
彼は大学を卒業したばかり。今週の月曜日からトリノ県ヴォルヴェーラのFIATでマーケティングの仕事を始めるそうで、トリノに移り住んできた。土曜日の夜にトリノに着いた。トリノには来たこともないから右も左も分からないと言うことで、うちの夫と連絡を取り、日曜日、早速会うことになった。
私たち家族と彼、途中から離別準備中の夫の兄が加わった。
大人たちの話に飽き飽きのうちの子供は500の運転席に乗り込み、楽しそうに500を運転ごっこして遊んでいた。
途中、義兄の離別準備中の妻から電話があって、出かけるから子供を預かってくれと言ってきた。
じきに2歳4ヶ月になる彼らの子供(私にとっては甥)が来て、うちの子供と一緒に500に乗り込んだ。
最初のうちは助手席でおとなしく遊んでいた甥。
そのうち、窓を猛スピードで開けたり閉めたり、半分開いた窓にぶら下がってみたり、取っ手にぶら下がってみたり、ギアを思い切り蹴ってみたり、持っていたミニカーで車内のいろいろなところを無意味にガンガン叩き出す。
私たちの500、もう40歳になるおばあちゃん車なの。そんなことをすると、いとも簡単に壊れてしまいそう。彼が粗末に扱っていたものの中には、見つけるのがとても大変なものもあった。=壊れるとかなり困る。
そういうことをすると500が痛いから、優しく扱ってくれないなら降りようね、と言うと、「やだ。降りない」。
降りないなら、500を優しく扱ってあげてね、と言ってはみたけど・・・甥の行動にたいした変わりはない。
やがて義兄が出てきて、怒って強制的に甥を500から降りさせた。
甥、激怒。泣き叫んで、義兄、仕方がないからと500に戻す。
そんなことを何度も何度も繰り返していた。
2歳代って、うちの子供もこんな感じだった。泣き叫んで暴れて。ただ、うちの子の場合は、500のハンドルを握っていれば幸せだったから、500の中では、さほど甥のような行動は取らなかったけど。

パルマから来た男の子と別れて、義兄親子と私たちは、彼らのおばあちゃんの家に立ち寄った。
私はおばあちゃんがお茶の支度をするのを手伝った。
ふと、リビングを見ると、甥が砂糖を舐めている。
こぼして、テーブルの上が砂糖だらけ。
砂糖は食べるものじゃないでしょ、と取り上げようとすると、物凄い剣幕で泣いて砂糖を欲しがる。
義兄がそれに気づいて、「良いんだ。こうでもしないと黙っておとなしくしてないから」と言う。
良いわけないでしょ? 砂糖を舐めるなんて! しかも、テーブルの上、砂糖だらけじゃん。
その場ではそう思って、砂糖を取り上げ、砂糖の入れ物の中身を密かに塩にすりかえて、甥を諦めさせた(かなり不満そうだったけど)。
でもね、子供が砂糖を舐めてるシーンに何度か出会ったことがあることにふと気づいた。
甥と同じくらいの歳の子がいる友達とバールにお茶しに行くと、その子は決まって砂糖を欲しがる。ママに砂糖の袋を開けてもらって、その子はスプーンで砂糖をすくって舐める。
バールでお茶してると、他のテーブルでそういうことをしている子供を見かけたこともある。
・・・もしかして、子供に砂糖を舐めさせるのって結構普通のことなの? 飴を与えるような感覚なの?
私が知らなかっただけ????






最終更新日  May 14, 2008 05:35:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 1, 2008
カテゴリ:コドモ
イタリアは今日からまた4日間連休で、子供の幼稚園も、今週は昨日でおしまい。
昨日子供を幼稚園に迎えに行ったら、「ママー、ちょっと待ってて。先生に用があるから」と先生の元へ行く子供。
どうしたのかな? と思って話の内容を遠くから聞いていると、「あのね、あれ、ちょうだい。お家に持って帰るから」と先生に言っている。
あれって??
「ママへのプレゼント」
先生が、人差し指を口の前に立てて、「シー、あれはまだ内緒だよ。来週お家に持って帰ってね」と小声で言っているのが聞こえた。

・・・・・・分かりました。母の日のプレゼントってことですね。

靴を履き替えるため子供のロッカーへ行くと、子供、
「あのね、今日、ママの顔描いたの。ネックレスも作ったんだよ」
と嬉しそうに語ってくれる。
「ありがとー。嬉しいけど、それって実は内緒じゃなかったの???」
そう訊ねてみると、
「あ、そうだった! お楽しみだからね!」
って・・・もう思いっきりバラしてくれたんですけど・・・。
来週は、知らなかった振りしてもらってあげるかうっしっし

もうすぐ母の日。
私もそろそろ準備しないとな。




にほんブログ村 海外生活ブログへ 







最終更新日  May 1, 2008 10:57:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 17, 2008
カテゴリ:コドモ
最近のうちの子供(5歳)がハマっているもの、それは、牧場。
きっかけは、2週間前の幼稚園の遠足。
皆で大きなバスに乗って、アルバ付近の大きな牧場へ行ったの。
子供の話によると、何でもその牧場では牧場体験ができるそうで、いろいろな牧場の動物たち(馬、牛、羊、豚など)と触れ合ってきたとのこと。
遠足から帰ってきたらすぐに、おもちゃ箱の奥の方にしまってあった『牧場セット』を引っ張り出してきて、遠足のおさらい。

  


↑こういう動物たちがたくさんいて、柵や木なども一緒にセットになっている牧場セット。
中にはバラで買った猫や犬、象やライオンまでが一緒に混じっていた・・・。犬や猫なら分かるけど、象やライオンがいるともう牧場じゃないって・・・。

幼稚園の活動の中でも当然、遠足の思い出を絵に描いたり、牧場の生活のおさらいをしたりしたものだから、子供の中では牧場がすっかりブーム。
最近じゃ、山のようにあるFIAT500のミニカーに動物たちを乗せたり、中に詰めたりして(この間、無理やり詰めすぎて取れなくなって泣いていた)、なんか全然牧場っぽくなくなってきていた。
でも、今朝また幼稚園の課外活動で近所の牧場の餌あげを見学に行ったことで、正統派牧場遊びがまた復活うっしっし
いつまで持つかな~うっしっし

今日は、子供がちょうど牧場からミニバスで帰ってきた頃、雨が降り始めた。
ギリギリ雨が降らなくて良かった!
予報によると、この雨、週末まで続くんだって。土日は雨。
日曜日、晴れたら従弟たちと一緒にウェスタン牧場に遊びに行く予定だったんだけど、残念わからん
雨じゃ、500でお出かけすることもできないなぁしょんぼり


にほんブログ村 海外生活ブログへ 






最終更新日  Apr 17, 2008 11:37:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 26, 2008
カテゴリ:コドモ
うちの夫の身体には2つのタトゥーがある。
ひとつは17歳の頃自分でデザインして彫った自分のイニシャルのデコレーション画。
もうひとつは、7年ほど前に彫ったもの。
それがこれ↓
aerografiapiccola.JPG
これはちょっと小さい絵だけど、実際には横幅10数センチほどあります。
角が生えた骸骨にコウモリの羽が生えている、という絵なんだけど、これが子供の手にかかると、「小鳥」になってしまうらしいうっしっし
この間、タトゥーの話をしていた人に、「僕のパパ、小鳥のタトゥーがあるんだよ」って言ってた。
これって小鳥なのか!?
実物を知らない人が聞くと、なんかあんまりかっこいいタトゥーじゃなさそうじゃない?
こんな感じ↓っぽいものを想像するのは私だけ?
uccellino.JPG
しかも、小鳥、ってイタリア語の俗語では、全然違う意味があるし・・・・・・うっしっし

子供の感覚って面白いよねスマイル






最終更新日  Feb 26, 2008 07:33:39 PM
コメント(2) | コメントを書く
Feb 20, 2008
カテゴリ:コドモ
昨日は子供の幼稚園の先生と父母面談があった。
昨日の朝子供を幼稚園に送り届けた後にお茶をしたママ友たちは、皆ほとんど面談に子供を一緒に連れて行かないと言っていた。
こちらが言っていることが子供に分かって、途中で話に加わってきでもしたらあんまり話ができないから、って。
確かにそうなんだけどねぇ・・・うちは預かってもらえる人もいないから連れて行くしかない。
夫に預かってもらって、私一人で出向くということも考えたけど、普段幼稚園に行く機会がない夫は、「冗談じゃない。絶対に先生と喋りたいんだ。自分の子供がどんな先生と関わっているかを見ておくためにも大切なことなんだから」と言うので、子供と一緒に家族3人で出向いた。

去年同じように面談をしたときは担任の先生・ダニエラがいただけだったけど、今年は副担任のカテリーナもいた。
子供は教室にあるおもちゃで遊んで、先生二人と両親の面談ということになった。

幼稚園2年目のうちの子供。
今年は去年よりもずっと集中力が増し、手先が器用なのでいろいろな作品を上手に作り上げることができるんだそう。
ただ、集中力が増したとは言え、何をするにも時間がかかるんだって。
何かをし出すんだけど、そのうちそれを使って他の遊びを考え出し、違う遊びに熱中して、作品を作り上げるのが他の子よりも遅くなる。
・・・すっごい分かる。家でもそうだもん。
自分の部屋の片づけをしているといつの間にか懐かしい漫画が出てきて、ついつい読み出してしまい、ふと気づくと全然片付いていなかった・・・ということが私にもよくあったけど、うちの子も自分の部屋を片付け始めると、まったく同じ。片付けているうちに手にしたもので遊びたくなって、遊んでしまう。ゴハンを食べているときも、喋るのに夢中になって全然食が進んでいなかったり・・・。
子供だからね。遊ぶことしか考えてないんだろうねぇ・・・。

全体的には、割と問題のない協調性のある子なようで、ちょっと安心。

言葉の話になったついでに、毎週水曜日の朝に行われている英語の授業が大好きみたいで、英語で○○と言うんだと教わった、とか、英語でこれはなんて言うの? と訊ねてきたりすることが結構あるんだ、という話を先生にした。
他のママたちも同じように、英語の授業が子供にとても好評だと言っているんだって。
英語を教えている先生が上手なんだろうねぇ。
そうやって小さい頃から語学に親しめる最近の子は、将来、語学に対する感覚が私たちとは違うんだろうね。

うちの子供が小さかった頃日本に家族で里帰りした当時、従姉の子供がちょうど今のうちの子と同じ歳だったんだけど、イタリア語でしか喋れないうちの夫に、「ちゃんと喋ってくれないと、僕、分からないよ」と言っていた。
そこですかさず小学生のお姉ちゃんが、「あの人はイタリア人で、イタリア語ではちゃんと喋っているんだよ。単に、日本語は喋れないの」と諭す。
うちの子は、そういうことを言ったことがまったくない。
世界にはいろいろな国があって、それぞれがそれぞれの言葉で喋るものだと思っているから。以前は日本語とイタリア語以外の自分が分からない言葉は全部英語だったけど、英語を習い始めてから、他にもいろいろな言葉があるということに気づいたみたい。
この間、日本語でブツブツと独り言を言っていた子供に、スペイン人の友達がイタリア語で「何言ってるのか分からないよ。私にも分かるように喋って」と言ったのね。子供はイタリア語で「なんでもないよ」と返し、そのまま日本語で独り遊びを続けた。
そこで、スペイン人の友達に、ちょっと子供にスペイン語で喋ってみて、と頼んでみた。
スペイン語で話しかけられた子供、「それ、何語? 僕、分からないからやめてくれる?」。
おお~、ちゃんと知らない言葉だと気づいたな。
「私はスペイン人だからスペイン語で喋るのよ」と友達が教えて以来、子供、その人はスペイン人でイタリア語とスペイン語を喋る人なんだと頭の中にインプットした様子。
○○はスペイン人だからスペイン語、でもイタリアに住んでいるからイタリア語でも喋る。
△△はブラジル人だからポルトガル語で喋る。
□□はイギリス人だから英語。
◇○はインド人だからインド語。
・・・てな具合で、ちゃんと覚えているんだよね。
国名や言語から関連して世界地図上でもその国がどこか覚えてくれると良いんだけど、それが全然・・・。ここ、日本! って言ってカナダ指してたりするの。日によって、日本の場所が全然違うの。

話がちょっと飛んでしまったけど・・・。
先生と話が終わって、帰るよー、と子供に言ったら、自らちゃんと遊んでいたものをパパパと箱の中に閉まって、サササと指定の棚に片付けていた。
偉いぞー。やろうと思えばできるんだよね。
家ではいつも遊びながら片付けをしているけど・・・。






最終更新日  Feb 20, 2008 10:33:35 PM
コメント(2) | コメントを書く

全138件 (138件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.