000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

木村勝則滋賀県高島市の楽天ブログ

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

備忘記録

Feb 3, 2019
XML
カテゴリ:備忘記録


何に囚われ何を守るのか!
葛藤がトラウマを駆逐する!
人生は書いて表現して救われる!
2019年2月木村勝則滋賀県高島市!






Last updated  Feb 3, 2019 05:42:33 PM


Nov 8, 2014
カテゴリ:備忘記録
目の前の運命の人の
瞳に写る私自身の姿は
人生の生き方そのもの

木村勝則


rblog-20141108213251-00.jpg






Last updated  Nov 8, 2014 09:32:52 PM
Dec 31, 2013
カテゴリ:備忘記録
今年もあと少しで終わります!思い起こせば激動の一年でした。ただがむしゃらな日々でした。今、紅白歌合戦を見ながら終われることに、またお会いした全ての人々に感謝します。
ありがとうございます。
来年も、
人生はまたまだこれこらだ!元気を出せば元気だ!で前に進みます!
よいお年を!
平成25年大晦日
木村勝則滋賀県高島市にて






Last updated  Dec 31, 2013 10:44:06 PM
Jul 27, 2013
カテゴリ:備忘記録
なぜかなみだが止まらない!


やらないと一生後悔し引け目を感じる人生になる!

命がけか?
必死か?
一心不乱か?
人生最大のラストチャンスだ!命がけで激!あと二週間!税理士試験簿記論財務諸表論お前の真剣さを見せてくれよ!木村勝則この動画をYouTubeでチェック:

http://youtu.be/K-mGTcsilho


iPhoneから送信






Last updated  Jul 27, 2013 08:28:53 PM
Nov 15, 2007
カテゴリ:備忘記録

努力は実る。

 

簿記動画無料配信 1から10 10分×10回100分連続再生  再生ボタンを押して下さい。

40P400294_DCP.gif

テーマ:ブログ

2007年11月13日 posted by katsunori 簿記動画無料配信 1から10 10分×10回100分連続再生  再生ボタンを押して下さい。
下記をクリック

http://blog.livedoor.jp/katsunori_jp/archives/51102012.html


新着情報


 

 






〒520-1213 滋賀県高島市安曇川町五番領271-2  電話0740-32-3935 (eo光電話)
木村勝則 税理士 ITコーディネーター 事務所
案内ブログ。(JR安曇川駅からの当事務所までの道のりを写真で紹介。)

 

木村勝則

http://www.katsunori.jp/

携帯HP

www.katsunori.jp/k   

 







Last updated  Nov 15, 2007 11:05:15 AM
Aug 23, 2007
カテゴリ:備忘記録
子供が増えることは私はいいことだと思います。「できちゃった」で悩んでいるのが新制減価償却制度です
テーマ:アメブロの新機能、クチコミ番付

2007年08月23日 posted by katsunori
クチコミネタ:できちゃった結婚ってどう思う?



本文はここから


できちゃった結婚ってどう思う?つながり

こんにちは。
クチコミ番付運営局ジェニーです

こないだ、スーパーセクシーな野球選手とアイドルの交際が発覚して、
赤ちゃんがお腹の中にいるって報道がありましたね

なんか微笑ましいです

赤ちゃんが出来てから結婚するのって、世の中では「できちゃった結婚」などと言われ、
色んな見方がされますが、あなたはどう思いますか


ジェニーは「アリ」だと思います


だって、新しい命が誕生したのが結婚のキッカケになっただけだから。
二人の間に愛があって、子供がちゃんと幸せになれるなら問題無いと思います

そもそも、ジェニーは「できちゃった結婚」というネーミングがどうかなー、とも思いますが

なんか「赤ちゃんいますが何か結婚」の方がいい気がする
子供できてから結婚して何が悪いのみたいな・・・

どうでしょう

まあ、ジェニーには相手がいないので、こんなの遠い未来の話ですけどね


あなたは、「できちゃった結婚」についてどう思いますか

アリかナシか、「できちゃった結婚」について語ってください


[関連リンク]

・できちゃった結婚




木村勝則www.katsunori.jp  『




「できちゃった結婚」でっすか。




名前が後ろ向きですね。




おめでた結婚で




いいんでは




ないですか。




子供が増えることは私はいいことだと思います。




私にとって




「できちゃった」で悩んでいるのが新制減価償却制度です。




今の制度は大正時代のはじめにできた制度です。




最初は法律ではなかったみたいです。




大蔵省の内規であったそうです。




このときに償却限度額が、




取得価格の10%と




残存価格が同じ価格で始まりました。




それからの改正が、




東京オリンピック、東海道新幹線




が開通した年の改正です。




このとき、




いろんな議論の結果、




もとっと償却、実情にあわせ




償却限度額を




5%まであげるように




なりました。




しかし、




残存価格は




定率法の計算上




残存価格が小さくなれば、




なるほど、




償却額が大きくなりすぎるので




施策上できなかった。




しかし、




今年、2007年




アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなどの




先進国が残存価格がないという現状がありました。




それに




残存価格10%




と償却限度額が5%の




概念が




定率法における耐用年数、すなわち償却年数の延長と




いうふかしげな現象を会計上、起こしていました。




実務的にも問題があり、




改正が望まれました。




それに




減価償却は




現金の出がともなわない費用、損金なので、




その現金という資産が、いくばくか自己金融として




企業の資金繰りに貢献すると思います。




また、償却限度額の引き上げは実質的な




減税効果もあり、




企業経営者には朗報であるかもしれないと




思うのは私だけでしょうか。




2007年、平成19年4月1日以降の取得資産の償却方法が




大きく改正になりました。




経過措置等があり、




なかなか複雑である。




正直、難しい。




この機会に有料であるが、専門家であるお近くの




税理士に相談していただければと思います。







「できちゃった結婚」もできたのなら、




しかたない。




前向きに




考えていくことが




大切だと




思います。




[弥生経営塾]経営に役立つ実践セミナー





でやるかもしれません。





このサイトをチェックされてはどうでしょうか。






[弥生経営塾]経営に役立つ実践セミナーまずはここをクリックー




では、では。



暑いのでお体にお気をつけ下さいね。








今宵、今夜は
すべらない簿記三級講座木村勝則 http://katsunori.jp/ NO1 20070628
でお楽しみください。





http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=500910



http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=501909




http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=49544

テーマ:ブログ

人生に無駄はない。
木村勝則
www.katsunori.jp





「簿記は、なぜこんなに面白いのか。簿記小説で解く。」
独学簿記三級講座期間限定無料公開中。




木村勝則http://www.katsunori.jp/




まずはお試し下さい!お薦め「弥生会計」無料体験版ダウンロードはこちらから、クリックしてインストール下さい。 下記クリック、弥生会計ご相談予約フォームから、登録し、無料でお試しくださいね、役立ちます



弥生会計・経理ソフトの導入に困っていませんか?今なら無料相談実施中!


[弥生経営塾]経営に役立つ実践セミナーまずはここをクリックー


今月の人気おケイコランキングをチェック!
【三菱地所】物件情報・イベント優待など特典多数■会員募集中・登録無料
ネットで読む電子新聞「産経NetView」。動画も写真も満載、速報も充実
楽天仕事市場
Yahooオークション

ポイント貯めて賢い買い物をしよう!本,CD,DVD買うならboox!














Last updated  Aug 23, 2007 03:26:37 PM
Jan 22, 2007
カテゴリ:備忘記録
コメント欄も2年ぶりに開く。






Last updated  Jan 23, 2007 01:22:56 AM
カテゴリ:備忘記録

コメント欄の開きかたがわからない。

 







Last updated  Jan 23, 2007 12:48:57 AM
Jan 19, 2007
カテゴリ:備忘記録

人生にとって大切なことはなんなだろう。


正直に、


まじめに、


こつこつと、


生きている友人がいる。


彼が起業をして、


会社を起こしたときに、


仕事に全身全霊を入れていた。


毎晩、遅くまで、仕事漬だった。


厳しくとも歯をくいしばった。



彼のお母さんが、


私より5歳年上の彼を心配して、


彼に結婚相手を紹介してと頼まれたことがあった。


彼のお母さん。


「□□君にいいこ紹介してよ。」


その約束を待たずにお母さんは昨年亡くなった。


昨年、4月に気分転換になれればという想いで、


彼にブログを紹介した。


ブログが彼の人生を変えた。

 

残念だが、

 

インターネットは危険なことも多い。

 

慎重な姿勢も大切だ。

 

誤解も問題も多いのは承知のうえだ。

 

しかし、二人は

 

時間、距離、環境、それを乗り越えた。

 

シンデレラのように。。。。。。一緒に時を過ごした。

 

周りはいろいろ言うかもしれない。

 

実際、結婚を知った友人から連絡を受けたときに、

 

確かにインターネットを知らんない学生時代の友人が、いろいろ言った。

 

「でも、沢山のメールのやりとりし、悪い人でない、すばらしい人だ。」

 

私は力説した。

 

「遠くから嫁ぐ彼女を暖かく見守ってあげないといけない。」と

 

彼の住む街の友人たちに語りかけた。

 

 

 

彼と彼女は私のことを知らずに恋を深めていく。


人生の成功の尺度を地位、名誉、金銭、身長、頭髪に求めたら


彼は、


あてはまらないかも知らない。


でも、


人を好きになって、恋をして、


素敵な人と出会った。

 

結婚し、家庭ができたなら、


本当の幸せを手に入れたのかも知れない。


彼とのお母さんとの約束も果たせたと思う。


お母さんも喜んでいる


今は、


やけくそになっている彼を見ることはない。


勝手に心配することもない。


昔のように



正直に、

 

まじめに、

 

こつこつと、

 

前を見定めて、生きている。


たのもしい。


結婚おめでとう。


結婚おめでとう。


結婚おめでとう。


結婚おめでとう。


結婚おめでとう。


人生の第二章を二人でこれからもブログに書き込んでほしい。


ブログが二人を導いたのだから。

 

 

 

PS


忙しそう、なぜか問い合わせが私に。連絡がつく幸せそうだうらやましい。

テーマ:ブログ

忙しそう、なぜか問い合わせが私に。連絡がつく幸せそうだうらやましい。


『披露宴』21日当日、翌日は移動中なので、ブログの更新、メールの確認ができません。

連絡のつかない人は携帯電話に直接連絡ください。

マイアソシエイトストア
http://astore.amazon.co.jp/katsunori-22

驚きの安さ、新聞が月額315円で読める。

 

ネットで読む電子新聞「産経NetView」。動画も写真も満載、速報も充実

 

私の書く簿記小説も無料で新作2作UPしました。

ぜひ、ご覧ください。


http://www.katsunori.jp/yurie1

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=87816

 

061204_190051.jpg 木村勝則
http://katsunori.jp/
携帯
http://katsunori.jp/k

 

武士の一分、公開中、楽しみな映画だ。

 

私の士としての一分は

 

 

これだ。

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=7778  

 

 

 

ついに20分弱自慢もの木村勝則紙芝居独学簿記三級講座。ご覧ください。

http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48018099/48018099peevee8629.flv
061130簿記動画写真

 

10分の壁を越えて木村勝則紙芝居独学簿記三級講座。


12分簿記動画




http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48018099/48018099peevee8245.flv



http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48018082/48018082peevee8237.flv

 


ブログ

http://katsunori.exblog.jp/

木村勝則katsunori.jp簿記小説三級講座

http://www.katsunori.jp/yurie1

「簿記は、なぜこんなに面白いのか。簿記小説で解く。」
独学簿記三級講座期間限定無料公開中。

syasin000031441.jpg
木村勝則http://www.katsunori.jp/








Last updated  Jan 20, 2007 01:05:23 AM
Jan 17, 2007
カテゴリ:備忘記録

震災時、携帯メールなら繋がる。岐阜県中津川市の試み。電話は不通になる可能性が高い。

 

通信量の少ないメールなら市に震災の状況を虫の目、地域情報として伝えることができる。

 

最初は普及しなかったが、熊の出没情報で一般化した。

 

http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/bousai/H18_chiikibousai_plan/kyoutuuyobou.pdf

 

「情報テクノロジーは命を救えるか」あなたのSOS伝える新技術、携帯メールの威力、震災の教訓を今見

テーマ:ブログ

「情報テクノロジーは命を救えるか」あなたのSOS伝える新技術、携帯メールの威力、震災の教訓を今見る。


鳥の目(全体状況の把握)


飛行機、ヘリコプターなどからGPSを使い、空から解析。


夜間でも赤外線暗視カメラなどの活用。


虫の目など。


阪神大震災から12年、後世に伝えるために・・・・・

テーマ:ブログ  

koube
阪神大震災から12年、後世に伝えるために・・・・・
「ガタガタ」「ガタガタ」
けたたましい音で目が覚める。
ベットから飛び起きて、リモコンで
テレビをつけた。
1995年1月17日早朝
祝日の連休を利用して偶然、兵庫県南部にいた。
あまりの揺れに、地震の詳しい内容を知るために
テレビをつける。
テレビには、地震情報が流れている。
大阪、岡山と地震の震度が表示されている。
神戸の表示がないが、
大阪に神戸は近いのでないものだと勝手に思い、
また、寝てしまう。
余震の揺れで、
再び起きてテレビをつける。
「あ~、阪神高速が倒れている」
と声を上げる。
神戸は学生生活を過ごした思い出の町だ。
六甲山の山から見る夜景は美しく。
日本一、素敵な街だと思っていた。
しばらくして駅に向う。
駅では電車が西明石で止まっているという表示
で動いていない。
その後、数日がたった。
余震の続く神戸近郊の親戚の家の引越しの手伝いに
車で向うことにした。
自衛隊の車が、何台も走っていたのが印象的だった。
その後、
神戸市内には何回も足を運んだ。
繁華街の三宮の駅前にはビルが倒れ、
電車の動いていないなかで、
バスが動き出していた。
バスに乗り込みに並ぶ被災者の方々の待つ姿が印象的だった。
バスの中での東灘区の風景は悲惨だった。
東灘区では沢山の家が倒れていた。
倒壊している。中にはまだ人がいるかも知れない。
悲惨な状況に心が痛い。
その家を見ているバスに乗る被災者の人の気持ちを考えると
もっと心が痛かった。
 

自然と涙が頬をつたっているのに気づいた。
建物の中には人がいる。
建物は人の命を預っている。
神戸はあの日から11年たつ。
あの美しい神戸に蘇ったのだろうか。
私たちはあの日を忘れてはいけない。


あの日からどういきただろうか。阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分。あの日から12年

テーマ:ブログ  

あの日からどういきただろうか。阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分。あの日から12年。



http://www.city.kobe.jp/cityoffice/09/010/shiryokan/earthquake/earthquake03_20_01.html


http://www.city.kobe.jp/cityoffice/09/010/shiryokan/earthquake/earthquake03_20_02.html


http://www.city.kobe.jp/cityoffice/09/010/shiryokan/earthquake/earthquake03_20_05.html


http://www.city.kobe.jp/cityoffice/09/010/shiryokan/earthquake/earthquake03_20_09.html


http://www.city.kobe.jp/cityoffice/09/010/shiryokan/earthquake/earthquake03_20_15.html


http://www.city.kobe.jp/cityoffice/09/010/shiryokan/earthquake/earthquake03_09_02.html


http://www.bo-sai.co.jp/sub6.html





阪神淡路大震災から12年、一回しかない。あと30年はこの人生を楽しもうと思う。

テーマ:ブログ  

阪神淡路大震災から12年、一回しかない。あと30年はこの人生を楽しもうと思う。


神戸のあの震災から12年がたとうとしている。


神戸は大学で通っていた。


大学の寮をかりたこともある。


大学の同級生の友人も下宿していた。


数年違えば、あの日、阪急六甲の駅の近くにいたかもしれない。


私はあの日、兵庫県の南部にいた。


私が市民記者として記事を書く下記URL。

 

http://news.livedoor.com/article/detail/1638926/


多くの人が亡くなり、


多くの人が家をなくし、家族を亡くした。


生き地獄だった。


数日後、


東京に行った。


神戸と違い、東京はいつものままだった。


変わっていないように感じた。


新宿の


コンビニに阪神淡路大震災の募金箱があった。


呼び水になればという思いで、


財布の中の


小銭をすべて投げ入れた。


東京の新宿駅前で大声で叫びたかった。


「今、神戸は大変なことになっている。」


「みんなで助けてあげてください。」


「お願いです。」



でも、勇気がなかった。


あれから12年、


私の記憶も薄れてきた。


でも忘れてはいけない。


みんなに伝えないといけない。


「1・17を忘れない」朝日新聞滋賀地域版、朝、購読している新聞を見る。

 

http://mytown.asahi.com/shiga/news.php?k_id=26000000701130001

 

PS

 

1月17日あれから12年。1年前の記事を読み返す。 

 

私が市民記者として記事を書く下記URL。

 

http://news.livedoor.com/article/detail/1638926/

 

よみがえれ神戸。


 

syasin000031441.jpg
木村勝則http://www.katsunori.jp/







Last updated  Jan 17, 2007 10:40:02 PM

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.