170654 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

新世紀活動大写真

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


活動大写真支配人

バックナンバー

2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

カテゴリ

お気に入りブログ

お買い物雑記帳 ゆきち13さん
ホラー中毒者 rirakuma82さん
2006年04月19日
XML
カテゴリ:邦画
津川雅彦がマキノ雅彦名義での監督第一作。

上方落語の一門。今、まさに病室で臨終を迎えようとする長門裕之演じる師匠。笹野高史、中井貴一ら弟子達に何か望みはとたずねられ、「そ…そ○がみたい」

駆り出されたのが中井の嫁(木村佳乃)。おもむろにベッドにのぼり、スカートをまくりあげると…

師匠「……アホウ!そそやない。そとが見たいというたんや……」

三分後、師匠臨終てな予告編が話題の「寝ずの番」を観てきました。なお、おそそは女性のあそこの呼称ということであります、連隊長。

映画は師匠、その一番弟子、そして…と不幸が続き、通夜の寝ずの晩の様子が三度にわたり描かれるというもの。

通夜の席では故人の思い出が語られるのが世の常。そこは落語家ならでは、思い出の数々も笑いを誘い、通夜の席での一同の行状も師匠の遺体で落語「らくだ」の死体のかんかん踊り実演と羽目を外す。やってることはむちゃくちゃながらしんみりさせます。

同じシチュエーションを三度にわたりくり返すだけあって、二度目には葬儀に参列する豪華なカメオ出演陣(桂三枝師匠、浅丘ルリ子さんほか)、故人がバーで出会ったの女(高岡早紀)との色っぽい場面(笹野高史さんまさに役得以外の何ものでもない)が回想され、三度目にはあの芸達者な堺正章を投入。しかもまじめ顔でろうろうと「おそそ」、「ち○○」を連発する中井貴一相手に三味線を手にしての春歌歌合戦を繰り広げ、「8MILE」のライムバトルを超えた(笑)。

ところで今回、案外よかったのは木村佳乃。実は私、これまで木村佳乃はドラマで観てもあれだけCMで足見せたりしてもらってもまるでぴんとこない。松たか子さんと並んで自分のセクシャルなストライクゾーンから外れた女優さんとばかり思っていた次第。が、本作では期待してなかった分もあってか、いろいろとよかったですね。なぜか恍惚の表情でのスカートまくりあり、三味線を手に春歌ありで。

なお、SANSPO.COM(http://www.sanspo.com/geino/top/gt200604/gt2006040513.html)によると、都内での試写会舞台挨拶で…

女優、木村佳乃(29)が、下着を脱ぐシーンでパンツの重ねばきなど小細工はせず、“生パン”を脱いでいたことを明かすと、中井貴一(44)は「えっ、そうだったの!?」と興奮していた。

とのこと。中井ならずとも「えっ、そうだったの」である。先に知ってればあのシーンのありがたみも増したよな…いや、私、「どうせ重ねてるんだろうなぁ」とか思って観てたもんで。失敬した。本当見直したわ、木村佳乃嬢

ところで津川雅彦さん、やっぱこういう粋な遊びをばなさった経験が多々おありなんだろうなぁ。
ちょいとうらやましい限り。


寝ずの番

こちらは中島らもさんの原作本。

参加しております。
人気blogランキングへ








最終更新日  2006年04月19日 19時23分37秒
コメント(6) | コメントを書く
[邦画] カテゴリの最新記事


コメント新着

masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
mkd5569@ Re:チャンピオン40 周年名作読み切り(06/05) 深夜の更新お疲れ様です。 最近雨が多い…
murayama@ やっと2 えっと石井潤子と加奈の親父さんも分かり…
育児・子育て きらり@ 拝見しました こんばんは 気になって読ませていただ…
活動大写真支配人@ Re:やっと(08/31) murayamaさん >堀さん役が分かりました…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.