167093 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

新世紀活動大写真

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


活動大写真支配人

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

カテゴリ

お気に入りブログ

お買い物雑記帳 ゆきち13さん
ホラー中毒者 rirakuma82さん
2010年03月11日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
冒頭で描かれるは監禁から逃れるある少女とその記録フィルム。犯人など判明せぬまま、施設に保護された少女はある少女に心を開く。

本編はいきなり、十五年後の表記。ある家庭、両親、落ちこぼれ兄さんにやんちゃな妹の食事の団欒に突如散弾銃を手にした若い女が乱入し、一家を次々銃殺。だが、さらにその彼女に異形の女が襲い掛かり、身体を傷つける。かけつけるもう一人の若い女。二人は冒頭の少女達の後の姿。異形を一時退けた女はやっと復讐を果たしたと語るが…。ここまであれよあれよの二十分。

で、物語慣れしている人なら異形の正体は薄々わかるし、果たしてこの情緒不安定な女の復讐は正当なものなのか、あとから駆け付けた女が事態をいかにコントロールして、真実を明らかにして話に収束をつけていくかと思いきや…。

今までの鑑賞の経験則から予想するのとはまるで異なる方向へ後半の急展開。そして、本作、ジャンルとして分類すれば「SAW」「ホステル」などと同じ監禁・拷問系ホラーなんだけど、暴力の描かれ方が類をみない。前半に展開する暴力が情動過多とすれば、後半はある目的のため、淡々と日々のルーティーンワークとしてなんの感情のないままに、対象に義務的に重ねられ、尊厳を奪う暴力、虐待。ホラー慣れしている自分だが、まだ残り三十分あるの…とつい再生時間を確かめてしまうほど突出。最近、ぶっとんだ作品が次々くるフレンチ・ホラーだが、この作品はまただいぶ極北までいっている。軽い気持ちでみると、とんでもないところへ連れていかれるのであった。






最終更新日  2010年03月12日 02時06分33秒
コメント(1) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


コメント失礼します☆   masashi25 さん
ブログ覗かせてもらいましたm(__)m
もし差し支えなければ見に来て下さい♪
http://ameblo.jp/sapurimania/
マメ知識とかも書いてます!
http://sapuri.shop-pro.jp/
ちなみに愛用してるお店です☆
いつの間にか常連になってました(笑) (2010年03月17日 14時09分52秒)

コメント新着

masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
mkd5569@ Re:チャンピオン40 周年名作読み切り(06/05) 深夜の更新お疲れ様です。 最近雨が多い…
murayama@ やっと2 えっと石井潤子と加奈の親父さんも分かり…
育児・子育て きらり@ 拝見しました こんばんは 気になって読ませていただ…
活動大写真支配人@ Re:やっと(08/31) murayamaさん >堀さん役が分かりました…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.