167100 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

新世紀活動大写真

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


活動大写真支配人

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

カテゴリ

お気に入りブログ

お買い物雑記帳 ゆきち13さん
ホラー中毒者 rirakuma82さん

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

アジア芸能

2007年03月05日
XML
カテゴリ:アジア芸能
日曜はJWP道場マッチ後、渋谷へ。
RS GIRL SINGERS LIVE TOKYO 2007、タイポップの女性四組出演のコンサート。
前述の通り、サイン会はあきらめて、第一部に間に合うように。

タイポップはチャイナドールズがきっかけで聴くようになりましたが、チャイナを軸にしつつ、次第に範囲が広がり、今回来日の四組は違う会社RS、所属の歌手達。

アイドル系二組と実力派二組の二部構成のコンサート。中でもPARNは昨年のRSコンサートにも来日。これが凄かった。まさに圧倒される歌唱力。タイ語がさっぱりなので見た目のおもしろさに主軸の自分ですが、それでも引き込まれましたね。今回もあの感覚をもう一度というのが主眼。そしてNEKO JUMP。

第一部はアイドル系。FOUR MODがまずは登場。二人組ですが、共に細い!スラリ!
さすが向こうで旬のアイドルといった感じです。

そして中盤にNEKO JUMP登場。こちらもデュオですが双子。そしてNEKOと日本語が入っているようにコンセプトが日本のアキバ系萌えということで日本でも話題に(なんとこの日も週刊新潮が取材に来てました)。

二人はピンクのチェックの入ったセーラー服で登場。ネットで仕入れた情報では日本のベリーズ工房が少し前にこんな格好をしていたそうです。主催のサワディーさんが力説していたようにジャケ写真より実物の方がかわいいですね。しかし「オハヨーゴザイマス、レッツゴー!」と拳を振り上げるのをNEKO JUMPと共にやる日がこようとは思わなんだ。

「プー(カニさん)」などのカタコト日本語が時に交じる愉快な曲と「サランヘヨ」「MY GALLERY」としんみり系の曲両方あるのもいいですね。

そしてちょっとした事件。なんと彼女ら日本語の曲を歌いだしたが、場内に流れる微妙なざわざわ感。

どうやら自分含め皆知らないようで、あとでサビの「ロボロボキッス」をぐぐったら、W(ダブルユー)の「ロボキッス」という曲だそうです。歌自体はふり込みでしっかり歌っていて練習してきたんだろうなぁと。その分、選曲が聴衆に伝わらなかったのはちと気の毒。

さらにFOUR MODが衣裳を変えて登場。これがまたいいんですな。そのへんはまた写真など出たら。

入れ替えの二部までに休憩がはさまります。まわりでは先の「ロボキッス」について互いに尋ねあう姿が。中には「ロボコップ?」などおっしゃっている方も。自分もこの時点では何かのアニメソングなのかな?としかさっぱりわからず。なお、後の調査ではWのその次のシングルがザ・ピーナッツののカバーだったそうで、そっちならわかったのになぁ。

またタイポップでおもしろいのは現地へ観に行っている強者な方も幾人もいる(この点、アメプロ好き、ルチャ好きにも通じるものが)。そういった方の一人がFOUR MOD評「今日はのってなかった。のってる時には叫んだりしてるから」。叫ぶアイドルって(笑)。

そして第二部。LYDIAから登場。こちらは若手の実力派。一曲、マライア・キャリーをカバーして歌いこなしていたといえば、どんな感じの歌唱力かは伝わるか。そしてPARN。LYDIAもうまいが、PARNと交互に出るとなるとちと気の毒。歌声の深みが違います。今回も歌詞の意味はさっぱりでも聴いていて落涙しかける程、もってかれましたわ。

最後のアンコールではこの日登場の四組が一堂に。事前には一部、二部それぞれに登場の歌手は別の部には出演しませんとあり、実際、一部には二部の二組が出なかったのでこれは嬉しくもサプライズ、かつなんだかすごい絵でした。

九時半頃の終演後には正午過ぎの道場マッチから移動の自転車・電車以外は立ちっぱなし、さらに普段はやらない手拍子、リズム取りに早くも筋肉痛の予感と高揚しつつも疲弊。出待ちまでする元気はさすがに残ってなくおとなしく帰宅しましたが、今回もすばらしく楽しめたコンサートでした。






最終更新日  2007年03月07日 19時23分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月22日
カテゴリ:アジア芸能
久々にアジア芸能関連。
HwahwaのHP、 World of HwaHwa 上にファンへのクリスマスメッセージが。
転載してご紹介。写真も同HPからクリスマスシーズンの写真です。
愛犬エルメスとの写真もありましたよ。

Merry KISSmaS..in the ROMANTIC season like this..i wish u guys all the BEST&HAPINESS..have a very very SWEET x'mas..and also SUCCESS in everything u r going to do in this coming MEW YEAR2007..with LOVE!!






最終更新日  2006年12月22日 20時41分59秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年12月02日
カテゴリ:アジア芸能
すでに熱烈なファンの皆さんはタイまで直接買いに行ってらっしゃいましたが、昨夜、新宿の専門店に行き、ようやく2007SHOW GIRLSのVCDをば入手。

改めて、映画、プロレス関係で検索してたどりついた方のために説明しておきますとタイのGRAMMY所属の女性アーティスト、チャイナドールズのベル嬢、kat様、ジェニファー嬢、ヤヤ・イン嬢四人によるユニットであり、これまでにも2002、2005年に結成(この時はチャイナドールズはhwahwa嬢も参加)。

基本的にタイ語はわからんのでやはり、見てどうかを重視してしまうわけでありますが、そういう点では今作もかなり楽しいです。ガリベリ化というか、セクシー度を高めつつ、前々作のアラビア調、前作のコンセプト南国調に対し、まさにSHOW。事前に観ることができたSIAM…も黄金衣裳で所作に伝統的タイ舞踏の要素やらラインダンスまで盛り込んでましたが、他にも今作、フラメンコ調あり、なんとCAN DO CAN DANCEに至ってはこの曲名は何だろうと思っていたらフレンチカンカンでありませんか(笑)。これだけいろんな趣向のダンスをやればそりゃ練習でベルはじめ故障者続出だったのも無理はないかと思いつつ、改めて正統派、本格派よりも仕掛けやケレンに弱い自分をば自覚しながら満悦。

昨年の2005TIWA…来日公演でぐんと評価があがったジェニファー、今作ではポジション的にもかなりあがっている気がします。最初のキモノコスチュームも嬉しいですね。SHOWというコンセプトから仕方なしとはいえ、曲によっては濃すぎるメイクがちとあってない気もするベルですが、表情の豊かさが魅力です。ヤヤ・インは時折はっとするような視線が飛んできます。kat様はさすがこういうメイク、四人の中で一番様になってますが、そのメイクが崩れんばかりのこぼれる笑顔を見せたりするのがまたちょいと楽しいです。

五人から四人へということで事前には大分心配しましたが、まずはこうして完成したのは何より。欲をいえば公演も観たいがタイに行くしかないのかな。






最終更新日  2006年12月07日 16時12分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年09月15日
カテゴリ:アジア芸能
いまやアイドル離れした内容の面白さで注目度が高まり、
結果として数誌での連載開始という事態まで生じている
グラビアアイドル小明さんのブログ「小明の秘話」
このブログでもブックマークして私、毎日楽しく読んでおります。

その中にタイポップファンとして見逃せない記述を発見!
以下、9月15日「小暗のお料理ノート」から引用。
(http://yaplog.jp/benijake148/archive/4320)


「宇宙百科、星ぽえ夢先生のシリーズをもっと増やしてくれないかなぁ。

あと、店内で良くかかってる、
アジアンヒット何とか~みたいなアルバムが欲しい。
China dollとかバズーとかいっぱい入ってて嬉しくなっちゃう。」


もちろん、私的には

China dollとかバズーとかいっぱい入ってて嬉しくなっちゃう。」

の部分に注目です。

小明嬢、チャイナファンなの?

純粋に嬉しいです。そして小明嬢のブログの最近の注目度を思えば、
これがきっかけで「チャイナドールズって?」と世間の注目を集めるばかりか、
またも来日の機運が高まり、そしてその結果として
小明嬢と一緒の会場でチャイナドールズのライブを楽しむなんて
もう夢のような(人は妄想という)事態が勃発する可能性まで生じてくるではありませんか!!!
さらにその熱狂の模様が「小明の秘話」で紹介され、好循環!
なんて展開にならないかな。

いかにして小明嬢をタイポップの世界により引きつけるか。
全国のタイポップファンの皆さん、お知恵を拝借したいですわ。
いや、さしあたって小明嬢にチャイナは何度も日本に来てるよ、
と情報発信せんとブログのライブやDVDの記事とか
TBしてみたんだけどうまくいかなくて。

小明/明るいエロス2 ◆20%OFF!

小明さんDVD。

※なお、連日複数回更新のブログでは本人の写真多数。かわいいんですが、
長い黒髪を利してのJホラー幽霊調などけったいな写真も多数アップ(笑)。
先日は転倒して頭をパックリやった時の写真をアップするブロガーぶりを発揮したが、
「ダメになったタオルたち。ごめん。」「バックリ ビフォアー&アフター(グロいかも。。」
の写真はヤプログにより削除される。






最終更新日  2006年09月16日 11時51分02秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年07月17日
カテゴリ:アジア芸能
チャットでのファンのリクエストに応えて、Hwahwaが愛犬との写真をHPアルバムにアップ。

このあたりの対応の早さも嬉しいです。でもって、この犬がかわいいです。

自分は基本的には猫派なんですが、これはかわいいなぁとついつい和んじゃいました。

ちなみにこのワンちゃんの名はHermes

そして、もう一頭の台湾の家で飼っている愛犬の名はguzziと言います(爆)。

由来はいうまでもなく…すごいネーミングセンスです。

自分には真似出来ません。愛犬の姿や名前でまでも楽しませてくれるHwahwa。

本当にファンです。









最終更新日  2006年07月17日 22時01分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月15日
カテゴリ:アジア芸能
この日はチャイナドールズデビュー七周年を記念し、ファン発案による記念チャットが
行なわれました。

昼の部にHwahwa(写真左)、夜の部にBell(写真右)が参加してのイベント。

ファンとしては参加しなければ…と意気込むも

昼の部= 

仕事の出先、昼休みにネットカフェを見つけんとするも見当たらず…。
パチンコ景品交換所の強盗事件捜査現場に行きあいました。

夜の部= 

マンガ喫茶から初使用のメッセンジャーがつなげられず。Web Messengerで
一度はつながるもなぜかログ表示画面がアウト。再度接続するも、オフラインに
なっていないそうで、合流に至らず…。

Bellからの参加者へのサンクスリストに名前が出たのが辛うじての慰めという
結果に。

自分のチャット運のなさに呆れつつ、再度の挑戦を誓った次第。というわけで、
まずは…自分のブログで改めて

チャイナドールズ七周年おめでとうございます。









最終更新日  2006年07月17日 18時09分59秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年06月20日
カテゴリ:アジア芸能
このブログを御覧の方にはおわかりのように自分の嗜好、
メジャーな方に向いているとは口が裂けても言えないですが、
そんな自分でも今三つくらい、ピンとこないのが楽天の有名人ブログ。
楽天側で一覧を設けて紹介されていますが…
(http://plaza.rakuten.co.jp/evt/selection/)

何しろ、「アーティスト・タレント」で17人並んでますが、
ファンの方には本当に申し訳ないが知らない方ばかりなんですよ。

自分、わかるのは千秋さんと時東ぁみさんぐらい。
他の方の目からするとどうなんでしょう?

「作家・ライター」なんてカテゴリーに至っては作家なんて影も形もいないし…。

広告塔として並べる以上、それこそ、自分のような人間でもわかる面子を揃えなければ
ちょっと企業として努力不足では…と思うんですが。

そんな中、自分でも「新選組!」やCMで知っている吹石一恵さんのブログが
最近、楽天でスタート。思いっきり、期間限定ですが。

毎日が極上Happy!フッキーの徒然ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/fukiishi

であります。いまや芸能人ブログも多々ある中で、

「こんにちは!3回目の更新です。

まだブログというものの感触が掴み切れず、どきどきしながらキーボードを

ぱちぱち しています。こんなかんじでいいのかな??」(6月19日分より)

と非常に初々しい限り。

それに比べて実は自分が一番足を運んでいる「小明の秘話」なんて…

こんなの(http://yaplog.jp/benijake148/archive/3766)や…

こんなの(http://yaplog.jp/benijake148/archive/3758)や…

こんなの(http://yaplog.jp/benijake148/archive/3724)と数日さかのぼるだけで盛りだくさんだし。

小明嬢、すごい。面白すぎるよ…。吹石さんにもぜひはじけてほしいですね。







最終更新日  2006年06月20日 22時32分40秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年06月17日
カテゴリ:アジア芸能
何だかギャル調であります。

このあたりは別のカメラを向けた人がポーズを

リクエストしていた模様です。






最終更新日  2006年06月19日 17時39分48秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:アジア芸能
NANNY嬢 with マジックペン。

なんとなくホワンとした雰囲気を漂わせる彼女ですが、

歌う時のダンスは激しいです。その辺の落差も面白い。







最終更新日  2006年06月19日 17時41分49秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:アジア芸能
というわけで一番撮った枚数が多かったNANNY嬢の写真を何枚か紹介。

まずは全身像。

目をつぶっていても美人は美人で得です。

というか、これまた見れば見る程うっとり。



我ながら硬派の映画評論ブログだったのが(嘘)、

ここ数日は様相を変えております。






最終更新日  2006年06月19日 17時43分32秒
コメント(0) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

コメント新着

masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
mkd5569@ Re:チャンピオン40 周年名作読み切り(06/05) 深夜の更新お疲れ様です。 最近雨が多い…
murayama@ やっと2 えっと石井潤子と加奈の親父さんも分かり…
育児・子育て きらり@ 拝見しました こんばんは 気になって読ませていただ…
活動大写真支配人@ Re:やっと(08/31) murayamaさん >堀さん役が分かりました…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.