021041 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

一己

September 17, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月13日、医院でガーゼ交換。

予約時間ぴったりに到着すると、窓口に大先生もいて時計をチラっと見る。
あ、遅刻すると思ってたな、これは?残念でしたー。
(電車の発車時刻まで時間なくなっちゃって、通院前の歯磨きをブラシッングしないで
マウスウォッシュだけにしちゃったりしたのは棚上げて。)

診察台に座ると、大先生から大学病院との連絡の件を伝えられて、「〔のう胞除去後の穴の〕
口を縫って閉じる」と。え!縫っちゃうの?前回に聞いたようにしてからそうするのか?
訊いてみると、やっぱり中に刺激を与えて血液で満たしてから―だそう。
うぅ、痛そうだなぁ…。あ、でも、そうしてしまえば、もうガーゼ交換しなくてすむんだ!
そうか…そう考えれば、ちょっと、なんだか先が見えてきたような。

その話のついでに、最近、原因になった歯に詰めている物が舌で触ってみると
へっこんでるような気がしたんで取れちゃったのかも知れないと思って訊いてみたら、
詰め物が減ってるんだということで。あー…そうか、時間が経ってるもんねぇ…。

そして、ガーゼを取って洗う―んだけど、パシャパシャとかけただけのよな感じ…
あれ?いつものように機械の管を使ってないような気がするけど。
(まぁ、大学病院でも、そんな感じだったりしたんだけどね。)
で、入れる前の丸めたガーゼを「これだけ〔の量〕なんだから」と見せる、大先生。
…あー…、これは、ガーゼの量を入れすぎたって自覚があるのかもな。
それでも、丸めた直径が1センチはありそうなんで、なんとなく、閉じても大丈夫なのかと
いうような事を尋ねたら、大学病院では経験があるのだからというような返事。
まぁ、大学病院にガーゼ交換に通ってた半年間の早い収縮具合なら大丈夫なんだろうな。

とかなんとか考えてると…グニグニと歯に詰め物してるしてる感触…あ、そうか、
詰め物の事を聞いたから…―って、あっしまった!今日は、時間ないし、
ガーゼ交換だけだから穴の中は洗うし大丈夫だろうと、マウスウォッシュだけだったんだ!
あああ…詰め物が減ってる箇所に詰めちゃったら…歯にブラッシングしてないのにー…
挟まったりはしてないだろうけど、アイスとバームクーヘン食べてたのにー…。
どうしよう?この箇所を治療する前に掃除する機会がないんじゃなかろうか?
腐食とかしちゃうんじゃないだろうか?大丈夫だろうかー…?

などと言えもせず後悔に苛まれながら、終了。会計1520円也。
(明細の『機械的歯面清掃処置』・『歯科衛生実地指導料』って、やってないんだけどなー…。)
次回の医院での予約はしないで、こちらの都合によって大学病院での予約をとる形になる―と。
大先生は、10月下旬頃には大学病院での処置ができるだろうみたいな事を言ってたけれど、
期間が開いてるし、またレントゲンやらCTやら撮らなきゃならないんだよねぇ…。
大学病院のCTは1ヵ月以上先じゃないと取れないし、たぶん、一回じゃ済まないだろうし…
それが終わっても、今度は仮の詰め物してる歯やらを医院で治療しなきゃならないし…
まだまだ時間と費用がかかりそうだよなぁー…。




歯・口・喉の病気 ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2






Last updated  September 18, 2017 03:53:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
QLOOKアクセス解析

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.