021035 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

一己

September 7, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
8月21日、医院でガーゼ交換。

7月26日・8月2日、キャンセルしちゃったんだよなー…、また心身の糸切れ状態か。
で、この日も電車が遅れてなきゃ遅刻してたというねー…、ああ、もう…なんだか、ほんとに情けない。
(しかし、お金も下ろさなきゃならなかったのに、よくピッタリくらいに着けたなぁ…不思議だ。)

「2回もキャンセルしちゃって、すいません。」などど言いながら、いつもの診察台。
大先生との話し、(前回からの期間が)「1ヶ月半」…(臭くならなかったかと訊かれて)
「ちょった臭くなったからリステリンでうがいしたり」と、答えたり。
そんで、ガーゼ取ったら臭くなるだろうから臭いの拡散防止のために息を吸い込もうと努力。
口を閉じれば簡単に臭いを飲み込めちゃうんだけど唇の端を押さえられてるんで
できないから、咽喉の奥に空気を吸い込もうとするけども、ちょっと、く…くるしい。
(でも、たぶん臭いが広がるだろうに最近は、そのことについて言われないよな。)

ガーゼを抜いて洗浄してから、診察台を起こして座ったまま液体(後でうがいしたら
いつもと違う黄色い色のものだったけど、ガーゼ交換期間が開いたから消毒薬の類かな?)
を流し込んで計量。いや、穴の大きさは変わんないと思うぞ。で、案の定、1.5ccで以前からと同じ。

そして、CT。久しぶりだし遅刻しそうになった動揺が尾を引いてるせいもあるのか、
撮影時に着けるエプロンみたいなの着るの忘れたり機械に顎を乗せるタイミングが早かったりして、
その都度、大先生に指摘されてしまったり。(頭に固定するバンドのようなもの着けたんだけど、
今までこんなの着けたことあったっけ?先々月だったかにこの機械で撮ったときは着けなかったし?)

画像が診察台に転送されるのをを待つ間に、気になってた6月にCTを撮ってなかったかということを
何気なく聞いてみるも撮ってないという返事で。それとなく転送された画像の履歴の日付も見てみたけど
6月のはないし、じゃ、あのときのは何だったんだろうと思いつつも追求もできず。
(これ書くとき、6月の明細に『パノラマデジタル』って項目があったんで検索してみたら
パノラマで撮れるレントゲンだそうで。へー、CTと同じ機械なんだなぁ。この医院での
レントゲンを撮る機器は別の物だけだと思ってた。そういえば、大学病院のCTは
横になるタイプだったような…いろいろ種類があるんだなー。考えてみれば当たり前か。
あ、じゃ、この機械でCTを撮る時は、あの頭にするベルトをするって事だったのか。)

そして、画像を見ながら大先生のお話…なんだけど、話が長く感じる…というか。
なんだか、もう、早く終わらせて帰りたい気持ちが勝ってるからなのか?
なんとなくジリジリした気分で話を聞いてると…「ここにきて、骨の線がクッキリと
見えるから途中で骨の再生が止まってしまったようなので、麻酔して歯肉を切って
刺激を与えて血で満たして再生を促す」というようなことを言う、大先生。…へ?えええ!
そんなことしなきゃならないの?そしたら手術になるの?あ、じゃ医院ではできないよな?
などと思いつつ「向こう〔大学病院〕でですか?」と訊いてみると、肯定。
…ええー…、嫌だー…。痛そうだしなー…。それに、また二重通院するの?
もう向こうに通わなくてもいいって言ったの大先生じゃないですかー、
だからやっぱりガーゼの量は少なめにした方が良かったんですよー…、とか、言えるはずもなく。
次回までに大学病院と連絡を取っておくとの大先生のお言葉…。 

なんか言葉が出なくて、なんとなく話の接ぎ穂に「女の先生〔もう名前が浮かばないとか…
せめて『女性』って言えよ―って、この言い方からして自分の育ちの悪さが出てるし〕が
専属担当になる前にT先生〔大学病院の年長男性の医師…大先生から名前が出なきゃ
こちらも忘れてたよ…〕が、手術した方が早いといってたけど、それはこういうことなのか?」
と、特に考えもなく口にしたら、大先生が「そうだ」と言ったんだけど、違うよな。
思い返せば、その手術の話は検査入院して、のう胞除去した時の事だし。
じゃ、見当はずれなこと言わなきゃいいのに自分…でも、それで大先生への信用が、
また目減りしたよ…。その後にも(私が大学病院に行かないで?)「ぐずぐずしてるから」(悪い)
とか言うしっ。ああ、もうなんだか、いろいろと、なにもかも嫌になってきた感じ…。

だけど、私のそんな気持ちがなんとなく言動に出てたからか、ガーゼを「少なめに入れとく」と
大先生が。あ、やっぱりガーゼの量が多いのが治りが遅い原因だって自覚はあるのか?
とか思ってたら、もう処置が終わってうがいしてんのに、その途中で診察台の
背もたれが倒れてく―んで、お?え?まだ、なんかあるのか?と慌てて横になったら
アシスタントさんが「終わりですよ」と。なんなんだ誰なんだスイッチ押したの?
アシスタントさんは「終わったのにね」みたいなこと言ってたから、大先生か?
なんなんだ、たまたまのうっかりかなのか?まさかワザとの悪戯?なんだかなー。

とにもかくにも今回は終了。とっくに切らしてたのに頼むのを、また
忘れそうになって慌てたネオステリングリーン(うがい薬)の処方箋ももらって、
(されてない)歯科衛生実地指導料等で、会計5030円也、高いよー…。



歯・口・喉の病気 ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2






Last updated  September 15, 2017 01:34:06 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.