3985593 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【人気返礼品】楽天ふるさと納税が一番お得&便利で使いやすいポータルサイト




【ふるさと納税がお得な理由を教えて!】



ふるさと納税とは、お世話になった自治体や災害などで困っている自治体に寄付ができるしくみのことです。

寄付をすることがなぜお得なのでしょうか?

ふるさと納税を行うためには、まず実質負担金として2,000円支払う必要があります。
この負担金は、その年にふるさと納税を何回行っても支払うのは2,000円だけでよいです。

応援したい自治体が参加しているふるさと納税ポータルサイトで、寄付金額に応じた返礼品を選択します。

返礼品とは、寄付をしてくれた御礼に自治体からあなたへ届けられる商品のことです。

例えば、1万円の返礼品を選択すると、2,000円を差し引いた8,000円分が翌年の住民税から控除されます。つまり、住民税を8,000円先払いしたと思ってください。

そして、選んだ商品が実際の市場価格で5,000円で販売されていたとすると、2,000円分を差し引いた3,000円分実質無料でいただいたことになります。

□ポイント

・ふるさと納税で寄付をする際、実質負担金2,000円が必要。
・ふるさと納税寄付金額(2,000円差し引いた額)は、どうせ翌年支払う住民税の一部。
・返礼品が、2,000円以上の商品ならその差額分を実質無料で買えたも同じ。


ということで、ふるさと納税はあなたにとって大変お得なシステムだといえるのです。



【ふるさと納税の寄付の仕方と注意点】



まず、あたなたが寄付できる上限額をシュミレーターで確認してください。

楽天ふるさと納税のサイトには、簡単に上限額の目安が分かるシュミレーターがあるので便利です。
(パソコンからは左サイドバー・スマホはページ最下部にリンクページがあります)

次に、応援したい自治体が参加しているふるさと納税ポータルサイトで、寄付金額に応じた返礼品を選択します。

返礼品を選択と書きましたが、実際はネットショップで商品を買うような形でポチっとすればよいです。

その際、控除の申請の仕方を選択します。
(「ワンストップ特例制度」と「確定申告」の2つの方法があります)

あとは返礼品が届くのを待つだけ。

控除の申告期限は、申請の仕方によって違うので注意してください。

「ワンストップ特例制度」…翌年の1月10日必着
「確定申告」…毎年2月16日~3月15日です。

【楽天ふるさと納税が人気の理由】



楽天ふるさと納税は、数あるふるさと納税ポータルサイトでも人気のポータルサイトです。

デメリットとしては、普段ネット通販で楽天市場をご利用でない方には、楽天ポイントのメリットを感じられない方がいらっしゃるかもしれませんということくらいでしょう。

□人気の理由(メリット)

➀参加している自治体が多い
②楽天グループなので、安心して利用できる
③楽天グループなので、楽天ポイントを使える、貯めることができる
④楽天市場で商品を買うように簡単に寄付することができる


このように、楽天ふるさと納税は他社にない大きなメリットがあります。
特にポイント還元率は、キャンペーン日を上手に利用すると実質支払額を大幅に下げることができます。

また、人気返礼品を扱っている自治体のほぼすべてが楽天ふるさと納税に参加しているといってよいほど参加自治体数も多いです。

したがって、数あるふるさと納税ポータルサイトの比較サイトにおいても、楽天ふるさと納税は人気No.1か人気上位サイトとして必ず紹介されています。



【楽天ふるさと納税について:まとめ】



以上、簡単に「ふるさと納税」および、「楽天ふるさと納税」人気の理由についてまとめました。

補足も含めて、最後にまとめておきます。

・「ふるさと納税」は応援したい自治体に寄付する制度。
・寄付のお礼に返礼品をもらえる。
・実質負担金は2,000円。
・寄付金額から2,000円を差し引いた額が、翌年の住民税から控除される。
・寄付できる上限額は年収によって異なる。
・返礼品は、寄付金額の30%以内金額になるよう政府から通達されている(一応)。
・返礼品市場価格が、2,000円以上だと寄付金額との差額分がお得。
・ふるさと納税をしたら、かならず期限までに申告をする。

以上です。




© Rakuten Group, Inc.