895591 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

katuragi2ndのブログ

2021.10.29
XML
カテゴリ:ソーラー発電
復旧したかと思ったのですがその後も、ソーラー発電所からのデーターが届かない日がありました

送信側の電源を切って入れると復旧するので、常時商用電源に接続していたarduinoの電源をソーラーパネルから取ると毎日リセットできると、考え安定化電源を作って変更してみました解決かと思えばまた翌日、データーが届きません

いろいろやってみましたが送信側は異常なしとして、すべての部品を元の状態に戻しました

受信側です、この箱の中を見ますと無線機は壁に近い方にあります

arduino uno +nRF2401 箱を壁から十分離すと受信するようです

送り側データ間隔は1分ですから変化が読み取れませんので、5秒間隔に変更しました

小屋裏で使ってた受信機 ardino nanoですこれはどこにおいても安定して受信します

arduino nano + nRF24L01 面倒ですがこれに受信ソフトを入れて交換しました(消費電流40mA弱)

受信機からソーラー発電量と屋外の気圧をデーターをアナログ信号(0~5V)でロガーに転送してますのでこちらも接続して完成か?と思いましたが、また!問題発生 arduino nano のアナログ出力は MAX=5Vのところ4.5V弱しか出力しないのです

例えば、気圧測定 950~1050hpa 中心2.5Vで1000hpaにしてあります、当日の気圧1017hpaの時1009hpaと随分足りないのです、1030hps 付近から頭打ちになるのです、以前からいくつもの nano 試してみますが皆同じです、一部だけの補正でしたらでしたら演算で解決しますが、これはダメです

元の箱に戻ります、壁から30cm離すと安定して受信します、箱を壊して本体を引っ張り出すと定位置でも安定しています、無線機がarduino本体に至近距離で張り付いているのも問題なのかもしれません

arduino uno +nRF24L01 オープンスタイルに組換えました

これでしたら無線機の向きを変えることで受信状態を改善できます(消費電流70mA弱)

不具合の原因は受信側にあったようです


受信状態改善と研究のためこれを購入します


今使っている無線機nRF24L01と互換、電波は1kmも届くらしいです、日本では利用不可でしょう、これを受信機として使ってみましょう。






Last updated  2021.11.01 23:45:33
コメント(0) | コメントを書く
[ソーラー発電] カテゴリの最新記事


PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


toyotaka117117

Calendar

Favorite Blog

虫歯とは何か?そし… New! mabo400さん

リモコンの修理(分… toyotaka117117さん

そうかがっかり airmotoさん
デイリー ルーツフ… 榎本!さん

Comments

ja6g*gf@ Re:地震の被害は?(01/16) New! JA6G*Eさんへ すみませんここはめったに書…
JA6G*GF@ Re[1]:リモコンの修理(分解掃除)をしました。(01/23) New! JA6G*Eさんへ こんばんはご心配ありがとう…
JA6G*E@ Re:リモコンの修理(分解掃除)をしました。(01/23) New! 地震後のブログには何にも書いてないので…
JA6G*E@ 地震の被害は? 夜中に震度5強の揺れがあったようですが大…
toyotaka117117@ Re:雨水タンクの水を水洗トイレに流す(01/16) 本日、水道使用量検針結果が届き節水効果…

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.