839765 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

katuragi2ndのブログ

全8件 (8件中 1-8件目)

1

DIY工具自作

2020.05.22
XML
カテゴリ:DIY工具自作
モーターで回す紙ヤスリを作りました。

YouTubeでDIY番組を見ていると工具を作るお話がたくさんあります。

電動紙ヤスリ、サンドペーパーを円盤で回す、帯状のベルトの紙ヤスリを回すこちらはちょっとレベルが高そうです。

円盤を回すやつに挑戦してみました。

先ずモーターこれは最近分解した掃除機のモーターがあります、すでに外した時、電源をかけて回してみましたから性能は分かっています。

次が円盤これはYouTubeで見て知っています、ベニヤ板を8角形に切って角を取って中心に穴をあけてモーターで回しながら削ります、最初は角が多いので注意しながらヤスリをかけます、なかなか丸くならないのでカッターを当てたら弾き飛ばされカッターの刃が飛んできました。

回転するものは危険です、ヤスリでゆっくり削り円盤完成です。

サンドペーパーこれは買い置きがあったので丸くないけど、中心に穴をあけ両面テープで貼り付けました、円盤全体になくても大丈夫です、ちゃんと削れます。

もう一つモーターを保持するスタンドです、倉庫にある手頃な板切れを探しますが・・・、よさそうなものが見つかりません。

来週ゴミに出す焼酎のペットボトルがありました、これを切り取ってもモーターを中に入れる、円盤が直径12cmでした、2.7リットルのペットボトルは13cm丁度良さそうです。

出来上がった回転する紙ヤスリです

最後に電源アダプタ倉庫で見つかりました、昔のHDDで使っていた5V&12Vが出るやつ・電源スイチこれも倉庫にありました、中央で「切り」上・下で「入り」使えそうです。


ペットボトルは適当に切ったので手前が低く向こうが高くなっています。

半円に削った木片をペットボトルに外から4箇所留めて、モーターを2本の木ねじで固定しました、ペットボトルの底には振動防止で5mm厚みのスポンジを適当な大きさに切って3箇所貼ってあります。

電源スイチは中央で「切り」下で低速回転「5V」上にすると高速回転「12V」です、高速!すごく速いです。

使ってみると削りくずは向こうの高くなった部分にあたって、内部に吸い込まれているようにも思えますが、そこら中に舞い散り室内で使うことは難しいでしょう。

完成です!それで、こんなもの作って何!するのよ、工作のときに木片の面取りに・・・・使うの。


最初の作品です、落ちていた杉の木片を磨いてみました。

木目がくっきり!なかなかの出来ですね。






Last updated  2020.05.22 15:58:19
コメント(0) | コメントを書く


2020.05.01
カテゴリ:DIY工具自作
これですエアコンは「室外機」・エコキュートは「ヒートポンプユニット」と呼ぶそうですその屋根を作った、これを作るためにフィットでコンパネを切らずに運びました。

なかなかいい感じです。

塗装は先日座卓を改造したとき残った水性ニスを使いました、ウオールナットは真っ黒に!。

この話は作業台を改造した丸のこ盤を解体したことから始まります。

折りたたみの作業台がなくなった後、エコキュートの上が作業台で小さな作業用のパネルを乗せてここで丸のこも使います、エコキュートを切らないよう十分注意して作業してきましたが、しかし・・・。

座卓の足を作っているときでした、45度の角材を作ることになって初めて丸のこの歯を45度にしました、いつもの感覚で切ってると丸のこは突然!ストップ故障かと思えば停電していました。

こんな感じで作業、エコキュートの上を丸ノコの歯が通過したのです。

45度に傾けた丸のこの歯は思ったより内側を通過し、エコキュートは見事に切れています、開けて内部を確認しますと制御基板は大丈夫、一安心です・・・その夜お湯は沸きました。

作業台です、右に10cmほど出っ張っています、これでエコキュートを切ることはなさそうです。

作業台はこの位置にこの向きでないとセットできません、左の黒く塗ったエアコンの上、右のポリバケツもフタを裏返しにしていろんな小物を置くことができます。

これで作業効率はアップ作業台の保管場所も確保しました、作業しないときは外して倉庫の天井スペースに収納できます。






Last updated  2020.05.01 00:18:20
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.30
カテゴリ:DIY工具自作
狭い倉庫に・・・、あると便利な丸のこ盤でしたが保管に場所を取りますし使用頻度も少ないです、工作台としても使いません、倉庫の前にエコキュートの室外機?これは高さといい大きさも工作台にぴったりです。


工作台兼用の丸のこ盤ばらして捨てることにしました。

赤い丸の材料を固定できるハンドルこれは使えそうです


バイスに出来そうです・・・。           白と黒2個できました。




倉庫の作業台にクランプで締め付けて使います。

挟みこむところはコンパネを使用しました、材料に傷をつけることもなく快適です。






Last updated  2020.03.30 09:29:23
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.05
カテゴリ:DIY工具自作
ちょっと狭いキッチンカウンター横の分別ごみ収納箱を冷蔵庫の横に引っ越しました。

3マスあった収納を1個(約20cm)カットして冷蔵庫の奥行きに合わせました。

幅は約60cm・奥行きは21cmで冷蔵庫にピッタリです。

                  キッチンカウンター横                          引越し冷蔵庫の横


こんな感じに仕上がりました。

勝手口のデッドスペース・・・ごみ置き場でしたが、片付きました。






Last updated  2018.12.05 02:01:28
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.19
カテゴリ:DIY工具自作
近くに住む娘の家に片付けの手伝いに行ってきました、不要物ベッド・下駄箱・机・回転椅子・テレビ・障子!6枚・他ガラクタ多数、軽トラックにいっぱい!業者さんにお願いしました・・・、丈夫そうなベッドの枠をもらって帰りました。


ベッドの枠・・・・考えたことはやっぱりベンチでした。
ベッドの廃材
材料は図面に書いたこれだけです、ザーッと見積もると板が足りなくなるかもしれないので設計図を書いてみました。


寸法は長さ1440mm・座面450mm・高さ400mmくらいでしょうか。
ベンチの設計図
完成したものの寸法を記入しました、購入したものはL型の金物8個と木ネジだけでした。


出来上がりはこれです、背もたれの角度が絶妙です。
新しいベンチ
早速!ここで寝てみました、とってもいい感じです、専用の座布団を作ってくれるそうです。


ベッドの廃材で作った先代のベンチこれと入れ替えました。
古いベンチ
退職して4年、私の職場はここでした、向うに50cm 移動するとそこは食堂!便利なベンチでしたが、こちらは本日解体しました。








Last updated  2016.06.20 16:32:24
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.15
カテゴリ:DIY工具自作
大工仕事で使う、丸ノコの箱がボロボロになって汚いので、焼却炉で焼いてしまったのです。

箱がなくなると収納に困るんですね、丸いからコロコロというわけではありませんが、妙に場所をとりますし、コードの始末にも困ります。


作りました丸ノコ収納・・・どう台?
丸ノコ収納

丸ノコをもって向う側からバックで引っ掛けると、収まるようにできています、真ん中に工具を入れるスペースも確保してちゃんと!フタもついております。

コードは左側のスペースに折りたたんで押し込み、本体の取っ手をもって持ち運びOK!、ダンボールの箱より一回り小さくなり、倉庫の棚にきちんと収まります。







Last updated  2016.02.15 12:43:47
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.06
カテゴリ:DIY工具自作
実験用の電源です30Vを超える物がなくて2つ直列とか危ない作業をして、試験中にものを壊すこともありました、新しく材料がそろったのでつないでみました、あこがれのデジタルメータ付です。

下の白い箱は電源の本体 20V-5A Fujitsu パソコンのACアダプタです、24Vファンその間に昇圧型D/Dコンバータ入力Max6A、デジタル電圧/電流計と、10kΩボリューム、中央で光っている2本の針金がシャント抵抗用のステンレス針金、部品はこれだけです。
実験用電源製作
ACアダプターが100W・・・D/Dコンバータで35Vまで昇圧できましたので最大電圧で2.5Aはいけそうです、試験中手違いで何度か短絡させましたが壊れることはありませんでした。

ケースの製作です、お得意の牛乳パック、両面テープ・幅広の透明テープ出来上がりはこんな感じです。(W125・H70・D70)
20-35V電源完成
ACアダプタに両面テープで牛乳パックを張り付けて箱を作ります、部品の位置を決めて穴を開けケースは出来上がります、化粧パネルに黒い厚紙これもまたテープで張り付けてあります、周囲を幅広の透明テープで巻けばケースの強度も上がります。

歴代の牛乳パックケースの実験用電源です。
いずれもパソコン等のACアダプタを使ってケースは牛乳パックです、真ん中の電源は軽いです一番右は15Vのアダプタ2個内臓ですから少し重たいです、秋月電子 HDR12003E 300円の可変スイッチングレギュレータを使用しています、短絡しても負荷を外して再起動すれば何事もなく復帰します、いずれも冷却ファン内臓ですから連続使用が可能です。
歴代の実験用電源
20V~35V(2.5A)600g    5V~28V(3A)H25年380g    5V~30V(2A)10年?700g

もうひとつ!電源といえば20才のころ作った、重たいトランスの入ったシリーズレギュレーター、最近は倉庫の棚で眠っています、出番は車のバッテリー上がりの時!、25V-5Aの目盛りの設計ですが、電流計を振り切って使っても臭いにおいがするだけで、壊れることはありませんメーターの針の形から古さが分かります。
45年も前の安定化電源






Last updated  2015.07.07 04:54:20
コメント(0) | コメントを書く
2015.02.28
カテゴリ:DIY工具自作
丸鋸盤完成
丸鋸は持っていたのですが、コンパネを切ると切り口がバリバリになってしまうので、使わず保管していました、ホームセンターで切ってもらうと丸鋸なのにきれいに切れます・・・・、回転する歯の数が多い「高価な」ものを使えばきれいに切りとることができるそうで、新しく歯を購入・交換してして試し切りをしてみますと見事に!きれいに切れました、今後はコンパネは丸鋸で切ることが出来、作業がすごく楽になります。

この丸鋸で、欲しかった丸鋸盤作ってみました、以前から持ってた作業台「左」これに丸鋸を挟んであります「右」、切断用のガイドも作って、まっすぐにチーンと一発で切れます「下」立ち位置で作業ができますのですごく安全です。

丸鋸の固定

取付の状態はこんな感じです、丸鋸本体を引っかけて、締め上げることで固定します、固定用の板を一枚貼りつけてその上の大き目の板を張り付けます、これで締め上げる側は完成です「上」、固定する側はL字型の板2枚で丸鋸本体を固定します、その上に板を張り付けて引っ掛かりを作ります、中央はモーターが来ますので切り込んであります「下」。

丸鋸が回転すると振動がありますので、それぞれの板は接着剤で張り付けて多めの木ネジで止めてあります、挟み込む部分は上下左右から締め付けますので丸鋸本体はしっかり固定されています。

足踏みスイッチ
切断作業時には両手がふさがりますので足ふみ式のスイッチ「フットスイッチ」です、仕組みは簡単上下の板にクロスして電線が貼りつけてあります2枚の板を2本のネジで止めて、適当な硬さのスポンジなどはさめば完成です、コードの両端にはコンセント・プラグが付きます、電源につないでこれを踏みつけるだけで固定された丸鋸は気持ちよく回転します。

丸鋸と作業台はそれぞれに活躍します、合体!するともっと便利なものになります、生まれて初めての電動丸鋸盤です、使い心地は最高ですが、注意しないとかなり危険!です、回っている歯に触れたら指が簡単に切れて飛んでいくでしょう。

ところで丸鋸盤を作るにあたって、いつも通り手鋸で「ごしごし」とコンパネを切って疲れましたが、完成した丸鋸盤、今日のところは角材・板・コンパネなど試し切りをしただけで、分解し保管しました。「次に何をするか決まっていませんが次回の作業が楽しみです・・・・、我が家にDIY電動工具がひとつ増えました」。






Last updated  2015.02.28 17:51:27
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.