2021.12.10

雨水タンクの水量計に再びI異変!!

カテゴリ:節約・節水
本日は快晴です、庭の散水が済んだ後に雨水タンクの水量が勝手に増えています、一目盛り20分ですから時間にして1時間と20分増え続けています

増え始めたのは12月10日 11:00 青い三角マークの位置です



一目盛りが30リットルですから約40リットル増えたことになります


雨水タンク内部を覗いてみます、水量の異常は感じません

可変抵抗器はオリーブオイルに浸かっていますから絶縁されています

心配なところは可変抵抗器のコードと信号ケーブルの接続点、赤丸の部分です電線は半田付けして1芯毎にFテープで絶縁してあったのです

余った心線と一緒に適当にテープで巻いておきました、隙間から浸みこんだ水分で絶縁不良となったのでしょう、テープを外すと水量は一気にもとの正常値に戻りました

修理後は1芯毎にFテープで抑えて、間隔を開けて周囲に触れないようにしました

以前、設置した3点表示式の水量計は必要なさそうですから撤去しました、タンク内の間仕切りをつないでいた水道ホースは正式にビニールパイプで配管し、外せる不要な部品は撤去しました

可変抵抗器のワンカップに入れたオリーブオイルは見た目、減ってはいないようですがタンク内の仕切られたフロートの位置にわずかに油分が浮いているように見えます

センサーの可変抵抗器は10KΩ、電圧5Vですから電流は0.5mAですからちょっとした水分の影響を受けやすいようです、可変抵抗器を200Ωにすれば電流は25mAとなり不安定要素が減るでしょう。





TWITTER

Last updated  2021.12.11 08:50:44
コメント(0) | コメントを書く