043760 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ロシアでお買い物

全56件 (56件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

Jan 9, 2006
XML
カテゴリ:ロシア人
今日、秋葉原に行ってきました。

日本の秋葉原です(初めて来てくださって「?」という方はこちらをお読みください)。

ロシアの友人への頼まれものを探しに行きました。

私は5年ほど前まで、仕事でよく秋葉原に行くことがあったのですが、最近はほとんど足を運ぶことがなく、ほんとうに久しぶりにやってきました。

目指すはもちろん外国人向けDuty Free Shop
とはいっても知っている店があるわけではないので、駅の周りを適当に物色していたところ・・・


突然目に飛び込んで来たДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ(ダブロー・パジャーラヴァチ:ようこそ)の文字!!


迷わずその店に直行。

店頭にあったノートパソコンを眺めていると、中国人だと思ったのか(予想はしていたが)、店員の女性が中国語(たぶん)で話しかけてきた。


私「す、すいません(なぜかあやまる)、日本人なんです」

店員「(流暢な日本語で)これは、英語ウインドウズがインストールされているんですよ。外国用のお探しですか?」

私「はい、ちょっと外国の友人に頼まれていて・・・」

店員「どちらのお国ですか?」

私「ロシアなんです」

店員「うちではロシア語の説明書もおつけしていますよ。私ロシア語担当です」

私「!!」

店員「ロシアの方よく来るんですよ。アエロフロートの方とかも」

言われて店の奥の方を見ると、アエロフロートのロゴマーク看板がかかっている(しかし、なんのためにあるのかはいまいち不明)。


ロシア人、ちょっと来ない間に秋葉のお得意様になっていた・・・。




さて、しばらく店内を回って、デジタルビデオカメラを見ていた時、この店員さんがまた話しかけて来た。

店員「これは最新の商品で人気があります」

最新だけあって、お値段も188,790円とお高い。

店員「この前ロシアの方がたくさん買って行かれたんですよ

私「!!!」


ロシア人、日本でも高いもの買いまくっているらしい・・・。




ちなみにこの女性店員さんはとても親切で愛想がよく、かといって押し付けがましくなくてとても好感の持てる人。しかも最初の時点で世界三大難語と言われている(と大学のロシア語の先生が言っていた)日本語、中国語、ロシア語を話せることが判明。さらにこの後、他の外国人相手に英語でも話をしていたのですくなくとも4ヶ国語は話せるみたい(...尊敬...).


最後に、結局見ていただけの私に、自分から名刺をくれて和やかにお別れした。

で、今その名刺を見てみたのですが、名前がですね


バーサンドルジ マシバト Mashibat Baasandorji


とあります。

中国人かと思っていたのですが、これって中国人の名前じゃないですよね。。。

どこの国の名前かお分かりの方、教えてください。






Last updated  Jan 9, 2006 08:53:43 PM
コメント(6) | コメントを書く
Jan 6, 2006
カテゴリ:ロシアの市場
「秋葉」という文字を見て・・・


紅葉を連想したあなた、詩人です。

電気街を連想したあなた、お仲間です。


というわけで、今日は後者の話です(笑)。


場所はモスクワ市北東部、ВДНХ(ヴデンハー)にある、ВВЦ(ヴェー・ヴェー・ツェー:ロシア全展覧会センター)でございます。

ここはその昔、スターリン時代にソ連の内国博覧会場だったところで、ものすごい広い敷地内にたくさんの巨大なパヴィリオンが立ち並び、噴水や池、農場、馬場などもあります。

このパヴィリオンの建物というのが、全世界の建築様式と社会主義のシンボルとスターリン趣味が折衷された、世にも珍しい(?)ものなのですが、その話はまた今度ということで、今日はその中身の話。

この元博覧会会場は、今は公園として整備され、遊園地なども併設されて市民が気軽に遊びに来るところとなっています。一応、ソ連時代の展示場の一部や展覧会場としての機能も残っていて、なにかしら催物をやっているのですが、しかしほとんどの建物はびっしりと商店が入っていて、しかも一番多いのが電化製品

つまり「電化製品買うならВДНХ」ということで、友人(日本人)は「モスクワの秋葉原だ」と説明してくれたのでした(なので正確には市場とは言えないのですが、小さい店がたくさんあって、みんな電化製品売っていて、しかも安い、という点では市場と考えていいかなと)。

で、あるとき、ある電化製品を複数購入する必要があって、この「秋葉原」にロシア人の友人数人と出かけて行きました。
ここは本当に広いのですが、車の乗り入れはできないので、えっちらおっちら歩いて行きます。どんどん歩いて行って、一番奥の巨大な建物に入りました。中はがらんとしていて、友人はあるブースの店員と話しています。よく見ると相手はロシア人ではなく、色黒の彫りの深い顔立ちで口ひげを生やしている。

「インド人?」

と思ったものの、そこでは結局必要なものが手にはいらなかったので、さっさと出てとなりの建物へと歩いて行きます。

そしてなんの気もなしに入口を入ると、そこは・・・






インドだった。。。






そう、そこにいたのは全部インド人

店に座っているのもインド人
店前で、ひたすら客引きをしているのもインド人
店の中で退屈そうにしている子供もインド人

2階にも上がって、問屋のようなところも訪ねたのですが、そこにいるのもやっぱりインド人
貼ってあったポスターのきれいなおねえちゃんもインド人


彼らが売っているのは、主にパソコン関連や音響、映像関連の電化製品。

インドはIT王国だとは聞いていましたが、まさかこんな北国にまで商売しに来ているとは知りませんでした。。。

冬の雪のロシアで見た熱い国の人たち。

「モスクワ、やっぱり奥が深いぜ・・・」

またもやうならせてもらった1日だったのでした。






Last updated  Jan 6, 2006 04:19:01 PM
コメント(5) | コメントを書く
Jan 5, 2006
カテゴリ:ロシア人
なんかばたばたしているうちに正月も5日になってしまいました。
今年は日本で正月だったので、おとなしめの正月になりましたが、モスクワだったらパーティーで歌えや踊れの世界だったでしょう。

ロシア人は歌や踊りが大好きです。ノリ出すととまりません。「そこまでやるか?」という世界。みなさんなかなか芸達者でございます。踊りとか演劇とか、本当にその気になってしまうので、見ててこわいくらいです。

ただですね、歌なんですけどね、ロシアは世界に名だたる音楽家もたくさん排出しているからですね、ちまたのロシア人もですね、さぞかし歌がうまいんだろうな~と思っていたんですよ。

思っていたんですが・・・




なぜか私のまわりのロシア人は、音痴ばかり。

しかも、日本じゃなかなかお目にかからないような超ど級の音痴がごろごろいる。

しかも、それでもまったく気にせず歌いまくる。



いや、たしかにうまい人もいます。でもそういう人はちゃんとギターが弾けたり、声楽をやっていたりするような人なんです。つまり

うまい人とへたな人の差が極端

なんです。

これは私の周りがたまたまそうなだけなのか、実はロシア人は音痴が多いのか?

もしかしたらソ連時代に教会へ行かなくなって、一般人は賛美歌歌わなくなったからなのか?

この辺はよくわかりませんが。。。
まあ、音痴でもうまくても臆せず人前で歌うから、才能も発見されやすいのかもしれません。



これに限らず、ロシアは何でも両極端な国。中間とかがないんですよね。
歴史とかでも、ロシアは古代からいきなり近代になった(ピョートル大帝が「えいやっ」と西欧化してしまった)ので、中世がないとか言われてると聞いたことがあります。

あいまいな日本人の私としては、よきにつけ、悪きにつけ学ぶことがたくさんあります。今年もこの国からいろいろ吸収させてもらいたいと思っています。






Last updated  Jan 5, 2006 04:40:30 PM
コメント(7) | コメントを書く
Dec 29, 2005
カテゴリ:ロシアの光景
今年ロシアで一番印象に残ったこと。

ある夏の夜、友人数人と夜のお散歩に行った。
場所はモスクワ北東部にある「ヘラジカの島」という大きな森。
なんでもその名のとおりヘラジカが住んでいるらしい。もちろんモスクワ市内。

ロシアに来て思うのは、モスクワのような大きな都市でも、森の中に浮かぶ小さな島にしか過ぎないということ。市内を抜けると、あっという間に圧倒的な大自然が広がっている。東京・千葉育ちで、どこまでもビルや民家が延々と続く風景に見慣れていた私には、けっこうカルチャー・ショックだった。

で、話はお散歩に戻る。

夜と言ってもモスクワの夏は11時くらいまで明るいので、私たち以外にもちらほらとそぞろ歩いている人たちが見える。
この森は本当に大きくて、そこを細いまっすぐな道が何本も通っているのだった。最初は背の高い木の間の道を延々と歩く。まだまだ空は明るい。
かなり歩いてそろそろ飽きてきたかな、というところで、ぽっと頭上の開けたところへ出た。

そこは地面の上をうっすらと霧が漂い、ソ連時代に建てられたと思われるさびついた巨大な送電用の鉄塔が後方から前方へと列を作っていた。
高校生の時に見た、タルコフスキーの「ストーカー」という映画の場面を彷彿させるような、なにか異次元にでも迷い込んだような気分だった。

そこで道を曲がり、今度は木のない野原の真ん中をぶらぶら歩く。道はやはりまっすぐ。先は見えない。今度は「未知との遭遇」状態。道の先の野原の向こうから謎のUFOでも出てきそう。

そんなこんなで時間はもうすぐ夜の12時に近くなってきた。さすがに薄暗くなってきて、引き返し始める。そして先ほどの曲がり角に来て、最初の森の中の道に戻ろうとしたとき、一緒にいた友人が呼び止めた。


「ローシがいる!」


振り返ると、そこには初めて目にする巨大な生き物がいた。
「ローシ」とはロシア語で「ヘラジカ」のこと。
すでにかなり暗くなってきていたので、目鼻や毛並みまでは見えなかったが、私たちから5、6メーター離れた草むらの中、薄ら明かりと霧をバックにその美しいシルエットが映えていた。

しかもよく見ると子供を2匹連れている。
普通、子連れの動物はすごく気が荒くなっていて危険だと聞いていたので、それ以上は近づかず、息を殺して見守っていたが、ローシたちはそんな人間たちなぞ一向に気にする風情もなく、ただ静かに草を食んでいる様子。

しばらくは言葉もなく見つめていたが、時間も時間なので惜しみつつその場を後にした。

モスクワでは日本ではありえないようないろんな物や人を見てきたが、いいにつけ悪いにつけ、みないい思い出になっている。

しかしこのローシとの遭遇は、それとはまた別の、通常の生活の領域を超えた、どこか神聖ささえ感じさせるような出来事だった。











Last updated  Dec 29, 2005 05:54:59 PM
コメント(4) | コメントを書く
Dec 28, 2005
カテゴリ:ロシアと日本
こんな写真が出てきました。

js_tsukubai.jpg

js_azumaya.jpg

ご覧のとおり日本庭園です。日本滞在が長くなりとうとうロシアネタが尽きてしまった・・・




わけではありません。

じつはここモスクワなんです。
2枚目の写真を良く見てください。東屋にすわっているのはロシア人です。

モスクワの中心部からちょっと北へ行ったところにこの「ボタニーチェスキー・サット」はあります。直訳すると「植物園」です。実際温室(ボロい)とかもあって、大学の研究所とかもあるらしい?のですが、実際はでっかい森林公園です。

その一画にこの「イポンスキー・サット(日本庭園)」はあります。何でも日本からちゃんと職人さんを呼んで、日本の技術でつくったとか。このほかにも杜若の植わっている池があって、八橋が架かっていたりとか、茶室があったりとかして、けっこう気合が入っています。

この公園自体は無料でも入れるのですが(「も」というのは、実は正門から入ると入園料を取られることがあるらしいです。いつも裏の柵の破れ目みたいなところから入っていたので、つい最近まで知らなかった・・・)、この日本庭園は有料です。いくらか忘れましたが、安かったです。
昨今の日本ブームもあいまって、ここはけっこう人気があり、散策を楽しむロシア人たちが、そこかしこに見えます。

「ロシアに来て、わざわざお金払ってまで日本庭園見る必要もあるまい」と、思っていたのですが、この日はちょっと気分を変えてみたくてやってきました。ぐるっと園内を一回りして、写真を撮ったりしながら、けっこうのんびりした雰囲気を楽しむことはできたのですが、やはり日本とは「何かが違う」。

なぜ「違う」と感じるのだろうかと考えてみました。




なぜだろう・・・?




考えながら、あたりを見回しました。




そして気づいたのです。




それは・・・





木がバカでかい


ということ。

日本庭園というのは普通は庭師さんがいて、松の枝とかをいつもきれいに剪定しているもんなんですが、ここはモスクワ。そんな人いるわきゃありません。

というわけで、松も桜も他の植え込みも元気に育ちまくっています。
そのうえ、樫の木などのロシア土着のでっかい木も周辺には植わっています。

こういう回遊式庭園って、遠景とか借景とかの風情を楽しむはずなんですが、元気な木たちがのびまくっちゃって目をさえぎっていたんですね。
それで、なんとなく違和感を感じていたのでした。

まあ、地元の人が喜んでいるなら、別に文句を言うこともないのですけどね。
















Last updated  Dec 28, 2005 05:27:01 PM
コメント(3) | コメントを書く
Dec 26, 2005
カテゴリ:ロシアの光景
今日、モスクワの友人(ロシア人。日本語できます)からメールが届いた。
ワードの添付ファイルになっていて、ファイル名は

「今モスクワにはこうなりました」


え!え!なに?

モスクワでなにか起こったの?

テロ?

事故?

戦争???


まじであせって、ファイルをダウンロード。

息を呑みながら恐る恐るファイルを開くと、なぜかそこには雪をすっぽりかぶった野原の写真。

そしてその下には次のコメントが・・・





今モスクワにはこうなりました。(^^)
日本はどう?


&どこからかひっぱってきた中国風の五重塔のイラスト





どうやらモスクワも大雪らしいです。。。

ロシアなんだから雪が降って当たり前じゃないか、と思われるかもしれませんが、ロシア人もびっくりの大雪のようです。

彼女によれば「どこも雪ばっかり」だそうな。

しかしこのご時世。冗談きついよー。まじで心配しちゃったじゃないかー。










Last updated  Dec 27, 2005 01:20:39 AM
コメント(3) | コメントを書く
Dec 25, 2005
カテゴリ:ロシアと日本
今日、こんな記事がありました。

プーチン大統領、山下泰裕氏らと柔道指導 ロシアで

井上康生選手の「食事のときの大統領の表情が柔らかくて驚いた」というコメントが、らしくて笑えます。いつも強面のプーチンさん。この記事に掲載されている写真の顔もちょっと怖いですもんね。

ところで、プーチンさんだけではなく、ロシア人は「武道」が好きな人が多いです。「空手やってました」「柔道やってました」って人はごろごろいます。
剣道や合気道、それから太極拳とかもいたなあ。

しかも女性が意外に多い。体育の授業にでも入っているのか?と思ってしまうほどです。これだけ武道人口のすそ野が広ければ、柔道で強い選手が出るのは当たり前ですね。日本人もうかうかできないわけです。

ところで以前飛行機で隣になった女性は、グループでサンクト・ペテルブルグに声楽のレッスンを受けてきたと話していました。またモスクワの空港で、新体操のあの「輪っか」を持った日本人の女の子を見たこともあります。

文化、スポーツレベルの交流は意外と多いようです。









Last updated  Dec 25, 2005 09:22:48 PM
コメント(4) | コメントを書く
Dec 24, 2005
カテゴリ:ロシアの光景
えー、フリーページにも書いたのでくどいかもしれませんが、ロシアのクリスマスは1月7日です。
だから今日も明日も暦のうえでは「ただの土日」なんですが、せっかくだからクリスマスネタ行きます。

ロシアのサンタクロースと言われるのがジェット・マロースです(ジェットは「おじいさん」、マロースは「厳寒」という意味)。

見かけはサンタクロースと似ているのですが、ジェット・マロースの正統コスチュームは「とても長い銀色のひげに赤い帽子をかぶり、赤い長いコートを着ている。コートの襟は白鳥の羽でできており、白いベルトを締め、手袋は二股の白いミトン、白い靴を履き、氷でできた杖を持っている」というものだそうです。

それでジェット・マロースは彼の孫娘であるスネグーロチカ(雪娘。雪の結晶の帽子をかぶり、白い服を着ている)と一緒に、お正月にプレゼントを配りにそりでやってきます。

ジェットマロース01

お正月飾りであるヨールカ(もみの木)の下には、よくこのジェット・マロースのお人形が置かれます。お土産市場ではこのジェット・マロースの木彫りの人形をよく見かけます。印象としてはサンタクロースというよりも、冬の王様という感じの堂々としたものが多いです。

私はこの長いガウンのようなコートのジェット・マロースが好きなんですよね~。むかし、小学生のとき、劇でロシアの昔話の「森は生きている」をやったんですが、それに出てくる1月の精がやはりひげが長くて、長いコートを羽織っていて、そのイメージとダブるんです。キリスト教以前のロシアのイメージなんですよね。

ただ最近は、アメリカ風(?)のサンタクロースもよく見かけます。でもこちらは日本と同じで、企業の宣伝臭が濃い感じがどうしてもしてしまいます。

さて、では1月7日のクリスマスには何をやるのかというと、敬虔なキリスト教徒はちゃんと教会に行くみたいですが、そうではない人はパーティーとか、旅行に行ったりとか、いろいろなようです。まあ、どこの国も似たようなものかもしれませんが、楽しめれば何でもいいというわけですね。

yolka02
モスクワ トヴェルスカヤ通りのヨールカ

gum01
赤の広場に面したグム百貨店のクリスマス飾り











Last updated  Dec 25, 2005 12:06:45 AM
コメント(3) | コメントを書く
Dec 23, 2005
カテゴリ:ロシアと日本
今日、昼間に1つ日記に書きたいことがあったのですが、うーん、思い出せない。。。

ところで、昨日本屋に行ったら北欧コーナーがあって、北欧関係の書籍がいろいろ壁に飾られていたのですが、なぜかわれらがロシア(正確にはソ連)の人気人形アニメの主人公

チェブラーシカ

の本が2冊も入っているではないですか。

いや、確かにロシアはフィンランドに隣接しているし、北の方の国かもしれないが、北欧ではないんだけどな。。。

よく見ると、旧東ドイツや東欧諸国を扱った本とかも入っていまして、普通の日本人にとっては北欧も東欧もたいして変わりがないということなのかもしれない。

まあ、でも北欧ブームに便乗してロシアの文化も一緒に注目されるようになるなら、それはそれでうれしいことではありますが。

いつか、本屋でロシアコーナーとかできる日がくるといいなあ。
あ、でも来年はなんか日本はロシア文化年だかなんかをやるらしいので、マジでそういうコーナーができるかもしれません。

ちょっと期待しちゃいます。






Last updated  Dec 23, 2005 11:51:06 PM
コメント(2) | コメントを書く
Dec 22, 2005
カテゴリ:ロシアと日本
今日はやけに寒いと思ったら、雪でした。
最初に思ったこと。


「ああーーー、ロシアに冬靴置いてきちゃったぁー!これじゃ歩けないーー!!」



そう、冬のロシアで絶対必要なアイテムの1つは「暖かくて滑らない靴」

これがないと生活できません。外を歩くことは不可能です。つまり何もできません。

日本は暖冬だと聞いていたし、雪なんてめったに降らないから油断しておいてきてしまったのでした。コートは持ってきていたから、上は大丈夫なのですが、しかし足元が。。。

幸い雪は道路にはほとんどつもらなかったので、私の日本で買ったスニーカーでも転ばずに歩くことはできました。あーよかった。

日本の雪は水っぽいからすぐに溶けてしまうんですね。モスクワの雪はさらさらしているからなかなか溶けません。だから傘も差しません。ちょっとはたけば、雪はぱらぱらと落ちていきます。

だから、最初は傘を差さずに歩いていたのですが、だんだん降りが激しくなり雪まみれになってしまって、さすがにちょっと不自然かなと思い、傘を差しました。

だけど、日本の冬の服を見ていてつくづく思ったのは、日本人って防寒対策がいい加減だなあということ(東北、北海道とかは違うと思いますが)。ファッション優先で、どう見ても防寒に役立つとあまり思えないコートとか、靴が多い。

「あー、そんなマフラーの巻き方じゃ、風がはいっちゃうよー」

とか、思わず注意したくなってしまう、ロシアのおばさん化した今日の私でした。












Last updated  Dec 22, 2005 10:22:40 PM
コメント(5) | コメントを書く

全56件 (56件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


カチューシャ

Favorite Blog

Comments

海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/w3p0h7o/ 俺…
ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/fd9ykht/ 今…
地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.