000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ロシアでお買い物

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

ロシアの光景

Jun 18, 2006
XML
カテゴリ:ロシアの光景
モスクワはこの時期、雪が降ります。
と言っても冷たくない雪です。

こんな感じ↓

topori13.jpg

topori21.jpg



これはトーポリという木の綿毛。
トーポリは街路樹として、モスクワのいたるところに植えてあります。
そして6月から7月にかけて、ふわふわの綿毛を飛ばしまくり、モスクワの街路を白く染めるのです。


topori31.jpg
トーポリの木


topori06.jpg
トーポリの綿毛


topori12.jpg

こんな感じでどんどん吹きだまりができる。。。


吹きだまるのはなにも道路だけではありません。
気がつくと部屋の隅っこにふわふわ物体が鎮座していることしきり。。。


はっきり言って掃除が大変です。


しかもこのトーポリ、アレルギーを起こす人がいる。
日本の杉花粉と同じ。

なんで、こんなはた迷惑な木が街路樹として植わっているのかというと、第二次世界大戦後、町並み再建かなんかで街路樹を植えるときに、よくわからなくて雌のトーポリばかり植えてしまったからだとか。。。
(トーポリというのはいちょうなんかと同じで、雄と雌があります。綿毛を飛ばすのは雌のトーポリ)

とってもロシアな理由です。

最近になってやっと、モスクワ市当局もどうしようか対策を考え始めたそうな。


-----


さてこの自転車少年(とおばあちゃん?)がなにをしているかわかるでしょうか?

topori22.jpg

topori24.jpg

topori25.jpg


実はトーポリの綿毛に火をつけて遊んでいるんです。
これって子供、とくに男の子がよくやる遊びらしい。
友人によると火がすぐに回って面白いんだそうです。



おねがいだから、燃やすのはトーポリだけにしておいてね。。。



topori15.jpg








Last updated  Jun 18, 2006 05:42:23 PM
コメント(89) | コメントを書く
Jun 1, 2006
カテゴリ:ロシアの光景

moscow_roji.gif


みなさん、こんにちは!実は今、パリのモンマルトルにいます!








とか言ったら、5秒くらいはだまされてくれるでしょうか。






これはモスクワです。
(カチューシャはあいかわらず日本におります。)

最近モスクワの友人は、カチューシャ専属カメラ小僧(?)になりつつあり、いろいろ写真を送って来てくれます。というわけで、今日はモスクワ中心部の町並みなどをご紹介します。



hotel.jpg


モスクワの中心部、クレムリンの周辺は、こんな感じの古くてデコラティブな建築にたくさんお目にかかれます。今はだいぶゆるくなっているようですが、モスクワは街の景観保存に関してはかなり神経使っているようです。ソ連時代はそれが極端だったみたいですが、友人の話によるとソ連崩壊後もしばらくは、小さな看板一つ出すにも許可がなかなか降りなかったそうです。

現在看板はめちゃくちゃ多くなっちゃいましが、昔の町並みはけっこう残っていて楽しめます。古い建物も修復したり、中だけ改築したりしてうまく使っているんですよ。


oyasiki1.jpg

これなんか古くて大きなお屋敷風。だけど細部を見ると・・・


oyasiki1mado.jpg

これぞMADE IN USSR!!
ソ連時代にくっつけられたんでしょうね。けっこうこういうパターンも多いです。
ヘルメスの顔の上に偉そうに載っているのが笑える。


あとはランダムに


matinami1.jpg

                      matinami2.jpg

matinami3.jpg

                      matinami4.jpg


ね、なんか、ヨーロッパみたいでしょ?(ちょっと卑屈かしら。。。)


あ、それからまた騎馬警官がいました!

kibakeikan.jpg

場所はクレムリンのすぐ近くですね。左は女性のようです。
モスクワで婦人警官(しかも若い)なんて見たことなかったのですが、やっぱり騎馬警官は「見た目重視」らしい。。。



見た目といえば、クレムリン脇のアレクサンドロフ公園で、衛兵交代をやっている軍人さんたちもかなりのイケメンです。交代式は1時間ごとに見れるので、かっこいいロシア人が見たい方にはおすすめします。(この人たちは外国人に悪さをしたりしないのでご安心を)。


あれ、かっこいい建物の話で始まったはずなのに、なぜかイケメンの話で終わってしまった。。。

    









Last updated  Jun 1, 2006 07:30:05 PM
コメント(2) | コメントを書く
May 23, 2006
カテゴリ:ロシアの光景
お久しぶりの更新です。って、最近こればっかりですが。
というわけで、筆無精カチューシャ、ぼちぼちやっております。

さて連休も(とっくに)終わり、モスクワもすっかり春がやってきたようです。晴れれば半袖でも大丈夫な陽気です。友人がこんな写真を送ってくれました。


bs_sirakaba400.jpg

場所は以前ご紹介したヴデンハーのとなりにあるボタニーチェスキー・サット。日本庭園がある森林公園です。

野原には色とりどりの小さな花が咲き乱れ、白樺の新緑も鮮やか。
これからロシアはもっとも美しい季節を迎えます。



bs_siroihana.jpg

bs_aoihana400.jpg


とにかくこれでもか!というくらいお花がいっぱい。




bs_belyoza.jpg

この日は途中で雨が降り出したようです。土のにおいが立ち上ってきそう。

こういう風景を見ると、むしょうにロシアに行きたくなります。この時期のロシアの森には特別の思い入れがあります。



さて最後にちょっとおもしろい写真。


kibakeikan400.jpg

映画のシーンではないですよ~。

よく見てください。馬に乗っているのはあの「悪名高きロシアの警察官」
なんとモスクワには騎馬警官がいるんです!
街中でもときどき見かけます。

なんでそんなものがいるかというと、別に観光客へのサービスではなくて、馬はけっこう機動性が高く、渋滞も関係なし。おまけに高いところから見渡せるので、犯罪防止にはちょうどいいとか。

ふだんはできるだけお近づきになりたくないロシアの警官さんですが、こういう姿は本当に絵になります。乗る人もけっこう「かっこいい人」を選抜しているような気がします。。



それでもやっぱり近づきたくはないですけどね。












Last updated  May 24, 2006 01:39:45 AM
コメント(6) | コメントを書く
Apr 18, 2006
カテゴリ:ロシアの光景
              
              banana01.JPG



バナナです。これは日本で買ったもの。

ロシアも日本もバナナは輸入品なので、別にロシアで売っているバナナが特別変わっているということはありません。





が、





やはり国が違えば、考えもしなかったことがあったりするものです。


トップのバナナをもう一度ご覧ください。便宜上、画面左側を「頭」、右側を「おしり」と呼びます。


皆さんはバナナの皮をむくとき、どうやってむくでしょうか?
日本人なら、おそらく、「頭」を持ってそこを折り曲げてむくのがスタンダードだと思うのですがどうでしょうか。

少なくとも、日本では私はそういうやり方しか見たことがありません。

もちろんロシアでも、そういうむき方をする人も多いです。





が、





いきなり「おしり」にかじりつき、
口でおしりをもぎとって、
そこから皮を剥いていく



という人が、けっこうな割合でいるんです!!!



いや、別にどういうふうに剥こうがバナナの味が変わるわけではないからいいんですが、はじめてその光景を目にしたとき、さすがに「カルチャー・ショック」でした。。。


今まで気がついたのはバナナだけなのですが、もしかしたら他にも違う剥き方をするものがあるかもしれません。

今度みかんでもためしてみようかと思っています。






Last updated  Apr 19, 2006 02:49:27 AM
コメント(9) | コメントを書く
Apr 9, 2006
カテゴリ:ロシアの光景
             piramid400.jpg




またまた久しぶりの更新で、いきなりへんなものご紹介してしまいます。

写真は2月に撮ったもので、場所はまだ雪がてんこ盛りのモスクワ郊外。

モスクワの中心部から車で1時間ほどのところでしょうか。このへんはなんにもないところなのですが、いきなりこの物体がにょきっと顔を出します。

で、これはなにかと言うと、





ピラミッド





なんだそうです。




エジプトにあるのと較べると、ちいと細長いです。




これを建てたのはとあるロシアのお金持ち。

なんでもモスクワを守護するためだそうな(ピラミッドってそういう機能があったかどうかは知りませんが)。

というわけで、モスクワの東西南北に1個ずつピラミッドを建てちゃったそうです。




この写真はたぶん北にあるピラミッド。

下の方に開いたドアが見えるのでわかると思いますが、けっこうでかいです。

ここは郊外のダーチャ(別荘のようなもの)に行くロシア人がよく車で通るので、一種の観光名所となっています。



ロシアの成金さん、海外でもお金賞金つかってますが、国内でもへんなことに使っている御仁がいるようです。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




いや、待てよ。




ここはロシア。




これ本当にただの金持ちの道楽なのだろうか?




実はこのピラミッドの下に秘密の軍事基地、または地下シェルターなんぞが隠れていたりして。。。



(けっこうありえる話のような気がする)











Last updated  Apr 10, 2006 01:17:30 AM
コメント(10) | コメントを書く
Feb 23, 2006
カテゴリ:ロシアの光景
前回から6日も経ってしまいましたが、つづきです。


ここВДНХ(ヴデンハー)のВВЦ(ヴェー・ヴェー・ツェー:ロシア全展覧会センター)ではロシア土産も売っています。




こんな感じ↓

vdnh_omiyage2.jpg





前々回紹介したレーニンの後ろに建っている威風堂々とした建物の中身は、実はと~~~っても、軽いです。

いちおう、中央にはロシア各地の民芸品の展示室があって、元博覧会パヴィリオンの名残はとどめているのですが、その周りはほとんどお店。一番多いのはやはり電化製品



あとはこんなのとか↓

vdnh_omiyage3.jpg


やっぱり金ぴかが好きなようです。




マトリョーシカもあります!!

vdnh_omiyage1.jpg




あと珍しいところでは、ロシア人が大好きな東洋雑貨屋とか、3Dホログラフィーの写真を作ってくれるお店なんてのもあります(見た目ちょっと不気味ですが)。



この建物のほかにも、ロシアの伝統的な丸太小屋を模した店が何軒かあって、やはり民芸品を売っていたり、「健康の家」という名前の建物には薬局ばかり入っていたりします。

この薬局パヴィリオンですが、日本では見られないような珍しいサプリメントとか、健康増進用のシロップとかいろいろあってすごく面白いです。



あとよく見かけるのが蜂蜜の量り売りのお店。

会場の奥のほうには蜂蜜専門の建物が何軒もありますが、手前のパヴィリオンの中にも蜂蜜屋さんはあります。

ロシアの蜂蜜屋さんにはたいてい、蜂蜜の入った大きな缶(ローソンのマークみたいなやつ)がいくつも置いてあって、買いたい蜂蜜をそこからプラスチックの入れ物についてくれます。

一番うれしいのは味見OKなこと。小さなスプーンにすくってくれるので、それでいろいろ試すことができます。

蜂蜜もほんとうにいろんな種類があって、茶色いやら赤いやら白いやら面白いです。白っぽい蜂蜜は癖がなくて私は好みです。ロシアの蜂蜜はすごくにおいがきつい(なんか生臭いんです。蜂のにおい?)ものが多いので、こういう店で買うときはぜひ味見をすることをお勧めします。

あと蜂蜜と一緒に蜂の巣とか花粉とか蜂蜜で作ったメドヴーハという飲み物も売っています。メドヴーハは今はスーパーなどでもペットボトル入りのものが売っていますが、そういうのは炭酸が入っていたりしてここで売っているものに較べると人工的な感じがするので、買うならВДНХ(ヴデンハー)がいいです。



他にもなにやら珍しいものがたくさんありそうなのですが、まだ私もすべてをきわめておりません。今度またへんなものを見つけたらご紹介したいと思います。






Last updated  Feb 24, 2006 01:17:47 AM
コメント(4) | コメントを書く
Feb 18, 2006
カテゴリ:ロシアの光景
さて、レーニン像のある建物の後ろにあるのがこれ。

vdnh_fontan1.jpg

「民族友好の泉」という名前がありまして、ソ連時代の各共和国をシンボライズした女性像が噴水をぐるりと取り巻いています。この金ぴかさ加減がロシアです(ロシア人は金色が大好き)。

この噴水を中心にいくつかのパヴィリオンが配置されているのですが、これがまたなんとも言いようのない外観をしております。学生時代ちょっと建築様式をかじったことがあるんですが、そんな私の観念に思いっきり衝撃を与えてくれるようなデザインの数々。。。



vdnh_armeniya1.jpg

アルメニア(АРМЕНИЯ)という文字が掲げてあるのですが、元はシベリアのパヴィリオンだったようです。ちょっと古代ギリシャが入っている雰囲気ですが、てっぺんにはやっぱり農産物をあしらった装飾がニョキっと生えております。




vdnh_gruziya1.jpg

こちらはグルジア(ГРУЗИЯ)。もともとは北コーカサスのパヴィリオン。これも古代ギリシャ・ローマ風(あくまでも風です・・・)。




vdnh_kareliya1.jpg

お次はカレリア(КАРЕЛИЯ)。正面の三角ファサードには労働にいそしむ民衆のレリーフ。ここだけ木製で、カレリア地方の森の豊かさを表しているそうです。




vdnh_kurituri1.jpg

こちらは元ウズベキスタンのパヴィリオン。ちょっと中央アジア入ってますね。この建物はけっこう古くて最初に建てられたのは1939年。今はロシアのお土産屋さんとかが入っています。




あとはこんなのとか(ウクライナ館)

vdnh_zdanie3.jpg



どれもこれも、一般的な建築様式の概念からは逸脱しておりまして、しかも大部分は1954年という冷戦真っ只中の時期の完成です。




ところで、ここにあるのは建物ばかりではありません。
こんなのもあります。

vdnh_rocket1.jpg

ロケット!!
後ろの方に飛行機もあります。もちろんアエロフロート。


もう、なんでもありです・・・らくださんもいたし)。



つづく



















Last updated  Feb 18, 2006 03:22:25 PM
コメント(6) | コメントを書く
Feb 16, 2006
カテゴリ:ロシアの光景
さて、らくださんもいるВДНХ(ヴデンハー)にある、ВВЦ(ヴェー・ヴェー・ツェー:ロシア全展覧会センター)の入り口はこんな感じです。




vdnh_entrance1.jpg




でかい




思いっきりスターリン趣味です。でかくて、重厚で、装飾過多。

しかも内国博覧会とあって、装飾モチーフが労働者と農産物なんですよ。



vdnh_mon1.jpg

てっぺんで男女の像が揚げているのは麦の束。アーチや柱にも麦だの果物だのがごちゃごちゃと・・・。

「同志諸君!!我が祖国は豊かなリ~」

ってな感じでございます。




vdnh_light.jpg

電燈のデザインも(けっこう笑える)。





門を入ってまっすぐ行ったところの建物がこれです。

vdnh_zdanie1.jpg

やはりでかい





そしてこの前にいるのが




vdnh_lenin.jpg

革命の父 レーニン!!!




ああ~、ソ連~(笑)。




つづく









Last updated  Feb 16, 2006 08:14:39 PM
コメント(6) | コメントを書く
Feb 14, 2006
カテゴリ:ロシアの光景
いいわけですが、ちょっとこのところ忙しくしておりまして。

こういうときは、またまた我が親愛なるカメラマンに頼ってしまう、根性なしの私でございます。



でもこれはびっくり。

まさかこんなものが極寒のモスクワにいるとは。。。










rakuda2.jpg

ごらんのとおりらくださんでございます。

場所は以前もご紹介したインド人がいっぱいのВДНХ(ヴデンハー)

ここには何回も足を運んだことがありますが、らくだは今まで見たことはありません。。。夏だってこんなのいませんでした。




rakuda3.jpg

こんな雪だらけのところにいて、大丈夫なんでしょうか。。。
これって動物虐待になるんでは???

などと、ちょっと心配したのですが




このらくだ





rakuda4.jpg

のんきに雪食べてます・・・。





大丈夫なのかも。。。









Last updated  Feb 16, 2006 01:06:03 AM
コメント(10) | コメントを書く
Feb 10, 2006
カテゴリ:ロシアの光景
syeremechevo2_1.jpg

私の親愛なるカメラマンがまた写真を送ってくれました。
今日はモスクワの玄関、シェレメチェヴォ2空港です。

ここがシェレメチェヴォ2ならば、1もあるのかといいますと、あります。
ちょうど滑走路をはさんだ向こう側にシェレメチェヴォ1は存在します。
2は国際線、1は国内線です。モスクワ経由でサンクト・ペテルブルグに行く人はまず2で入国し、そのあとバスかなにかに乗って1へ行き、サンクト行きの飛行機に乗ります。



さて、シェレメチェヴォ2。




ヨーロッパへの乗り継ぎにも使われるので、降りたことのある方はけっこういらっしゃると思いますので、ご存知の方も多いとは思いますが、

はっきり言って暗いです。

暗いだけならいいのですが、あの内装・・・。

私はどうしても「蛸のイボ」を連想してしまいます。
ずっと見ているとちょっと鳥肌が・・・。

(ごらんになったことのない方のために説明いたしますと、直径30センチ、高さ10センチくらいの金属製の曲げわっぱのような赤銅色の物体が、びっしりと天井に貼り付けてあるのです。。。)


90年代に初めてモスクワに来たとき「なんじゃこりゃ?」と思いましたが、8年ぶりくらいにまた来たときもまったく変わっていなくて、「ああ~ロシアだなあ」と思ったものです。

とはいえ免税店はきれいになっていたし、しゃれたバーや喫茶店なんかもできたりして、少しずつはがんばっていた!!



だけどイボ天井。。。



これはきっと構造上、変えるのは無理なんだろうか、もし変えるとしたら建物全部立て直さなきゃならないのだろうか、などとと考えていました。



ところが、



すべては無常。



あの、ソ連時代の遺物の如きイボ天井がついに姿を変え始めたのです!!

ちょうど1年くらい前からのことです。その頃モスクワは無謀にも次のオリンピック開催地に名乗りを上げ、勝手にもりあがっておりました。当然世界の玄関口であるところの空港もきれいにしなくちゃってことで、改装工事が始まったのです!!

しかも今度は白です、白!
天井も白い格子状のシンプルなデザイン。

なぁんだ、やればできるんじゃないか~!!

最後に行ったときは、荷物を受け取るターンテーブルのある部分が半分くらい白くなっていました。



しかしご存知のとおり、モスクワは(予想どおり)オリンピック招致合戦にあえなく敗退。。。


今頃はオリンピック熱も冷めてしまって、改装も途中でやめてしまうのではないかと、ちょっと気になっています・・・。






Last updated  Feb 11, 2006 02:04:16 AM
コメント(10) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


カチューシャ

Favorite Blog

Comments

海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/w3p0h7o/ 俺…
ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/fd9ykht/ 今…
地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.