May 23, 2006

モスクワの春の森

(6)
カテゴリ:ロシアの光景
お久しぶりの更新です。って、最近こればっかりですが。
というわけで、筆無精カチューシャ、ぼちぼちやっております。

さて連休も(とっくに)終わり、モスクワもすっかり春がやってきたようです。晴れれば半袖でも大丈夫な陽気です。友人がこんな写真を送ってくれました。


bs_sirakaba400.jpg

場所は以前ご紹介したヴデンハーのとなりにあるボタニーチェスキー・サット。日本庭園がある森林公園です。

野原には色とりどりの小さな花が咲き乱れ、白樺の新緑も鮮やか。
これからロシアはもっとも美しい季節を迎えます。



bs_siroihana.jpg

bs_aoihana400.jpg


とにかくこれでもか!というくらいお花がいっぱい。




bs_belyoza.jpg

この日は途中で雨が降り出したようです。土のにおいが立ち上ってきそう。

こういう風景を見ると、むしょうにロシアに行きたくなります。この時期のロシアの森には特別の思い入れがあります。



さて最後にちょっとおもしろい写真。


kibakeikan400.jpg

映画のシーンではないですよ~。

よく見てください。馬に乗っているのはあの「悪名高きロシアの警察官」
なんとモスクワには騎馬警官がいるんです!
街中でもときどき見かけます。

なんでそんなものがいるかというと、別に観光客へのサービスではなくて、馬はけっこう機動性が高く、渋滞も関係なし。おまけに高いところから見渡せるので、犯罪防止にはちょうどいいとか。

ふだんはできるだけお近づきになりたくないロシアの警官さんですが、こういう姿は本当に絵になります。乗る人もけっこう「かっこいい人」を選抜しているような気がします。。



それでもやっぱり近づきたくはないですけどね。











TWITTER

Last updated  May 24, 2006 01:39:45 AM
コメント(6) | コメントを書く
[ロシアの光景] カテゴリの最新記事