KatzeCafe

Pina







Pina Bausch




その舞台は抑圧の代名詞のようだ。

これでもかと繰り返される抑圧の場面。

男は女を消費し、

  女は男を利用し、

集団は個人を搾取し、個人は集団を翻弄する。

そして

それとは一見無関係に挿入される、さりげない日常の1シーン。

無心に行われる日常の動作を切り取って

抑圧の谷間にひっそりと、

しおりのように差し挟まれる。



2006年 (国立劇場)
    カフェ・ミュラー
    春の祭典


2005年 (新宿文化センター)
    ネフェス(呼気)


2004年 (新宿文化センター)
    バンドネオン

    (埼玉芸術劇場)
    天地

2003年 (新宿文化センター)
過去と現在と未来の子供たちのために

2002年 (埼玉芸術劇場)
    七つの大罪/怖がらないで

    (新宿文化センター)
    炎のマズルカ
    緑の大地

1999年 (埼玉芸術劇場)
    タウリスのイフィゲネイア
    ヴィクトール
    フェンスタープッツァー
    ダンソン

1996年 (埼玉芸術劇場)
    船と共に

1993年 (新宿文化センター)(京都会館)
    山の上で叫び声が聞こえた
    1980年 ピナ・バウシュの世界

1989年 (国立劇場)
    カーネーション

1986年 (国立劇場)
    コンタクト・ホーフ


 


Pina Bausch
Tanztheater Wuppertal
http://www.pina-bausch.de/








 

とっぷページへneko_kao

 




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.