KatzeCafe

フリーページ

全268件 (268件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

2009.07.24
XML
カテゴリ:隈笹
ご希望の方にホシ隈笹エキスのサンプルをお送りします。

サンプルは2グラム×2本入りです。サンプル・送料ともに無料です。

ショップのお問い合わせフォームからお寄せください。

お問い合わせタイトルは「ホシ隈笹エキス サンプル希望」でお願いします。
お届け先のご住所をお忘れなく。


※ホシ隈笹エキスについて詳しくはこちらへUPしました。
http://nyab.nekoleaf.com/?eid=36547











最終更新日  2009.07.25 14:53:50
2009.07.06
カテゴリ:ラベンダー
本日からショップブログとして再開しました。

ラベンダー
カナダ発、オーガニックのラベンダー水です。
オーガニックのラベンダー水「ラベンダー スピリッツァー」


このラベンダー水を初めて使ったとき、きちんとラベンダーの香りがすることに少々驚きました。

国内産のラベンダー水のように甘いだけの香りではありません。

一吹きすると、ラベンダーの清冽な香りが周囲を満たしてくれます。
思わず呼吸が深くなります。

サクリッドマウンテンラベンダー1 サクリッドマウンテンラベンダー2
サクリッドマウンテン ラベンダーファーム



Salt Spring Island
---ソルトスプリング島はこのあたり---


leaf_w30_clo.gifラベンダー スピリッツァーは動物実験をしていない商品です。








最終更新日  2009.07.06 20:21:05
2007.12.29
テーマ:動物虐待(224)
カテゴリ:カテゴリ未分類
http://jp.youtube.com/watch?v=gmNSkdPgxNc&watch_response
Devour the Earth-地球を貪り食う


http://jp.youtube.com/watch?v=qV9w6sWadH8
鉄壁の向こうの隠された涙
(↑牛の解体作業が延々と続きます。
ここで見るのを躊躇しても、肉食しているならそのためらいは無意味ですが、
無理にお勧めはいたしません)



肉食が環境を破壊している。

肉を1キロ作るために必要な穀物の量はどのくらいか。

その穀物を畜産用飼料ではなく、人間に回せば世界の飢餓はなくなるといわれている。

肉は人間にとって必要な栄養素ではない。
肉を食べなければならないと、わたしたちは思い込んでいるだけだ。
ただし、畜産業界は肉が消費されることを(切実に)必要としている。

肉食をするようになって、人類は爆発的に栄養状態がよくなった。
同時に、肉食ゆえの病気を抱えるようになった。


* *

何の尊厳もなく、彼らは殺されていく。

そうまでして、わたしたちが肉を食べる理由は何なのか。


* * *

感謝を込めて、「いただきます」と言って食べる、という方法が一般には取られているが、
本当に感謝していたら食べないはずでは。

「いただきます」は美化されすぎている。











最終更新日  2007.12.30 23:29:43
2006.12.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
若くして亡くなったのは悲しむことではない。
君はすべての日々を全うしたのだ。
君はいつもとても頑張っていた。

どうしたらいいのか。
どうしたらよかったのか。
どうすればいいのか。

いまは分からなくても、君はきっと答えをくれる。
いつか、
またいつかきっと会えるよね。
それまでお休み。
長い休暇を取ろう。
ゆっくりお休み。

みんな
君を愛してる。
こんなに愛される猫はそうはいない。
世界でいちばん幸せな猫、のうちの一匹。
君はそういう猫なんだ。

どうか安らかに。



「Liberte(リベルテ)」 ポール・エリュアール

ぼくの学習ノートに
ぼくの机や木々に
砂に 雪に
ぼくはきみの名を書く

読みおえた全てのページに
空白の全てのページに
石に 血に 紙に 灰に
ぼくはきみの名を書く

金塗りの肖像に
戦士たちの武器に
王たちの冠に
ぼくはきみの名を書く

ジャングルに 砂漠に
鳥や獣の巣に エニシダに
ぼくの幼い日のこだまに
ぼくはきみの名を書く

夜々の驚異に
日々の白いパンに
婚約の季節季節に
ぼくはきみの名を書く

ぼくのすべての青空のちぎれに
カビの生えた太陽の池に
かがやく月の湖に
ぼくはきみの名を書く

野原に 地平線に
小鳥たちの翼に
影たちの粉挽臼に
ぼくはきみの名を書く

夜明けの 吹きつける風に
海に 船に
そびえ立つ山に
ぼくはきみの名を書く

雲たちの泡立ちクリームに
雷雨の汗たちに
垂れこめる味気ない雨に
ぼくはきみの名を書く

きらめく ものの形に
色とりどりの鏡に
物理の真理に
ぼくはきみの名を書く

めざめた森の小径に
末広がる道路に
あふれ出る広場に
ぼくはきみの名を書く

灯されたランプに
消されたランプに
占領されたぼくの隠れ家に
ぼくはきみの名を書く

二つ割りの果実のような
ぼくの部屋のひらき鏡に
空の貝殻のぼくのベッドに
ぼくはきみの名を書く

食いしん坊のやさしいぼくの犬に
ぴんと立ったその耳に
ぶきっちょなその脚に
ぼくはきみの名を書く

ぼくの戸口の踏み台に
慣れ親しんだ家具たちに
祝福された焔のゆらめきに
ぼくはきみの名を書く

分かち合う肉体のすべてに
ぼくの友たちのひたいに
差し伸べるそれぞれの手に
ぼくはきみの名を書く

驚きの顔が映る窓硝子に
沈黙のはるか向こうに
待ち受ける女たちの唇に
ぼくはきみの名を書く

破壊されたぼくの隠れ家に
崩れおちたぼくの燈台に
ぼくの倦怠の壁に
ぼくはきみの名を書く

欲望のない不在に
はだかの孤独に
死の階段に
ぼくはきみの名を書く

戻ってきた健康に
消え失せた危険に
思い出のない希望に
ぼくはきみの名を書く

そして ただひとつの語の力を借りて
ぼくはまたぼくの人生を歩み始める
ぼくは生まれた きみを知るために
君の名を呼ぶために

リベルテ(自由)と。











最終更新日  2006.12.09 00:02:20
2006.11.01
テーマ:動物虐待(224)
カテゴリ:カテゴリ未分類
動物のいのちは人間のものではないし、
人間のいのちは動物のものではない。

逆に並べ替えた方がわかりやすいだろうか。

人間のいのちは動物のものではないし、
動物のいのちは人間のものではない。

動物にも権利がある。
その生を搾取されない権利があるはずだ。

この記事のこの部分にとても明るい未来を感じた。
>オランダでは、公衆衛生が主要な関心事ではあるものの、
動物の福祉も重視しているため、
動物の利益を人間の利益の下に置くことはない

日本でも、いつかこのレベルまで達する日が来ることを願っている。

http://www.keimei.ne.jp/article/20061025n1.html
オランダ大使館がAIセミナー ワクチン使用などを説明
-----------------------------------------------------------------------------






最終更新日  2006.11.04 08:35:53
2006.09.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
アナちゃんを探しています。
場所は神奈川県相模原市矢部3丁目です。
きのうで十日が経過しました。

場所に慣れていない猫の捜索方法など、ご存知の方は教えてください。

春先まで野良ちゃん生活で外には慣れていたけど、
おうちに入って半年たちます。

逃げ出したのは我が家から里親さんのお宅へ移動して、
10日目のことでした。

16日と18日に、200mほど離れた場所でアナにゃと思われる猫が目撃されています。

長時間、同じ場所で泣き続けていたそうです。
すでに痩せていて、毛も汚れていたとのこと。

Poster_1008_l2.jpg
an003_92.jpg

an_001_92.jpg

an002_92.jpg

042208_1.jpg

0425_7.jpg






最終更新日  2006.10.19 00:00:10
2006.04.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
http://www.crean.com/jimwillis/hcy.html

翻訳者の版権があると思ってここには掲載しませんでしたが、日本語訳はリンク↓へ。
http://www.satooya-tsuushin.net/newpage60.html


絵本「どうして?」
犬を愛するすべての人へ

ジム ウィリス 原作
石黒 謙吾 文
木内 達朗 絵


How Could You?

When I was a puppy I entertained you with my antics and made you laugh.
You called me your child and despite a number of chewed shoes
and a couple of murdered throw pillows, I became your best friend.
Whenever I was "bad," you'd shake your finger at me and ask "How could you?"
- but then you'd relent and roll me over for a bellyrub.

My housetraining took a little longer than expected, because you were terribly busy, but we worked on that together.
I remember those nights of nuzzling you in bed,
listening to your confidences and secret dreams,
and I believed that life could not be any more perfect.
We went for long walks and runs in the park, car rides, stops for ice cream
(I only got the cone because "ice cream is bad for dogs," you said),
and I took long naps in the sun waiting for you to come home at the end of the day.

Gradually, you began spending more time at work and on your career,
and more time searching for a human mate.
I waited for you patiently, comforted you through heartbreaks and disappointments, never chided you about bad decisions, and romped with glee at your homecomings,
and when you fell in love.

She, now your wife, is not a "dog person" - still I welcomed her into our home, tried to show her affection, and obeyed her.
I was happy because you were happy.
Then the human babies came along and I shared your excitement.
I was fascinated by their pinkness, how they smelled,
and I wanted to mother them, too.
Only she and you worried that I might hurt them,
and I spent most of my time banished to another room,
or to a dog crate. Oh, how I wanted to love them,
but I became a "prisoner of love."

As they began to grow, I became their friend.
They clung to my fur and pulled themselves up on wobbly legs,
poked fingers in my eyes, investigated my ears and gave me kisses on my nose.
I loved everything about them, especially their touch - because your touch was now so infrequent -
and I would have defended them with my life if need be.

I would sneak into their beds and listen to their worries and secret dreams.
Together we waited for the sound of your car in the driveway.
There had been a time, when others asked you if you had a dog,
that you produced a photo of me from your wallet and told them stories about me.
These past few years, you just answered "yes" and changed the subject.
I had gone from being your dog to "just a dog,"
and you resented every expenditure on my behalf.

Now you have a new career opportunity in another city and you
and they will be moving to an apartment that does not allow pets.
You've made the right decision for your "family,"
but there was a time when I was your only family.

I was excited about the car ride until we arrived at the animal shelter.
It smelled of dogs and cats, of fear, of hopelessness.
You filled out the paperwork and said "
I know you will find a good home for her."
They shrugged and gave you a pained look.
They understand the realities facing a middle-aged dog or cat,
even one with "papers."

You had to pry your son's fingers loose from my collar as he screamed
"No, Daddy! Please don't let them take my dog!"
And I worried for him and what lessons you had just taught him about friendship
and loyalty, about love and responsibility, and about respect for all life.
You gave me a goodbye pat on the head, avoided my eyes,
and politely refused to take my collar and leash with you.
You had a deadline to meet and now I have one, too.

After you left, the two nice ladies said you probably knew about your upcoming move months ago
and made no attempt to find me another good home.
They shook their heads and asked "How could you?"

They are as attentive to us here in the shelter as their busy schedules allow.
They feed us, of course, but I lost my appetite days ago.
At first, whenever anyone passed my pen,
I rushed to the front, hoping it was you - that you had changed your mind -
that this was all a bad dream...or I hoped it would at least be someone who cared,
anyone who might save me.
When I realized I could not compete with the frolicking for attention of happy puppies,
oblivious to their own fate, I retreated to a far corner and waited.

I heard her footsteps as she came for me at the end of the day
and I padded along the aisle after her to a separate room.
A blissfully quiet room. She placed me on the table,
rubbed my ears and told me not to worry.
My heart pounded in anticipation of what was to come,
but there was also a sense of relief.
The prisoner of love had run out of days.
As is my nature, I was more concerned about her.
The burden which she bears weighs heavily on her and I know that,
the same way I knew your every mood.

She gently placed a tourniquet around my foreleg as a tear ran down her cheek.
I licked her hand in the same way I used to comfort you so many years ago.
She expertly slid the hypodermic needle into my vein.
As I felt the sting and the cool liquid coursing through my body,
I lay down sleepily, looked into her kind eyes and murmured "How could you?"

Perhaps because she understood my dogspeak, she said "I'm so sorry."
She hugged me and hurriedly explained it was her job to make sure I went to a better place,
where I wouldn't be ignored or abused or abandoned,
or have to fend for myself - a place of love and light so very different from this earthly place.
With my last bit of energy, I tried to convey to her with a thump of my tail that my "How could you?" was not meant for her.
It was you, My Beloved Master, I was thinking of.
I will think of you and wait for you forever.

May everyone in your life continue to show you so much loyalty.


Copyright © 2002 by Jim Willis








最終更新日  2006.04.29 13:19:50
カテゴリ:カテゴリ未分類

ジム・ウィリスついでにこちらも。
だいぶ前に紹介したことがありますが、
リンク先のページがなくなっていたのでここに。
原文はこちらへ↓。
http://www.crean.com/jimwillis/heroes.html


彼らのヒーロー

たいしたことが出来ていない、と心配しているならそんなことはない、
やっています。“心配していない人”だけが、なにもやっていないのです。

あまりの問題の大きさに圧倒され、問題の重さに押しつぶされそう、
と感じているなら、忘れないで。
これは、重荷を分け合っている仲間がいることを。
数が集まれれば、大きなことを成せるということを。

全部を救うことができない、それにたった一匹が助かったところでどうなる?
と思いあぐねているなら、救われた一匹の喜びを思ってみて。

救ってあげられなかった彼らのために悲しんでやって。
それは、彼らの命への賛美なのだから。彼らの死を無駄にしないで。

あなたの“意見”ではなく、“やったこと”を誇りにして。
量よりも、あなたの努力の質のほうが大切。
自分の足りなさを許して-思いやりだけで十分なことだってある。

誰でも何かできる、できることをやればいい。
親切な言葉と優しい手が、すべてを変えることだってある。

人々の問題のせいで、心に怒りが湧き上がってきたら覚えていて。
あなたの人間性と、その人間たちが解決策でもあるということを。
具体的に必要なものに専念し、個々に注意を向けて、
個々が全体を作るのだから。

かわいげの無い、つまらない、汚れて傷ついた姿でなく、
それを超えた彼らの魂を見て。
彼らが癒されることを助けて。
彼らの目は、魂の窓、そしてあなたの誠意の鏡。
すべての種属、すべての生き物が、この地球を生命の連鎖で共有しています。
私達を分裂させることよりも、似たものにすることに気にかけて。

政策、ルール、規定は絶対的なものではないから、それらを賢く、
思慮深く解釈して、用いて。
あなたの心の声を聞いて。
時には、私たちは自分が一番恐れていることをやらなきゃならない。
自分自身と自分の信念に忠実であって。

家族は、もしかしてあなたを見捨てるかも。
友人達にがっかりさせられるかも。
他人は、あなたをあざ笑うでしょう。
人々は、自分の理解できないことを避けます。
彼らが理解できるよう、親切に、そっと、穏やかに、助けてあげて。

すべての命に敬意が払えない人々は、気の毒な人達です。
犯罪者は、被害者と同様に、彼ら自身も援助が必要なのです。
許してあげて、そして例を示して教えてあげて。
人に教えることができるよう、あなたが勉強して。
憎しみがベースになった活動が、うまくいったためしは無く、
怒りは英知をかき消します。

あなたの声は、荒野の叫びかもしれない、それを尊重されうる声に変えて。
話すよりも、より聞くこと。礼儀正しく信頼のおける人であること。
人に助けを求めること、を学んで。決して真実を放棄しないで。
泣くには、多くの強さが必要だということを知って。

すべての敗北から私たちは学ぶのです。

子供達は、我々の希望 - 教え育てて。
自然は、我々の遺産 - 保護して。
動物は、我々の同胞 - 彼らから学んで。

あなたの報いは、物質的なものではないけれど、意味が深く、
あなたの勇気は、どんな困難をも、切りぬけるでしょう。
どんなに嵐の雲が暗くても、胸が張り裂ける悲しみが、
どんなに深くても決して忘れないで。

私たちが、彼らのヒーローだということを。。

ジム・ウイリス
Copyright © Jim Willis 2001, all rights reserved

(翻訳:モモさん)







最終更新日  2006.04.29 13:03:21
2006.02.27
カテゴリ:カテゴリ未分類

ミリン君の里親さんを募集しています。
miriri1


早いもので、ミリンを保護してもうすぐ1年がたちます。
お外にいたときはまったく人に慣れていませんでした。
今では信じられないくらい、スリスリゴロゴロです。

けれど、新しい環境になじむには時間がかかるようです。

ミリンの話にじっくり耳を傾けて、
ゆっくりと見守っていただける方からのご応募をお待ちしています。

兵庫県で里親さん募集している
なおちゃん@もも組さんがにゃんず日記にミリンのことを書いてくださいました。
じーんと来ます。
にゃんず日記、いつもすごく面白いです☆

にゃんと! 
今日はりぷりぷさんがミリンにゃを掲載してくださいました。ネコ科王子、愛情あふれるサイトです。
しかもバナーまで。ミリーン!

miri_bn mi_bn2
    ↑文字もかわいいっ!






最終更新日  2006.03.02 23:54:50
2006.02.05
カテゴリ:カテゴリ未分類

大阪府の収容猫さんたちの里親募集です。
自分に何ができるか考えています。

行政収容猫の飼い主探し in 大阪


動物を収容施設へ持ち込む(=捨てる)人は、なぜ罪を問われないのでしょうか。

理由はどうあれ、飼養放棄は動物虐待の一形態にほかならないわけで、
いうなれば「犯罪者」が飼養放棄した後始末を
こうしてボランティアさんや善意の人間が引き受けるのは
あまりにも不公平なことのように感じますが
違うのでしょうか。。






最終更新日  2006.02.05 17:03:01

全268件 (268件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

 akinoyozora@ 知人からのメール 旅だった猫が一番心配しているのが愛して…
 akinoyozora@ Re[1]:存在が自由であるために(02/26) gonnさんへ そんなことがありましたか。…
 gonn@ Re:存在が自由であるために(02/26) 昔 生半可な青二才の頃。演劇で、形にこ…
 akinoyozora@ 経過 モト: 土曜に帰宅してからその後は元気…
 akinoyozora@ FIPについて FIP(猫伝染性腹膜炎)は難治性の病気です…

お気に入りブログ

Die Rose der Serena… えめほしきゅっきゅさん
爆★ゲーム倉庫★発 ルドルフ0742さん
遺伝子は、癒し系 まゆら将軍さん
★ハチロク魂★ こぐま2号さん
つらづら草 はふしさん

プロフィール


akinoyozora


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.