KatzeCafe

フリーページ

2005.01.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

>タイニー・ティム・ラウンジは、小児ガン病棟の廊下の突きあたりにあるささやかな休憩所だ。

子どものガンを摘出することになったら、母親はどうしたらいいのだろうか。
子どもがガンであると知ったら、母親はどんな風に子どもに接すればいいのだろうか。

不安である。
ちぃをS病院に、モトをA病院に預けている。
二つの病院が離れていて、その距離の分だけ不安が広がっていくような気がしてならない。
どちらの病院でも「治らない」と診断されたら、どうしたらいいのだろう。
そんなことばかりが頭をよぎる。
ちぃは風邪だろうと言われたから、そんなことを考えなくてもいいのに。
年末にかいつまんで症状を話したら、
FIPの可能性もあるのではないかと言われたせいなのか。
今日になってモトも、FIPの可能性があると聞いたからだろうか。

おととい退院したモトが朝食を食べず、お口もこぽこぽさせているので、
ふたたび病院へ連れて行った。

「口の潰瘍も治っているし、どこが悪いというのは特に見当たらない」
「こういう子は他のウィルス性の病気を抱えている可能性が大きい」
「白血病陽性の子は、FIP罹患率が高い」
「今後も常に経過の観察が必要である」

院長の口から次々と繰り出される言葉は、どれも重く暗い気分になるものばかりだ。

そのまま連れ帰って、不在の家で留守番させるのは不安だったから、
夜まで病院に預けてきた。

病院でモトはご飯を食べたという。

杞憂だったのかもしれない。
今回はもう一日様子を見ていてもよかったのかもしれない。
手遅れになるのが怖くてとにかく早めに連れて行ってしまった。
帰宅してからも元気に遊んでくれた。夜食も食べた。


だいぶ前に買って、
中途で止まっていた「アメリカの鳥たち」を棚から取り出してきた。
ローリー・ムーアの短編集。

読んでいない部分を読んだ。
実話でもある、自分の子どもがガンにかかったときの物語だ。
『ここにはあんな人しかいない』
People like that are the only people here.

小児ガン病棟での短い日々をつづったものだ。
そこから生還できる子どもは数少ない。


僕にはとてもできない。
あなたのように、猫を保護するなんて、わたしにはとても無理だ。

これまで何度か言われた言葉。
そう言うのは簡単なことだ。

死と隣り合わせの日々を送るものを救うために
わたしたちは努力している。
その努力はただひとつの信念で成り立っている。
途中でやめないこと。
たったそれだけのことが
できない日がくることもわかっているが、
今やめることができないことも
わかっている。

この不安がいつか消えることも
おぼろげながらわかっている。

杞憂だった。
心配しすぎだった。
そういえる経験がほしい。








最終更新日  2005.01.25 22:34:38

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

 akinoyozora@ 知人からのメール 旅だった猫が一番心配しているのが愛して…
 akinoyozora@ Re[1]:存在が自由であるために(02/26) gonnさんへ そんなことがありましたか。…
 gonn@ Re:存在が自由であるために(02/26) 昔 生半可な青二才の頃。演劇で、形にこ…
 akinoyozora@ 経過 モト: 土曜に帰宅してからその後は元気…
 akinoyozora@ FIPについて FIP(猫伝染性腹膜炎)は難治性の病気です…

お気に入りブログ

Die Rose der Serena… えめほしきゅっきゅさん
爆★ゲーム倉庫★発 ルドルフ0742さん
遺伝子は、癒し系 まゆら将軍さん
★ハチロク魂★ こぐま2号さん
つらづら草 はふしさん

プロフィール


akinoyozora


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.