171645 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かわいい防災ドットコム

2012.04.17
XML
カテゴリ:防災情報
災害時には頭が混乱して、普段なら簡単にわかる事でも
なかなか思いつかないものです。

 

災害時にするべきことや、自分の住む自治体、
預金がある金融機関などの個別対応窓口などの連絡先と合わせ、
メモ一冊にまとめておくと安心です。

【メモしておくべきこと】

@居住地域の緊急避難先の場所

@住む自治体の災害担当窓口の連絡先

@預金預け機関などのサービスセンター番号

@携帯電話キャリアのサービスセンター番号

@利用しているクレジット会社のサービスセンター番号

@契約している保険の窓口、担当者など

@NTTの災害伝言ダイヤル、他サービスダイヤルなど

(天気、時報などもいざと言う時忘れがちです)


銀行など金融機関では、東日本大震災の際に
このような措置をとったそうです



【暗証番号・パスワードはメモに残さないほうがよい】

災害時はカードや通帳がなくても特別措置でお金が下ろせたようですので、
暗証番号を解りやすく書いておくことは危険です


※災害時、銀行の窓口係やクレジット会社を名乗って
「生存者預金確認のため暗証番号をお教えください」
と電話がかかってくる場合があっても、決してすぐに教えないでください。
通常、銀行員が直接電話などで暗証番号を聞くという行為は行いません。


もし、どうしても忘れてしまいそうであれば
自分にしかわからない方法でメモを取ることをおすすめします。

これは私の友人がやっていた例ですが

@手帳のアドレス欄などに架空の人物の連絡先を混ぜて
(金田みずほさん、三東銀次さん、とか?)おき、
架空の住所の番地や携帯番号シモ四桁を暗証番号にしておく

パスワードの前や後ろに、幾つかダミー数字をつける
例:1234の場合→○1234○(前後に数字をつけてメモする)
前に2つ付ける、後ろに3つつけるなど自分の約束を統一しておくと
読む人はその中のどれを取ったら良いのか判りにくくなります。
(数回入力失敗するとログインできなくなるシステムの場合、
これで抑止措置になります)

あとは、マジックライトペンなどで書いて、
自分が照らさないと見られないようにする、という手もあります。



 マジックライトペン


上記の幾つかを組み合わせて、より念を入れることも可能です

※これは一例です、本来はメモしないように、と言う事ですので
ご年配のかたなど、忘れてしまいそうな場合どうしても、
という緊急措置としてお考えください。






最終更新日  2012.04.17 21:01:39
[防災情報] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.