171391 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かわいい防災ドットコム

2014.03.27
XML
カテゴリ:非常時の豆知識
001.jpg

災害時でなくても、突然の腹痛や頭痛、また靴擦れや目にゴミが入ったなど
出先で困ることがあります。

テーマパークやハイキングなんかだったりすると、
薬局は近くに無いし、あっても箱で買わないといけなかったりして
案外大変なんですよね。

普段から、防災ポーチに最低限の応急薬を入れておくと
災害時以外にも使えて便利です。

応急薬類
・解熱鎮痛
・胃薬
・止瀉薬(下痢止め)
・目薬
・絆創膏
・アルコール消毒綿

私のポーチに入っているのはこんな感じです。
チョイスしたポイントは、
@水なしでも飲めるということ
@個別包装になっていて、コンパクトに収まること
@体質に合わせて一番効果があること

胃薬はチュアブルのものです。
水がなくても飲めるので、飲み物がない時も服用できます。

止瀉薬は、シート状のものを入れています。
舌の上で溶かすだけでいいのと、即効性があること、
また薄いので財布などに入れられるというのが売りだそうです。
災害時、トイレに困ったときは助かると思います。

解熱鎮痛剤だけは、自分に一番合うもの(ロキソニン)を選びました。
片頭痛もちなので、これだけは自分に合ったものがいいので……

目薬は、個別のものが衛生的にも断然おすすめです。

アルコール消毒綿は、傷のほか手洗いの代用に使えそうです。

全部を一回分ずつ、さらに使い捨てマスクを一枚追加して
小さいジップバッグに入れています。

002.jpg

(ワイヤーのない立体タイプは、くるくる小さくできるのでこれもおすすめです)
カバンの内ポケットやポーチの片隅に入れておけます。






最終更新日  2014.03.27 22:39:43
[非常時の豆知識] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.