000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かわいい防災ドットコム

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

防災にまつわる雑談?

2015.06.14
XML
001.jpeg

防災に直接に役に立つというわけではないかもしれませんが……

最近は自転車で下町をお散歩したり写真を撮ったりすることが多いです。

数センチの長方形サイズのこのケースがあれば、ちょっとしたリフレッシュや
突然の夕立などで立ち往生してしまった時に
思い立ってふらりと銭湯に入ることができます。
下町なんかで、雰囲気のある銭湯に出会う時にも便利です。
もちろん、アウトドアや旅行の際にも役立ちますよ。

中身はこんな感じ。

002.jpg

A)
モンベルのタオルに付属していたケースです。片側がメッシュでできているので、お風呂で体を洗う際、石鹸を入れて泡立てネット&ウォッシングスポンジ代わりにもできます。

B)
モンベルのマイクロタオル。手拭いサイズですが、吸水速乾力が優れているので、絞りながらバスタオルのように体や髪も拭けます。

C)
シャンプーバーとか、固形シャンプーといった名前で販売されている、固形洗剤です。髪から顔、全身が洗えます。コンディショナーが要らないタイプを使っていますが、やはり若干きしみますので、お風呂上がりにクリームをつけています。一回で使い切れるサイズにカットして入れています。髪の長さなど個人差があると思いますが、私の場合は銭湯で売られている50円くらいの小さな石鹸の1/3~1/4くらいがサイズの目安です。

D)
お醤油のお魚容器(もちろん使い回しではないです;)に入れてあるのは、スチームクリームという、顔にも体にも髪の毛にも使えるクリームです。これも使いきりの量だけ入れています。

ポケットにも入るほどのサイズなので、カバンに入れても邪魔にならないです。最近は温泉施設などでもタオルを借りれるところが多いですが、古い銭湯などはこういうのがあると便利ですよね。もちろん、防災グッズのリュックの中に入っていてもいいと思います。

   






最終更新日  2015.06.14 23:46:58


2014.09.05
001.jpeg

私はバッグインバッグよりもポーチで整理するのが向いているようで
今まで幾つか、バッグオーガナイザーを購入したものの
いまいち使いこなせないまま、いまだにポーチでの整理をしています。

ポーチのメリットは、
@それだけ持って移動できる
(化粧ポーチを持ってトイレ、文具ポーチを持ってパソコンの前など)
@カバンを変えるとき、物の選択がしやすい
(今日は文具はいらない、化粧ポーチと財布だけ、などとものによって選択がしやすい)
@余計なものが増えない
(小さなポーチを持ち、それに入る分だけと決めると物の上限ができる)

上記は、オーガナイザーでも可能かもしれませんが
恐らくそこまで処理能力がないのでしょうね……
きっと、私のようなポーチ派も、たくさんいらっしゃるはず(?)

ということで、ポーチでうまくカバンを整理する、自己流のコツを
書かせていただきます。


ポーチは小さく、縦型がいい。意外とおススメなのがタバコポーチ!



先ほどと重複しますが、収納力のあるポーチだとついつい入れすぎてしまいますので
小さめのもので、できれば立てて並べてカバンに入れやすい、長方形のもの。
カバンの開け口とポーチの開け口が同じように上を向いていた方が何かと便利です。
という事で、最近はタバコポーチを要チェックしています。



素材はなるべくバラエティ豊かに



好みで統一したい気持ちは解りますが、
エナメルやコットンリネン、ファー、スパンコールなど
様々な素材を、統一せず持つのがおすすめ。
暗い所や混んでる駅、カバンの中を手探りで探すとき、手触りですぐ解ります。

四角いポーチであれば、中にICカードを入れてポーチのままタッチもできますし
落とす心配も(カードだけ持つより)少ないと思うので、おすすめです。








最終更新日  2014.09.05 21:22:30
2014.09.02
旅行の時のメイク道具、たくさん持って行っていたときもありましたが
最近は荷物をなるべく小さくしたいという気持ちがあります。

ブランドコスメでも、トラベルパレットと言って
チークやシャドウが一つにまとまっているものもあります。

ただ、使わない色が残ったりしがちです…

とはいえ、試供品や小分けボトルで持ち歩くにも
限度があるし、また、旅行中は写真に残るので
やっぱり最低限のおしゃれはしていたい……

00123.jpeg

色々工夫して、最近は
「これは定番」と思えるような
アイブロウ、アイライナー、シャドウ、チークとルースパウダーを
平たいミントケースに両面テープで固定して
「旅行用のミニマムメイクパレット」を作っています。

これだとリフィルを購入するだけでいいので
無駄もないし、あとはリキッドの下地やファンデーションの
一回分の個別パックを持ち歩いています。
(マスカラ、ビューラーはまつ毛パーマをしているので省いています)

他にも、綿棒にアイシャドウの色を取ってラップして持っていき、
チップと兼ねて使い捨てにしたり、
コンタクトレンズの容器にリキッドシャドウやコンシーラーを少しだけ入れて
使い切るなどの工夫をされている方もいるそう。



クレンジングシートも、一回分ずつの商品があります。
日数が少ない場合、こちらの方がかさばらないかも






最終更新日  2014.09.02 21:03:58
2014.03.30
カフェで利用したり、電車内で電源に不安があるときも多いので
普段から充電器は手放せません。

とはいえいつも大荷物なのは困りますので、
普段使いのポーチと、泊りなどがあるお出かけの際のポーチを
使い分けています。

【普段使い用のポーチ】
001.jpg
内容物
・充電池
・USB充電、データリールコード
・USB延長リールコード
・変換アダプタ、イヤホン、カードリーダー

コンセント付で2ポートのUSBがついているリチウム電池は
大きさや容量、出力アンペア数(1A×2)で探してもなかなか無く、
「Powerocks Tetris」というのを海外通販で購入しました。
最近は国内でも近い機能のものが売られています。
充電アダプタが必要ないのがありがたいです。

002.jpg

USBの充電ケーブルは、リール式のもの一本と、缶の中に短いものが一本、
そして延長専用コードが一本入っています。
カフェでも、テーブルの足元に電源がある場合はコードに余裕を持ちたいので……


【お泊り・旅行・お出かけ用のポーチ】
b001.jpg
内容物
・充電池×2
・USB充電&データリールコード
・USB充電専用リールコード(1m)
・リール式LANケーブル
・USB延長リールコード×2(70cm、1.5m)
・WiFiルーター
・変換アダプタ、イヤホン、カードリーダー
・4口コンセントタップ
・海外用マルチタップ
・USB、コンセントタップ

b002.jpg

海外用マルチタップは、二口の差込口があるのと日本のAプラグにも対応しているのですが
PSEの認証外なのか、日本での使用ができません、とあります。
(販売時の問題なのでしょうけれど……)

USBタップは海外でも使える100-240対応なので
これだけあれば、国内外、USBでもコンセントでも充電できます。

延長コードは、短いほうは高速通信用なので、個人的な感想になりますが
充電速度にもさほど影響がないように思います。

b003.jpg

二本あり、全てを繋ぐと持っているものの最長で3.2mです。
充電池についているうち最大2.1Aのポートでつないだところ
ネクサス7で問題なく充電されました。

これなら、ベッドサイドで映像を見たいとか
wifiのルーターの電源がとりにくい場所でもばっちりです。
すべてコンパクトにしているので、ポーチもさほどかさばりません






最終更新日  2014.03.30 20:07:44
2014.03.26
001.jpg

前からほしかったキーホルダーを買いました。

中に液体の入っているような、フローティングタイプのコンパスです。
水平に置かなくても方角が解るうえ、
鞄にぶら下げておいても、上からも見下ろせるのでわかりやすいです。

海外や山登りのほか、普段から電車に乗っている時や
慣れていない駅の出口でもちらっと見ることができるのがいいですよ。

  






最終更新日  2014.03.26 21:41:56
2014.03.14
普段は防災用のバッグの中に入れてはいますが、
旅行や日帰り温泉ドライブのときなんかに活躍するのが
防水素材のバスグッズポーチです。

001.jpg

大きい方は少し前に通販で購入したもの。
小さいものは、今日、会社帰りに寄った雑貨屋さんで
かわいくて衝動買いしてしまいました。

どちらも開くとフックがついています。
水回りに直に置くのはちょっと、という場合にも
タオルハンガーやノブなどにひっかけておけて便利です。

002.jpg

中には試供品のシャンプーや化粧水、ヘアジェルなどを入れておくと
とっさの時にすぐ使えるので便利です。
ホテルでもらえる使い捨て歯ブラシなんかも入れてあります。

他に、意外と役に立つのが
温泉地などで無いと困るハンガー。折りたたみのコンパクトタイプです。
旅行の際は洗濯したTシャツも干せます。

003.jpg

また、これも最近購入したグッズで
アウトドアブランド「SEA TO SUMMIT」の速乾、吸収性の高い
コンパクトサイズになるバスタオルです。
広げると体を巻けるサイズなので、立ち寄り湯などでも重宝します。

また、旅行では吸収、乾燥性のよいマイクロファイバータオルはとても便利。
ドライヤーがなくても何とかなりますし、洗濯した服を挟んで巻くと、
簡易脱水になります。下着や靴下はそうしてから干すとすぐに乾きます。
朝までにはタオルも乾くし、
乗り物が涼しい時には、ちょっとしたタオルケット代わりにもなります。

そして、今日ふたつ目の衝動買い
(といっても100円ですが)
体を洗うボディスポンジのような素材でできたシュシュです。

004.jpg

体用のタオルって、温泉地で湯船に入る時に何気に置き場所に困りますよね。
湯船の端っこに置いてみたり、入り口の横に置いてみたり。
これなら、まとめた髪にくっつけておけるかなあと。

紐をつけて背中も洗えるようにしてもよさそうですね。








最終更新日  2014.03.14 21:37:32
2014.03.08
ブログではないですが、普段のネタ帳やアイデアスケッチには
いろんな筆記具を使っていて、

中でも利用頻度が高いのが、
「大人の鉛筆」
「フリクションボールペン」
「OHTOのニードルポイントペン」
です。

特に、消えるボールペンとして一躍ヒットしたフリクションは
最近始めた英会話の勉強に必須です。
(聞き取り間違いでスペルを直すことが多く、構文で色を変えたりする必要もあるため鉛筆では不都合)

暫くは三色フリクションのメタル×ウッドタイプと
単体で緑のフリクション一本、計二本持っていました。

ところが今日、文具屋さんで同じタイプの4色を発見!
これでペンケースのフリクションを一本にまとめられます。
場所を取らなくなるので、荷物の軽量化にもなるかも(ささやかすぎますが)

001.jpg

黒×赤のものが三色タイプ、茶色っぽいものが今回購入した4色のものです。

002.jpg

箱に入っていたときにも「ん?」と思いましたが
案の定、まったく太さが同じなのです。

003.jpg

うまく4本入っています。リフィルは互換しているようです。
緑の0.5mmも地味にうれしいです(スリムは0.38mmだけだったので)

004.jpg

正真正銘同じ太さなので、部品のすげ替えもできます。
この方がお互いかっこいいかも?

 






最終更新日  2014.03.08 23:56:49
2014.03.07
先日の旅行は、寝台車や飛行機泊、船泊などが多かったので、コンセントがある場所に泊まれる可能性がとても低かったことから、家に在るモバイルバッテリーをかき集めて持っていきました。

001.jpg

ずっと昔から使っているものは充電が遅くなっていたりしたんですが、
それでもいざという時は多少の役に立つかなあと……
他にも単三電池で充電するタイプのものも入れました。
単三電池なら、世界いろんなところで手に入りそうですし。

リチウム電池を飛行機に載せるときは、手荷物にしないといけないので大変ですが……
(荷物の制限については、航空会社により変わります。例えばこちら

実際行ってみると、飛行機の座席や空港ではコンセントの他、USBのポートがある場所もあってかなり便利でしたが、さすがに寝台車や船はコンセントがあっても通電していなかったり、突然電気が止まったりと不安定でしたので、大容量の充電器は必須だな、と痛感しました。

中でも役に立ったものは、写真に写っている中で一番大きいもの。
容量も最大で、確か20000mahだったかな?
これは、USBのほかに、ノートパソコンの充電もできてしまうので助かります。

普段一番使っているのは、白い正方形のバッテリーなんですが、
コンセントからとるタイプで、しかも二口(合計2.1A)なので
コンセントアダプタとしてスマホにもモバイルwifiにも使いながら、
本体のリチウムにも充電できるので、これも旅の間中使っていました。

002.jpg

さらに必須なものとして、
変換プラグ&海外対応(100―240)の分岐タップ、
さらにUSB延長コードも持っていきました。

003.jpg

特にタップは、たまに泊まるホテルでも大活躍でした。2口のコンセントがついているんですが、さらに2口のUSB端子がついているんです。
ただUSBは出力が弱いので、スマホやタブレットはコンセントから充電して、USBのほうはリチウム充電池を繋ぎます。

USB延長コードは充電用のリールコードを繋いで伸ばして、ベットの横においておけるので、旅の間はスマホが目覚まし代わり、という人にもお勧めです。ただ、長さにもよるのかもしれませんが、充電の速度などは若干落ちる場合があるとか。
(休んでいる間の充電であれば、多少の遅さは問題ないと思いますが)

普段は、こういったものを防災リュックに入れておいてもいいと思います。
コンセントが使い続けられる可能性も少ないですし、使えるとしても数に限りがあったりすると思うので。

 






最終更新日  2014.03.08 01:46:31
2013.08.19
色んなものをカバンに入れている、というと
よく「どれだけ荷物持って歩いてるの?」と聞かれます。

母親や、職場の方や友人……

荷物自体は割とコンパクトにまとめているので
どうやって詰めているの? と不思議がられたりもします

とはいえ、最近は小さいバッグでお出かけしている女性も多いですよね。
私はそういう人から見たら大荷物なのかもしれません……

私が毎日持ち歩いている主なものは以下のものです

01.jpg

【内容】※左上から時計回りに

・デジタルデバイスポーチ
充電池ケーブル、wifiルーター、イヤホンなどが入っています

・お化粧ポーチ
ポケットティッシュ、シュシュなども入れています

・手帳、ボールペン、扇子
筆箱を持たないときは、4色ボールペンを手帳のスプリングに差しておきます

・非常用ポーチ
中身はこちら

・ウェットティッシュ、クールシート
手作りのものになります。中身はこちら

・鍵、エコバッグ
キーホルダーのようにして折りたたみバッグをつけています

・折りたたみ帽子
UVカットと防水のスプレーをかけています

・スマートフォン


このほかにお財布は必須ですが、場合によっては折りたたみ傘、
文庫本やキンドル、タブレットなど持つ時もありますが
基本は上記のような感じです

02.jpg

大体このくらいのバッグに収まっています。
(普段使うバッグはもう少し地味です^^)

いざというとき、例えば徒歩帰宅になった時に大荷物なのも困りますから
本当はもう少し、身軽でいたいのですが……

皆さんと比べて、やっぱり私の荷物は多い方でしょうか?







最終更新日  2013.08.20 00:13:28
2013.08.16
エコバッグレビューの続き(その5)です

e01.jpg

これも可愛いかなあと柄で一目ぼれして
買ったものですが、実際あまり使っていません。
エンビロサックスのスリングという斜め掛けできるタイプです

e02.jpg

クルクル巻いて、下に付いたゴムでまとめるタイプのものです。
柄もいっぱいあって、シンプルなものから派手なものまで
いろいろ選べていいのですが、とても細かいことを言えば
下にたれるゴムがちょっとかわいさを邪魔してるかなーと個人的には思います

ショルダー部分は、自分で縛るタイプなので
斜め掛けから、短くして肩掛けタイプにも調節できます

e04.jpg

大きさの割にぺったんこなので、本や雑誌、書類などにはいいのですが
買い物でいろいろお野菜なんかを入れると大変です。
(そもそもそんな用途には考えられていないのかも…)
肩にある、紐の結び目も重くなると痛いですし。

ただ、これはエコバッグには実は珍しい機能?の
外ポケットがあります。

e03.jpg

と言っても、布の合わせ目が丁度そうなっている、という程度のものですが。

なんにしろデザインがとてもいいのと、サイズの割にはコンパクトになるので、
文房具やノート、タブレットだけ入れて、カフェや図書館なんかに行くのに使ったりもします


メリット:ショルダーできる、デザインが良い、外ポケット付き
デメリット:思ったよりパンパンには入らない。重いときつい
おすすめの使い道:ちょっとした書類入れ、文具、お財布、携帯などなど









最終更新日  2013.08.16 22:03:56
このブログでよく読まれている記事

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.