移り行く季節の狭間で想う事

お引き渡し、小学校。11月28日

今日は、とうとう、家の引き渡しの日。

朝から、営業マンにいわれたとうり、実印、身分証明、頭金、などなど・・・入念にチェックする。イケメン営業マンから渡された、必要なものリストに銀行の通帳は入っていなかった。ふ~~んいらないんだ。と思い、とにかく書いてあるものをそろえて、現場の銀行に向かう。

銀行では、イケメン営業マン、その上司らしき人、先生と呼ばれる司法書士、銀行の偉い人とおもわれるひと、などなどが集結。

スーツ姿のその人たちに囲まれて、だんなは必要書類に記入、実印を押し捲る。いったいドンだけ、書類があるんだ??だんなは、内容を理解してサインしてるんか??
などと、半分他人事で、隣で眠気をこらえて座っていた。

突然、銀行員が私にむかって、「奥さん、通帳出してください」という。「は??もっていませんけど?」というと、一瞬にして、その現場が氷ついた。

あれ・・・?まずいっすか??

かなり、まずいらしいっすね==

取りに帰ると、往復1時間はかかるんですけど・・・と、思案していると、銀行員が「いえいえ、問題ないですよ。今、もう一つ通帳作ればいんですよ」
と、いうことで、通帳追加・・・いっぱいあると、ややこしいのにね。
ま、しょうがないね・・・
で、話が終盤になりかけたところで、「奥さんも通帳お一ついかがですか?」と銀行員がいってくる。「いえいえ、必要ないので・・」っていってるのに、しつこい。キャンペーン中なんだって、知らんよそんなこと。でも、忘れた負い目があったので、作りました。へそくり用にでもするか・・・・

たっぷり2時間かけて、何とか終了。は~~~肩凝った。

でも、これで、完全にあの家は自分たちの物になった。
だんな、うれしさを隠せない様子。

予定よりも、諸経費なども安くついたようで、通帳にけっこうお金が残っている。うれしい~~現金はありがたい。まだ、いろいろ買ったりしなくっちゃなので・・・

なんか、全てがとんとんとうまく運ぶのでちょっと、びっくりしている。いいんかな??一生分の運使っちゃったかも??

だんなを駅に送ってから、こうちゃんが転入する予定の学校にも行ってきた。
通うのは、来年からになるけど・・・
今の学校よりはこじんまりしているという印象。

校舎も小さいし、校庭も狭い。
話を聞いたら、1学年2クラスづつなんだって。やっぱりこじんまりだね。
こうちゃんのLDのことも話しておいた。話に応じて下さったのは、女性の教頭先生で、とても話やすく、親しみを感じるたいぷ。冬休みでも、だれかはいますので、良かったら、子供さんと学校をみにきてください。とのこと。いってみようかな??

あとは、ことばの教室のこと、たぶん希望すれば、通えるでしょう、とのこと。となりの学校にあるんだって、でも、その学校も家から歩けるくらいの距離。
あとは、こうちゃんがすんなりとなじめるか・・・?
大丈夫よね。まあ、はじまってみないとわからないけど・・・




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.