移り行く季節の狭間で想う事

変なおじさん

ちょっと前、だんなが体験した本当の話

会社の帰りにバス停でまっていたら、知らないおじさんがいろいろと話かけてくるんだって、うっとうしいなーと思いながらまあ適当に返事をしていたんだって。

すると、そのおじさんが今日競馬で600万だか700万だか当てたと話し始めた。かなりうれしいらしい。

そりゃそうだろう、誰でもうれしいよね。

それでうれしいから、「あなたに50万あげますよ」と言っってきたんだって!!!

だんなはもちろん気持ち悪いので「いらないです。」と答えた。

でも、何度もあげるからとしつこくいったらしい。うちポケットから封筒を取り出そうとしていた。

そうこうしている間にバスが来たので乗ろうとしたら、その人が

「自分が次ぎのバス停まで走っていくから、もしバスに追いついたら50万あげます。」

といって進行方向に向かって走りだしたんだって。

だんなは気味がわるくなってバスにのらずに反対方向に歩いて、別の駅から帰ってきたらしいんだけどね、

帰り道(もし50万あったらなにを買おう)と、考えながら帰ってきたんだってさ。

変な人っているんだねー

「そのおじさん、酔ってたの?」って聞いたら、ぜんぜんそんな風ではなかったらしい。

見るからに変?ってきいたけど、べつに普通だったそう。

うーーーん。本当にうれしかっただけなのかもね。

でもやっぱり知らない人から50万は気持ちわるいよね。

あなたならどうする?



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.