移り行く季節の狭間で想う事

生まれた。

かわいかったなーーーって親ばかな語りばかりでは、なんですので・・・

平成8年2月10日にうちのこうちゃんは生まれました。

滅多に雪が積もらない奈良で、結構積もったんですよ。確か・・・

子供が大好きで早く欲しかったのでうれしかったなーーーー。

陣痛微弱で一晩様子をみた・・赤ちゃんの心拍が下がったので帝王切開での出産でした。いやーーーいたかった・・

お腹の中で苦しかったらしくて、自分の排泄物で濁った羊水をのんで仮死状態で生まれたそうだ。すぐに肺の洗浄をされて・・2,3、日保育器に入っていた。保育器に入る赤ちゃんって小さい子が多いのに、こうちゃんは2300gあった。保育器が窮屈そう。

母乳を飲ませるのが夢!!!だった。
でも・・・なかなか飲めない。私の乳首。扁平ってやつで、赤ちゃんにはとても飲みにくいらしい。たいへんでした。桶谷母乳育児にも通ったよ。
なんとか、かんとか、努力の結果母乳のみで育てることができました。

すくすくと・・・順調に成長・・・するもんだ。と想っていたけど。
いやーーー子育てはいろいろある。

まず、一ヶ月検診。
「低体重。おっぱいがのめていませんね。」といわれる。体重の増え方がたりないんだって、ミルクを足しなさい。って病院では指導された。でも、桶谷でみてもらうと「母乳は充分出ている」のだそう・・・体重が増えないのはまあ、そおいう子もいるから・・・といわれて、なんとか母乳のもでがんばることにしました。

もう一件、「心臓に雑音が聞こえる気がする・・・」
え!!!気がするって、気がするって、どっちなんだよーーー
新米母はいちいちおおさわぎ・・・その後2週間後に再検診したら、大丈夫でした。もうーーーーおどろかしてくれる。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.