移り行く季節の狭間で想う事

赤ちゃん編

いやーーーかわいかったなーーーってもういい?  はい。

3ヶ月検診で、また「低体重」といわれる。「総合病院で詳しく検査してください」「え??」って思わずいったら、「あたりまえじゃないの!こんなガリガリで、一ヶ月の子かと想ったわよ」と近所の小児科の女医さんにいわれてしまった。

新米母ってこれだけで落ち込むんだよねーーー気がつかなかった私は母親失格?って。

それで、総合病院へ・・・
レントゲン。心電図。頭のCT.腹部のエコー。など結構いろいろと検査してもらいました。

その結果は「慢性肝炎」肝臓の数値が普通の5倍くらいあるということらしい。

またまた、母、顔面蒼白。

でも、小さい子にはたまにあることらしい。薬もないので、一ヶ月ごとに血液検査に通う程度でいいそうだ。

血液検査って大人には何でもないけど、(私は大人でもいやだけど)赤ちゃんのとっては一大事。
予防接種で経験あると思うけど、大騒ぎだよね。
赤ちゃんの血管って細いから、血管を見つけて、血をとるのはとても大変なことらしい。
「お母さん、外で待っていてください」っていわれrんだけど。「うぎゃーーーーー」ときこえる。しかも長い。下手したら30分くらい出てこない。

30分後ちょっと、よれっとなった先生と泣きすぎてグチョグチョのこうちゃんが出てくる・・・・ああ、かわいそう。

こうちゃんは5ヶ月目で、5000ぐらいの体重。やっぱり小さい。しかも、8ヶ月ぐらいまで5キロから増えない。同じ月齢の子と比べても二周りぐらいちいさかった。

もちろん。発育もすべてゆっくり・・・おすわり。はいはい。などなど・・・母子手帳を見ると、はみ出すくらいに小さかったし、遅かった。

でも、のんびりの母は。まあ、そのうち追いつくんだろうぐらいに思ってました。ははは。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.