移り行く季節の狭間で想う事

発達検査

先週こうちゃんの発達検査があったんだけど、その結果を今日聞いてきた。

口頭だけで、結果の書類などはみせてもらえなかった。

去年も前の学校で同じようなテストがあったのだけど、結果はそれとほぼ同じような結果がでました。と、いうことだった。

同じと言っても、一つ年齢はあがっているわけで、その年齢に相応して同じような結果だった。ということ・・・

先生いわく、「同じ結果ということは、こうちゃんにしてみれば1年間すごくがんばったということですよ。苦手な部分があると、年齢が上がるにしたがって差が開く場合もあるわけですから」

ということで・・・・

まあ・・・悪くはなっていないということなのね・・??

特徴は、「なんといっても、一つの課題を一生懸命コツコツのやりとげる集中力と努力はたいしたもんです。
これは、こうちゃんの長所ですね」

うん。うん。^^

これは、確かにこうちゃんのいいところだ。この、努力で今までやってきたようなもの??

「ものを覚える力、知能面に関しては問題ないですね」

「ただ、苦手なのは、やはりことばの面。具体的な観念は理解できるのですが、抽象的な概念を捉える能力が足りない」

のだそうだ。具体的にいうと、トマト、きゅうり、などのものの名前と実物は一致するが、これは野菜の仲間。これは果物。動物の仲間・・・

など、言葉や概念で理解しなければいけない部分。を捉えるのがかなりしんどいでしょう。

ということ。

「普通学級でやっていけるとは思いますが、今までは具体的概念で理解する学習が多かったですが、3年生以降。4,5年になってくると、この、抽象的概念で学習していく内容がとても多くなってきます。
このときに、こうちゃんがどれだけついていけるのか・・・・不安な面はありますね。」

むむむ・・・・私が心配していることとあまりに一致している。

「特に、社会、理科、国語などは、この概念がとても必要になってきます」

って・・・・ほとんどの科目よねーー;

算数も数字を計算することには問題ないようだけど・・文章問題は苦手だしな~~~

って・・・・やっぱり問題は山積み??

「でも、こうちゃんには、最初にいったように、こつこつと努力することが出来ますから、それで乗り越えていけるといいのですが」

くくく・・・努力の人はこれからも続くようだ。

「家でも、学習内容をこうちゃんがちゃんと理解できているのか、おかあさんがしっかりと把握してあげてください。」

はい。

「一番努力していただきたいのは、読解力。音読とか・・本を読むことをこころがけてあげてください」

とのこと。

前は、寝るときによく本を読んであげたけど、最近はさぼってるわ~~~

もう、大きいのだし、自分で読んで自分で理解するのが重要だそうだ。
毎日、1ページでもいいから、読む努力を続ける。

「あとは、日記など・・・自分の考えを文章にする努力。
1行でもいいから・・日記をつけること。」

一番苦手そうだね~~

「こうちゃんの話をよく聞いてあげる。何がいいたいのか、そして、表現方法などをさりげなくフォローしてあげる。」

ああ・・・私って先に言ってしまうのよね・・・

私も忍耐だねーー;

宿題見ていても、私がイラ~~~~としてしまう・・・

これも、私の忍耐。--;;;

「テストをしているとき、ちょっと迷うと、ちら、ちらと人の表情を伺いますね。これは、自分に自身がない証拠です。
あと、つまづくことを恐れている。非常に慎重ですね」

た・・確かに・・・・

慎重なのは、いいことでもあるけど・・・臆病というか・・・チャレンジ精神がないというか・・・・・

でも、自信。積極性に関しては、以前はもっとなかった。

見るからに、弱い。と言う印象だったけど、最近これは変わってきてる・・・・と、母は思っている。

遊んでばかりで宿題もそこそこなんだけど・・・・
でも、人間関係、とか、自分で考えて行動するとか、親から離れることなどを今学んでいるように思う。

もっと、自分に自信がもてて、積極的に行動できるようになるといいね。^^

でもでも・・・勉強もこれから大変になるみたいだから、やっぱり、ちゃんとしていかないと、遅れがでてしまうと、取り返すのは困難かもしれない。

はあ~~~

私の忍耐力もつけなくっちゃだわ・・・・

これが、私の課題。がんばろう~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

発達検査の度に思うこと。

軽度発達障害。受け入れているつもりなんだけど・・・
やっぱり、受け入れていない部分があることを思い知らされる。

それは、私の心のどこかに、いつかは

「大丈夫ですよ、お宅のお子さんは普通ですよ」


と、いってもらいたい。と思っている。

大分、成長してきたし・・・あんなことも、こんなことも出来るようになったし・・・・

他の子にだいぶおいついてきてるんじゃないかな??

と、どこかで期待している。

でも、わが子が成長しているのと同じように、他の子も成長している。

年相応の成長度合いというものがあるわけで・・・・

差がひらいていないことは、先生からいわせればすごいことなんだ。

ここに、親との期待に大きなズレがある。

受け入れて、飲み込んで、そしてサポートに回ってあげる。

これが、親の務めなのかね??

過度な期待はきっと子供を追い詰めてしまうよねーー;;;

先のことへの不安。これも、あまり持ちすぎると、子供を追い詰める。でも、しっかりと課題は把握しておかなくっちゃいけないんだろうな~~~~

ああ・・・やっぱり、忍耐だわ。

私に忍耐が足りないから、こうちゃんは私のところに来たんだろうな・・・

最近はそう思いますーー;;

忍耐。忍耐。忍。。。

が・・・がんばるぞ======

H16・6・8日に日記より


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.