2403478 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

カワセミのつれづれ日記

北海道ツーリング記 4

2003年、4回目の北海道ツーリング。
この年は、本当はツーリングに行く予定ではなかった。

2003年8月8日。
髪が伸びてうっとうしくなってきたので、美容院に行った。
家に帰ったら、ダンナが
「やっぱり北海道行こか」って。
え?マジすか?

急遽北海道行きが決定~。

まずはモモンガとカメを、私の実家に預けに行く。
実家に行って、ペットを預けてとんぼ返り。
家に戻ったのは深夜12時まわってた。
明日に備えて、寝よう。

で、翌日9日。
荷造りしたはいいけど、台風が来てるんだよな~(^^;
てことは、フェリーのキャンセル待ちが出るかもしれない(笑)
それ以前にフェリーが出航しなかったら意味無いけど。
フェリーターミナルに電話して問い合わせたところ
今の時点では出航見合わせ中。
いつ出航するか、出航できるかどうかもわからないって。
まぁいいや。
台風直撃の中、舞鶴に向けて出発~♪

普通、雨の日には靴にシューズカバーをかぶせるんだけど
そんなの役に立たない!ってくらいの大雨なので
靴とシューズカバーをカバンに入れて
ゴム長靴で行くことにした。
ホームセンターで買った安物だし
邪魔になったら、途中で捨ててもいいかな~って(^^;

このゴム長靴、意外にも役に立ったよ。。。

このときの台風は、日本海を通って北海道に上陸。
フェリーの航路とバッチリ重なってました!

フェリーターミナルに着いて、キャンセル待ちの受付をしようとしたら
ちょうど空きがあったので、すんなりチケットゲット♪
台風が通過してから出航するんだって。
・・・いつ出航するかわかんないってことか。

なんにせよ、チケットは取れた。
船に乗り込んでのんびり出航を待つとしよう(^^)

荷物を置いて、とりあえず風呂に入る。
もう汗でベタベタだし。
風呂上り、サッパリしてからチューハイ片手にロビー(?)に行く。

おや?見知った顔があるぞ。
2年前のツーリングのときに知り合ったニンジャに乗ってる兄ちゃんだ。
おー!久しぶりー!
とかなんとか言ってるうちに
知り合いの知り合いとか、そのまた知り合いとかがどんどん集まって
10人くらいのグループになってしまった。

どこに行くとか、去年はどこに行ったとか話していると
友人Mが登場。
「なんでおんねん!」とか言われてしまった。
Mが北海道に行くってのは知ってたけど
私は行くつもりなかったから、言ってなかったんだよね~。
そこからさらに人数が増えて、もう大宴会(^^;

宴会は深夜まで続きました・・・。

翌朝、台風が過ぎ去ったらしく、8時に出航。
予定より8時間半も遅れたよ。
・・・ってことは、到着も遅れるってことよね~。
本当なら午前4時に着くから
初日は丸一日有効に使えるんだけど
いつ着くかわからない状態だし、予定も立てたれない。
ちょうど8時間半遅れて着いたとしても、お昼過ぎか~。

台風の影響で、結構揺れた。
乗り物に弱い私はもう、グロッキー状態。
けど、騒ぐのは大好き♪
甲板への出入りは禁止なのに(強風のため)
みんなで出てみよう!って。
出てみたはいいけど、風強い!
前傾姿勢じゃないと飛ばされそう!
なんていうか・・・「台風中継のレポーター」みたいな感じ(笑)

なんやかんやと遊んで騒いで、一日が過ぎていった。

翌10日、本当なら着いてるはずなのに、まだ着かない。
到着予定時刻は11時だそうだ。
お?少し短縮できてるな。

しばらくすると、バイク連中から情報が入りだす。
道北は台風直撃だの、どこの国道が通行止めだの、あそこの橋が落ちただの。。。
結論。
道北は×。日高方面も×。
じゃ、行くとこって決まってくるやん。
てわけで、今回も道東決定~♪。

11時半、ようやく北海道に上陸。
フェリーターミナルの駐車場に集合して、記念撮影。
また会おうってことで、バイク連中と別れる。

台風の影響で、天気はどんより曇ってるし、寒い!
いつ降ってもいいように、荷物にはレインカバーをかけておく。
さて、時間も時間だし、そんなに距離は稼げない。
今日の目的地は夕張。
「ゆうばり丁末風致公園 大草原キャンプ場」でキャンプすることにした。
山の上なので寒い!
お風呂は「ユーパロの湯」に行く予定だったけど、「レースイの湯」へ。
帰りにセイコーマートで缶チューハイを買う。
今夜の晩酌~♪

このキャンプ場、だだっぴろくて、気持ちいい。
サイトは芝だし、サイト近くまでバイクの乗り入れが可能。

翌日11日、今日も曇天。
降ったりやんだり。
寒いし、いつ降るかわからないしで、レインコートを着込む。
され、東に向かうのに、どのルートを走ろうか。
といっても、悩むほど道は無い。
R452で芦別へ向かい、そこからR38を南下して富良野へ
富良野で「富良野物産センター」を探したけど、見当たらず。
あっれ~?確かここにあったはず・・・の場所に無い。
閉鎖したのかな?まぁいいや。

R237を北上し深山峠パーキングで小休止。
ダンナが、売店で売ってた「まりも」を欲しがる。
一昨年の鹿の角といい、今年のまりもといい
どうしてそうツーリングの邪魔になるものばかり欲しがるの!
・・・でも買っちゃった(^^;

R237をさらに北上。
途中、キレイな花畑があったので、またまた小休止。
って、休んでばっかりやん。

休憩はほどほどにして、R237をまたまた北上。
旭川から愛別へは国道を離れ道道140号を走る。
愛別からはR39、R273を走り層雲峡、石北峠を抜け留辺蕊へ。
今日は「留辺蕊つつじ公園キャンプ場」でキャンプ。
ここも芝のサイトでテントを張りやすい。
モチロン、無料♪

温泉は少し遠いけど、「塩別つるつる温泉」へ。
キャンプ場からは約10km。
寒いし、帰りは絶対冷える!とか思ったけど、全然そんなこと無かった。
ここの温泉はナトリウム泉で、お湯がヌルヌルしてる~。
けど体の芯から温まって、なかなか冷えない。
温泉効果を実感したよ。

翌日12日もぐずついた天気。
レインコートのパンツだけ履く。
ジャケットは防水性あるしね。

R39を東に向かい、美幌からR243へ。
美幌峠へ向かう途中で本降りに。
あー・・・また雨かよ。。。
毎日のように雨降ってます(^^;

前回、美幌峠に来たときは霧で何にも見えなかったけど、今回は・・・
やっぱり霧でした(^^;

峠を下り、屈斜路湖沿いを走る。
まー、気持ちいい直線!
別名「パイロット国道」だって。何じゃそりゃ。
加速したら離陸でもするんかいな。
とりあえず、シフトダウンしてアクセル全開~!
レッドゾーン目指してどんどん加速!
リミッターかかるころには、結構なスピード出てましたよ。
っていっても、所詮国産。しれてるけどね(^^;

屈斜路湖の次の目的地は・・・ライダーの憧れ(?)開陽台!
北19号を走るのだ!

R243から道道885→道道150へ入り
地球が丸く見えるという開陽台展望台へ。
周囲330°の展望は、本当に地球が丸く見える・・・かな。
フェリーのデッキとか、岬とかから水平線を見たほうが
丸く見える気がするけど・・・(^^;

さて、次は定番・北19号。
やっぱり撮ったよ。走ってる姿。
ダンナと交代で、ブレないように低速で(笑)

さて、今日の目的は果たしたし、キャンプ場は・・・
ここからだとやっぱり、羅臼でしょ!

R335に出て、海岸線を北上。
んー、やっぱ海沿いの道は気持ちいいね♪
って言いたいとこだけど・・・寒い。
真夏なのに寒い!!!

今日の宿・国設羅臼野営場へ到着。
少し時間が早めなのか、サイトにはまだまだ余裕がある。
少しでも平らなところにテントを張って
(ここは傾斜地が多い)
道の駅知床・らうすへ。
買う気もないのに、近くの売店へ。
美味しそうな海の幸が・・・んー、買おうかな(^^;
筋子を買おうかどうしようか悩んでたら
オバちゃんが甘エビもつけてくれるって。
よっしゃー、買います(笑)
オバちゃんが
「あんたら、ご飯はあるの?」って言うから
「無いです」って言ったらご飯もくれた。
ついでにわさびも(^^;
舟木商店のオバちゃん、ありがと~♪(宣伝)

セイコーマートで缶チューハイ買い込んでキャンプ場へ戻ると
「なんか見た顔がおるそー」の声。
何じゃ!?
ああっ!友人Mがそこにいた。
あいつらのペースなら(逆車なので速い)
ここには昨日あたりに着いてるはずだとにらんでたんだけど
読み誤ったか(笑)
静かなキャンプのはずが、宴会になってしまう。

とりあえず、温泉へ行く。
当然、「熊の湯」。
Mたちは男3人のグループ。
こっちは夫婦。
温泉では当然、私一人。
隣の男湯からはなにやら楽しそうな声が・・・いいなぁ。

温泉を出て、キャンプ場へ向かう。
さて、ゆっくり晩ごはん・・・なんて食べられるわけが無い。
「焼肉するぞー」と呼び出される。
みんなで食材を持ち寄って、宴会~。
途中、雨が降ってきたので、炊事場に移動して、宴会続行(^^;
深夜まで続きました。。。

翌朝、ダカッダカッダカッと何かが走る足音で目が覚めた。
何時だよ~。まだ5時にもなってないやん。
誰やねん。こんな朝早くから・・・犬でも散歩させてんのか・・・?
・・・ん?犬?いや違うな。
何だ~?
テントから顔を出してみると・・・鹿がいた!

カ、カメラ・・・!
慌ててカメラを取り出し、テントから出る。
今日は夏休み・盆休みの真っ只中。
キャンプ場はこれでもかといわんばかりにテントが張ってある。
こんなに人が多い所に野生の鹿が出るなんて・・・ラッキー♪

物音で目が覚めた数人が、私と同じようにカメラを持ってテントから出てきていた。
大人の鹿2頭と小鹿3頭。
人がいるのも気にせずに、草を食べてる。
触れそうな距離まで近づくと、少し逃げるけど、走って逃げたりはしない。
しつこく鹿を追い回し、写真を撮った。

ダンナにも見せてあげようと、起こしたけれど
寝起きの悪いダンナは、テントから少しだけ顔を出して
「あー、ホンマや。鹿や」と言ってまたシュラフに潜り込んでしまった。

そうこうするうち、鹿もどこかへ行ってしまったので
私もテントに戻ってもう一眠り・・・。
少しウトウトしたくらいで目が覚めたので、起きて出発の準備でもするか。

準備を済ませて、朝風呂朝風呂♪
熊の湯は、朝にお湯を抜いて掃除をするので
朝はお湯の温度が低くなってて入りやすいのだ♪

温泉でサッパリして、出発~。
ウトロ側へは行かず、来た道を引き返す。
R335を南下しR244、R233、R44を通り根室へ。
北海道最東端・納沙布岬へ行くのだ。
・・・ライダーって、端っこ大好きよね(^^;
根室半島を反時計回りに周って、納沙布岬へ。
先っちょに着くころには晴れてきた。
久しぶりの太陽♪
でもそのうちまた降り出すんだろうなぁ。。。

岬の食堂でお昼を食べる。
花咲ガニの鉄砲汁、めっちゃ美味しい♪
美味しいのはいいんだけど・・・店にはなぜかストーブが(^^;
いくら今年の夏は寒いからって、ストーブまで必要なのかなぁ。

腹ごしらえもしたし、写真も撮ったし、さぁ出発。
海沿いに走っていると、道路横の牧草地に馬が放牧してあった。
それだけなら特別珍しい景色ではないんだけど・・・
馬が横倒しになってる!
え?もしかして死んでる!?
いいや、よく見たら寝てるだけだった(^^;
馬って・・・横倒しになって寝るんだっけ???
普通、横になって寝ないよね?

根室半島を1周したあとは道道142を走り、霧多布へ向かう。
途中、落石を過ぎたあたりから・・・寒い!
霧が立ち込めて視界が悪いし、とてつもなく寒い!
レインコートを着込んでも寒い!
ガタガタ震えながら走ったよ。
夏だよ?
さっきの店にストーブがあったのがよくわかる。。。

霧多布岬に到着・・・したけどきりが濃くて何も見えない(^^;
霧多布の名前のゆえんは「霧がたっぷり」とかいうネタを聞いたことがあるけど
本当なのかも知れないと思えるくらい霧がたっぷり。

今日は「きりたっぷ岬キャンプ場」でお泊り。
テントを張ってる最中に雨が降り出す。
雨の中でのテントの設営は嫌い。

切り立った丘の上、吹き付ける風、響き渡る霧笛・・・
何ともいえないシチュエーションです。

温泉は丘を降りてすぐの「ゆうゆ」へ。
バイクで数分なんだけど、霧のせいですぐに冷える(^^;

霧笛を聞きながらの就寝となりました。。。

翌朝は少し晴れた。
けど寒いことに変わりは無い。
炊事場の水道で顔を洗う・・・うっわ!水、冷た!
氷水ちゃうんかと思うくらい冷たい。
本当に夏か!?

さてさて、今日はどこまで行けるだろうか。
海沿いに走り、襟裳方面へ向かいたい。
霧多布湿原を抜け、R44で厚岸へ。
道の駅厚岸グルメパークで休憩。
昆布アイスを買う。
味は・・・昆布の味がするかな?しないかな?ってくらい。

駐車場で姫路ナンバーのハーレー軍団と遭遇。
そういえばこの当時、私のバイクはまだ姫路ナンバーのままだった。
ハーレー軍団のおっちゃんと少ししゃべる。

ハーレー軍団が先に出発した。
しばらくしてから私たちも出発。
少し走ると、軍団に追いついてしまった。
軍団は車と同じスピードで走っている。
抜くにも抜けないし、しばらく後について走ってると、ネズミ捕り発見。
・・・抜かなくて良かった~(^^;

次なる目的地は釧路。
和商市場で、勝手丼を食べるのだ♪

勝手丼とは・・・
ご飯(私が買ったのは200円くらいだった)を買い
市場内のお店を回りながら具となる魚介類(100円くらいからある)を買い
ご飯に乗せて自分流の丼を作るのだ。
これが結構楽しいんだけど
調子に乗って色々買いすぎると高くつくし
いつまでもウロウロしてると、ネタが温まってしまい、美味しくなかったり(^^;
ライダー・観光客が多い。

勝手丼を食べた後、ついでに市場内で土産(親に送る)を買う。
あちこち見て回って、花咲ガニに決定。
本州ではあまり見かけないしね。

さて、お腹も膨れたし、出発出発。
R38、R336をひたすら進む。

襟裳まで行っちゃうと、キャンプ場がな~・・・。
襟裳の百人浜でもいいんだけど、風強いし、寒そうだし。
で、今日のキャンプ場は少し手前の「広尾キャンプ場」に決定。
ここはオートキャンプメインだなぁ。
有料だし・・・安いけどさ。
サイトは砂利だし、ペグが刺さんねー!
ま、いっか。
テントを設営しようとしたら・・・また雨。

今回のツーリング、ホント雨ばっかり。
雨中テント設営・撤収が上手くなったよ(^^;

お風呂は近くの公衆浴場へ。
人が少なく、貸しきり状態だった。
お風呂の帰り、やんでた雨がまた降り出した。
もう、雨が降っても気にならなくなってきたよ・・・。

夜も更けたし、そろそろ寝よう・・・と思ったら
近くにテントを張っていたファミリーが
夫婦喧嘩を始めてしまった。
こんなとこにきてまで喧嘩しなくても・・・(^^;

翌15日も雨。
あー・・・毎日レインコート着てるなぁ。
ゴム長靴も、もはや標準装備(笑)

さて、襟裳に向けて出発。
ずーっと海沿いを走る。
ひたすら海沿い。
夏なのに、なんだか寒々しい景色だなぁ。

R336をひたすら南下し、庶野からは道道34に入る。
あとはもう1本道。
って、国道もずっと1本道だったけど(^^;

襟裳岬に到着~♪
最初にここにきたのが99年だから、4年ぶり?
懐かしいな~。
とりあえず岬の先っちょまで行く。
風が強~い!
さすが強風で有名なだけはあるね。

岬のさらに先のほう、運がよければゼニガタアザラシが見えるんだけど・・・
んー・・・いるんだかいないんだか。
双眼鏡でもないと見えない。

レストハウスでお昼ご飯。
前に来たとき、ここで食べた「つぶ丼」が美味しかったんだよ~♪
今回は別のお店で(2~3店ある)つぶ丼を注文。
うん、美味しい。
ぜも前回食べた店(向かって一番右)のほうが美味しいかも。

お昼を食べたあと、売店をウロウロしてたら
「おーい!おーい!」という声。
何だ?と思って声のほうをみたら
ニンジャの兄ちゃんがいるではないか。
「おー、なんでこんなとこにおるん?」
って、そりゃツーリングしてるからなんだけどね(^^;
一言二言交わしたあと、私たちが先に出発。

しばらくすると、ニンジャの兄ちゃんたちが追いついてきた。
やっぱリッターマシンは早いわ。
しかもカスタムしまくってるし。

道の駅みついしで休憩。
雨もやんだし、レインコートを脱ぐ。
さっきのニンジャの兄ちゃんたちもいる。
兄ちゃん曰く
「最初はゴム長靴ダッサーとか思ってたけど、今はめっちゃうらやましいわ」って(笑)
そりゃねぇ。こんだけ雨ばっかり降ったら・・・。

うとうしいレインコートも脱いだことだし、さて出発。
目的地は支笏湖。
今日のキャンプは支笏湖畔の「ポロピナイキャンプ場」

R235を進み、苫小牧を抜けR276へ。
トドマツ林を抜けると、支笏湖だ。
陽も傾き、なかなかいい景色。
バイクを止め、写真を撮る。
夕日を浴びるジェイドもなかなかものんだわ(笑)

さて、のんびりしてるヒマはない。
はやくキャンプ場に行かないと。

さらに湖沿いを走り、キャンプ場に到着。
このキャンプ場は安いけど有料。
一人300円だったかな?
サイトは砂・砂利で、車・バイクの乗り入れ可能。
ファミリーはなぜかキャンプ場の奥のほうの広場にテントを張るので
湖畔のサイトは比較的静か。
欠点は、夜になるとゲートが閉まること。

この夜は珍しく(?)雨が降らなかった。
とにかくほとんど雨だったもんだから
雨が降ってないときは少しでも色んなものを乾かさないと。
バイク2台の間にロープを張り、簡易物干し場とする。
荷物を入れていたビニール袋やら、養生シートやらを干す。
タオルなんかも干す。
朝、テントを撤収するときも、フライシートを干せるので便利♪

翌16日。
さて今日はフェリーターミナルへ向かわないと。
明日17日のフェリーに乗りたいのだ。
予約とってたら、こんなに早くフェリーターミナルへ行かなくてもいいんだけど
キャンセル待ちだからね~(^^;

てことで、R453を北上。
札幌市街を回避してR5号へ。
あー・・・R5号へ入ると「今回もツーリングも終わりだなぁ」って思う。
北海道に上陸して、まず走るのがR5号。
小樽へ向かうのもR5号。

フェリーターミナルへ向かう途中、青空が見えてきた!
おお!今回のツーリングで、青空見たのは初めて!
友人Mも、ニンジャの兄ちゃんも今日の船(10時出航)で帰るって行ってたから
今頃はもう船の中。
一度も青空を見ることがなかったんだな~。
一日伸ばして良かった(^m^)

お昼頃、フェリーターミナルへ到着。
いつものように(笑)キャンセル待ちの場所に荷物を置いて
プチツーリングに出発。

今回は・・・洞爺湖に決定~。
余市、仁木町、羊蹄山を抜け、洞爺湖へ。
ただ単に、レッドバロンの旗が欲しかっただけ・・・だったりして(^^;
ついでに洞爺温泉に入る。
洞爺湖温泉までは行く時間がないんだよな~。。。
温泉でサッパリしたら、暗くならないうちに小樽へ戻りたい・・・けど
すでに夕暮れ時だったり。
とにかく小樽へむけて走り出す。

R230を走り、喜茂別からR276へ行けばいいのに、そのままR230を走る。
これがやっぱり失敗。
定山峡で大渋滞(^^;
暗いし細いしですり抜けもままならず。
ようやく渋滞を抜け、道道1号へ。
夜の峠なんて走りにくいったら!

峠を抜け、R5に入り小樽へ向かう。
んー、やっぱりキャンセル待ちの人、多いね~。
でも受付1番2番だし、チケット取れるのはほぼ確実。
安心して眠る。
っていったって、フェリーターミナルの裏口に
銀マット敷いてシュラフに潜り込んでるだけだけど。
野宿に近い???

午前3時、キャンセル待ちの受付開始。
整理券を受け取り、申し込み用紙に記入して受付を済ませたら
ロビーの椅子(3人がけ)に横になり、再び就寝。

若い(つもり)女性が早朝からロビーの椅子で爆睡って、どうよ!?って思ったから
ライディングジャケットを頭からかぶって顔を隠す。
・・・よく考えたら、それのほうがもっとヤバくない!?

9時過ぎ、キャンセル待ちの人たちへの乗船受付が開始。
今回は2等か。。。
2等と言ってもこれは多分、あの部屋だろう(^^;

チケットを受け取ったら、乗船口へ。
船に乗り込み、バイクを停め荷物を降ろし、客室へ。
案内された部屋は・・・やっぱり大部屋。

普通、2等客室は荷物を置くためのボックスがあるんだけど
この大部屋(正式名称はミーティングルームだったかな?)は
ただのだだっ広い部屋。
そこに毛布が置いてあって、ただそれだけ。
荷物は枕元とか足元とか、適当に何とかしてください状態。
ま、あぶれた人の詰め込み部屋やね。
乗れるだけマシだけど。

そういえば。
昔はドライバー室に入れられたりもしたらしい。
最近はどうなのか知らないけど。

荷物を置いて船内をウロウロしていると
行きのフェリーで見かけた顔を発見。
帰りのフェリーも宴会状態でした。


今回のツーリングは雨ばっかりだったけど
それはそれで思い出深いものとなった・・・かな。



© Rakuten Group, Inc.