938220 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

そこに  翡翠が  いるから・・

全8件 (8件中 1-8件目)

1

遠征

2019年05月04日
XML
カテゴリ:遠征
​​3年ぶりに、往復355kmを走破する鳥見旅で得たものは・・・
この谷に来て思うのは、オオルリの数の多いことである。
来訪に際して、縄張りや♀の確保で♂は旅の疲れもとれない日々が続く・・
そしてカワガラスも結婚相手と共に営巣の準備を始めている。
その他、目の前に現れてくれたが撮影は叶わなかったクロツグミと二ホンリス・・
未だに悔しい思いではあるが、次回の課題としておこう・・
キビタキに出逢えなかったのも、今年の運気下降を示しているとすれば淋しい話ではある。

インターチェンジを降りると林檎の花が出迎えてくれる。
総行程355kmの車中一泊の鳥見旅

リンゴ畑


オオルリの渓谷に入ると早速さえずりが聞こえてくる。
高い枝に止まって降りてはきてくれないが・・
オオルリお腹
オオルリお腹 posted by (C)黒鯛ちゃん

オオルリお腹.
オオルリお腹. posted by (C)黒鯛ちゃん

オオルリと天然キクラゲ
オオルリと天然キクラゲ posted by (C)黒鯛ちゃん


ミツバツツジが綺麗に咲いて、所々で異彩を放つ・・
満開のミツバツツジ


足元には鮮やかなブルーの小さな花を付けるフデリンドウが満開だ・・フデリンドウ


ここは公の園になっているが、池には驚くほどのオタマジャクシの群れがひしめき合っていた。
暖かな初夏の日差しを浴びて何を思っているのだろうか・・・
オタマジャクシ

オタマジャクシのお玉ボケ


その公園には大きな駐車場が完備されていた。
車中一泊夏鳥散策


近くにある別の沢に、カワガラスが居る。
正に営巣を始めたばかりのつがいがいた。
清流の流れとカワガラス
清流の流れとカワガラス posted by (C)黒鯛ちゃん

カワガラス♀交尾待つが・・
カワガラス♀交尾待つが・・ posted by (C)黒鯛ちゃん

カワガラス巣材集め
カワガラス巣材集め posted by (C)黒鯛ちゃん

苔むす岩とカワガラス
苔むす岩とカワガラス posted by (C)黒鯛ちゃん


この沢には吊り橋が有るが、そこで突然目の前に現れたオオルリ!
ちょっと慌てて慎重さを欠くが、どうにか撮影する。
目の前からの太陽光がレンズの中に飛び込んでくる。
画像が濃霧の中のように成る。
画像処理でいくらか見られるようにはなったが・・・
数枚共に逆光は避けられなかった。
オオルリ
オオルリ posted by (C)黒鯛ちゃん

ピンボケ・ヒタキ科特有のスタイル
ピンボケ・ヒタキ科特有のスタイル posted by (C)黒鯛ちゃん

背打ちオオルリ
背打ちオオルリ posted by (C)黒鯛ちゃん

背打ちオオルリ .
背打ちオオルリ . posted by (C)黒鯛ちゃん

オオルリ逆光
オオルリ逆光 posted by (C)黒鯛ちゃん


ニリンソウも沢沿いに静かに寄り添って咲いていた。
ニリンソウ


その沢の上流には湧水群がある。
その水を有難く頂き、その湧きだした清い流れに心休ませる。
源流の流れ






最終更新日  2019年05月04日 23時00分19秒
コメント(16) | コメントを書く


2016年12月17日
カテゴリ:遠征
シベリア東部で繁殖し、日本へは本州中部以北に冬鳥として渡って来るオオマシコ。
あの真っ赤な色を目に焼き付けるために、遠路はるばる暗闇の中、愛車を走らせた。
一つ目の峠に差しかかった頃、空がしらみ始めて深い青色に変わった。

峠の途中に止めて道草撮影。
夜明け前の峠

夜明け前の街をデジスコ撮影


オオマシコポイントでの撮影風景。
眼下には街並みが広がっていた。
オオマシコ撮影風景
オオマシコ撮影風景 posted by (C)黒鯛ちゃん

オオマシコポイントより


総走行:130km。
所要時間:往復約4時間程。
オオマシコが来てくれるのをしばらく待ったが、姿を現してくれない。
所用も有ったので早々と引きあげ、お土産もなしだ・・
そして久しぶりの危険なワインディングロード。
オートマチックのマニュアル仕様を2速3速と頻繁に入れ替えての下り走行。
撮影出来なかった分、ここで楽しんでみた。






最終更新日  2016年12月17日 13時04分40秒
コメント(6) | コメントを書く
2015年08月20日
カテゴリ:遠征
未明に降りだした雨・・
ここにきてあの猛暑続きのうっぷんを晴らすような脚の速い雨だ。
2~3時間で弱まったものの、涼しさをやっと連れてきてくれた。
もちろん仕事は休みとなった。
ここで、遠征の最終回を掲載してみようと思う。
名前のわからない生き物たちの勢揃いになるが、どなたかお判りであればご教示願いたいところだ・・・

まずはクモの家を紹介しよう。
卵の間は親が抱えて守っているようだ。
卵を抱えたクモ
卵を抱えたクモ posted by (C)黒鯛ちゃん


孵化が近くなると草に移して、クモの糸で回りを囲み外敵が入れなくしている。
そのうえ親は近くで見張っている。
やがて孵化をすると慣用句の語源にもなった、「クモの子を散らす」状態が見られるかもしれない。
クモの子と見守る親
クモの子と見守る親 posted by (C)黒鯛ちゃん


そしてこの高原にはたくさんの蝶が舞っている。
その中の一部しか撮影できていないが・・
※※※名前のわからない蝶が四種いましたが、muraさんとドクターT9323 さんのご教示によりすべて判明しました。muraさん、ドクターT9323 さん有難う御座いました!※※※
ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン posted by (C)黒鯛ちゃん

ウラギンスジヒョウモン
ウラギンスジヒョウモン posted by (C)黒鯛ちゃん

クロヒカゲ
クロヒカゲ posted by (C)黒鯛ちゃん

イカリモンガ
イカリモンガ posted by (C)黒鯛ちゃん

コヒョウモン
コヒョウモン posted by (C)黒鯛ちゃん


草花も数えきれないくらい咲いていた。
撮影はほんの少しだけである。
ツリフネソウ
ツリフネソウ posted by (C)黒鯛ちゃん

キツリフネ
キツリフネ posted by (C)黒鯛ちゃん

ヤマオダマキ
ヤマオダマキ posted by (C)黒鯛ちゃん


この後にカエルの画像有。
※※※要注意※※※


植物園の中の小高い山に小さな池がある。
畳一畳くらいの池には、カエルが一匹だけいた。
大海へ出たくて岩の向うを眺めていたのだろうか・・・
ガマガエル?
ガマガエル? posted by (C)黒鯛ちゃん

井の中の蛙
井の中の蛙 posted by (C)黒鯛ちゃん






最終更新日  2015年08月20日 19時48分01秒
コメント(16) | コメントを書く
2015年08月17日
カテゴリ:遠征
13~17日の夏休みも今日が最終日となった。
私の記憶では、梅雨時以来の本格的な雨となっている。
昨夜から降り出した雨が、雨脚を弱めることなくこの時間(Am9:00)も降り続いている。
菜園にとっては最高の恵みの雨になった。
さて先日の遠征の続きを編集してみる。
ゴジュウカラが唯一の野鳥と書いたが、間違いだった。
肝心な初見初撮りのキバシリを忘れていた。
見つけたときはあせってドキドキものだった。
ところが「木走り」という名の通り、木の幹を上下に素早く走る。
デジスコではとても追いつけない。
どうにか見られる画像は半分が切れた。
だが、うれしいうれしい初見初撮りの証拠として掲載に踏み切ることにした。


その森林植物園にはアサギマダラが数匹見られた。
アサギマダラ
アサギマダラ posted by (C)黒鯛ちゃん

アサギマダラ.
アサギマダラ. posted by (C)黒鯛ちゃん


池の様相も夏の感銘があふれている。
夏の感銘
夏の感銘 posted by (C)黒鯛ちゃん


そしてこれが半分切れたブレブレのキバシリである。
次に逢えた時は、必ず全身をブレ無くと、意欲を掻き立ててくれる。
初見初撮りキバシリ(証拠写真)
初見初撮りキバシリ(証拠写真) posted by (C)黒鯛ちゃん


そして草花や、チョウチョ、トンボなどたくさんの生物が息づく高原だった。
オニユリ
オニユリ posted by (C)黒鯛ちゃん

イトトンボの行列
イトトンボの行列 posted by (C)黒鯛ちゃん

ハナウド
ハナウド posted by (C)黒鯛ちゃん

ミヤマカラスアゲハ.
ミヤマカラスアゲハ. posted by (C)黒鯛ちゃん

ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ posted by (C)黒鯛ちゃん

マルバタケブキ?
マルバタケブキ? posted by (C)黒鯛ちゃん


※※※かぶさんのご教示により二ホンカワトンボ(オオカワトンボ)と判明しました。※※※
※※※かぶさん有難う御座いました!                      ※※※
二ホンカワトンボ(オオカワトンボ)
二ホンカワトンボ(オオカワトンボ) posted by (C)黒鯛ちゃん

赤い実のなる草
赤い実のなる草 posted by (C)黒鯛ちゃん

最終回に続く・・
期待せずにお待ちください。






最終更新日  2015年08月20日 10時08分26秒
コメント(14) | コメントを書く
2015年08月15日
カテゴリ:遠征
8月2~3日にかけアカショウビンに逢いに行った。
往復560kmは苦にはならない。
それにしても、今頃のアップロードとは・・・?
と、心配してくれる人がいれば幸せというものだろうか・・
インターネット接続の不具合により全く手も足も出なかったのだ・・
パソコンを新調しても駄目、モデムを交換しても駄目、最後の手段でモジュラーケーブルを交換してみた。
そして、やっとの思いで今に漕ぎ着けている。
さて、肝心のアカショウビン。
今年は残念ながら訪れてはいなかった。
そんな中、一つの救いはエゾゼミだった。


行きの高速道から見た景色・・
早朝の高速道路より
早朝の高速道路より posted by (C)黒鯛ちゃん


生まれて初めて見たエゾゼミと抜け殻。
昆虫好きの黒鯛ちゃんとしては感動的な出逢いだった。
初見初撮りのエゾゼミ
初見初撮りのエゾゼミ posted by (C)黒鯛ちゃん

エゾゼミの抜け殻
エゾゼミの抜け殻 posted by (C)黒鯛ちゃん


今回の遠征ではほとんどの野鳥に逢えることなく、このゴジュウカラの画像が唯一である。
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ posted by (C)黒鯛ちゃん

ゴジュウカラ..
ゴジュウカラ.. posted by (C)黒鯛ちゃん

ゴジュウカラ.
ゴジュウカラ. posted by (C)黒鯛ちゃん


今年の高原は、日中涼しいとは言えなかったが、森の中は幾分涼やかではあった。
その中にはたくさんの野草や昆虫が息づいている。
撮影した一部の画像を掲載してみよう。
ヤマアジサイ
ヤマアジサイ posted by (C)黒鯛ちゃん

ミヤマフキバッタ
ミヤマフキバッタ posted by (C)黒鯛ちゃん

オオイシアブ
オオイシアブ posted by (C)黒鯛ちゃん

ウバユリ
ウバユリ posted by (C)黒鯛ちゃん

ヒメハンミョウの交尾
ヒメハンミョウの交尾 posted by (C)黒鯛ちゃん

ヒメハンミョウの顔
ヒメハンミョウの顔 posted by (C)黒鯛ちゃん

オカトラノオ
オカトラノオ posted by (C)黒鯛ちゃん


後日、数回に分けて高原の生き物の画像を掲載してみたいと思う。
期待しないでお待ちいただきたい。






最終更新日  2015年08月17日 08時48分00秒
コメント(12) | コメントを書く
2013年05月19日
カテゴリ:遠征

「ブッポウソウを一度でいいから見てみたい!」
その思いが全走行距離650kmを走破させた。
そして一羽でも撮影したい・・・
だが期待は嬉しい方に外れた。
始終二羽で求愛給餌を見せてくれた。
そして交尾までこぎつけた♂だったが、寸での所で未遂と終わってしまった。
そして村を離れる時、「頑張って元気な子を育てろよ!」とつぶやいたのは私だけだろうか・・・
帰り道、コマドリやコルリが見れると云う峠に足を伸ばした。
そしてここでも鳥たちは私を裏切らなかった。
マミジロの初見初撮りまで付いて、最高の遠征鳥見旅となったのである。

信州の山々はまだまだ白い雪を乗せている。
信濃の山々
信濃の山々 posted by (C)黒鯛ちゃん


キリの仲間だろうか大きく綺麗な白い花を咲かせていた。
白いキリの花?
白いキリの花? posted by (C)黒鯛ちゃん



そしてこれがブッポウソウだ!
遠くのアンテナに一羽だけ居た。
それだけでドキドキする。
ブッポウソウ見っけ!!
ブッポウソウ見っけ!! posted by (C)黒鯛ちゃん


嬉しさも束の間、もう一羽出て来てカップルになってくれた。
手が震える・・・(あはは・・
と思ったらカップルで!!
と思ったらカップルで!! posted by (C)黒鯛ちゃん



それどころか♂が急に舞い上がり、クマバチを捕ってきた。
それを♀に給餌するではないか!
手が震えて画像がブレる。
御馳走、捕ってきたぜ~!!
御馳走、捕ってきたぜ~!! posted by (C)黒鯛ちゃん

パクッ!
パクッ! posted by (C)黒鯛ちゃん

美味しいか~い?
美味しいか~い? posted by (C)黒鯛ちゃん


何度も給餌シーンを繰り返す。
連発給餌シーン
連発給餌シーン posted by (C)黒鯛ちゃん

またまた給餌!
またまた給餌! posted by (C)黒鯛ちゃん

あらよっと、御馳走だぜぃ!!
あらよっと、御馳走だぜぃ!! posted by (C)黒鯛ちゃん

あなた、嬉しいわ~~!!
あなた、嬉しいわ~~!! posted by (C)黒鯛ちゃん



♂は交尾のときを見計らっていた。
ところが、どう言う訳か寸でのところで失敗に終わった。
♂はもちろんのこと、撮影していた私たちの方が悔しい思いをしたのだ・・・
これだけプレゼントすれば「OK」でしょうね~~・・
これだけプレゼントすれば「OK」でしょうね~~・・ posted by (C)黒鯛ちゃん

この後はご想像にお任せしま~す。
この後はご想像にお任せしま~す。 posted by (C)黒鯛ちゃん


近くの沢には桐らしき花が綺麗に咲いている。
キリの花?
キリの花? posted by (C)黒鯛ちゃん



カワラヒワは一番子を連れて電線に止まっていた。
カワラヒワの親
カワラヒワの親 posted by (C)黒鯛ちゃん

カワラヒワの雛
カワラヒワの雛 posted by (C)黒鯛ちゃん



イワツバメも沢山で巣作りに励んでいた。
イワツバメの巣作り
イワツバメの巣作り posted by (C)黒鯛ちゃん


そして帰り道の峠にはムシカリも白い清楚な花を咲かせていた。
ムシカリの花
ムシカリの花 posted by (C)黒鯛ちゃん



峠には初見初撮りの山が築かれた。
コマドリ、コルリ、マミジロの三種である。
初見初撮りコマドリ♀
初見初撮りコマドリ♀ posted by (C)黒鯛ちゃん

初見初撮りコルリ♂
初見初撮りコルリ♂ posted by (C)黒鯛ちゃん

初見初撮りマミジロ♂
初見初撮りマミジロ♂ posted by (C)黒鯛ちゃん



中国原産のソウシチョウも相変わらず群れていた。
ソウシチョウ
ソウシチョウ posted by (C)黒鯛ちゃん



そして帰宅すると「お帰り!」とでも云わんばかりにオナガの出迎えを受けた。
憎めない奴らだ・・・
オナガ
オナガ posted by (C)黒鯛ちゃん







最終更新日  2015年03月18日 19時38分23秒
コメント(26) | コメントを書く
2011年06月11日
カテゴリ:遠征
初遠征の高原はキビタキの宝庫と云っても過言ではないくらい、沢山さえずりが聞こえました。
アカゲラも何度も見ましたが、すばしっこくて撮影させてくれません。
草花や樹木なども珍しいのが沢山あって、昆虫もいろいろ・・
何と言っても野鳥の宝庫でした。
何度でも行きたくなるような良いところでしたね・・・



クリンソウが綺麗な花を咲かせていました。
クリンソウ
クリンソウ posted by (C)黒鯛ちゃん




すぐ目の前に止まってくれたキビタキです。
キビタキ
キビタキ posted by (C)黒鯛ちゃん

キビタキ.
キビタキ. posted by (C)黒鯛ちゃん

オオ・キビタキ
オオ・キビタキ posted by (C)黒鯛ちゃん

見返りキビタキ
見返りキビタキ posted by (C)黒鯛ちゃん



アカゲラは営巣していました。
2度交尾を見せてくれましたが、枝の影で撮影は出来ませんでした。
動きが早くて写せたのはこの2カットのみ・・・
アカゲラ
アカゲラ posted by (C)黒鯛ちゃん

アカゲラ♂
アカゲラ♂ posted by (C)黒鯛ちゃん




エンレイソウとこの名前のわからない植物が沢山ありました。
※名前のわからない野草は‘クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草)’と判明しました。ドクターT9323さん有難う御座いました~~!!※
エンレイソウ
エンレイソウ posted by (C)黒鯛ちゃん

クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草)
クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草) posted by (C)黒鯛ちゃん




ミソサザイが一度だけ現れ、お立ち台に立ってさえずってくれました。
順光に回るにはミソサザイのそばを通らなければ行けないので、仕方なく逆光での撮影になってしまいました。
さえずるミソサザイ
さえずるミソサザイ posted by (C)黒鯛ちゃん

ミソサザイ
ミソサザイ posted by (C)黒鯛ちゃん





キクイタダキも沢山さえずっていましたが、確認できたのはこの1羽だけでした。
キクイタダキのさえずり
キクイタダキのさえずり posted by (C)黒鯛ちゃん




カケスは近くで採食していたのですが、森の中で暗くてブレが止まりません。
カケスシルエット
カケスシルエット posted by (C)黒鯛ちゃん

餌を食べるカケス
餌を食べるカケス posted by (C)黒鯛ちゃん





初見初撮りのコサメビタキも何羽かでヒラヒラと飛んでいましたが、これも撮影の難しい鳥でした。
コサメビタキと判断しましたが、間違っていたら御教示願います。
コサメビタキ
コサメビタキ posted by (C)黒鯛ちゃん

見返りコサメビタキ
見返りコサメビタキ posted by (C)黒鯛ちゃん

さえずるコサメビタキ
さえずるコサメビタキ posted by (C)黒鯛ちゃん





アサギマダラはヒラヒラ飛んで、なかなか止まってくれません。
やっとこの1枚だけ撮らせてくれました。
アサギマダラと花
アサギマダラと花 posted by (C)黒鯛ちゃん






最終更新日  2015年03月18日 20時03分12秒
コメント(14) | コメントを書く
2011年06月06日
カテゴリ:遠征
初めての鳥見遠征に出かけました。
総走行距離570km。
アカショウビンが狙いでしたがいろんな鳥と遭遇して撮影も出来ました。
画像が少し多いので2回に分けてアップしたいと思います。
今回は初見初撮りを集めてみました。
念願だったアカショウビンとゴジュウカラ、ホトトギスもあきらめた頃に撮影出来ました。



綺麗な花が沢山咲いていましたが、花を撮る暇はありませんでした。(あはは・・
この花も沢山咲いていましたが、名前が判りません。
どなたかお判りでしたらよろしくお願いします。
※ドクターT9323さんの御教示により‘タチカメバソウ’と判明しました。ドクターT9323さん有難う御座いました~~!!※
タチカメバソウ
タチカメバソウ posted by (C)黒鯛ちゃん




いつかはアカショウビンと思っていましたが、やっと行くことができました。
距離が遠くて画像がよくありませんが、嬉しさのあまり大々的にアップしました。
腹部の白っぽい方が♀です。
アカショウビン♂
アカショウビン♂ posted by (C)黒鯛ちゃん

アカショウビン♂.
アカショウビン♂. posted by (C)黒鯛ちゃん

見つめ合うアカショウビン夫婦
見つめ合うアカショウビン夫婦 posted by (C)黒鯛ちゃん

アカショウビン♀.
アカショウビン♀. posted by (C)黒鯛ちゃん

アカショウビン♀
アカショウビン♀ posted by (C)黒鯛ちゃん

仲良しアカショウビン
仲良しアカショウビン posted by (C)黒鯛ちゃん

夫婦交代で巣穴をほっていました。
巣穴を掘るアカショウビン
巣穴を掘るアカショウビン posted by (C)黒鯛ちゃん




道すがら見かけないチョウチョに出逢いました。
どなたかお判りでしたら名前を教えて下さい。
よろしくお願いします。
※春の女神さんの御教示により‘サカハチチョウ’と判明しました。春の女神さん有難う御座いました~~!!※
サカハチチョウ
サカハチチョウ posted by (C)黒鯛ちゃん




ゴジュウカラもいつかは見たい見たいと思いつつここまできましたが、目の前に出て来てくれました。
春ゼミの羽をむしるゴジュウカラ
春ゼミの羽をむしるゴジュウカラ posted by (C)黒鯛ちゃん

春ゼミをくわえるゴジュウカラ
春ゼミをくわえるゴジュウカラ posted by (C)黒鯛ちゃん




ヤマシャクヤクも所々に白い行燈のようでした。
ヤマシャクヤク
ヤマシャクヤク posted by (C)黒鯛ちゃん




そしていつもいつも声ばかりで見たことが無かったホトトギス。
よりによって10m弱に止まってくれました。
アカショウビンと同様に嬉しかったです。
ホトトギス
ホトトギス posted by (C)黒鯛ちゃん

オオ・ホトトギス
オオ・ホトトギス posted by (C)黒鯛ちゃん

ポーズをとるホトトギス
ポーズをとるホトトギス posted by (C)黒鯛ちゃん



これもまた珍しいトンボでは無いかと撮影してきました。
ヤゴの殻が見えます。
脱皮したばかりのようです。
やはり名前が判りません・・
どなたか詳しい方、よろしくお願いします。
名前のわからないトンボ
名前のわからないトンボ posted by (C)黒鯛ちゃん






最終更新日  2015年03月18日 20時03分44秒
コメント(26) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.