947075 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

そこに  翡翠が  いるから・・

全4件 (4件中 1-4件目)

1

野生動物

2020年11月28日
XML
カテゴリ:野生動物
​​カワセミと共に長い期間、野生の・・特に小動物と出逢いたい願望は常にあった。
哺乳類であればネズミ・イタチ・リスと出逢えた。
大きいものはカモシカやサル・タヌキに、二ホンジカは山登りで何度か逢えた。
そして両生類や爬虫類などもリストに入る。
ところがモグラは棲息環境から、一生逢えないと思っていた。
だがついに、家の周りの芝生原に迷い出て猫に追いかけられる小さな生き物を目にしたとき・・
仰天したのは云うまでもあるまい!!
これが私の幼少期以来の出逢いとなったモグラである。

是非とも野生の自然な画像が欲しかったが、芝生に放すとすぐに潜ろうとして頭が見えなくなり画像にならない。
止む無くバケツに入ってもらっての撮影となった。
野生のモグラに遭遇!!
野生のモグラに遭遇!! posted by (C)黒鯛ちゃん

野生のモグラに遭遇!!
野生のモグラに遭遇!! posted by (C)黒鯛ちゃん


後は建物の基礎部にあるコンクリートの上、実に野性味のない画像になってしまったが証拠・記録としてはどうにかなるか・・・
野生のモグラに遭遇!!
野生のモグラに遭遇!! posted by (C)黒鯛ちゃん

野生のモグラに遭遇!!
野生のモグラに遭遇!! posted by (C)黒鯛ちゃん






最終更新日  2020年11月28日 13時03分00秒
コメント(16) | コメントを書く


2015年10月17日
カテゴリ:野生動物
先日カワセミを撮影した池に有った、看板を見て物申す。
いつのころからか知らないが、お祭りの屋台で売られるようになった「ミドリガメ」。
ミシシッピアカミミガメなどの子供である。
人間が人間のために外国から輸入して、金儲けのために多売した結果、池や川に捨てられた「ミドリガメ」。
それでも彼らはしたたかに、相当な年数野生に君臨してきた。
ところがだ、このところ急に何を思ったか人間・・・
「ミシシッピアカミミガメ」退治に乗り出したのだ。
もうとっくに日本古来のカメなどは激減しているというのに・・
今更ではある。
それよりも何よりも、人間の身勝手さにはほとほと呆れてものも云えない。
近々、ペットショップに出かけて、「ミドリガメ」を売っているかどうかを確かめてみたくなった。
「ミドリガメ」よ!!
君たちは可哀そうな星のもとに生まれてきたんだな~~・・


カワセミの池にあった看板。
日光浴ワナ
日光浴ワナ posted by (C)黒鯛ちゃん


その池には実物が仕掛けられていた。
ワナ実物
ワナ実物 posted by (C)黒鯛ちゃん


その日近くの川で見かけたミシシッピアカミミガメ。
ワナ抜けの会議
ワナ抜けの会議 posted by (C)黒鯛ちゃん


この後の画像は、以前に撮ったものを再度掲載してみた。
この画像を見ながら「ミドリガメ」の未来について考えたいと思う。
生まれたてのミシシッピアカミミガメ
生まれたてのミシシッピアカミミガメ posted by (C)黒鯛ちゃん

カメ
カメ posted by (C)黒鯛ちゃん

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメ posted by (C)黒鯛ちゃん

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメ posted by (C)黒鯛ちゃん

足で万歳
足で万歳 posted by (C)黒鯛ちゃん

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメ posted by (C)黒鯛ちゃん

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメ posted by (C)黒鯛ちゃん

僕の故郷はどっちかな~~・・
僕の故郷はどっちかな~~・・ posted by (C)黒鯛ちゃん


捕獲した「ミシシッピアカミミガメ」はどうするつもりなんだろうか・・?






最終更新日  2015年10月17日 16時09分51秒
コメント(8) | コメントを書く
2015年05月17日
カテゴリ:野生動物
東京近郊にある例のフィールドに、イタチ狙い・・
だが彼らは手強かった!!
全く姿を見せてくれない・・
何かしら手土産をと、田んぼの土手をくまなく探すことに・・
居た居た。
カエル君・・
苦手な方はオオヨシキリを見た後は、スルーを・・(あはは・・

夜明けの田んぼをどうぞ・・
田植えも終わり緑が濃くなってきた。
田園の夜明け
田園の夜明け posted by (C)黒鯛ちゃん


あわよくばフクロウの撮影をと欲をかいたが、撮れたのはハナウドのみ・・
ハナウド
ハナウド posted by (C)黒鯛ちゃん


イタチのフィールドに降りると、田んぼには一羽のダイサギが夏羽で餌探し・・
ダイサギ(夏羽)
ダイサギ(夏羽) posted by (C)黒鯛ちゃん


オオヨシキリも、まだ♀が到来していないのか、相変わらずやかましくさえずっている。
オオヨシキリ
オオヨシキリ posted by (C)黒鯛ちゃん

オオヨシキリの叫び
オオヨシキリの叫び posted by (C)黒鯛ちゃん


田んぼの溝にはこのカエルがたくさん居る。
人が近づくと水に「チャポン!」と飛びこむ・・
トウキョウダルマガエル♂?
トウキョウダルマガエル♂? posted by (C)黒鯛ちゃん

トウキョウダルマガエル♀?
トウキョウダルマガエル♀? posted by (C)黒鯛ちゃん
トノサマガエルとダルマガエルの見分けは難しいようだが、図鑑では大きさが違うと書いてある。
トノサマガエルが体長8cm。
ダルマガエルが体長6cm。
今回見たカエルはどちらも体長6cmほどだった。
従ってダルマガエルと考えたい。
そして東京・仙台・新潟の平野に住む群れはトウキョウダルマガエルとして区別されているようだ。






最終更新日  2015年05月17日 18時22分07秒
コメント(12) | コメントを書く
2015年05月05日
カテゴリ:野生動物
オオルリと共に狙いを付けているものがあった。
それはイタチである。
現れる場所を突き止め、待ちかまえたが現れず、機材を仕舞い車に乗り込んだ。
その瞬間、フロントガラス越しに草むらを走る細長い動物。
あわててカメラをセットし、撮れた証拠写真を載せることをお許し願いたい。


朝早く、いつものフィールドにオオルリを探しに行くも、鳥影なく・・・
ハナウド
ハナウド posted by (C)黒鯛ちゃん

チョウジソウ
チョウジソウ posted by (C)黒鯛ちゃん

ハリエンジュ
ハリエンジュ posted by (C)黒鯛ちゃん


森の中の池にはカイツブリの親子がいた。
4羽の雛が、魚やザリガニなどを親に給餌してもらっていた。
暗くてブレブレのため画像は没になった。
マーブルちゃん(カイツブリの雛)
マーブルちゃん(カイツブリの雛) posted by (C)黒鯛ちゃん


その後オオヨシキリのフィールドへ・・
オオヨシキリ
オオヨシキリ posted by (C)黒鯛ちゃん

見返りオオヨシキリ
見返りオオヨシキリ posted by (C)黒鯛ちゃん

叫ぶオオヨシキリ
叫ぶオオヨシキリ posted by (C)黒鯛ちゃん

色の白いオオヨシキリ
色の白いオオヨシキリ posted by (C)黒鯛ちゃん


そして念願のイタチを撮影することが出来た。
といっても、あきらめて車に乗り込んでからのお出ましとあって、証拠写真と終わった。
だが、何年も前からの念願のイタチである。
当然、掲載させて頂くとしよう・・・
ニホンイタチ♂証拠写真.
ニホンイタチ♂証拠写真. posted by (C)黒鯛ちゃん

詳しい事は定かではないが、尻尾が若干短いようなので「ニホンイタチ」とさせてもらった。
どなたかお判りで有れば御教示願いたいと思う。
ニホンイタチ♂証拠写真
ニホンイタチ♂証拠写真 posted by (C)黒鯛ちゃん

そして茂みに入る寸前を撮った写真で、雌雄が判別できるとは思いもよらないところだ。
これで♂と断定できる。
ニホンイタチ♂まさしく証拠写真
ニホンイタチ♂まさしく証拠写真 posted by (C)黒鯛ちゃん






最終更新日  2015年05月05日 16時10分46秒
コメント(16) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.