938236 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

そこに  翡翠が  いるから・・

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

自然観察

2021年05月03日
XML
カテゴリ:自然観察
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​カワセミ・ワカケホンセイインコ・カラスの抱卵を期待しての散策ではあったが、全く出逢うことが出来なかった。

近所の庭で見つけた変わった樹木・・
まだ樹高は1m程だ。

どなたかご存知だろうか・・?
クロガネモチの葉と樹皮感に似ているのだが・・​
※※カラタネオガタマと判明しました。※※
※※「トキゾウさん有難う御座いました!」※※
これは何の木
これは何の木 posted by (C)黒鯛ちゃん

​その樹木は変わった花を咲かせている。
※※カラタネオガタマと判明しました。※※
※※「トキゾウさん有難う御座いました!」※※
これは何の花


用水路ではコサギを確認するのみとなった今回の散策である。​

こういった日もある​・・
用水路のコサギ


クサイチゴの汁をカメムシが吸っている。
このあと他のクサイチゴを2粒口に放り込むが、とても甘い!

クサイチゴを吸うカメムシ
クサイチゴを吸うカメムシ posted by (C)黒鯛ちゃん
​​

ハシボソガラスがものすごい勢いで幹を連打している。
子育て中だろう。
私を威嚇しているものと思われる。
威嚇するハシボソガラス
威嚇するハシボソガラス posted by (C)黒鯛ちゃん

木の幹めがけ何度もくちばしを叩きつける

威嚇するハシボソガラス.


ノイバラも満開となる。
ノイバラ
ノイバラ posted by (C)黒鯛ちゃん


そして早くもアジサイがつぼみを育んできた。
付き始めたアジサイの花​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2021年05月03日 21時35分15秒
コメント(8) | コメントを書く


2021年03月19日
カテゴリ:自然観察
​​実はカワセミ探し・・
だが、やはり影も形もない。

この用水路土手ではやむを得ないか・・
見通しの良い用水路
見通しの良い用水路 posted by (C)黒鯛ちゃん


用水路を彩る花たちと生き物たち・・
コブシ
コブシ posted by (C)黒鯛ちゃん

ソメイヨシノのトンネルを・・
ソメイヨシノのトンネルを・・ posted by (C)黒鯛ちゃん

ヒヨドリ
ヒヨドリ posted by (C)黒鯛ちゃん

ニワトコ

ツルニチニチソウ

ハトが豆鉄砲・・

タチツボスミレ

クレソン(オランダガラシ)

たった一輪のサクラソウ

用水路のニシキゴイ

名前が・・?

オキザリス

オオアラセイトウ(紫のじゅうたん)






最終更新日  2021年03月19日 18時08分59秒
コメント(4) | コメントを書く
2020年07月18日
カテゴリ:自然観察
​​​​​​​​​​​​​​​​​カワセミに逢えるのは何時のことだろうか・・・・・
世の中なるようにしかならないと云う事だ!!
おっと、コロナの問題はそうではない!
修正をして行くのは我々人間であるから・・



用水路にはいろいろな自然や、破壊が交錯している。
それはおおよそ人の手を介していることが多い。
外来種もその代表的なものと云える。
グリプトペリクティス・アニシツィ(パラグアイ産・プレコ)と同定をしたが、間違っていたらご指摘のほどを・・
早速ふうママ1130さんからご教示頂きました。
「セルフィンプレコ」と云う事です。

ふうママ1130さん本当に有難う御座いました!
「セルフィンプレコ」
「セルフィンプレコ」 posted by (C)黒鯛ちゃん​​


これは嬉しい日本産である。
ナマズ。
悠々と上流に向かうが、ピントが合わない。
オートフォーカスの悩ましいところではあるが・・

ナマズ


オイカワ(ヤマベ)上・カワムツ(ハヤ等)下。
ヤマベ(上)とカワムツ(下)


イシガメ。
イシガメ


これも泳いでいるが陸生のヘビと云う事で・・
日本産で良いと思う。
アオダイショウ。

泳ぐ泳ぐアオダイショウ

アオダイショウ .
アオダイショウ . posted by (C)黒鯛ちゃん


このところの雨続きで、きのこの山になっている用水路の林。
勝手な図鑑検索の同定ではあるが・・
間違いをご指摘頂ければ幸いだ。
ツガサルノコシカケ。
ツガサルノコシカケ
ツガサルノコシカケ posted by (C)黒鯛ちゃん


キリンタケ。
キリンタケ


そして色々な花も咲いているが、ここが盛りとばかりのヒルガオを載せてみる。
ヒルガオ
ヒルガオ posted by (C)黒鯛ちゃん

ヒルガオ三兄弟パート2


沿道には野菜畑や果物もある。
イチジク。
イチジク


ラッカセイ。
ラッカセイ畑


自然観察にうつつを抜かしていると野鳥もいた・・(あはは・・・
ムクドリ危機一髪!

ムク(あぶない!)


それから恒例の菜園収獲。
7月16日分・・
トウモロコシは近くの農家さんに頂いたもの・・
トマトはたくさん割れていたが、甘くて美味しい。
シソは酢で煮詰めて、シソ酢にする。
正味、酢とシソだけの酢なのであらゆる料理にも使えるし、シロップや蜂蜜などを入れれば薄めてジュースにもできる。

綺麗な色と香りの万能酢と云えるだろう。
7月16日の夏野菜収穫​​​​​​​​​


いただいたトウモロコシを焼いて食べる。
プロセスがとてもいい・・
憩いの砦
憩いの砦 posted by (C)黒鯛ちゃん






最終更新日  2020年07月21日 18時35分11秒
コメント(6) | コメントを書く
2020年06月30日
カテゴリ:自然観察
​​​用水路、今季のカワセミ繁殖に見切りをつける散策となった。
多少時間をかけて丹念にカワセミを探すも、全く影も形もない。
近くの一級河川も含め探ってみるがここもまたカワセミの気配さえ感じない。
​​野鳥観察もオフシーズンを迎え、今回は「自然観察」のカテゴリに記することにした。
そしてその自然観察に最適な被写体に出くわすことが出来た。
それは日本固有種のカメ、「イシガメ」である。

用水路にはカワセミの代わりに彩も鮮やかな花々を見つけた。
ノカンゾウ。

ノカンゾウ(水底の空をバックに)
ノカンゾウ(水底の空をバックに) posted by (C)黒鯛ちゃん


アジサイ。
用水路の彩

アジサイ


なじみの少ないカメムシの繁殖場面。
カメムシの卵(枝垂桜)
カメムシの卵(枝垂桜) posted by (C)黒鯛ちゃん


用水路から一級河川までの道のりで見事なノハラアザミに出逢った。ノハラアザミ


河川の縁にいたコミスジ。
コミスジ

コミスジ.
コミスジ. posted by (C)黒鯛ちゃん


そしてやっと野鳥なるものにも出逢えた。
コサギ。
コサギ


ここにも夏の花々が色鮮やかに川原を染める。
ヤブカンゾウ。
ヤブカンゾウ


ヒルガオ。
ヒルガオ


そして今日のサプライズである「イシガメ」
ミシシッピアカミミガメに混ざって異彩を放つ!
イシガメ(左)
イシガメ(左) posted by (C)黒鯛ちゃん

イシガメ


数匹のミシシッピアカミミガメに混ざってイシガメ(写真中央部)
アカミミガメに混ざって・・


スッポン。
スッポン(証拠写真)​​​






最終更新日  2020年06月30日 14時24分07秒
コメント(4) | コメントを書く
2015年06月18日
カテゴリ:自然観察

ぼくカラスの赤ちゃん。
とは言っても、巣立ちして少しは飛べるんだけど・・
疲れたから地面に降りて休んでるんだ。
木の上ではお父さんとお母さんがしきりに呼んでるんだけど・・
もう疲れて飛べないの・・
そこに変なおじさんが来て、写真撮ってる。
恐いよ!!

あどけない水色の綺麗な目で見つめられた。
何もしないから安心して!
ちょっとだけ撮らせてね~~・・
カラスの子、正面顔
カラスの子、正面顔 posted by (C)黒鯛ちゃん

カラスの子
カラスの子 posted by (C)黒鯛ちゃん


昆虫の夏が来た。
カブトムシはまだだけど、コクワガタの♀を見つけた。
一緒にヒロズキンバエとカナブンがご馳走を吸っている。
木の汁を吸う昆虫
木の汁を吸う昆虫 posted by (C)黒鯛ちゃん


オオスズメバチとコガタスズメバチ、カナブンとウバタマコメツキ、ヨツボシケシキスイも居るね・・
木の汁を吸う昆虫たち
木の汁を吸う昆虫たち posted by (C)黒鯛ちゃん


そして初めて認識したヒダリマキマイマイ。
かなり長老のようだ。
長生きしろよ・・
ヒダリマキマイマイ
ヒダリマキマイマイ posted by (C)黒鯛ちゃん


フワフワ、ヒラヒラ。
なかなか止まってくれないアゲハ・・
やっとヒメジョオンの花に止まってくれた。
アゲハ
アゲハ posted by (C)黒鯛ちゃん


セネガルホンセイインコの亜種ワカケホンセイインコということだが・・
またサワラの実を食べに来た。
大食漢の割に、ちょっと食べて居なくなった。
また家族みんなで食べに来いよ!!
サワラの実を食べるワカケホンセイインコ
サワラの実を食べるワカケホンセイインコ posted by (C)黒鯛ちゃん







最終更新日  2015年06月18日 19時55分24秒
コメント(20) | コメントを書く
2015年05月31日
カテゴリ:自然観察
フクロウの森には、カメラマンの集団が居るだけで、鳥たちは不在だった。
森の中の池ではウシガエルの子供たちがたくさん生まれ育っていた。
そしてまだあきらめ切れないイタチを探してオオヨシキリのフィールドへと向かった。
しかしそこでも目当てのものには巡り合うことは出来なかった。

久しぶりの朝焼けに、慌ててカメラを出した。
ほんの一瞬の朝焼けは時間との戦いだ。
朝焼け
朝焼け posted by (C)黒鯛ちゃん


フクロウの森には人のかたまりが・・・
そして生まれたてのウシガエルの赤ちゃんたち。
フクロウ撮影風景
フクロウ撮影風景 posted by (C)黒鯛ちゃん

ウシガエルの子供
ウシガエルの子供 posted by (C)黒鯛ちゃん

ウシガエルの子供.
ウシガエルの子供. posted by (C)黒鯛ちゃん

まだシッポが残ってるウシガエルの子供
まだシッポが残ってるウシガエルの子供 posted by (C)黒鯛ちゃん


夢よもう一度・・・
イタチの愛くるしい眼差しを描いて、クサフジの咲く田園へ着いた。
クサフジ
クサフジ posted by (C)黒鯛ちゃん


そこではいつものように、トウキョウダルマガエルとオオヨシキリが出迎えてくれた。
トウキョウダルマガエル♀
トウキョウダルマガエル♀ posted by (C)黒鯛ちゃん

オオヨシキリ囀り
オオヨシキリ囀り posted by (C)黒鯛ちゃん

オオヨシキリ
オオヨシキリ posted by (C)黒鯛ちゃん


コチドリたちが3羽で会談中であったが、何を話していたかは定かではない。
コチドリ
コチドリ posted by (C)黒鯛ちゃん


近くにクヌギの木が有るが、そこには夏の常連たちが徐々に集まっていた。
スズメバチや木の汁を吸うチョウチョなどだ。
間もなくカブトムシやクワガタにもお目に掛れるかもしれない。
オオスズメバチとヒメジャノメ
オオスズメバチとヒメジャノメ posted by (C)黒鯛ちゃん

オオスズメバチとコガタスズメバチ
オオスズメバチとコガタスズメバチ posted by (C)黒鯛ちゃん






最終更新日  2015年05月31日 16時02分03秒
コメント(8) | コメントを書く
2015年04月26日
カテゴリ:自然観察
今年もオオルリの季節が来た。
しかし今季初狙いは、ことごとく敗戦となった。
それどころか他の鳥たちも、全くカメラの前に姿を見せることなく・・・
キビタキの微かな鳴き声だけが通り過ぎて行った。

※※※「ゴマギ」の後に「ウシガエル」の画像有り。要注意!!※※※

朝まだ薄暗い、河原の田園風景。
田園風景
田園風景 posted by (C)黒鯛ちゃん


新緑の森に分け入るも、鳥の姿は無く・・
新緑の木漏れ日
新緑の木漏れ日 posted by (C)黒鯛ちゃん

セリバヒエンソウ
セリバヒエンソウ posted by (C)黒鯛ちゃん

セリバヒエンソウ..
セリバヒエンソウ.. posted by (C)黒鯛ちゃん

サワグルミ.
サワグルミ. posted by (C)黒鯛ちゃん

ゴマギ
ゴマギ posted by (C)黒鯛ちゃん

ウシガエル
ウシガエル posted by (C)黒鯛ちゃん


久々にコガネグモを見ることが出来た。
生まれて間もない小さな奴だった・・
コガネグモの子供
コガネグモの子供 posted by (C)黒鯛ちゃん


最後にやっとホオジロに出逢えた。
しきりにさえずっていたが、すぐに姿を隠してしまった。
ホオジロ♂.
ホオジロ♂. posted by (C)黒鯛ちゃん


そして、昨日行った菜園で出逢った、ツツジと鳥。
キリシマの一品種と見られる
キリシマの一品種と見られる posted by (C)黒鯛ちゃん

オナガ2羽
オナガ2羽 posted by (C)黒鯛ちゃん

電線モズ♂
電線モズ♂ posted by (C)黒鯛ちゃん

モズ♂
モズ♂ posted by (C)黒鯛ちゃん






最終更新日  2015年04月26日 13時29分42秒
コメント(18) | コメントを書く
2014年09月19日
カテゴリ:自然観察

今日は仕事の都合で変則的な休暇となった。
桜に付くケムシ、モンクロシャチホコの幼虫を食べるツツドリ。
その姿を一度見てみたいと、ケムシ探しは始まった。
しかしツツドリを撮影するという欲望は見事に打ち砕かれ、残ったのはケムシの画像だけとなった・・(あはは・・

※※※セグロセキレイの画像から先はケムシの画像のみ、ご注意を!!※※※

一番電車が行き過ぎる頃、空が明るくなる。
夜明け前の歩道橋より(ニコン1-J1単体)
夜明け前の歩道橋より(ニコン1-J1単体) posted by (C)黒鯛ちゃん

久しぶりの鉄撮り(ニコン1-J1単体)
久しぶりの鉄撮り(ニコン1-J1単体) posted by (C)黒鯛ちゃん


公園までの道にいたナガコガネグモ。
ナガコガネグモ
ナガコガネグモ posted by (C)黒鯛ちゃん

ナガコガネグモ.
ナガコガネグモ. posted by (C)黒鯛ちゃん


綺麗なシジミが居たが、ヤマトシジミだろうか?
後ろ羽に尻尾が付いている。
※※※歩鷹さんの御教示により「ツバメシジミ」と判明致しました。
歩鷹さん有難う御座います~~!!※※※
ツバメシジミ(ニコン1-J1単体)
ツバメシジミ(ニコン1-J1単体) posted by (C)黒鯛ちゃん


得体の知れない蜂のような奴もいた。
いったい何者なんだろう・・?
※※※歩鷹さんの御教示により「キオビツチバチ」と判明致しました。
歩鷹さん本当に有難う御座いました~~!!※※※
キオビツチバチ(ニコン1-J1単体)
キオビツチバチ(ニコン1-J1単体) posted by (C)黒鯛ちゃん


ヒガンバナは今を盛りとあちこちで華やいでいる。
今年もヒガンバナ
今年もヒガンバナ posted by (C)黒鯛ちゃん

ヒガンバナ
ヒガンバナ posted by (C)黒鯛ちゃん


ハシブトガラスが器用に飛びながらアブラゼミを捕まえた。
羽をむしり、美味しそうに呑み込んだ。
アブラゼミを捕まえたハシブトガラス
アブラゼミを捕まえたハシブトガラス posted by (C)黒鯛ちゃん

アブラゼミを一呑みにするハシブトガラス
アブラゼミを一呑みにするハシブトガラス posted by (C)黒鯛ちゃん


ケムシに食べられた桜の枝に初見初撮りのトンボ「ウスバキトンボ」が止まっていた。
ウスバキトンボ.
ウスバキトンボ. posted by (C)黒鯛ちゃん

ウスバキトンボ
ウスバキトンボ posted by (C)黒鯛ちゃん


コスモスとヒマワリが同時に咲いている。
季節錯誤になりそうだが・・・
コスモスとヒマワリの黄色
コスモスとヒマワリの黄色 posted by (C)黒鯛ちゃん

コスモス
コスモス posted by (C)黒鯛ちゃん

白いコスモス
白いコスモス posted by (C)黒鯛ちゃん


モズの高鳴きも今季初撮りなので載せてみた。
可愛い女の子である。
今季初モズの高鳴き
今季初モズの高鳴き posted by (C)黒鯛ちゃん


今回の中で野鳥らしい画像と云えばこのセグロセキレイくらいだろうか・・
不作に終わってしまった。
※※※この後の画像は全てケムシなので苦手な方はスルーしてください。※※※
セグロセキレイ
セグロセキレイ posted by (C)黒鯛ちゃん

セグロセキレイ.
セグロセキレイ. posted by (C)黒鯛ちゃん


ツツドリを探すにはまずツツドリの餌からと思って、ケムシ探しに出かけたのだが・・・
その餌しか撮影出来ずに終わってしまった。
鳥肌の立つ方もおいでだろうが、とりあえず載せてみるとしよう。
好きな方はじっくりと観察を・・(あはは・・
モンクロシャチホコの終齢幼虫
モンクロシャチホコの終齢幼虫 posted by (C)黒鯛ちゃん

サクラの葉を食べるモンクロシャチホコの終齢幼虫
サクラの葉を食べるモンクロシャチホコの終齢幼虫 posted by (C)黒鯛ちゃん

モンクロシャチホコの終齢幼虫.
モンクロシャチホコの終齢幼虫. posted by (C)黒鯛ちゃん

ツマキシャチホコの終齢幼虫
ツマキシャチホコの終齢幼虫 posted by (C)黒鯛ちゃん







最終更新日  2014年09月22日 20時37分55秒
コメント(16) | コメントを書く
2013年10月13日
カテゴリ:自然観察
夜明け前の公園は手がしびれるほどの冷え込みになった。
昨日までの記録的な真夏の気温とは打って変わり・・・
野鳥も夏と冬の狭間を駆け抜けているのか、ほとんど姿を見せてくれない。
モズの高鳴きだけが、そこここで聞こえてくる。
撮影出来たのはハシブトガラスのみ。
滅多にない不作である。
その中で小さい秋を感じてみた。


夜明け前の空の色ももう冬色に変わっている。
朝焼けのランナー
朝焼けのランナー posted by (C)黒鯛ちゃん

夜明け前のA橋
夜明け前のA橋 posted by (C)黒鯛ちゃん



ユウガギクだと思うが、この手の野菊は同定が難しい。
ユウガギク
ユウガギク posted by (C)黒鯛ちゃん



鳥が居ない公園で、唯一彼らハシブトガラスだけはたくさん居た。
オオタカを10羽ほどのカラスが追いかけるシーンを目にしたが、デジスコ撮影は当然のごとく出来なかった。
ハシブトガラス
ハシブトガラス posted by (C)黒鯛ちゃん



この杉のような木に、たくさんの実が生っていた。
ラクウショウの葉とは、少し違うようだ。
ラクウショウに似ている実
ラクウショウに似ている実 posted by (C)黒鯛ちゃん



たくさんのトンボが飛び交っていた。
何種類かいたようだが、これの同定も定かではない。
アキアカネ
アキアカネ posted by (C)黒鯛ちゃん

リスアカネ?
リスアカネ? posted by (C)黒鯛ちゃん

ノシメトンボ?
ノシメトンボ? posted by (C)黒鯛ちゃん



チカラシバの群落が朝日をあび、見事に輝いていた。
チカラシバの群落
チカラシバの群落 posted by (C)黒鯛ちゃん

チカラシバ
チカラシバ posted by (C)黒鯛ちゃん



林にはたくさんのジョロウグモが子孫を残すべく、最後の頑張りを見せている。
ジョロウグモ
ジョロウグモ posted by (C)黒鯛ちゃん



セイタカアワダチソウが満開で綺麗だ。
このところ盛り返しつつあるようでまた少し増えてきた。
セイタカアワダチソウ
セイタカアワダチソウ posted by (C)黒鯛ちゃん






最終更新日  2015年03月18日 22時32分39秒
コメント(16) | コメントを書く
2012年06月24日
カテゴリ:自然観察

家から歩いて約1時間。
今年も家内と菖蒲祭りに行ってきました。
自然豊かな丘陵に隣接した公園で生き物観察・・・
お昼は出店の缶ビールと焼きそばなどに舌づつみを打ち、満足の1日となりました。
ここまではコンパクトデジカメ(今や幻と成りつつあるニコンE4300)での撮影になります。
家に帰るとベランダの前のサワラに今年もワカケホンセイインコが来てくれました。
ワカケホンセイインコの撮影はデジスコです。

※注:毛虫やカエルなど何点か画像があります。観覧には十分ご注意くださいね・・・※



菖蒲園は今年も沢山の人で賑わいを見せていました。
菖蒲園
菖蒲園 posted by (C)黒鯛ちゃん

花菖蒲
花菖蒲 posted by (C)黒鯛ちゃん

紫陽花にアマガエル
紫陽花にアマガエル posted by (C)黒鯛ちゃん

名前のわからないケムシ
名前のわからないケムシ posted by (C)黒鯛ちゃん

キスゲ
キスゲ posted by (C)黒鯛ちゃん

カノコガの交尾
カノコガの交尾 posted by (C)黒鯛ちゃん

名前のわからないイモムシ
名前のわからないイモムシ posted by (C)黒鯛ちゃん

シモツケの花
シモツケの花 posted by (C)黒鯛ちゃん

菖蒲園の近くの看板
菖蒲園の近くの看板 posted by (C)黒鯛ちゃん

まったりだニャー・・・
まったりだニャー・・・ posted by (C)黒鯛ちゃん


家に帰ってからPCの前に座ると表でワカケホンセイインコのけたたましい鳴き声・・・
慌ててデジスコをベランダに出して撮影。
どうやら首に輪の有るのと無い個体で雌雄ではないかと思っています。
毎年サワラの実を食べに来てくれます。
ワカケホンセイインコ
ワカケホンセイインコ posted by (C)黒鯛ちゃん

ワカケホンセイインコ
ワカケホンセイインコ posted by (C)黒鯛ちゃん

ワカケホンセイインコ
ワカケホンセイインコ posted by (C)黒鯛ちゃん







最終更新日  2012年06月24日 20時31分51秒
コメント(12) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.