312747 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

瀬戸内シーカヤック日記

November 25, 2007
XML
カテゴリ:カヤック
25

久しぶりとなる次男とのキャンプツーリングで訪れた、お気に入りの島の一つである『生野島』

39

この日は満月。 早い時間から空に昇った、まあるく明るい月の光の下、息子と一緒に焚き火の傍で過ごした楽しい一時。



***

翌朝、テントの中で目を覚ます。 まだ外は暗い。 時計を見ると5時。 いつもの起床時間である。

夜、それほど冷え込む事もなかったので羽毛のシュラフに薄いシーツで充分暖かく、朝までグッスリと眠ることができた。 快適な目覚め。

***

静かにテントを這い出し、景色が良くてお気に入りの場所である、東屋の下のベンチに座って、トランギアのストームクッカーに火を入れる。

お湯が沸いた。 まだ薄暗い瀬戸内海を眺めながら、温かいコーヒーを飲んで体を暖める。

***

7時前、空が次第に明るくなってきた。 もう日の出も近い。 息子を起こす。



彼にもホットココアを準備し、静かに二人で日の出を待つ一時。 家では味わえないこの雰囲気、この時間の流れが好きだ。

***

朝食は、横断隊の時と同じ、餅入りうどん。 今日は、餅だけでなく、昨日の煮込みラーメンに使った『鶏団子』と『卵』を入れた豪華版を息子に振る舞う。

ハフハフ、ズルズルと、温かいうどんを食べていると、体が芯から温まってくる。

***

『さあて、そろそろ帰ろうか!』 出発の準備開始だ。

シュラフを畳み、テントを片付け、荷物を整理。 息子が荷物を運び、私がカヤックにパッキングして行く。

準備完了。 この時間なら、ちょうど潮止まりの時間に戻れそうだ。

***

彼は今日も調子が良い。 二人で息を合わせて漕ぐと、グングンと好いペースで進んで行く。

ふと思い立ち、せっかくの機会なので、途中で彼に『アークティックウインド』を渡し、漕がせてみた。 このアークティックウインドは、ワイドブレードパドルに慣れている人に渡すと、抜ける感じがして結構漕ぎにくいと言う人も少なくない。



『どう?』 『うーん、ちょっと漕ぎにくい感じ』

『どんな風に漕ぎにくい?』 『漕ぐのが重くて力が要る』

ふむふむ。 ということは、ちゃんとキャッチは出来ているんだ。 ただ、水のキャッチの良いアークティックウインドは、普段漕ぎ慣れていない彼の体には、まだ負担が大きいということか。

まだまだ、修行が足りんのう!

でもこれならいつか、大切にしているアークティックウインド2本で、タンデムツーリングも出来そうだなあ。 楽しみである!

***

再びパドルを交換し、快晴でべた凪の瀬戸内を漕ぎ進み、出発した浜へと戻った。

『おつかれさま。 いろいろと遊んで楽しかったなあ』 『うん、楽しかった』

漕いで、遊んで、焚き火して。 たっぷり食べて、飲んで、ゆっくり寝て、最高のコンディションでのキャンプツーリングを堪能した週末。 また、一緒に漕ぎたいな。






Last updated  November 27, 2007 09:00:17 PM
コメント(2) | コメントを書く


PR

Profile


カヤッカー

Calendar

Archives

June , 2020
May , 2020
April , 2020
March , 2020
February , 2020
January , 2020
December , 2019
November , 2019
October , 2019
September , 2019

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.